江川紹子ホスゲン襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オウム真理教 > オウム真理教事件 > 江川紹子ホスゲン襲撃事件

江川紹子ホスゲン襲撃事件(えがわしょうこほすげんしゅうげきじけん)とは、1994年9月20日に発生したオウム真理教信者による殺人未遂事件。立件は見送られた。

概要[編集]

この事件の被害者であるジャーナリスト坂本堤の知人でもある江川紹子は、当時未解決事件だった坂本堤弁護士一家殺害事件へのオウム真理教の関与を追及していた。麻原彰晃はこれに危機感を抱き、新実智光遠藤誠一中川智正端本悟に命じ、江川紹子をホスゲンで殺害するよう指示した。サリンでは怪しまれるのでホスゲンが使われることとなった[1]

1994年9月20日午前3時半頃、実行犯らは江川宅の郵便受けからホースを入れ、ホスゲンを噴霧した。しかし、郵便受けの音ですぐに気づかれたため、少量しか噴霧できず車で逃走した。江川はホスゲンを少量吸い込んだため、気管支に全治2週間の傷を負った。命に別状はなかったが一時声が出なくなった[2][3][4][5][6]

1995年3月の強制捜査以降で一連のオウム事件が発覚した際に同事件の立件も浮上したが、被害が重大でないことを理由に起訴猶予処分となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ アンソニー・トゥー『サリン事件死刑囚中川智正との対話』 p.196
  2. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷11』 p.129
  3. ^ 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』 p.23
  4. ^ スポーツ報知 1995年6月20日 朝刊21面
  5. ^ 有田芳生「あの子がオウムに!」 p.162
  6. ^ 江川紹子『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』 p.275