城西大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
城西大学
Sakado campus.jpg
坂戸キャンパス
大学設置/創立 1965年
学校種別 私立
設置者 学校法人城西大学
本部所在地 埼玉県坂戸市けやき台1-1
北緯35度55分57.3秒 東経139度20分30秒 / 北緯35.932583度 東経139.34167度 / 35.932583; 139.34167座標: 北緯35度55分57.3秒 東経139度20分30秒 / 北緯35.932583度 東経139.34167度 / 35.932583; 139.34167
キャンパス 坂戸(埼玉県坂戸市けやき台1-1)
東京紀尾井町(東京都千代田区紀尾井町3-26)
学部 経済学部
現代政策学部
経営学部
理学部
薬学部
研究科 経済学研究科
経営学研究科
理学研究科
薬学研究科
ウェブサイト https://www.josai.ac.jp/
テンプレートを表示

城西大学(じょうさいだいがく、英語: Josai University)は、埼玉県坂戸市けやき台1-1に本部を置く日本私立大学である。1965年に設置された。大学の略称城西大(じょうさいだい)、城西(じょうさい)。

概観[編集]

大学全体[編集]

1918年に創立された城西実務学校を前身とする城西学園を母体に、水田三喜男と新藤富五郎が1965年創立。2018年時点、5学部8学科と別科を設置。語学教育には5学部を横断する語学教育センターを置いている。主たるキャンパスは埼玉県坂戸市の坂戸キャンパスで、東京都千代田区に数学科・大学院・短期大学部等が使用する東京紀尾井町キャンパスを置く。大学院と城西短期大学を併設する。城西国際大学は姉妹校。

建学の精神[編集]

建学の精神:学問による人間形成

沿革[編集]

  • 1965年 - 学校法人城西大学設立認可。城西大学開設(経済学部経済学科、理学部数学科、化学科)。坂戸キャンパス開設。
  • 1969年 - 第一回卒業式。
  • 1971年 - 経済学部に経営学科増設。
  • 1973年 - 薬学部開設(薬学科、製薬学科)。
  • 1977年 - 大学院薬学研究科薬学専攻(修士課程)開設。
  • 1978年 - 大学院経済学研究科経済政策学専攻(修士課程)開設。
  • 1979年 - 大学院薬学研究科薬学専攻(博士後期課程)開設。
  • 1990年 - 別科(日本文化専修課程、日本語専修課程)開設。
  • 1998年 - 大学院理学研究科数学専攻(修士課程)設置。大学院薬学研究科に医療薬学専攻修士課程増設。
  • 2001年 - 薬学部に医療栄養学科増設。
  • 2003年 - 大学院経営学研究科ビジネスイノベーション専攻(修士課程)設置。
  • 2004年 - 経営学部開設(マネジメント総合学科)。大学院理学研究科に物質科学専攻(修士課程)増設。
  • 2005年 - 東京紀尾井町キャンパス開設。大学院薬学研究科に医療栄養学専攻(修士課程)増設。
  • 2006年 - 薬学教育6年制移行により、薬学科(6年制)、薬科学科(4年制)を開設(薬学科(4年制)、製薬学科(4年生)の学生募集停止)。現代政策学部開設(社会経済システム学科)。
  • 2010年 - 薬学部4年制学科等卒業者を対象とした大学院薬学研究科薬科学専攻(博士前期課程)開設。
  • 2012年 - 薬学部6年制学科卒業者(見込者を含む)を対象とした大学院薬学研究科薬学専攻(博士課程)を開設。薬学部4年制学科等卒業者(見込者を含む)を対象とした薬科学専攻に博士後期課程を増設。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

大学院[編集]

別科[編集]

    • 日本語専修課程
    • 日本文化専修課程

附属機関[編集]

各種の特色[編集]

教育・研究[編集]

  • 薬学部
    • 薬学科では、薬剤師の国家試験受験資格を取得することができる。
    • 薬科学科には、化粧品に関する研究を行うことができる「薬粧品動態制御学研究室」「皮膚生理学研究室」がある。
    • 医療栄養学科では、管理栄養士の国家試験受験資格を取得することができるとともに、臨地・薬局実習がカリキュラムに組み込まれている。

大学行事[編集]

  • 体育祭
6月に、総合グランドで体育祭実行委員会の主催により行われ、ほとんどの上部団体や公認団体が出場する。
  • 高麗祭(こまさい)
11月に行われる学園祭の名称。「高麗」とは大学南側を流れる高麗川から取ったものである。著名人の講演会やコンサートの他、正門付近にモニュメントが建てられる。大学同窓会支部や後援会による、日本の物産販売が実施される。また、水田美術館の所蔵品(初代理事長・水田三喜男の浮世絵コレクション)が公開される。水田美術館の所蔵品公開は、入学式や卒業式でも行われる。

学歌・応援歌[編集]

大学には、学歌と応援歌がある[要出典]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

公認団体として、上部団体に各委員会、各学生会(生徒会の様な団体)、体育会本部(体育会本部)、文化部連合会、学術団体協議会などが所属し、中央委員会が全学生団体の取りまとめを行っている。体育会系の部は體育會本部に、文化部系の部は文化部連合会に、各学生会は学術団体協議会にそれぞれ所属する形となっている。

  • 上部団体・学術団体に所属する団体
    • 中央委員会
    • 文化部連合会
    • 体育会本部
    • 学術団体協議会
    • 経済学部ゼミナール連合会
    • 理学部化学会
    • 薬学部薬学会
    • 理学部数学会
    • 短大会
    • 経営学部学生会
    • 現代政策学部学生会
    • 高麗祭実行委員会
    • 広報委員会
    • 卒業アルバム編集委員会
    • 体育祭実行委員会
    • 生活委員会
    • 全學應援團リーダー部
    • 全學応援團チアリーダー部

