流通経済大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
流通経済大学
流通経済大学龍ケ崎キャンパス
流通経済大学龍ケ崎キャンパス
大学設置/創立 1965年
学校種別 私立
設置者 学校法人日通学園
本部所在地 茨城県龍ケ崎市平畑120
北緯35度55分03秒 東経140度11分24秒 / 北緯35.917567度 東経140.19006度 / 35.917567; 140.19006座標: 北緯35度55分03秒 東経140度11分24秒 / 北緯35.917567度 東経140.19006度 / 35.917567; 140.19006
キャンパス 龍ケ崎(茨城県龍ケ崎市)
新松戸(千葉県松戸市)
付属柏高校(千葉県柏市)
学部 経済学部
社会学部
流通情報学部
法学部
スポーツ健康科学部
研究科 経済学研究科(修士・博士後期)
社会学研究科(修士・博士後期)
物流情報学研究科(修士・博士後期)
法学研究科(修士))
スポーツ健康科学研究科(修士)
ウェブサイト 流通経済大学公式サイト
テンプレートを表示

流通経済大学(りゅうつうけいざいだいがく、英語: Ryutsu Keizai University)は、茨城県龍ケ崎市平畑120に本部を置く日本私立大学である。1965年に設置された。大学の略称流経大(りゅうけいだい)、流大(りゅうだい)、RKU

学校法人日通学園が設置、運営する大学である。

概説[編集]

学生は、通学手段や居住地の状況に応じて、通学するキャンパスを選ぶことができる「キャンパス選択制」を実施している(ただし体育施設の関係から、スポーツ健康科学部は龍ケ崎キャンパスのみ)。

1965年1月に日本通運株式会社(日通)の寄付を元に、流通物流交通に関する教育・研究の振興を目的として開学。

建学の目的として「流通経済一般に関する研究と教育を振興して、わが国経済の飛躍的発展を図る」と記されていることから、開学以来、物流関係の研究・教育に力を入れており、陸運・倉庫・海運・国際輸送・物流情報システム・流通システムなど、物流・流通に関連する多様な科目が開講されている点が学術・教育面での大きな特色である。

また、産業界の支援を受けて開学した経緯を持つ大学として、「実学主義」に基く教育の実践を理念として掲げており、資格取得への課外講座の開講など他大学で取り組まれている事例は勿論、インターンシップや寄附講座も開講されている。

学生生活面では、1年生から4年生まで学生は必ずゼミに所属し、それぞれの課題に取り組む「全員ゼミ制度」を開学当時から一貫して大学の特色と位置づけて取り入れており、ゼミは必修科目として設定されている。 ゼミの定員は平均して15~20名程度と少人数に設定しているため、少人数のゼミ組織を基盤として、比較的学生と教員・学生同士の良好で幅広い人間関係が築きやすい環境であるという意見もある(ただし、少人数のゼミ組織は本学に限ったことではない)。

この制度を実施している大学は全国でも数少なく、「全員ゼミ制度」は教育上の特色にもなっている。

近年は、サッカー・ラグビー・硬式野球・吹奏楽などを中心に課外活動の充実にも力を入れている。

沿革[編集]

