公務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公務員(こうむいん、: public servant, civil servant)は、および地方自治体、国際機関等の公務en:public service)を執行する人のこと。または、その身分、資格のこと。国際機関の職員は国際公務員といい、中央政府に属する公務員を国家公務員地方政府(地方自治体)に属する公務員を地方公務員という。

公務員の身分と職の関係については、アメリカと日本は、はじめに公務員の職(または官職)があって、法令で定められた方法により特定の職にあてられた者が公務員の身分を取得するという公務員制度を持っている。これに対してフランスドイツなどのヨーロッパ大陸諸国は、はじめに官吏という身分が存在し、法令に基づいて官吏の身分に任命された者が特定の職に補せられるという制度である。

アメリカでは地方政府(地方自治体)が財政難などに陥った場合、公務員をかなり臨機応変に 中途で大量に解雇して、その数を削減し、重荷となっている人件費を圧縮することができる。例えば警察官や消防士ですら、比較的簡単に解雇できる。財政的事情によって、定年に達していない公務員でも簡単に解雇できるのである。

日本[編集]

日本の公務員を参照。

関連項目[編集]