警察庁長官狙撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
警察庁長官狙撃事件
事件の現場
事件の現場
場所 東京都荒川区南千住6丁目37番11
アクロシティEポート通用口
座標
標的 國松孝次警察庁長官(当時)
日付 1995年平成7年)3月30日
午前8時31分頃 (日本標準時)
概要 警察庁に出勤途中の國松孝次警察庁長官に対し、何者かが殺意を持って後方から拳銃4発を発射し、背部・腹部等への射傷による損傷に伴う出血性ショックにより瀕死の重傷を負わせたが、殺害の目的を遂げなかったものである。
原因 不明
攻撃手段 拳銃による狙撃
攻撃人数 不明
武器 拳銃
負傷者 1名(國松孝次)
損害 重体殺人未遂罪
犯人 不明
容疑者 不明
動機 不明
関与者 不明
謝罪 無し

警察庁長官狙撃事件(けいさつちょうちょうかんそげきじけん)は、1995年平成7年)3月30日に当時日本國松孝次警察庁長官が何者かに狙撃された事件である。

2010年(平成22年)3月30日に、殺人未遂罪公訴時効(15年)を迎えた(未解決事件)。

概要[編集]

1995年(平成7年)3月30日午前8時31分頃、國松孝次警察庁長官が出勤のため東京都荒川区南千住の自宅マンションを出たところ、付近で待ち伏せていた男が拳銃[† 1]を4回発砲。國松長官はそのうち3発[† 2]を腹部などに受け、全治1年6ヵ月の瀕死の重傷を負った。男は自転車で逃走し、現場からは、朝鮮人民軍のバッジや大韓民国の10ウォン硬貨が見つかったという。

狙撃から1時間後にテレビ朝日に電話がかかる。電話の声は、國松長官に続く次のターゲットとして、井上幸彦警視総監大森義夫内閣情報調査室長らの名前を挙げて、教団への捜査を止めるように脅迫した。10日前の3月20日地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教に嫌疑が向けられて8日前の3月22日に、オウム真理教関連施設への一斉強制捜査が行われていた。

國松長官は手術中に心臓が3度も止まり危篤状態にまで陥ったが、2ヵ月半後には公務へ復帰した。

銃を発砲した犯人は黒っぽいレインコートに白いマスクをし、黒っぽい帽子を被っていたとされている。

捜査[編集]

公訴時効前[編集]

オウム真理教の信者だった警視庁巡査長(事件当時31歳)は取り調べに対し、犯行の具体的な状況や、銃を神田川に捨てたことを1996年平成8年)5月には詳細に供述していた[1][2]。しかし、警視庁公安部はその事実を警察庁に5ヶ月間報告せず[3]、世間に明るみになることもなかった。同年10月、マスコミ各社に「犯人は警視庁警察官」とする告発文書が捜査関係者と思われる匿名の人物から郵送され、10月25日には各社が供述を報道し始める[4][1]。同年10月27日には「銃を捨てた」という供述に基づき神田川を捜索するも、事件から既に1年半以上経過しており、川底にヘドロが堆積していたこともあり発見には至らなかった[1][5][6]。物証が発見されず、供述に矛盾点が多いとして立件は1997年(平成9年)6月に見送られた[6]。なお、この巡査長はオウム幹部に情報を漏洩したとして1996年11月に懲戒免職され[7]、1997年1月には地方公務員法違反容疑で書類送検されるものの起訴猶予処分となった[6]。この供述を警察庁に報告しなかった責任から、警視庁は公安部長更迭と警視総監辞職に到った[7]

またテレビ朝日に脅迫電話をかけたとして教団建設省幹部が1995年9月に職務強要罪逮捕された。最新の声紋鑑定機器での鑑定や電話の録音音声を複数の信者に聞かせた結果では90%の確率で同一人物とされたが「現段階での起訴は困難」として不起訴となった。