  • 1965年(昭和40年) - 学校法人日通学園設立認可(1965年1月)
  • 1965年(昭和40年) - 茨城県龍ケ崎市に流通経済大学開学(経済学部経済学科設置)
  • 1970年(昭和45年) - 経済学部に経営学科を設置
  • 1979年(昭和54年) - 専攻科 開設(経済学専攻・経営学専攻)
  • 1985年(昭和60年) - 千葉県柏市に付属柏高等学校を開設
  • 1988年(昭和63年) - 社会学部(社会学科)開設
  • 1989年(平成元年) - 大学院経済学研究科(修士課程)開設
  • 1991年(平成 3年) - 大学院経済学研究科(博士後期課程)開設
  • 1992年(平成 4年) - 大学院社会学研究科(修士課程)開設
  • 1993年(平成 5年) - 社会学部に国際観光学科を設置
  • 1994年(平成 6年) - 大学院社会学研究科(博士後期課程)開設
  • 1996年(平成 8年) - 流通情報学部(流通情報学科)開設
  • 2000年(平成12年) - 大学院物流情報学研究科(修士課程)開設
  • 2001年(平成13年) - 法学部(企業法学科・自治行政学科)開設
  • 2002年(平成14年) - 大学院物流情報学研究科(博士後期課程)開設
  • 2003年(平成15年) - 留学生別科(日本語研修課程) 開設
  • 2004年(平成16年) - 千葉県松戸市新松戸に「新松戸キャンパス」開設
  • 2005年(平成17年) - 法学部・企業法学科をビジネス法学科に改編
  • 2005年(平成17年) - 大学院法学研究科(修士課程)開設
  • 2006年(平成18年) - 龍ケ崎キャンパスにスポーツ健康科学部(スポーツ健康科学科)開設
  • 2010年(平成22年) - 大学院スポーツ健康科学研究科(修士課程)開設
  • 2017年(平成29年) - スポーツ健康科学部にスポーツコミュニケーション学科を設置

基礎データ[編集]

所在地[編集]

象徴[編集]

大学歌[編集]

教育および研究[編集]

学部構成[編集]

  • 経済学部
    • 経済学科
    • 経営学科
  • 社会学部
    • 社会学科
    • 国際観光学科
  • 流通情報学部
    • 流通情報学科
  • 法学部
    • ビジネス法学科
    • 自治行政学科
  • スポーツ健康科学部
    • スポーツ健康科学科
    • スポーツコミュニケーション学科
  • 留学生別科
  • 専攻科
    • 経済学専攻
    • 経営学専攻

副専攻制度

  • 流通経済大学では、他の学部の専門科目を、自らが所属する学部の選択科目として自由に履修できる、「副専攻制度」が導入されている。

例として、

  • 「経済学部で国際経済を専攻する学生が、流通情報学部のグローバル・ロジスティクスに関する専門科目を副専攻として履修する」ことや、
  • 「法学部で公務員を志望する学生が、社会学部の社会福祉に関する専門科目を副専攻として履修する」事が可能である。

学部間での履修科目の相互乗り入れを実現する事により、学生の専攻分野と関連する知識も専門的に習得できる体制が整えられている。

大学院[編集]

  • 経済学研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 社会学研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 物流情報学研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 法学研究科(修士課程)
  • スポーツ健康科学研究科(修士課程)

付属機関[編集]

  • 物流科学研究所
    論文集「物流問題研究」を年2回刊行。大学内外の物流研究者による研究論文を収録。日通のシンクタンク日通総合研究所の研究員による論文が掲載されることも多い。

学校生活[編集]

イベントなど[編集]

  • つくばね祭
    毎年、10月の最終週または11月の第1週の週末の2日間に渡って開催される、龍ケ崎キャンパスの学園祭
  • 青春祭
    毎年、6月第3週の土曜・日曜の2日間に渡って開催される、新松戸キャンパスの学園祭。

このほか、吹奏楽部・合唱部の定期演奏会が開催される。

学生サークル[編集]

  • 就職活動支援サークル R↑KU(リク)
    流通経済大学の学生と就職課の職員が「学生の視点から就職活動を支援する」という考えから結成したサークル。歴史は浅いものの、キャンパスのある松戸市の行政や市内のNPO法人、企業と協力してセミナーを開催する。
    • 就職情報紙「R-就活」の発行
    • 学生に対しての面接練習・グループディスカッション練習
  • メンバーのスキルアップを計る、プレゼンテーション練習・ディベート練習
  • 「キャリア プラン フォーラム」の開催(松戸市の行政、市内のNPO法人、聖徳大学と共同開催)。
  • 大学内における「就活セミナー」の開催(第一回目は流通経済大学を担当する株式会社リクルートの社員の協力を得て開かれた)。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 卒業生団体として、流通経済大学校友会がある。会長・副会長ともに、創設母体の日本通運株式会社で要職を歴任した卒業生が務めている。

