鈴木哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 哲夫
(すずき てつお)
生誕 (1958-07-18) 1958年7月18日(59歳)
日本の旗 日本 福岡県
国籍 日本の旗 日本
教育 早稲田大学法学部卒業
職業 政治ジャーナリスト
ニュースキャスター
活動期間 1983年 – 現在
代理人 ライトハウス[1]
代表経歴 テレビ西日本報道部記者
東京MXテレビ報道制作部長
BS11報道局長
肩書き 政治ジャーナリスト
すずき てつお
鈴木 哲夫
プロフィール
生年月日 (1958-07-18) 1958年7月18日(59歳)
出演番組・活動
テンプレートを表示

鈴木 哲夫(すずき てつお、1958年7月18日 - )は政治ジャーナリスト

来歴[編集]

福岡県出身。早稲田大学法学部卒業後、1983年テレビ西日本入社。報道部記者として警察、自治体を担当。北九州市政雲仙・普賢岳噴火などを取材。その後、1988年にフジテレビに出向し報道局政治部へ。経世会担当、梶山静六小渕恵三橋本龍太郎等の番記者を務めた。なおフジテレビには過去、編成企画部に同姓同名の鈴木哲夫(平成教育委員会鬼平犯科帳やっぱり猫が好きなどの企画担当)がいた。

1995年、テレビ西日本から東京MXテレビに移籍。『東京NEWS』ニュースキャスター、ニュースデスク、東京ニュースセンター編集長、報道制作部長を歴任。2001年、東京メトロポリタンテレビジョンから株式会社衛星チャンネルに移籍し、報道制作本部チームリーダー、報道制作局報道部長を務めた。2007年12月、BS11に再度移籍し、報道制作部長、執行役員報道局長を歴任。2013年5月31日付でBS11を退社[2]。 2013年6月よりフリーとなり、後にライトハウスと業務提携[1]

出演番組[編集]

ラジオ[編集]

インターネット映像配信[編集]

過去出演番組[編集]

東京MX時代[編集]

  • ウィクリー東京NEWS(キャスター)
  • 東京NEWS21時(アンカーマン 1998年 - 2000年6月)

BS11時代[編集]

  • INsideOUT(チーフプロデューサー、水・木曜キャスター 2007年12月 - 2013年5月)
  • BS11報道スペシャル 本音激論!政治とメディア 検証!政治報道!2 テレビはどう伝えたか(2010)
  • TKU選挙特番(テレビ熊本) - 2012年12月16日

フリー以後[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 「政変劇の舞台裏」(葦書房)
  • 「東京政界地図」(河出書房新社)
  • 「若き政治家・下村博文」(河出書房新社)
  • 「政党が操る選挙報道」(集英社新書)
  • 「汚れ役~側近・飯島勲と浜渦武生の「悪役」の美学」(講談社
  • 「最後の小沢一郎」(オークラ出版)
  • 「政治報道のカラクリ」(イースト&プレス社)
  • 「ブレる日本政治」(ベスト新書)
  • 「安倍政権のメディア支配」(イースト新書)
  • 「期限切れのおにぎり~大規模災害時の日本の危機管理の真実~」(近代消防社)

連載・執筆等[編集]

  • サンデー毎日 
  • アサヒ芸能 
  • 夕刊フジ「鈴木哲夫の永田町核心リポート」
  • 月刊公論「政界展望」
  • 経済界「永田町ウオッチング」

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]