経営学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経営学部(けいえいがくぶ、英語: School or Faculty of Business, School or Faculty of Business Administration)は、大学において経営学を専攻とする学部である(短期大学は経営学科の名称)。

歴史・概要[編集]

1904年上田貞次郎東京高等商業学校教授により、商業学に代わる商工経営学の概念が提唱されていたところ、1902年明治35年)に創設された旧制官立神戸高等商業学校においては、1920年大正9年)から上田門下の平井泰太郎講師の命名により「經營学」が講じられていた[1]1926年大正15年)に神戸高等商業学校で「經營学」という名称の授業科目を開講していた。その後1929年昭和4年)に神戸商業大学に昇格し、1949年昭和24年)に学制改革により神戸大学が設置された時に、経営学部の設置を主張する平井泰太郎教授と、商学部の設置を主張する福田敬太郎教授の間で論争となったが、教授会において1票差で経営学部と決まり、ここにわが国最初の経営学部が設置された[2]

私立大学で初めて設置したのは明治大学で、1953年に商学部から分離する形で置かれた。女子大で初めて設置したのは文京女子大学(現: 文京学院大学)(1991年)である(2005年より共学化)。理工系総合大学で初めて設置したのは東京理科大学(1993年)であり、理学と工学の知識に基づいた数量的・実証的アプローチによる文理融合イノベーション重視を基本理念とした学部としている。

商学部経済学部とカリキュラム内容が近い(もしくは一部重複する)ことや、経営学自体が比較的新しい学問ということもあって、経営学部の置かれない大学の商学部や経済学部もしくは学科制の短期大学において、学科やコースや専攻の名称として「経営学」が用いられる場合がある。学部卒業生に対して授与される学位学士(経営学)が代表的であるが、近年は学科名も多様化しているため、学位名称にも様々なものがある。

経営学部は実践に重点を置いた教育課程を編成しており、経営学を中心に商学会計学の関連科目を学ぶことができる。学問体系としては文系に分類されるが、経営分析や意思決定モデル、MISなど、数学統計学コンピュータ工学などの数理科学的手法を活用する大学も多い。

経営学部を置く日本の大学[編集]

国立[編集]

※「経営学部」を置く大学

※「経営学科」またはそれに類する学科を置く大学

公立[編集]

※「経営学部」を置く大学

※「経営学科」またはそれに類する学科を置く大学

私立[編集]

※「経営学部」またはそれに類する学部・学科を置く大学

北海道・東北
関東
中部
近畿
中国・四国・九州
短期大学経営学科

大学に準ずる教育機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]神戸大学
  2. ^ [2]神戸大学

関連項目[編集]