特別捜査本部1999年(平成11年)に捜査のやり直しを決定し、捜査員が元巡査長との接触を繰り返すと新たな供述が捜査結果と合致するようになったことから、事件発生から9年余りを経た2004年(平成16年)7月7日、元巡査長の会社員、岐部哲也・教団防衛庁長官(当時)、教団建設省幹部の計3人が殺人未遂容疑で警視庁に逮捕された。 さらに、教祖・麻原彰晃の最側近だった当時の石川公一・教団法皇官房次官(事実上の長官)も島田裕巳宅爆弾事件爆発物取締罰則違反容疑で別件逮捕された。しかし、元巡査長の供述が二転三転し、他の3人も当初から「自分は関係ない」と事件との関わりを否認するなど、証拠固めが困難になってきたことや容疑者らと実行犯との関係と役割が解明出来ないことから、東京地検勾留期限を前に全員を処分保留とし7月28日に釈放され、9月17日に不起訴となった。

警視庁の特別捜査本部は、坂本堤弁護士一家殺害事件などで死刑判決を受けた早川紀代秀端本悟を現場指揮役と実行犯と疑っているが、2人は犯行を否定している。

2008年(平成20年)3月、オウム真理教とは関係ない別の強盗殺人未遂事件で逮捕された男が犯行を示唆する供述をしていると報道された(詳細は後述[8]

公訴時効後[編集]

2010年(平成22年)3月30日午前0時に公訴時効到来(ただし、後述の強盗殺人未遂犯説については、事件後に計1年近く海外渡航しているため、刑事訴訟法第255条によって1年近く公訴時効が停止している)。

30日には警視庁公安部長が記者会見を開き、公訴時効が午前0時を以って成立したことと共に、この事件がオウム真理教の信者による組織的なテロリズムであるとの所見を示したが[9]、この記者会見に対し、識者から批判が相次いだ[10][11]。会見では14ページの「捜査結果概要」を公表し、この中で麻原を含めた教団元幹部や元信者ら計8人(麻原を除く7人は匿名)についてそれぞれの行動や会話内容などを列挙したものの、「犯行に関与した個々の人物やそれぞれの役割を、刑事責任の追及に足る証拠をもって解明するには至らなかった」とした。また警視庁が、捜査結果概要を公式サイトで公開したことに対し、教団主流派で構成するアレフが苦情申し立てを行ったが、国家公安委員会は5月27日、「特段の対応はない」と通知、東京都公安委員会も同28日、「不適切な点は認められなかった」と回答した[12]

公訴時効を受けて國松元長官は、警視庁の捜査を「不合格の捜査」と評したが、自ら油断があったことを認めた。そして「時効は残念ですが、苦労した捜査員にご苦労様と言いたいです」と捜査員をねぎらった。また「狙撃事件は、自分の中で終わったか」との問いには、「被害者にとって絶対に忘れられない」と答えた[13]

東京地方検察庁は2010年(平成22年)10月25日、長官狙撃事件への関与を認めて殺人未遂容疑で告発されていた男を嫌疑不十分で不起訴にした。「自白の信用性に疑義があり、犯人と認めるに足りる証拠がない」としている[14]

2011年(平成23年)2月18日、警視庁公安部は長官狙撃事件の捜査について検証結果を公表した。その中で初動捜査で目撃情報の聞き込みや防犯カメラの回収が不徹底だったこと、事件への関与を認める供述をしたとされる元巡査長について、秘密保全を優先し裏付け捜査に遅れが出たことを認めた。また元巡査長が着用していたコート鑑定に大型放射光施設「スプリング8」の使用が遅れるなど科学捜査の課題について指摘した。

アレフによる国家賠償請求[編集]

2011年(平成23年)5月12日、教団主流派で構成するアレフは、警視庁が「オウム真理教によるテロ」とする内容の捜査結果を公表したことで名誉を傷つけられたとして、東京都池田克彦警視総監を相手に5千万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地方裁判所提訴した[15]

また2012年(平成24年)1月26日、日本弁護士連合会は、アレフの人権救済申し立てに基づき、警視庁に対して発表内容の撤回などを求める警告を行った[16]