【会 長】安藤伸樹氏:流通経済大学経済学部10期卒業生(元・日本通運株式会社常務執行役員,現・日本通運健康保険組合理事長)
【副会長】作道誠見氏:流通経済大学経済学部 4期卒業生(元・マレーシア日本通運株式会社 社長)
なお、校友会加盟団体で独自のホームページを設けている物は以下の通り。

著名な教員・出身者など[編集]

その他[編集]

  • 流通経済大学出版会(りゅうつうけいざいだいがく しゅっぱんかい) - 流通経済大学の出版部門(出版社)。

施設[編集]

流通経済大学の送迎バス

龍ケ崎キャンパス[編集]

龍ヶ崎キャンパス
  • 法人本部が所在
  • 茨城県龍ケ崎市平畑120番地
  • 佐貫駅(JR常磐線他)より大学直行バス(運行:関東鉄道)約15分
  • 関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅より
    • 徒歩約20分
    • 龍ケ崎市コミュニティバス循環ルート内回り所要8分「流通経済大学前」停留所下車
    • 駐車台数530台の駐車場や自転車・バイク駐輪場をキャンパス内に完備
      • 学生の自動車及びバイク通学を認めている。
  • 教務・学生課などが入居する5号館地下には書店「丸善」とコンビニエンスストア「ファミリーマート」がある。

新松戸キャンパス[編集]

新松戸キャンパス

キャンパス選択制[編集]

流通経済大学の噴水

流通経済大学は、2004年度から経済・社会・流通情報・法の4学部で「キャンパス選択制」を実施している(体育施設の関係からスポーツ健康科学部は龍ケ崎キャンパスのみ。大学院・専攻科の学生も対象外)。 学生は原則として入学時に新松戸・龍ケ崎のどちらのキャンパスに通うか選択することができる(例外として、スポーツや課外活動のサークルで大学が活動を強化・支援している「課外活動重点部」に所属する学生など、活動拠点や施設の関係から龍ケ崎キャンパスに所属する場合もある)。

両キャンパスでは、同一カリキュラムの授業を実施し、同じキャンパスで卒業まで過ごすことが可能。また、学生の通学事情や転居などに伴う通学キャンパスの変更も可能。 近年ひとつのキャンパスで過ごす大学が増加しているが、その大学の一つである。

三宅雪嶺記念資料館[編集]

  • 龍ヶ崎キャンパスに設置されている、三宅雪嶺に関する博物館で一般にも公開されている。雪嶺の孫である、流通経済大学名誉教授(前・教授)の三宅立雄より寄贈された資料が展示されている。

対外関係[編集]

産学提携[編集]

