城西大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
城西大学
東京紀尾井町キャンパス(城西国際大学・城西短期大学と共用)
東京紀尾井町キャンパス(城西国際大学・城西短期大学と共用)
大学設置 1965年
創立 1918年
学校種別 私立
設置者 学校法人城西大学
本部所在地 埼玉県坂戸市けやき台1-1
北緯35度55分57.3秒 東経139度20分30秒 / 北緯35.932583度 東経139.34167度 / 35.932583; 139.34167座標: 北緯35度55分57.3秒 東経139度20分30秒 / 北緯35.932583度 東経139.34167度 / 35.932583; 139.34167
キャンパス 坂戸(埼玉県坂戸市けやき台1-1)
東京紀尾井町(東京都千代田区紀尾井町3-26)
学部 現代政策学部
経済学部
経営学部
理学部
薬学部
研究科 造形研究科
経済学研究科
経営学研究科
理学研究科
薬学研究科
ウェブサイト 城西大学公式サイト
テンプレートを表示

城西大学(じょうさいだいがく、英語: Josai University)は、埼玉県坂戸市けやき台1-1に本部を置く日本私立大学である。1965年に設置された。大学の略称は城西大。

概観[編集]

大学全体[編集]

1918年に創立された城西実務学校を前身とする城西学園を母体に創設した。併設校に城西短期大学がある。城西国際大学とは姉妹校である。

建学の精神[編集]

学問による人間形成

沿革[編集]

  • 1965年 学校法人城西大学設立認可。城西大学開設(経済学部経済学科、理学部数学科、化学科)。坂戸キャンパス開設。
  • 1971年 経済学部に経営学科増設
  • 1973年 薬学部開設(薬学科、製薬学科)
  • 1977年 大学院薬学研究科薬学専攻(修士課程)開設
  • 1978年 大学院経済学研究科経済政策学専攻(修士課程)開設
  • 1979年 大学院薬学研究科薬学専攻(博士後期課程)開設
  • 1990年 別科(日本文化専修課程、日本語専修課程)開設
  • 1998年 大学院理学研究科数学専攻(修士課程)設置。大学院薬学研究科に医療薬学専攻修士課程増設
  • 2001年 薬学部に医療栄養学科増設
  • 2003年 大学院経営学研究科ビジネスイノベーション専攻(修士課程)設置
  • 2004年 経営学部開設(マネジメント総合学科)。大学院理学研究科に物質科学専攻(修士課程)増設
  • 2005年 東京紀尾井町キャンパス開設。大学院薬学研究科に医療栄養学専攻(修士課程)増設
  • 2006年 薬学教育6年制移行により、薬学科(6年制)、薬科学科(4年制)を開設(薬学科(4年制)、製薬学科(4年生)の学生募集停止)。現代政策学部開設(社会経済システム学科)
  • 2010年 薬学部4年制学科等卒業者を対象とした大学院薬学研究科薬科学専攻(博士前期課程)開設
  • 2012年 薬学部6年制学科卒業者(見込者を含む)を対象とした大学院薬学研究科薬学専攻(博士課程)を開設。薬学部4年制学科等卒業者(見込者を含む)を対象とした薬科学専攻に博士後期課程を増設

基礎データ[編集]

所在地[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

大学院[編集]

  • 理学研究科
    • 数学専攻(修士)
    • 物質科学専攻(修士)
  • 経済学研究科
    • 経済政策学専攻(修士)
  • 薬学研究科
    • 薬学専攻(修士、博士)
    • 医療薬学専攻(修士)
  • 経営学研究科
    • ビジネス・イノベーション専攻(修士)

別科[編集]

  • 留学生別科
    • 日本語専修課程
    • 日本文化専修課程

附属機関[編集]

  • 清光会館
大学本体の機能(事務局)と清光ホール(多目的ホール)がある。また、情報科学研究センターが併設されている。
  • 水田記念博物館
  • 水田美術館
  • 情報科学研究センター
  • スポーツ健康センター
  • 薬用植物園
  • 機器分析センター
  • 生命科学研究センター
  • アイソトープセンター

各種の特色[編集]

教育・研究[編集]