2013年(平成25年)1月15日、東京地裁は「警視庁公安部の行為は推定無罪の原則に反し、我が国の刑事司法制度の信頼を根底から揺るがす」として名誉毀損の成立を認め、アレフへ100万円の賠償と謝罪文交付を東京都にのみ命じ、池田への請求は棄却した[17]朝日新聞社説で「恥の上塗りという他ない、警察の完敗」「わが社は当時、警察のやり方を批判した。警察が違法行為に手を染めてどうする」「都は求償権を発動し当時の幹部(公安部長だった青木五郎など)に賠償金を負担させるべきだ」と論じている[18]

東京都は判決を不服として控訴した[19]が、東京高等裁判所は11月27日、捜査結果の公表については「国民の関心が高く、警察が国民に説明する必要性はある」と一定の理解を示したが、オウム真理教を犯人と断定した記述については警察権限の乱用と認め、謝罪文命令については「一審判決の内容が報じられたことで一定程度、名誉は回復された」として控訴を棄却[20]。2014年(平成26年)4月17日、最高裁判所は上告を棄却し、判決が確定した[21]

犯行説[編集]

警察内部では公安部がオウム犯行説を主張し[9]、刑事部が強盗殺人未遂犯を主張し、捜査方針が対立していた。犯行直後の狙撃現場の証拠はオウム犯行説に分があるとされ、凶器に関する証拠については強盗殺人未遂犯説に分があるとされていたが、どちらも決定的な決め手が欠けている。また、テレビ朝日「ザ・スクープ」などの報道番組の事件検証では、オウム、強盗殺人未遂犯の狙撃双方に否定的結果が出ている。

オウム犯行説[編集]

公安部が主張するオウム犯行説の根拠は以下の通り。

  • 1995年1月13日の上九一色村のオウム真理教の幹部会で麻原が「例えば、警視庁に突っ込んでいって、警視総監の首根っこ捕まえて振り回して来いと言ってきたらどうする?」と警察幹部への攻撃を示唆する発言をしていたこと(この発言は録音テープが残っている)。
  • 事件前日の午後に、警察庁長官が住むマンションでオウム信者が「警察国家」と題するビラを配布していたこと。
  • 狙撃事件の1時間後にテレビ朝日に警視総監らの名前を挙げて教団への捜査中止を要求する脅迫電話があったが、電話の声が教団幹部である砂押光朗と似ていたこと。
  • 事件翌日に信者が都内数ヶ所で配布した事件に関するビラに事件直後の脅迫電話の正確な時刻に関する記述があり、麻原の指示を元にビラの原案を作成していた元教団幹部の石川公一のメモに事件に特徴的な弾丸の記述があったが、これらは作成時点では報道されていなかったこと。
  • 元教団幹部の岐部哲也に酷似する男が狙撃犯の逃亡ルートと反対側の方向を南千住警察署前を2回自転車で走行する姿が目撃されており、捜査攪乱のために狙撃犯のダミー役を担った可能性があること。
  • 元オウム信者の元巡査長が事件の数日前に現場周辺で怪しまれた際に警察官と名乗った等の供述には目撃者の証言が確認されており、元巡査長が現場の下見と思われる行為をしていたこと。
  • 事件現場に遺留された韓国10ウォン硬貨から元オウム信者の男のミトコンドリアDNAが検出されていること。
  • 元巡査長の私物コートには拳銃を発射した際にできる溶解穴があり、また元巡査長のアタッシェケース(事件2ヶ月前から販売)や黒革製手袋の付着物等が事件で使用された銃弾の火薬成分と矛盾しないとの鑑定結果が出ていること。

またオウム犯行説の疑問点は以下の通り。

  • 過去の重大事件を認めてきたオウム教団幹部たちが長官狙撃事件だけは関与を一切認めていないこと。
  • 使用されたナイクラッド・ホローポイント弾はオウムが武装化する前に製造中止となっていたこと。

強盗殺人未遂犯説[編集]

