この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

常磐緩行線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常磐線 > 常磐緩行線
JR logo (east).svg 常磐緩行線
JL
常磐線各駅停車に運用されるE233系電車2000番台
常磐線各駅停車に運用されるE233系電車2000番台
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都千葉県茨城県
起点 綾瀬駅
終点 取手駅
駅数 14駅
経由路線 常磐線
路線記号 JL
開業 1971年4月20日(運行開始)
所有者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
運営者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
使用車両 車両を参照
路線諸元
路線距離 29.7 km
軌間 1,067 mm
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V
架空電車線方式
閉塞方式 車内信号閉塞式
保安装置 ATC-10型
最高速度 90 km/h
路線図
JobanLocalLineStations.png
テンプレートを表示

常磐緩行線(じょうばんかんこうせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線のうち、東京都足立区綾瀬駅から茨城県取手市取手駅までの複々線区間において、各駅停車の電車が運行される線路(緩行線)の呼称である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJL

案内上の呼称は、一般には「常磐線各駅停車」「常磐線(各駅停車)」が使われている。運賃の扱いの都合上、JRでは、東京地下鉄(東京メトロ)が管轄する北千住駅 - 綾瀬駅間を含めた北千住駅 - 取手駅間を常磐緩行線の区間として案内している。

概要

東京地区の電車特定区間E電)の運転系統の一つである。東京メトロ千代田線と直通運転を行い、東京都心と千葉県北部の松戸我孫子地区および茨城県南部の取手の各都市を各駅停車で結んでいる。また、一部電車は千代田線を経由し、小田急電鉄小田原線多摩線まで直通している。

JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)の時代、通勤客の増大に伴い、列車の混雑緩和およびターミナルである上野駅日暮里駅の混雑緩和を目的として、通勤五方面作戦の一環として北千住駅 - 我孫子駅間の複々線化が1971年(昭和46年)に行われ、同時にそれまで各駅停車として上野駅 - 取手駅間を運転していた電車の緩急分離が行われた[1]。以降、線路の通称として各駅停車が走行する線路が「常磐緩行線」、新設された快速電車と取手以北直通の列車が走行する線路が「常磐快速線」と呼ばれるようになった。この緩急分離により、各駅停車は帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現・東京地下鉄)千代田線と直通運転を行う現在の形態となった(後述)。その後1982年(昭和57年)に緩行線が取手駅まで延伸され、現在の形態となっている[1]

一部の駅にのみホームがある快速線に対して、緩行線は全駅にホームがあり、運転される電車もすべて各駅停車である。ダイヤグラム・運行システム・車両は直通する千代田線と一体化したもので、常磐快速線とはすべて異なっており別路線のように機能している。

東京のJRの放射路線としては唯一都心(山手線)に至らない系統であるため、千代田線の北千住駅 - 西日暮里駅間を経由しJR線に乗り継ぐ場合に通過連絡運輸の特例も設定されている(後述)。

2004年以前は、小田急電鉄がJRの一斉改正日でない日にダイヤ改正を行っていたため、これに伴ってJR東日本のダイヤ改正時以外にも運行時刻の変更が行われることがままあった。ただ、運用や行先の変更が主で、線内での時刻変更は基本的にない。なお、2006年以降はJRと同日に改正を実施するようになっている。

複々線化の沿革と問題

複々線化以前

元々常磐線は上野 - 取手間の各駅に停車する「国電」(近距離電車)と主要駅のみ停車の中距離列車急行・特急などが同じ線路を走行していた。当時は中・長距離輸送を担う列車に対して地域輸送を担う電車(国電)は停車駅も異なり棲み分けが明確であった。過去には、一部の「国電」が上野・東京経由で有楽町まで乗り入れていたこともあった(山手線京浜東北線分離工事時の暫定措置)。

一方、高度成長期を迎えると共に沿線のベッドタウン化が進んで人口が急増し、常磐線の混雑率も非常に高くなったものの、各種列車が同一線路上を走行していることによってさらなる増発が困難になったため、いわゆる「通勤五方面作戦」の一環として複々線化を実施することになった。

