鈴木哲夫 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 哲夫(すずき てつお、1924年12月5日 - 2015年6月15日)は、日本の技術者実業家HOYA中興の祖・元名誉会長

人物・経歴[編集]

愛知県瀬戸市生まれ[1]。1943年東京工業大学養成所卒業。1944年東洋工学硝子製造所(現HOYA)技術長。1949年同社取締役工場長に昇格。1957年から代表取締役社長。1967年相談役。1970年代表取締役社長[2][3]。同社中興の祖とされる。HOYA代表執行役最高経営責任者鈴木洋は子[4]。1987年からはニューガラスフォーラム初代会長も務めた[5]。2015年肺炎のため死去。享年90[6]ホテルニューオータニ鶴の間でお別れの会が行われた[7]。その後、国税庁東京国税局から相続財産約90億円の申告漏れが指摘された[8]

出典[編集]

[脚注の使い方]
先代:
初代
ニューガラスフォーラム会長
初代:1987年 - 1988年
次代:
古本次郎
先代:
岸田清作
ニューガラスフォーラム会長
第5代:1994年 - 1996年
次代:
瀬谷博道