新松戸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新松戸駅
新松戸駅入口(2018年12月16日)
新松戸駅入口(2018年12月16日)
しんまつど
Shim-Matsudo[注釈 1]
所在地 千葉県松戸市幸谷571-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シト
駅構造 地上駅(常磐線)
高架駅(武蔵野線)
ホーム 1面2線(常磐線)
2面2線(武蔵野線)
乗車人員
-統計年度-
39,325人/日(降車客含まず)
-2018.年-
開業年月日 1973年昭和48年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 常磐線(各駅停車)
(正式には常磐線
駅番号 JL25
キロ程 20.7km(日暮里起点)
綾瀬から13.0km
JL 24 馬橋 (1.6km)
(1.3km) 北小金 JL 26
所属路線 武蔵野線
駅番号 JM15
キロ程 86.3km(鶴見起点)
府中本町から57.5km
JM 16 南流山 (2.1km)
(4.1km) *新八柱 JM 14
乗換 幸谷駅流鉄流山線
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に東京支社千葉支社境界あり(当駅から南流山寄りは東京支社管内)
テンプレートを表示

新松戸駅(しんまつどえき)は、千葉県松戸市幸谷にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

概要[編集]

マツモトキヨシ本社

人口50万都市の松戸市において中心駅である松戸駅と並ぶ交通の要所となっており、江戸時代頃から水戸街道宿場町として栄えた「松戸宿」と「小金宿」の間(小金宿より)に位置する[1]

東日本旅客鉄道(JR東日本)の常磐線を走行する常磐緩行線武蔵野線、接続路線である流鉄流鉄流山線を含めると2社3路線が乗り入れている。このうち常磐線を当駅の所属線としている。近傍には流鉄幸谷駅が位置している。当駅は直営駅駅長配置)であり、管理駅として北小金駅などを管理している。みどりの窓口自動券売機指定席券売機自動改札機自動精算機などの設置駅。駅前には流鉄幸谷駅が立地し、相互乗換駅として機能している(駅出入口を出て高架下を直進した先)。駅間の通路の途中には、公衆トイレと「あかりのボックス」という名称の鳥居に似た形の色の鉄骨オブジェがある。

周辺はマツモトキヨシ本社、ダイエー新松戸店流通経済大学のほか、進学塾居酒屋飲食店カラオケ店などがある。新松戸ステーションホテル、新松戸ホテルなどのシティホテルがあるため、ビジネス利用や観光拠点としても適している。

駅の出入口は新松戸側(駅西側)のみとなり、駅前にはロータリーが整備され、流鉄幸谷駅」や金融機関雑居ビルなどが立ち並ぶ[注釈 2]。幸谷・二ツ木・小金清志町側(駅東側)はロータリーが整備されておらず、駅を出てから常磐線の高架下を直進する必要がある。

毎年夏には、駅周辺及びけやき通り、支所前通り、新松戸中央公園、新松戸市民センターなどにて「新松戸まつり」が催される[2]

松戸都市計画事業 新松戸第一土地区画整理事業(1966年 - 1968年、組合施行)松戸都市計画事業 新松戸第二土地区画整理事業(1970年 - 1979年、組合施行)松戸都市計画事業 新松戸中央土地区画整理事業(三菱地所清水建設JVの組合施行、1970年 - 1977年)を経て一帯は定住を目的とする新興住宅地東京都心へのベットタウンと化し、都市再開発が進んでいる。

乗り入れ路線[編集]

当駅に乗り入れている路線は線路名称上の常磐線[注釈 3]武蔵野線であり、このうち常磐線を当駅の所属線としている。運行系統としては緩行線を走る常磐緩行線と武蔵野線が停車する。当駅から上野方面へ行く場合は、松戸駅または北千住駅での乗り換えが必要。

歴史[編集]

武蔵野線の開通に伴い開設された。そのため常磐線日暮里駅 - 取手駅間では最も新しい駅である。

年表[編集]

駅名の由来[編集]

当駅の所在地は松戸市幸谷であるが、流鉄幸谷駅は松戸市新松戸にある。駅名は1966年(昭和41年)に認可になった駅周辺の「新松戸第一区画整理事業」(現在の新松戸1丁目および2丁目に当たる部分)に由来する。国鉄の仮称は「北馬橋」で[4]、松戸市は「南小金」を考えていたが、地元は新幹線の「新横浜」「新大阪」の発展を意識して土地区画事業の名称である「新松戸」を働きかけ、国鉄OB代議士を通じて国鉄と松戸市の譲歩を引き出した。改札前の高架の橋脚部にある「北馬橋ガード」の名称は駅名決定以前の名残とされる。