1962年に発表された運輸大臣の諮問機関「都市交通審議会」の答申では、北千住 - 松戸間について東京8号線(のちの9号線)が計画されていた。このため国鉄は、このルートの終点を取手まで延長する形で国鉄線を線増し、緩行線を地下鉄千代田線と直通運転させる形で複々線化を実施することとした[2]。また当時、北千住 - 綾瀬間は国鉄の路線であったが、複々線化・千代田線との乗り入れに際して建設費用を抑えたい国鉄と、足立区内に設置する車庫(現:綾瀬検車区)への回送ルートを確保したい営団の思惑が一致し、北千住駅 - 綾瀬駅間の緩行線を営団保有にして、複々線化と千代田線との直通運転が同時に行われることとなった。ただし、運賃計算上は北千住駅 - 綾瀬駅間は従来どおり国鉄線運賃として計算される特例が設けられた[3]。また複々線化に際し、従来の「国電」(近距離電車)を「各駅停車」と「快速」の2種別に編成し、各駅停車を緩行線に、「快速」を日暮里・上野方面へと向かう快速線に振り分けることとした。

また複々線化区間から外れた中距離列車通過駅の三河島駅南千住駅天王台駅(複々線化と同時に開業)には東京近郊輸送を担う快速のみが停車し、快速線のホームは複々線区間の両端の北千住駅・我孫子駅と車両基地のある松戸駅にのみ設けられることになった。この結果快速通過駅の利用客は乗り換えなしで日暮里駅や上野駅まで行けなくなるため、不便を解消するために営団・国鉄の双方に乗換駅として西日暮里駅を新設するとともに、同駅を経由する通過連絡運輸の特例が設けられることとなった。

工事予算と地下鉄千代田線への旅客の転嫁見込み、ならびに貨物列車の運行や当時建設中であった国鉄武蔵野線との接続方法等について検討された結果、緩急乗り換え利便性の高い方向別複々線での建設が見送られ、他の首都圏国鉄主要路線と同様の線路別複々線となった[4]。このため我孫子駅・柏駅・松戸駅・北千住駅等での各駅停車と快速等の乗り換えでは階段を使用してホーム間を移動することになった。

複々線化の前後では、運転種別や停車駅が以下の表のように変遷している。

第一期複々線化完成(1971年4月20日)前後の
停車駅の変遷
複々線化以前 各駅停車(国電) × × ×
普通列車 × × ×
駅名 上野 日暮里 三河島 南千住 北千住 綾瀬 亀有 金町 松戸 北松戸 馬橋 新松戸 北小金 南柏 北柏 我孫子 天王台 取手
第一期複々線化直後 普通列車
国電 快速電車
各駅停車

●○:停車(○は厳密には千代田線) ▲:一部停車 ―:通過 ×:駅開業前 =:経由せず

※:柏駅の快速停車は1972年(昭和47年)10月から。当初の停車は快速電車のみで、普通列車は一部停車であった。

*:新松戸駅は1973年(昭和48年)開業。

複々線工事期間

1965年(昭和40年)2月、綾瀬 - 我孫子間 (23.6km) の複々線増線の工事が第1期工事として開始された。

北千住 - 綾瀬間の増線は営団が千代田線の新設工事として若干先行して行ったが、その完成後に東武線との交差部から営団が1968年(昭和43年)2月1日に完成させた綾瀬駅間の線路および駅設備を借受け、複々線開通まで常磐線全列車が暫定的に使用した。これは常磐線の高架化に際し工事用地の取得が困難なための処置であった。


国鉄常磐線の複々線増線時、綾瀬駅付近の線路切替の様子


工事は主に東京側から順次進められ、1971年(昭和46年)3月1日、綾瀬 - 金町間の複々線が暫定で開通し国電と優等列車・貨物列車の分離が行われた。続いて同年3月10日には金町 - 北柏間が暫定で開通、4月1日に北柏 - 我孫子間が開通し複々線の工事は完了した。