刑事部が主張する強盗殺人未遂犯説の根拠は以下の通り。

  • 被疑者が1980年代後半にアメリカで事件で使用された拳銃パイソンホローポイント弾を偽名で購入していたこと。
  • 被疑者が犯行直後に逃走した自転車を近くに放置したと供述し、事件直後に放置場所に不審に置かれた自転車に関する目撃証言があったこと。
  • 被疑者が犯行後に東京の貸金庫に拳銃を格納したと供述し、東京の貸金庫には事件から1時間後の開扉記録が残っていること。
  • 被疑者が事件2日前に警察官2人が警察庁長官宅を訪問している事実を把握しており、下見をしていたこと。
  • 被疑者のアジトから韓国10ウォン硬貨が発見されたこと。
  • 警察庁長官の住所を把握するために侵入したとされる警察庁警備局長室の配置について、被疑者による証言が実際の配置と一致していること。
  • 被疑者が犯行時所持したカバンの形状と同じものが被疑者アジトから発見されたこと、鑑識の鑑定によってカバンから金属片反応が確認できたこと。

また強盗殺人未遂犯説の疑問点は以下の通り。

  • 現場の壁にあった繊維痕と火薬痕や目撃証言から推定される犯人の身長が被疑者と合致せず、被疑者が狙撃現場にいたという証拠が弱いこと。
  • 國松長官の秘書が語った3発目と4発目の発砲状況について、実行犯と主張している被疑者との供述に食い違いがあること。

2014年8月31日、テレビ朝日は「未解決事件スペシャル」の中で国松孝次元警察庁長官を狙撃したと自供しながら、逮捕されなかった人物を取り上げた。この人物は、真犯人しか知りえない事実を数多く供述しており、その裏付けも警視庁の刑事部が取っていた、警察幹部も「(この人物)以外、真犯人はあり得ない200%真犯人だ」っとまで断言したにもかかわらず、この人物は長官狙撃容疑で逮捕されなかった。鹿島圭介は著書『警察庁長官を撃った男』のなかで、当初この事件の捜査を担当したのが警視庁公安部で、彼らがオウム真理教以外に犯人はあり得ないという先入観で捜査した為、この人物を逮捕すると、自分たちの方針が全否定される為、この人物は逮捕されなかったんじゃないかと語った[22]

その他の犯行説[編集]

オウム犯行説と強盗殺人未遂犯説以外に、犯行状況や遺留品から

  • 北朝鮮の工作員説
  • 暴力団(またはその関係者)説
  • 過激派説
  • 警察内部犯行説(後述)

も噂されたが、オウム犯行説と強盗殺人未遂犯説程の証拠や証言が得られなかったことや、警視庁刑事部と公安部が自らの説を確信して譲らず、第三局の可能性を全く考えなかったことから、捜査が行われることがほとんど無かった。右翼がオウム真理教を潰すために警察を動かそうとしてやった、という説もあるが信憑性は不明である。上記の強盗殺人未遂犯の狙撃敢行目的こそ警察をオウム制圧に向けさせる挑発であり、そのことは当人の供述調書にも明記されている。

創価学会と警視庁公安部によるオウム犯行誘導説[編集]

オウムと対立していた創価学会と警視庁公安部が事件をオウム犯行へ誘導したとする説。アメリカ人ジャーナリストのジョン・マッケンジーやケビン・クローン[要出典]、韓国の『月刊朝鮮』が推奨している。FBIは長官狙撃事件の発生後、FBI長官の襲撃を想定し警備の増強、日本人の拳銃購入履歴を独自に調査した。調査の結果偽造パスポートを使い入国した日本人が、偽名を使いガンショップで拳銃や銃弾を購入していたこと、(その日本人が)すでに日本に帰国していることを突き止め、(その日本人が)長官狙撃犯の可能性ありと日本政府に通告したが、日本の警察はオウム犯行説を確信しており拒絶されたという[23]。また、強盗殺人未遂犯の自供により警視庁公安部の中にも刑事部が推す強盗殺人未遂犯説を信じるものが出始めたが、公安部はオウム犯行説を確信して譲らなかった。事件を捜査していた刑事部の警部補は内部告発としてある大物議員が警視庁を訪れ「(強盗殺人未遂犯の自供があっても)犯人はオウムで決まり。たとえ時効になっても犯人はオウムでなければならない」と捜査圧力がかかったと証言。元警部はその大物議員が公明党の藤井富雄であるとワシントン・ポストに明かした[23]。また、月刊朝鮮は2002年5月「金大中〜藤井富雄ミステリー」で藤井を紹介する際に警察庁長官狙撃事件で警察に捜査圧力をかけた大物と紹介している[24]