なお、流鉄の幸谷駅は旧地名である「幸谷」が由来で当駅の東側に位置する。

駅構造[編集]

南北方向に伸びる武蔵野線が、東西方向に伸びる常磐線の上を直交してまたがる形となっている[5]常磐線複々線上の緩行線にある島式ホーム1面2線を有する[6]地上駅。武蔵野線は相対式ホーム2面2線を有する高架駅[5]武蔵野線の線路の高さは微妙に異なっており、西船橋方面の4番線は府中本町方面の3番線と比べやや低くなっている。

常磐線のホームはカーブ上にあるため、乗り降りを行う乗客は足元に注意を必要とする。ATOS導入後の一時期は列車到着時に「電車とホームの間が広く開いております。足元にご注意ください」という放送が流れていたこともあった。また車内でも、その放送を武蔵野線の乗り換え放送をしないで優先的に車掌が注意を促す放送をすることがある。

武蔵野線の工事などで列車を区間運休する場合、南流山駅中線を使って折り返すことが可能なため、2012年3月の吉川美南駅が開業するまでは、当駅を折り返し列車の始発・終着駅とすることがあった。また、幕張新都心にある幕張メッセ千葉マリンスタジアムでのイベント開催による多客に対応するために当駅 - 海浜幕張駅間で、船橋法典駅を最寄駅とする中山競馬場競馬が開催されているとき(場外発売のみの日は除く)も多客対応で当駅 - 西船橋駅間で臨時列車が設定されることがあった。

改札口・出入口は武蔵野線ホームの高架下(常磐線西側)の1か所のみである。駅東側へ行くには、いったん出口を出たあと、常磐線をくぐる通路を通る必要がある。

みどりの窓口(営業時間 7:00 - 20:00)、指定席券売機Suica対応自動改札機が設置されている。

武蔵野線の駅カラーは水色。

のりば[編集]

JR新松戸駅プラットホーム
番線 路線 方向 行先
2階ホーム
1 JR JL line symbol.svg 常磐線(各駅停車) 下り 我孫子方面
2 上り 松戸北千住代々木上原方面
3階ホーム
3 JR JM line symbol.svg 武蔵野線 上り 南浦和武蔵浦和府中本町方面
4 下り 西船橋舞浜東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

発車メロディ[編集]

全番線櫻井音楽工房のメロディーが使用されている。

1 JR JL line symbol.svg twilight Gota del Vient[広報 2]
2 sunny Islands Water crown[広報 2]
3 JR JM line symbol.svg 瞬く街並み
4 すすきの高原 V1

2019年(平成31年)3月16日現在、常磐緩行線ホームにおいては、駆け込み乗車の減少に効果があることから電車備え付けの発車メロディを使用している[広報 2]

配線図[編集]

東日本旅客鉄道 新松戸駅周辺の配線略図
南浦和西国分寺府中本町梶ヶ谷貨物T方面

北千住上野
東京品川
代々木上原
田端信号場
新小岩信号場
方面
東日本旅客鉄道 新松戸駅周辺の配線略図
取手
土浦水戸
方面
西船橋・東京・海浜幕張方面
凡例
出典:以下を参考に作成
* 高橋政士「東京外環状線ジャンクション」図6-Aおよび図6-B 「新松戸ジャンクション」
電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』 第58巻9号 通巻第808号 2008年9月号、 53・54頁

※ 本図では、馬橋駅でつながる流鉄流山線の配線を省略している。


連絡階段・通路[編集]

常磐線ホームと武蔵野線ホームの間には、双方のホームを結ぶ階段、通路がある。構造上3番線、4番線はそれぞれ別の階段、通路になっている。常磐線ホームから武蔵野線ホームへ上がる場合、取手方が西船橋方面行き、綾瀬方が府中本町方面行きである。

常磐線ホームから改札口(出口)に至る通路は武蔵野線ホームへの連絡階段の真下にある。乗り換え階段の方を利用する乗客も多く目立たないため、少々分かりにくい。取手側・綾瀬側とも、階段横にはエレベーターがそれぞれ1台ずつ設置されており、常磐線ホームを経由して武蔵野線の各ホームに通じている。なお、改札と常磐線ホームへ上がる階段を結ぶ通路にはスロープも設置されている。

これら一連の工事は、2007年(平成19年)初頭から仮囲い作業が行われて以降、本格的な工事が始まった。一連の工事でエスカレーター8台、エレベーター2台、スロープ1か所が設置された。従前からの設備と合わせると、エスカレーターは12台になる。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員39,325人である。武蔵野線内では26駅中第6位。北千住駅・綾瀬駅を除いた常磐緩行線内では13駅中第5位、綾瀬駅を除いた快速通過駅では金町駅亀有駅に次いで第3位。