  • 薬学部
    • 薬科学科には、化粧品に関する研究を行うことができる「薬粧品動態制御学研究室」がある。
    • 医療栄養学科では、管理栄養士の国家試験受験資格を取得することができるとともに、臨地・薬局実習がカリキュラムに組み込まれている。

大学行事[編集]

  • 体育祭
6月に、総合グランドで体育祭実行委員会の主催により行われ、ほとんどの上部団体や公認団体が出場する。
  • 高麗祭(こまさい)
11月に行われる学園祭の名称。「高麗」とは大学南側を流れる高麗川から取ったものである。著名人の講演会やコンサートの他、正門付近にモニュメントが建てられたり、大学周辺を学生神輿が廻る。大学同窓会支部や後援会による、日本全国の物産販売が実施される。また、水田美術館の所蔵品(初代理事長・水田三喜男の浮世絵コレクション)が公開される。水田美術館の所蔵品公開は、入学式や卒業式でも行われる。

学歌・応援歌[編集]

大学には、学歌と応援歌があり、これらを収録したCDが毎年制作され、新入生に配付されている[要出典]

  • 城西大学学歌 - 作詞:草野心平 作曲:小山清茂 : 城西スピリットとして真理正義が謳われている。
  • 城西大学応援歌 - 作詞:城西大学同窓会 作曲:山本直純 編曲:高沢智昌

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

公認団体として、上部団体に各委員会、各学生会(生徒会の様な団体)、體育會本部(体育会本部)、文化部連合会、学術団体協議会などが所属し、中央委員会が全学生団体の取りまとめを行っている。体育会系の部は體育會本部に、文化部系の部は文化部連合会に、各学生会は学術団体協議会にそれぞれ所属する形となっている。

  • 上部団体に所属する団体
    • 中央委員会
    • 文化部連合会
    • 體育會本部
    • 学術団体協議会
    • 経済学部ゼミナール連合会
    • 理学部化学会
    • 薬学部薬学会
    • 理学部数学会
    • 短大会
    • 経営学部学生会
    • 現代政策学部学生会
    • 高麗祭実行委員会
    • 広報委員会
    • 卒業アルバム編集委員会
    • 体育祭実行委員会
    • 生活委員会
    • 全學應援團
    • 全學応援團チアリーダー部

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

城西大学のキャンパスは、元々坂戸市けやき台1-1のみであったが、2005年東京都千代田区に「東京紀尾井町キャンパス」を大学法人本部に併設している。これは、坂戸のキャンパス機能を補完・強化するという位置づけであり、城西国際大学との共同利用となっている。

東武鉄道越生線川角駅(徒歩10分)
八高線川越線高麗川駅シャトルバス約15分)
城西大学の法人本部を除くすべての機能がある。理学部数学科、一部現代政策学部、一部短期大学、大学院が東京紀尾井町キャンパスで講義を行なう。それ以外の他学部の学生は、4年間坂戸キャンパスで学ぶ。2013年から、理学部数学科は坂戸キャンパスと東京紀尾井町キャンパスで講義を行うようになり、入学時に選んだキャンパスで4年間講義を受けられるようになった。最近では、薬学部医療栄養学科棟、経営学部棟が新築された。キャンパスの正門や清光会館は、そのシンボリックな外観からテレビドラマのロケに使用されることがある。
なお、同じ敷地内に明海大学歯学部(旧・城西歯科大学)が存在するが、別法人である。
  • 学校法人城西大学東京紀尾井町キャンパス 東京都千代田区紀尾井町3-26
東京メトロ有楽町線麹町駅1番出口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線南北線半蔵門線永田町駅9番出口より徒歩5分 女子学生専用バス運行(踵の高い靴で怪我する女子が多い等の理由から)
東京メトロ丸ノ内線銀座線赤坂見附駅弁慶口より徒歩8分
JR中央線総武線四ツ谷駅より徒歩10分

対外関係[編集]

系列校[編集]

附属学校[編集]

城西大学を設置する学校法人城西大学は、附属学校を設置していない。別法人による系属校#系列校にまとめた。

ロケ地として[編集]

清光会館等を中心にドラマのロケに使用されることがある。


その他
  • 西部警察にも「城西大学」が登場するが、これは本記事の城西大学とは無関係である。

脚注[編集]

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。