寄附講座
私企業・団体によって企画され、講師やテキストが提供される講義が「寄附講座」として実施されている。
  • 日本通運寄附講座「社会生活と物流」
    大学の設立母体でもある日本通運株式会社から提供された講座では、物流業の概要から今後の業界動向・事業戦略などを中心に、同社及びグループ会社の現役で事業に携わる幹部が講義を行うだけでなく、企業での雇用環境の変化や求める人材像についても講義する。
    講座では、流通経済大学を卒業後、日本通運株式会社に勤務して要職に就いている卒業生も講師として講義を担当する機会もあり、日本通運グループにおいて600名規模の卒業生が在職[1]する、物流業界への人材輩出に実績を持った大学としての特色を象徴する講座である。
  • 野村證券寄附講座「資本市場の役割と証券投資」
    野村証券及び野村総合研究所から講師を招き、基本的な経済情報の見方から債権・株式市場の果たす役割までを講義することで、ライフプランニングにおける経済的要素の重要性を認識してもらう。
  • 社団法人 全国通運連盟寄附講座
    環境問題に対する問題意識が高まる中、物流の分野でも温室効果ガスの削減が求められている。今日、環境に配慮した物流を目指す立場から、輸送手段をトラック輸送から鉄道貨物輸送を利用した通運へと切り替えるモーダルシフトを進める物流業者・荷主が増えつつある。
    全国の通運業者が加盟する、社団法人 全国通運連盟から提供された講座では、日本通運などの通運事業者、鉄道貨物の輸送主体であるJR貨物、モーダルシフトを推進している荷主企業から講師を招き、環境に配慮した物流における通運や鉄道貨物輸送の重要性について講義する。
「実践講座」制度
企業で経営に携わる管理者,経営者、企業へのコンサルティング業務や改善活動を行っている、シンクタンクのコンサルタントなど、産業界で活躍する人材が講師として講義を担当する、「実践講座」が開講されている。
開講されている実践講座は
  • 「ロジスティクス実践講座」(製造業・卸売業など企業にとってのロジスティクスとは何かについて講義を行う)
  • 「物流マネジメント実践講座」(物流管理,サード・パーティー・ロジスティクスの現状について講義を行う。)
  • 「国際物流実践講座」(航空会社,海運会社,フォワーダー,グローバル・ロジスティクス事業者などが、国際物流の現状について講義を行う。)
  • 「情報システム実践講座」(RFID,本人認証,VMIなど、物流・流通システムにおける情報システムの役割について講義する。)
  • 「ロジスティクス企業訪問講座」(物流センター,ターミナルなどのロジスティクス現場を訪問し、理論が現実にどのように応用されているのか講義する。)
  • 「ロジスティクス改善演習」(物流施設の立地・レイアウトシミュレーション,ビールゲームによるSCMの改善について演習形式で講義を行う。)
  • 「ダイレクトマーケティング実践講座」(近年伸長の著しい、インターネットを用いた商取引の現状について講義を行う。)
である。
サプライチェーン・ロジスティクス人材育成プログラム
2008年(平成20年)度・経済産業省産学連携人材育成事業(サービス人材分野)」採択事業)
生産効率化の手法として、近年、サプライ・チェイン・マネジメントSCM)の手法が普及している。
原材料や部品の調達から生産段階を経て、消費者への製品供給に至るまでの物流を一貫して管理することによる効率化を目指すSCMにおいて、物流業者は単に輸送や保管を受動的に担うのではなく、生産者の生産活動における物流の現状を調査・把握し、効率的な輸送や保管のあり方を提言する重要な役割を担っている。
荷主の物流改善を提言し、物流業務を一括受託する。これがいわゆる、サード・パーティー・ロジスティクス3PL)と呼ばれるビジネスの形態である。
現代の高度化した物流管理においてSCMや3PLの重要性は増し、社会人向けのロジスティクス関連教育・研修や物流関連資格は多いものの、大学教育の段階では、こうした事項を体系的かつ、現実の経済活動の変化に即して教授していくプログラムは皆無である。
流通経済大学は建学の背景から、物流流通に関する専門科目やそれらの産業界から講師を招いた寄附講座・特別講座が数多く開講されている。これらを体系化し、更には近年伸長している国際物流や物流の現場で調査を行うことにより物流の効率化を考えるといった、現代のロジスティクスへの理解を深めるための産学連携による新規開講科目を追加することにより、SCMや3PLを担う人材を体系的に育成しようとするのが、サプライチェーン・ロジスティクス人材育成プログラムである。
また、プログラムで用いるための企業事例を盛り込んだオリジナルテキストも産学連携により作成されるほか、プログラムに参加する企業側委員と大学教員が共同の定期的懇談会(産学連携コンソーシアム)を設け、カリキュラムの検討,教育効果の測定を行い、プログラム運用の改良を常時実施して行く体制がとられている。
さらに、流通経済大学で開講されている物流関連科目を所定の単位履修すると、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会との協定により、物流管理に関する公的資格の一つである、物流技術管理士補の取得に必要とされる、基礎講座の講習が免除されるほか、ビジネス・キャリア検定試験における、ロジスティクス分野の検定である「ロジスティクス管理」の資格取得のための課外講座が行われている。
これらの資格・検定は、主に社会人を対象とした専門的職業能力開発のものであり、管理職昇進などの際に判断材料とされ、ロジスティクス分野の企業内教育において、取得が勧められているものである。
企業内教育では一般的な、ホワイトカラー従業員の専門的能力開発のための取り組みを、学生時代に先取りして身につけられるのが、このプログラムの大きな特色である。
ロジスティクス企業・学内合同企業説明会
翌年度からの就職活動を控えた学内の3年生を対象とした、ロジスティクス関連業界に特化した学内合同企業説明会。[2]
通常の学内合同企業説明会とは別日程で、大学の人材輩出に強みがあり、多数の卒業生が在籍する、ロジスティクス関連業界に特化した就職説明会が開催されている。
特定の分野に特化した学内企業説明会は、専門性の強い理工系大学,理工系学部・大学院で実施されていることが多いが、社会科学系の大学においては非常に稀有な取り組みである。
物流人材マッチングプロジェクト
毎年9月ごろに行われる、物流・ロジスティクス業界を志望する学生と、人材を求める企業とを結びつける、人材マッチングイベント。[3]
プロジェクトに参加する企業と学生は、合同プレゼンテーションの場で相互に自己紹介及び自己アピールと質疑応答を行う。(学生はプロジェクト参加企業の前で自らの業界への志望動機、学生時代の専攻内容、所有する資格や得意分野について。企業は募集職種、事業内容や求める人材について。)
プレゼンテーション後は、それぞれが関心を持った企業・学生とが自由に意見交換できる場を設けて、企業と学生の直接対話により人材の採用に結び付ける。
全日本トラック協会推薦入試
物流業の将来を担う専門的知識を持った人材の発掘,育成を目的とし、物流事業者団体の全日本トラック協会からの推薦で、会員企業の関係者(会員企業の経営者及び従業員の子弟や親族)を対象としたAO入試による学生受け入れを行っている。
推薦に関する条件については、毎年6月ごろに各都道府県のトラック協会ホームページや会員向けの機関紙に情報が掲載される。