以前は常磐線では亀有金町の両駅より上位だった。つくばエクスプレス開業の影響もあり減少傾向にあったが、近年は再び増加に転じ開業前の水準に復している。松戸市内では松戸駅についで第2位である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 37,627 [* 1]
1991年(平成03年) 39,141 [* 2]
1992年(平成04年) 40,445 [* 3]
1993年(平成05年) 40,811 [* 4]
1994年(平成06年) 40,476 [* 5]
1995年(平成07年) 40,480 [* 6]
1996年(平成08年) 40,222 [* 7]
1997年(平成09年) 39,146 [* 8]
1998年(平成10年) 38,568 [* 9]
1999年(平成11年) 38,358 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]37,974 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]37,878 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]38,140 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]38,229 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]38,439 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]37,630 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]36,858 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]37,094 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]36,647 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]36,192 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]35,834 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]35,784 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]36,288 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]37,285 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]36,911 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]37,926 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]38,438 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]39,015 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 19]39,325

駅周辺[編集]

流鉄「幸谷駅」
流鉄「幸谷駅」
流通経済大学(新松戸キャンパス)
流通経済大学(新松戸キャンパス)
ダイエー新松戸店
ダイエー新松戸店
東漸寺
東漸寺

駅舎内の施設(駅ナカ)[編集]

周辺施設[編集]

バス路線[編集]

駅と住宅地を結ぶ松戸新京成バスの短距離路線[7]が中心となっており、路線数は少ないが発着する便数は多い。当駅からバスで21世紀の森と広場森のホール21などへ行くことができる。

また、成田空港への深夜急行バスも運行されている。

松戸新京成バスほか[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 備考
1番 新1 支所前・坂川 新松戸七丁目
2番 新2 支所前・蓮田橋 馬橋駅西口
3番 (高速バス) 羽田空港 早朝のみ
小金51 食品センター・松戸東警察署 八柱駅
小金52 食品センター 貝の花

駅に近い方から、2番→1番→3番の順になっている。

羽田空港行き高速バスは松戸新京成バス、京成バス[注釈 4]京浜急行バス[注釈 5]の共同運行。

成田空港交通[編集]

当駅から京成成田駅および成田空港まで乗車可能。毎日運行している。

その他[編集]

このほか、3番乗り場から東葛病院や松戸中央自動車学校への無料シャトルバスも発着する。ただし本数は少ない。

年表[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JR JL line symbol.svg 常磐線(各駅停車)
馬橋駅 (JL 24) - 新松戸駅 (JL 25) - 北小金駅 (JL 26)
JR JM line symbol.svg 武蔵野線
新八柱駅 (JM 14) - 新松戸駅 (JM 15) - 南流山駅 (JM 16)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ JR東日本では「Shim-Matsudo」の表記を基本とするが、乗り入れる他社では「Shin-Matsudo」と表記する場合もある。例:小田急電鉄 路線図
  2. ^ 一方で駅東側は駅前につながる主要な道路がないため駅前の整備は進んでおらず、常磐線のホームから駅前を眺めると東西の差は歴然である
  3. ^ 詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」参照
  4. ^ 発車便のみで当駅まで来る便は無い。
  5. ^ 到着便のみで羽田空港へ行く便は無い。

出典[編集]

  1. ^ 『わがまちブック松戸1』特定非営利活動法人まちづくりNPOセレガ、2006年7月31日、22頁。
  2. ^ 2018年(平成30年) 第32回 新松戸まつり | 見て!!見た!! 松戸のイベント! | まいぷれ[松戸市]” (日本語). まいぷれ「松戸市」. 2019年4月2日閲覧。
  3. ^ a b 武蔵野線まるごと探見、pp.172-173。
  4. ^ 日本国有鉄道百年写真史』(1972年発行、p.390)
  5. ^ a b 武蔵野線まるごと探見、pp.80-82。
  6. ^ 武蔵野線まるごと探見、p.83。
  7. ^ 松戸新京成バス:新松戸駅
広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

利用状況[編集]

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

参考文献[編集]

  • 日本国有鉄道『日本国有鉄道百年写真史』交通協力会、1972年10月14日 発行。(復刻版:『日本国有鉄道百年写真史』成山堂書店、2005年10月)。ISBN 978-4425301638
  • 三好好三、垣本泰宏『武蔵野線まるごと探見』JTBパブリッシング、2010年2月1日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]