鈴木洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 洋(すずき ひろし、1958年8月31日 - )は、日本実業家HOYA中興の祖鈴木哲夫の子で、同社取締役代表執行役最高経営責任者日本取締役協会副会長。元ガラス産業連合会副会長。

人物・経歴[編集]

東京都出身。父はHOYA中興の祖鈴木哲夫。1982年東洋大学経営学部卒業。1985年メンロー大学卒業[1]ホーヤ入社。1993年ホーヤ取締役。1997年ホーヤ常務取締役。1999年ホーヤ常務取締役エレクトロオプティクスカンパニープレジデント。1999年ホーヤ専務取締役。2000年ホーヤ代表取締役社長。2003年からHOYA取締役代表執行役最高経営責任者を務め[2]、大きく業績を拡大した[1]。2011年からはHOYAシンガポール支店代表も兼務し[2]、シンガポールを拠点に[1]M&Aなども進めた[3]。この間、ニューガラスフォーラム会長[4]ガラス産業連合会副会長[5]日本取締役協会副会長等も務めた[6]

出典[編集]

[脚注の使い方]