地域社会との連携[編集]

  • 特定非営利活動法人クラブ・ドラゴンズ
    流通経済大学の学生や教職員などから成る有志が結成した特定非営利活動法人。龍ケ崎市を活動拠点とし、大学の教育活動を通じた地域社会への貢献を目指して活動している。大学が中心となり地域社会への貢献のため、NPO法人を展開している例は珍しい。
  • 2003年に龍ケ崎市と流通経済大学は、「流・龍連携協定」(正式名称:「龍ケ崎市と流通経済大学との連携に関する協定」)と言う相互協力協定を締結し、地域社会と大学が連携して諸活動を積極的に展開する方向性が打ち出された。
    流通経済大学との連携は龍ケ崎市の重点施策の一つとなっており、市役所に「流・龍連携協定」を担当する部署が設置されている。
    • 「フリースクール」(学校5日制に対応した土曜日の児童向け課外学習プログラム)
    • 「学び塾」(地元公民館と連携した児童向け教育プログラム)
    • 「流経大ドラゴンズ」(ラグビーチーム)(小・中学生のラグビーチームの運営に協力)
    • 「RKUラグビーフェスティバル」(※イベント実施に協力)
    • 「龍・流カップ」(市内の中学校によるサッカー大会)(※イベント実施に協力)
    • 地域住民を対象とするパソコン教室の開講
    • 地元小・中学校への学生ティーチングアシスタント派遣
    • 龍ケ崎市で実施される夏祭り等、地域行事への運営協力

他大学との協定[編集]

就職状況[編集]

就職状況において特筆すべき点として、運輸・物流関連業界への就職者が例年、一定の規模を占める事があげられる。具体的には、平成26年3月卒業者の就職先における、運輸業界への就職比率は、流通情報学部13.3%,経済学部9.7%である。[4]

この数値を他大学と比較すると、平成25年度の亜細亜大学(3.4%),平成24年度の国士舘大学(2.8%)など、著名な中堅私大の運輸業界就職者比率を大きく上回る。

内定先企業も、運輸・物流業はもとより、製造業の物流管理を担当する子会社、いわゆる、物流子会社にも幅広く人材を輩出している事が特徴である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]