4月19日に、我孫子駅で常磐線複々線完成祝賀式が行われ、我孫子 - 綾瀬間で「複々線工事完成祝賀電車」が乗客を乗せ運行された。

複々線化後

常磐線複々線化当初の各停用車両103系1000番台

1971年(昭和46年)4月20日に複々線化と緩行線の千代田線乗り入れが開始された。国鉄は、当時まだ旧形電車が多く運行されていた京浜東北線向けに103系を捻出する必要性から、10両編成で運行されていたエメラルドグリーンの103系電車を快速電車に転用する際、2両減車して8両編成とした[5]。これは、複々線化により輸送力が上がっていることと、快速通過駅利用客が地下鉄への直通運転によりそのまま都心へ向かうことを念頭に置いたものであった。しかし当時は国鉄の運賃の方が安く、北千住 - 西日暮里間を千代田線経由で乗車して山手線等に乗り換える場合や、地下鉄経由で都心へ向かう場合の合算運賃が割高となるケースが多く、地下鉄路線網も整備途上であったため、利用者の多くは松戸駅や北千住駅での乗換を選んだことで快速電車は大混雑した。このため、この直通運転・複々線化は新聞などで「迷惑乗り入れ」と糾弾される事態に発展した。これに対し国鉄は、千代田線乗り入れ開始とともに常磐線での営業運転を終了するはずであった旧形の72系電車を使用して臨時の快速電車を設定して輸送力を増強し、その置換用の103系が増備されるまでの約1年間をしのいだ。また、1972年10月には快速用103系が再び10両編成に増結され、松戸駅乗り換えによる混雑の要因の一つでもあった、快速通過駅とされた柏駅についても、快速線にホームが新設された。

複々線開業直前になると、綾瀬や亀有、金町などの快速通過駅では、上野行きがなくなり、一回だけの乗り換えでは運賃が割高になることなどから、利用者が激怒、開業後に、千代田線経由でも常磐線経由でも運賃を同じにしろとか、綾瀬への快速停車、上野行き復活などを求める抗議集会が開かれる有様となった[6]

1970年代後半に入ると、藤代駅 - 土浦駅間の交流電化区間までベッドタウン化が進行したことから、輸送力増強のため近郊形電車としては初のオールロングシート車となる415系500番台が投入された。当時の中距離列車はデータイムで1時間に1本、夕方のラッシュ時でも2本程度だったのが国際科学技術博覧会(つくば科学万博)開催直前の1985年(昭和60年)3月の改正で大増発され、編成も最長15両となった。1987年12月には、103系の快速電車も通勤形電車としては初めて15両編成化された。

一方、複々線化と相互乗り入れによる影響は営団の労働組合日本私鉄労働組合総連合会)によるストライキ時にも顕著にあらわれた。ストライキが発生すると、綾瀬駅 - 北千住駅間は営団の路線であることから電車の運行ができなくなるため、やむを得ず綾瀬駅 - 松戸駅間各駅の乗客は松戸駅まで一旦戻って上野方面へ向かうようにできるように定期券利用者には特例を設けて対処した[7]。しかし、前述のように松戸駅自体が元々混雑していたため、同駅はパニック状態に陥り、長蛇の列が駅の外にまでできる事態に発展した。

また、相互乗り入れに使用されている車両も運行に影響を与えていた。営団地下鉄は、千代田線用開業当初は抵抗制御の5000系を投入したものの、1971年(昭和46年)4月20日に国鉄との相互乗り入れ開始から世界初の電力回生ブレーキ電機子チョッパ制御車となる6000系を投入し、トンネル内の発熱抑制と省電力化を図っていた。しかし国鉄は、既存の通勤路線向けに大量増備していた103系の仕様を一部変えた1000番台を投入、抵抗制御の国鉄車は抵抗器から大量の熱をトンネルや駅構内に排出することになった。駅間距離が比較的長く地下区間で高速走行する千代田線では、特に単線シールドトンネル内での空気流動が少なく抵抗器の冷却が充分にできなかったため、103系は故障が多発し一時は運行ダイヤにまで影響を及ぼすことがあった[8]。省電力の観点でも、相互乗り入れの車両使用料の精算は通常乗り入れ距離で相殺するのが慣例であったが、営団車と国鉄車とでは電力消費量が異なるとの会計検査院からの指摘を受け、営団は国鉄に対し、電気代の分を加算して請求することになった[9]。1981年、営団は千代田線用5000系を北綾瀬支線を除く地下線から一掃し、6000系に統一した。国鉄は営団からの要望もあって[10]、翌1982年(昭和57年)から電機子チョッパ制御の203系を投入開始し、1986年までに置き換えが完了し、国鉄車に関しては問題が解決することになった。