事件当時は明らかにされていなかったが、創価学会とオウムとの間で激しい信者の奪い合いが起こり、2年前の1993年にはオウムが池田大作創価学会名誉会長の殺害を計画、池田が講演に訪れた創価大学キャンパスにサリンを噴霧し重軽傷者を出した。これは1996年1月の松本サリン事件公判で明らかとなる[25][26]

警察利権に絡んだ内部犯行説[編集]

ジャーナリストの一橋文哉(本名・広野伊佐美)が主張。前任の城内康光元警察庁長官はオウム事件への積極的捜査を抑えていたが、後任の國松は、オウム事件に対する本格的な調査を行うよう指示した。城内が公安局長時代の1990年に、パチンコ業界からの闇資金が北朝鮮に渡り、その金が社会党に流れていた疑惑が浮上、調査委員会の設置を依頼した自民党の奥田敬和議員に対して、パチンコ業界に多数の警察OBが天下りをしていたことを理由に協力を拒否し、昇進を見送られた過去があるとしている。城内はその後、警察庁長官に就任するが、長官時代に警察官の制服変更、ピストルメーカーの変更などの「警察利権」を武器に、刑事部出身の警察官僚を排除して、公安部出身の警察官僚を重用する人事を行ったため、刑事部の反発や警察組織の内部抗争を招く結果となった。その後、事件前に警察庁の城内から、刑事局出身の國松へ変わった。そこでオウムの犯行に見せかけることで、警察の主導権を公安に引き戻す狙いがあったのではないかと主張した[27]

『オウム帝国の正体』において、一橋は1990年に城内康光が公安局長だったとしているが、警察庁には公安局なる組織は存在しない。また、1990年当時、城内は警察庁警務局長であり、警務局(現在の生活安全局)は警備公安警察の運用に携わることはない。ほか、一橋は本書の文庫版の104ページにおいて、「発生当初、犯行に使われた銃は、線条痕から38口径のアメリカ・コルト社リボルバー(回転式拳銃)のパイソンで、弾丸は先にギザギザが入った殺傷力の高いホロー・ポイント弾、通称357マグナム弾と推定された」という、意味不明な記述をしている。

噂の真相』1996年7月号に掲載された「『新潮45』のオウム・ウォッチャー 一橋文哉の盗用常習で発覚した“正体”」では、「ようするに一橋文哉は取材なんてしていなくて、資料や他紙誌の記事をつぎはぎして、あたかも独自取材のように作っているレポートなんじゃないか」として、一橋の盗作・捏造疑惑を指摘している。これに対して一橋は一切抗議していない。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ コルト社製パイソンであることが科研の精密な鑑定によってほぼ確定している
  2. ^ 科研の鑑定により.357マグナムホローポイント弾とされている

出典[編集]