スポーツ[編集]

  • 男子駅伝部は2001年創部。東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に2004年の初出場から2016年まで13年連続出場していた[3]2006年から2008年まで3年連続で11位でシード権を逃した。2009年は第8区にて途中棄権、2010年は総合6位に入り初のシード権を獲得した。2011年は、大会史上最小3秒差で4度目の11位となりシード権を逃した[4]2014年は箱根駅伝こそ総合19位に終わったものの、エースの村山紘太日本選手権で2位に入賞し、アジア大会の日本代表に選出。日本人トップの5位入賞を果たす[5]。2016年は総合12位に終わりシード権を逃すと、2017年に行われる第93回大会は予選会で12位に終わったため上位10チームが得られる本戦出場権を逃し、敗退が決定している。これにより、連続出場は13年で途絶えることとなった[6]。2018年に行われた第94回大会では総合第7位となり、2019年の第95回大会へのシード権を獲得した。2019年現在、15回出場を果たしている。
  • 弓道部は、全日本学生弓道選手権大会において、準優勝3回の実績がある[要出典]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

東京紀尾井町キャンパス

城西大学のキャンパスは、坂戸市けやき台1-1のみであったが、2005年東京都千代田区に「東京紀尾井町キャンパス」を大学法人本部に併設している。これは、坂戸のキャンパス機能を補完・強化するという位置づけであり、城西国際大学、城西短期大学との共同利用となっている。

東武鉄道越生線川角駅(徒歩10分)
JR八高線川越線高麗川駅シャトルバス約15分)
城西大学の法人本部などを除く主な機能がある。2013年から、理学部数学科は坂戸キャンパスと東京紀尾井町キャンパスで講義を行うようになり、入学時に選んだキャンパスで4年間講義を受けられるようになった。2017年4月に、薬学部棟と水田三喜男記念館・同窓会館が新設された。
なお、隣接して明海大学歯学部(旧・城西歯科大学)が存在するが、別法人である。
東京メトロ有楽町線麹町駅1番出口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線南北線半蔵門線永田町駅9番出口より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線銀座線赤坂見附駅弁慶口より徒歩8分
JR中央線総武線四ツ谷駅より徒歩10分

対外関係[編集]

系列校[編集]

海外姉妹校[編集]

留学先や留学生受け入れのため、欧米やアジア圏に複数の姉妹校を持つ[7]

生涯学習・地域連携[編集]

健康増進などで市民の生涯学習支援や地方自治体などとの地域連携を行っている[8]

国内の他教育機関との協力[編集]

埼玉県内の他の大学群と「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)」を設立している[9]

地方自治体との連携協定[編集]

キャンパス所在地あるいはその近隣である埼玉県内の自治体(越生町・坂戸市・鶴ヶ島市日高市毛呂山町ときがわ町)及び東京都千代田区と連携協定を結んでいる[10]

日本競輪選手権会埼玉支部、埼玉県県営競技事務所と相互協力・連携協定を2020年2月19日に連携協定を結んだ[11]

企業との協定[編集]

メッツア(埼玉県飯能市)を運営するムーミン物語と地域・教育振興で連携協定を結んでいる[12]

附属学校[編集]

城西大学を設置する学校法人城西大学は、附属学校を設置していない。別法人による系属校#系列校にまとめた。

ロケ地として[編集]

清光会館等を中心にドラマのロケーション撮影に使用されることがある。

その他
  • 西部警察』にも「城西大学」が登場するが、これは本記事の城西大学とは無関係である。

脚注[編集]

  1. ^ キャンパスへ行こう!城西大坂戸キャンパス 水田美術館 色鮮やか浮世絵、堪能 歌川広重らの200作品所蔵/埼玉毎日新聞』朝刊2017年4月16日(地方版)2020年1月5日閲覧
  2. ^ “歴代優勝・準優勝校(大学の部)”. 日本学生野球協会. http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/champions_college.html (2020年1月5日閲覧)
  3. ^ 城西大学箱根駅伝(2020年1月5日閲覧)
  4. ^ “城西大学がわずか2秒差でシード権逃す-箱根駅伝史上最小のタイム差”. 赤坂経済新聞. http://akasaka.keizai.biz/headline/773/ 
  5. ^ “【箱根予選会】村山紘、日本人歴代1位!エースが引っ張り城西大9位”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20141018-OHT1T50339.html 
  6. ^ “【箱根駅伝予選会】12位で本戦出場を逃した城西大・櫛部監督「気持ちの整理が…」”. 『スポーツ報知』. http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20161015-OHT1T50109.html 
  7. ^ 海外姉妹校城西大学(2020年1月5日閲覧)
  8. ^ 生涯学習・地域連携城西大学(2020年1月5日閲覧)
  9. ^ 埼玉県内17大学が参加、高等教育による地域の活性化を目指す「TJUP」の発足式が行われました城西大学(2018年9月14日)2020年1月5日閲覧
  10. ^ 城西大学と埼玉県ときがわ町が相互連携協定を締結しました【城西大学 地域連携】(2019年7月16日)2020年1月5日閲覧
  11. ^ 「スポーツとしての競輪を学生のアイデアで盛り上げたい」日本競輪選手権会埼玉支部、埼玉県県営競技事務所と相互協力・連携に関する協定を締結しました【城西大学 地域連携】(2020年2月20日)2020年2月21日閲覧
  12. ^ 城西大学は株式会社ムーミン物語と基本協定を締結しました城西大学(2018年3月29日)2020年1月5日閲覧

公式サイト[編集]