1982年に我孫子駅 - 取手駅間の複々線化が完成した際には、当初は途中の天王台駅を快速通過駅に変更する予定であった。しかし北柏・南柏といった快速通過駅の不便さから地元から通過反対の声が強くなった[11]。また、1982年にNEC我孫子事業場が開設されることが決定し、朝夕を中心に大量の通勤客の発生する事が予想された。最終的に同駅は快速停車駅として残ることになり、朝夕の混雑時間帯のみ緩行線電車を運行することにした。

以上のように、常磐線関係の輸送改善計画はスムーズに行かないことが多く、常磐線は「鬼門[12]と揶揄されることがあった。

常磐線の運転系統が複雑になっている一因に茨城県石岡市柿岡の気象庁地磁気観測所の存在がある。取手駅以北の直流電化は現時点では課題が多く、中距離列車と通勤電車(快速電車)の車両統合ができていない。このため民営化後になって、快速線に交直両用の通勤形であるE501系電車(上野口での運用終了)、後にE531系電車を投入するなどの施策を打った。なお、西日暮里経由の割高運賃問題だが、SuicaPASMOの相互利用開始に伴い、IC乗車券を利用した際に、従前の連絡乗車券を購入した場合よりも安くなるケースが発生する一方、逆に高くなるケースも発生している(詳細は千代田線北千住 - 西日暮里間を経由する場合の特例を参照のこと)。

近年まで指摘されてきた問題点は改善の傾向にあり、例えば運転本数が十分とはいえない状況から亀有駅・金町駅が所在する葛飾区議会では列車の増発要求がしばしば議題に上っていた点については、2014年3月のダイヤ改正で日中の増発が実施された。また、金町 - 松戸間の江戸川橋梁が台風爆弾低気圧などによる強風の影響でしばしば規制を受けることがあるが、これについても防風柵の設置が予定されている[13]

運行形態

早朝から朝方、夕方から夜と深夜の、主に出入庫に伴う一部の線内運転電車を除き、ほぼすべての電車が東京メトロ千代田線に、さらに一部の電車は小田急小田原線本厚木駅、小田原線経由小田急多摩線唐木田駅まで直通運転する。実態としては千代田線とほぼ一体化した運転系統を形成している。

我孫子駅 - 取手駅間は朝夕の時間帯のみ運行されている。朝夕にはこのほかに、松戸駅柏駅発着の電車もある。これ以外は、ほとんどが我孫子駅 - 綾瀬駅( - 千代田線代々木上原駅)間で運転されている。日中の運行がない我孫子駅 - 取手駅間は、新製車両の試運転や訓練などに供されることがあり、過去には901系松戸車両センター所属のE231系E233系2000番台の試運転が実施されている[要出典]。2013年12月7日・8日[14]、2014年11月8日・9日[15]には、快速線の利根川橋梁改良工事に伴い我孫子駅 - 取手駅間で緩行線の増発・延長運転が行われた。

信号システムはATCで、東京メトロ千代田線と同一のシステムを用いている(車内信号式。快速線はATS-P)。なお、JR東日本保有車両は、小田急小田原線・多摩線と直通運転ができなかった。これはJR車は小田急のATS (D-ATS-P) と列車無線を搭載していなかったためである。小田急保有車両も同様に綾瀬以遠JR線と直通運転ができないため、3線にまたがっての直通運転ができるのは東京地下鉄保有車両のみであった。2013年4月からJR・小田急とも車両工事を実施し[16]、2016年3月26日のダイヤ改正から相互に3社直通を開始した。

3社直通電車は、小田急線内では準急急行多摩急行の3種類があり、準急は本厚木駅発着、急行・多摩急行は唐木田駅発着となっている。唐木田駅発着は朝[17]と夕夜間は多摩急行、日中は急行を運転する。なお、小田急線内では、準急・急行は向ヶ丘遊園駅に停車するが、多摩急行は通過する[18]