  1. ^ a b c “警察庁長官狙撃:容疑者逮捕 あの日から9年…「逮捕まで長かった」(その2止)”. 毎日新聞社. (2004年7月7日). p. 3 
  2. ^ “[急転]10年目の長官狙撃事件/上(その1) 解けた教祖の呪縛--○○容疑者”. 毎日新聞 東京朝刊 (毎日新聞社): p. 29. (2004年7月8日)  記事名に実名が使われているため、この箇所を伏字とした。
  3. ^ “国松警察庁長官狙撃事件の報告遅れで、警視庁公安部長を更迭 --警察庁”. 毎日新聞 大阪夕刊 (毎日新聞社): p. 1. (1996年10月28日) 
  4. ^ “国松警察庁長官狙撃事件 公安部が供述隠し? 警察庁に報告せず”. 毎日新聞 大阪夕刊 (毎日新聞社): p. 11. (1996年10月25日) 
  5. ^ “神田川のけん銃捜索、ヘドロ厚く難航--国松警察庁長官狙撃事件”. 毎日新聞 東京夕刊 (毎日新聞社): p. 9. (1996年10月30日) 
  6. ^ a b c “国松警察庁長官狙撃事件 元巡査長の立件見送り 東京地検「供述信用できず」”. 毎日新聞 大阪朝刊 (毎日新聞社): p. 30. (1997年6月18日) 
  7. ^ a b “国松警察庁長官狙撃事件 井上警視総監が辞表 前副総監(大阪府警本部長)ら処分”. 毎日新聞 大阪夕刊 (毎日新聞社): p. 1. (1996年11月28日) 
  8. ^ “警察庁長官銃撃で77歳男が犯行示唆の供述 「秘密の暴露」”. 産経新聞. (2008年3月20日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080320/crm0803200217005-n1.htm [リンク切れ]
  9. ^ a b “「長官銃撃はオウムのテロ」警視庁が異例の発表”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年3月30日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100330-OYT1T00506.htm 2010年3月30日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ “なぜ教団と断定できるのか?「失態、教団に押し付けただけ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100330038.html 2010年4月3日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “国松元警察庁長官事件 警視庁はトチ狂ったのか”. 楽天woman (日刊ゲンダイ). (2010年3月31日). http://woman.infoseek.co.jp/news/society/story.html?q=03gendainet02045197 2010年4月3日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ “長官狙撃:「不適切な点なし」都公安委…アレフの苦情に”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年6月3日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100604k0000m040056000c.html 2010年6月7日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ “忘れない:警察庁長官狙撃事件の時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年3月30日). http://mainichi.jp/select/jiken/coldcase/news/20100330org00m040001000c.html 2011年6月22日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ 読売新聞 2010年10月26日
  15. ^ “アレフが警視庁側を提訴 長官銃撃の捜査結果公表で「名誉棄損」”. 産経新聞 (産経新聞社). (2011年5月12日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110512/trl11051218070006-n1.htm 2011年6月22日閲覧。 [リンク切れ]
  16. ^ “「長官銃撃はオウム」警視庁発表に日弁連が警告”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年1月27日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120127-OYT1T00560.htm 2012年1月28日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ “警視庁発表は「名誉毀損」=アレフ勝訴、都に賠償命令-長官銃撃訴訟・東京地裁”. 時事通信. (2013年1月15日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013011500528 [リンク切れ]
  18. ^ “警視庁敗訴―当時の幹部に求償せよ”. (2013年1月17日) 
  19. ^ “捜査結果公表、都が控訴 警察庁長官銃撃巡る訴訟”. 日本経済新聞. (2013年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2801K_Y3A120C1CC0000/ 
  20. ^ “警視庁発表でアレフ名誉毀損、2審も都が敗訴”. 読売新聞. (2013年11月27日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131127-OYT1T00358.htm [リンク切れ]
  21. ^ アレフへの賠償確定 最高裁、警察庁長官銃撃の警視庁発表巡り 日本経済新聞 2014年4月18日
  22. ^ 鹿島圭介 『警察庁長官を撃った男』新潮社〈新潮文庫〉
  23. ^ a b ワシントン・ポスト 1997年6月12日号
  24. ^ 朝鮮日報社「月刊朝鮮」2002年5月号特集記事 「金大中〜藤井富雄ミステリー」[要ページ番号]
  25. ^ 池田大作サリン襲撃未遂事件では創価学会の牙城会員数名が、一時的な視力減退や倦怠感などの重傷を負ってはいたが学会側はこの事件を表沙汰にすることはなく池田大作サリン襲撃未遂事件の犯行の事実は、1996年1月の松本サリン事件公判で明らかにされるまでおよそ3年間公にされることはなかった
  26. ^ 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861[要ページ番号]
  27. ^ 一橋文哉 著 『オウム帝国の正体』p.78〜80 新潮文庫

外部リンク[編集]