公務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

公務員(こうむいん、: public servant, civil servant)は、および地方自治体、国際機関等の公務en:public service)を執行する人のこと。または、その身分、資格のこと。国際機関の職員は国際公務員といい、中央政府に属する公務員を国家公務員地方政府(地方自治体)に属する公務員を地方公務員という。

公務員の身分と職の関係については、アメリカと日本は、はじめに公務員の職(または官職)があって、法令で定められた方法により特定の職にあてられた者が公務員の身分を取得するという公務員制度を持っている。これに対してフランスドイツなどのヨーロッパ大陸諸国は、はじめに官吏という身分が存在し、法令に基づいて官吏の身分に任命された者が特定の職に補せられるという制度である。

日本[編集]

日本経済の回復によって失業率が低下し、2017年度の日本国家公務員総合職試験では志願者が前年度比で6%減少している。そのため、特に高い青年層への失業対策で公務員を増やそうとしている韓国から羨む声がある[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]青年就職ために公務員増やす韓国…OECD「的外れの政策」 手厳しい指摘
  2. ^ [2]【コラム】革新経済好況で公務員志願まで減る日本

関連項目[編集]