小田急線との直通電車は、2002年3月23日のダイヤ改正以前は準急のみ、同改正以降は2016年3月26日のダイヤ改正まで多摩急行が主体であった(小田急線からの電車のみ、平日朝に急行の直通もあった)。JR線内発着の準急は2003年(平成15年)3月29日以降設定されておらず、綾瀬駅発着のみだった。

小田急線へ直通する電車は綾瀬から小田急線内での種別を表示するが、常磐線内では「各駅停車」か無表示となる[19]。また、千代田線内終着の電車は、千代田線内では「各駅停車」の種別表示は行わない。小田急線から千代田線・常磐緩行線へ直通する電車は、千代田線・常磐線内は各駅停車のため、下北沢駅を発車すると種別を「各駅停車」か無表示に変えて終点まで運転する。なお、千代田線B線の電車は、線内始発も含め綾瀬止まりは種別を表示せず、常磐線直通電車のみ「各駅停車」の種別表示を行う。

運行本数・状況

所要時間は、取手駅 - 柏駅間が約12分、柏駅 - 松戸駅間が約14分、松戸駅 - 北千住駅間が約12分(松戸駅 - 綾瀬駅間は約8分)であり、快速と比較して柏駅 - 松戸駅間で約6分、松戸駅 - 北千住駅間で約4分ほど時間を要する。取手駅 - 柏駅間は快速を利用した場合でも大差はない。

平日の朝夕ラッシュ時は約2 - 4分間隔、土曜・休日の朝夕は約5分間隔、日中時間帯は平日・土休日とも1時間に6本(10分間隔、代々木上原駅発着と小田急直通急行が3本ずつ交互に運転)で運行されている。

ただし、区間列車の影響などにより、それを含まない区間での間隔は多少前後がある。我孫子駅 - 柏駅間は朝や夕方の時間帯でも昼間以上に間隔が開く部分がある。

時間帯によっては、平日と土休日では形態が大きく異なる。平日朝は9時台には本数が落ち着くのに対し土休日は10時台まで6分間隔での運転がある。また、夕方以降のピークは平日が18 - 19時台であるのに対し、土休日は16 - 17時台である。夜間に至っては土休日の本数は平日の半分程度である。

上りは千代田線(町屋方面)直通終了後の電車は、北千住行き1本と松戸行きが2本(いずれも毎日我孫子発)の3本しかなく、松戸行きの1本目と2本目の間は40分以上開いている。

日中は長らく12分間隔での運転が続いてきたが、2014年3月15日のダイヤ改正で、10分間隔に増発された[20]

日中の運行パターンと運転本数
(2017年3月改正時点)
種別\駅名








本数
急 行  3本
各駅停車    3本

車両

以下に示す車両は全て片側4扉10両編成の電車である。

現在の使用車両

自社車両

209系1000番台 E233系2000番台
209系1000番台
E233系2000番台

すべて松戸車両センターに所属。車体にエメラルドグリーン()一色の帯が巻かれている。

E233系2000番台以外でドア上に掲出していた路線駅案内は、長らく快速電車( - 成田線我孫子支線)のものと全く同じものが使用されており、千代田線内については駅名のみが列挙されているだけで接続路線が全く記載されていなかった。2004年秋頃より独自のものになり、千代田線内の接続路線や駅番号まで記載されたものに変更された。さらに2006年には、簡素ながら運賃計算に関する注記も加えられている。E233系2000番台はLCDで表示を行っているため、紙の駅案内は掲出していない。

なお、行先表示器には各系列とも運用開始時点で既に終着運用のなかった「代々木公園」などの表示が用意されている。

乗り入れ車両

東京メトロ6000系 東京メトロ16000系(初期型)
東京メトロ6000系
東京メトロ16000系(初期型)
小田急4000形

東京地下鉄綾瀬検車区所属)

  • 6000系 - 2次試作車の6101編成(運用終了)は当初より小田急線乗り入れ非対応。現存編成も現在は小田急線非対応
  • 16000系[21]

小田急電鉄喜多見検車区所属)

なお、2016年3月26日のダイヤ改正まで、常磐線 - 千代田線 - 小田急線の3社直通電車は東京地下鉄の車両が限定使用されており、小田急の車両はJR線には乗り入れず、またJRの車両は小田急線には乗り入れなかった。これはJRと小田急の車両は、他方の列車無線に対応していなかったためである(ただし、小田急については地下鉄直通対応車両にJR無線の準備工事がなされている)。このため、JRと小田急の車両に対して、3社間直通運転を可能にするための対応工事を2013年から実施し[16]、2016年3月26日のダイヤ改正で乗り入れを開始した。詳しくは「東京メトロ千代田線#常磐線と小田急線との相互乗り入れ」を参照のこと。

過去の使用車両

203系 207系900番台
203系
207系900番台
  • 国鉄・JR東日本
  • 帝都高速度交通営団・東京地下鉄
    • 5000系
    • 07系 - 2008年9月11日より同年12月頃まで、東西線色の幕で主に平日朝夕ラッシュ時のみの運用に入っており、常磐線にも一部乗り入れていた[23]
    • 06系 - 2015年1月28日から運用を離脱し、東京メトロ16000系に置き換えられた。

車両運用について

「MY LINE 東京時刻表」(交通新聞社)の常磐線各駅停車・千代田線の時刻表における列車番号欄で、末尾の「K」はJR車、「S」はメトロ車、「E」は小田急車を表している(小田急線内は直通列車でも小田急独自の列車番号が割り当てられている)。3社間の走行距離調整の関係上、JR車は千代田線内および千代田線 - 小田急線で、また小田急車は常磐線 - 千代田線でそれぞれ完結する運用も組まれている。なお2016年3月26日改正ダイヤでは、JR車の1本が綾瀬車両基地・1本が唐木田でそれぞれ運用終了・夜間留置となる「外泊運用」が組まれ、逆にメトロ車の1本が松戸車両センター(本所)で、小田急車の1本が松戸車両センター我孫子派出所でそれぞれ運用終了・夜間留置となる「外泊運用」が組まれている。

女性専用車

2006年(平成18年)5月15日より女性専用車両が導入された。平日7時10分から9時30分までに綾瀬駅を発車する列車で、代々木上原寄りの一番前の車両(1号車)に設定されている。千代田線内代々木上原駅まで実施、9時30分をもって一斉に終了となる。

JR東日本では埼京線中央線快速に次ぐ3例目の導入であった。また、1号車に設定されているのは、前年5月より導入していた小田急線に合わせたものと見られる(千代田線内では両方向で導入している)。ただ、千代田線内の19駅中13駅が、この1号車付近に出入り口や乗換口への通路がある。

運賃計算の特例

北千住 - 綾瀬間の特例

北千住駅 - 綾瀬駅間は東京地下鉄の管轄区間であるが、前後のJR線区間と跨って利用する場合はJRの利用区間とみなす運賃計算の特例がある。

千代田線北千住 - 西日暮里間を経由する場合の特例

亀有駅 - 取手駅間の各駅と、山手線内各駅および近傍の駅との間を、千代田線の北千住 - 西日暮里間を経由して乗車する場合には、運賃計算の特例(通過連絡運輸)が適用される。

連絡乗車券を購入する場合とIC乗車券を使用する場合では、計算方法や適用範囲が異なる上、どちらの方法が安いかについても駅によって異なるという二重運賃状態となっている。2007年のサービス開始以来、連絡乗車券の発売範囲内の駅では、IC乗車券を利用した方が安くなる駅にマークを入れた路線図式運賃表を別に掲載していた(券売機の横に小さく掲出されている)。これについて、2013年4月の衆議院消費者問題特別委員会で「周知が不十分である」との指摘がなされ、国土交通省は改善を指示した[24]。2014年4月以降は、券売機の横に連絡乗車券を購入する場合の運賃とIC運賃が併記されたものを掲出している。

連絡乗車券

連絡乗車券の場合は、東京メトロ千代田線をはさんだ前後のJR線区間の営業キロを通算する通過連絡運輸の特例が適用される。券売機でICカードを使用することも可能となっている。

【例】南柏から池袋まで(経由:北千住・東京メトロ千代田線・西日暮里・巣鴨)

  • JR線運賃:南柏 - 北千住の営業キロ 19.3km と、西日暮里 -池袋 の営業キロ6.0km を通算。
    →合計キロ数 25.3km を運賃表に当てはめ、470円。
  • 東京地下鉄線運賃:北千住 - 西日暮里の営業キロ4.3km170円。
    両者を合計して、乗車券(普通旅客運賃)は640円となる。

乗車券の発売範囲

IC乗車券

2007年3月18日の首都圏ICカード相互利用サービス開始に伴い、PASMOSuicaで利用の際は、北千住までのJR運賃と西日暮里以遠のJR運賃の個別の合算額から100円を差引く方式を採用している。運賃は西日暮里の改札を通った時点で西日暮里までの運賃が差し引かれ、乗り継いだJR線の特例適用範囲内で下車した場合に西日暮里から下車駅までの運賃から100円引いた額を差し引く。この特例が適用される場合は、金町駅・亀有駅 - 西日暮里間相互発着に適用される乗り継ぎ割引が適用されない(割引の重複になるため)[25]

上記連絡乗車券の場合と同様の経路で考えると、

  • 南柏 - 北千住(19.3km、302円)
  • 北千住 - 西日暮里(4.3km、165円)
  • 西日暮里 - 池袋(6.0km、154円)

となり、合計額621円から100円を引いた521円がIC乗車券使用時の運賃となる。

特例の適用範囲

  • 北千住口 常磐線(亀有 - 取手)
  • 西日暮里口 東北本線(東京 - ・日暮里 - 尾久 - 赤羽)、東海道本線(東京 - 品川)、山手線(品川 - 田端間/全線全駅)、赤羽線(池袋 - 赤羽/全線全駅)、中央本線(神田 - 代々木)、総武本線(御茶ノ水 - 秋葉原)

その他

ICカードを利用して、南千住以遠(三河島方面)・亀有以遠(金町方面)から東中野以遠(大久保方面)・高円寺以遠(阿佐ケ谷方面)あるいは船橋以遠(東船橋方面)・下総中山以遠(本八幡方面)・船橋法典以遠(市川大野方面)・南船橋以遠(二俣新町方面、新習志野方面)・市川塩浜以遠(新浦安方面、二俣新町方面)など、他社線を経由してJR線(共用駅を除く)の駅間を途中改札を通らずに乗車する場合、千代田線・東西線経由の方が低廉である場合であっても全線JR線乗車と扱われる。[26]

なお、西船橋駅にはJR線と東京地下鉄・東葉高速鉄道の連絡通路に自動改札機が設置されたものの、経路の判別方法についてはほとんど変更されていない。したがって、西船橋経由の方が安い経路を乗車する場合には、同駅の改札通過に関わらず西船橋駅経由の運賃が適用される。

ラインカラー

旅客案内で使用される本系統のラインカラーは、基本的には)であるが、快速電車と同一であるため区別のために異なる色を使うことがある。

東京近郊路線図(現在の路線ネットワーク)では快速電車が緑()、各駅停車が地下鉄千代田線、東西線など地下鉄直通に使用している、グレー()であり、これは快速線のE231系電車に掲出している停車駅案内と同じである(E531系電車はこの配色ではない)が、緩行線の車両(203系・207系900番台・209系1000番台)ではこれが逆になっている。なお、近年は快速電車のカラーとして黄緑()を使用し、各駅停車のカラーに緑()を使用しているものもある。E233系2000番台のLCD上の案内などで採用されている。

車両の塗装は、金属色の車体にエメラルドグリーン()のラインとなっているが、快速線向けのE231系電車とは違い、緩行線向けの車両(209系1000番台・E233系2000番台)については、幕板部にはこの色のラインは入っていない。

呼称について

常磐線各駅停車は地下鉄千代田線との直通運転により一体的に運用されているため、各駅停車は地下鉄区間とあわせて「千代田線」と呼ばれる場合がある。市販されている地図にも千代田線と表記したものがある[27]ほか、不動産物件にも「千代田線北松戸駅」「地下鉄千代田線北柏駅」等の案内がある。不動産ポータルサイトなどでは「(JR)千代田・常磐緩行線」などの表記[28]も散見される。

データ

路線データ

綾瀬駅 - 取手駅間の緩行線のもの。


混雑率

2016年度の朝ラッシュ時最混雑区間(亀有綾瀬間)の混雑率は156%である[29]

常磐線が複々線化された1970年代は輸送人員が増加傾向にあり、1974年度から約30年ほどはラッシュ時の混雑率が200%を越えていた。特に、ピーク時の1992年度には249%を記録するほどの深刻な混雑を記録した。その後は輸送人員が減少しているが、2005年度に当路線と並行する形で首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスが開業すると輸送人員はさらに減少した。同路線の開業から10年ほど経過しても減少傾向に歯止めはかからず、2015年度に160%を下回った。

年度 最混雑区間(亀有 → 綾瀬間)輸送実績[30][31][32] 特記事項
運転本数:本 輸送力:人 輸送量:人 混雑率:%
1955年(昭和30年) 10 10,360 28,520 275 最混雑区間は三河島→日暮里間
1965年(昭和40年) 15 18,900 53,650 284
1970年(昭和45年) 17 23,800 60,120 253
1971年(昭和46年) 18 25,200 40,185 159 最混雑区間を亀有→綾瀬間に変更
1972年(昭和47年) 18 25,200 49,300 196
1973年(昭和48年) 18 25,200 49,500 196
1974年(昭和49年) 18 25,200 50,300 200
1975年(昭和50年) 18 25,200 51,800 206
1980年(昭和55年) 18 25,200 60,340 239
1985年(昭和60年) 20 37,584 72,650 259
1990年(平成02年) 22 30,800 75,760 246
1991年(平成03年) 22 30,800 76,500 248
1992年(平成04年) 22 30,800 76,700 249
1993年(平成05年) 22 30,800 76,350 248
1994年(平成06年) 22 30,800 76,000 247
1995年(平成07年) 22 30,800 76,100 247
1996年(平成08年) 22 30,800 74,990 243
1997年(平成09年) 23 32,200 73,750 229
1998年(平成10年) 23 32,200 72,760 226
1999年(平成11年) 23 32,200 71,480 222
2000年(平成12年) 24 33,600 70,080 209
2001年(平成13年) 24 33,600 69,500 207
2002年(平成14年) 24 33,600 68,060 203
2003年(平成15年) 24 33,600 67,310 200
2004年(平成16年) 24 33,600 66,300 197
2005年(平成17年) 24 33,600 61,300 182 2005年8月24日、つくばエクスプレス開業
2006年(平成18年) 24 33,600 60,000 179
2007年(平成19年) 24 33,600 58,980 176
2008年(平成20年) 24 33,600 57,970 173
2009年(平成21年) 24 33,600 57,290 171
2010年(平成22年) 24 33,600 56,620 169
2011年(平成23年) 24 33,600 56,040 167
2012年(平成24年) 24 33,600 55,430 165
2013年(平成25年) 24 33,600 55,140 164
2014年(平成26年) 24 33,600 53,710 160
2015年(平成27年) 24 33,600 52,070 155
2016年(平成28年) 24 33,600 52,450 156

駅一覧

  • 特定都区市内制度における「東京都区内」の駅
  • 日暮里駅 - 上野駅間の営業キロは2.2km、日暮里駅 - 東京駅間の営業キロは5.8km
  • 停車駅
    • 常磐緩行線の電車(各駅停車)は小田急直通急行・多摩急行・準急も含め全電車とも下表のすべての駅に停車
    • 常磐快速線との停車駅対応表は「常磐線」の駅一覧も参照
  • 接続路線 : 駅名が異なる場合は⇒印で駅名を示す。
正式路線名 走行線路 駅番号 駅名 駅間営業キロ 累計
営業キロ
接続路線 所在地
綾瀬から 日暮里
から
直通運転区間 C 東京メトロ千代田線経由で以下の路線・駅まで
[* 1] (C-18)[* 2] 北千住駅[* 1] - 2.5 5.2 東京地下鉄H 日比谷線 (H-21)
東日本旅客鉄道JJ 常磐線(快速)上野東京ライン)〈上野・東京・品川方面〉 (JJ 05)
東武鉄道TS 伊勢崎線(東武スカイツリーライン)(TS-09)
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス (05)
東京都 足立区
(C-19)[* 2] 綾瀬駅 2.5 0.0 7.7 東京地下鉄:C 千代田線北綾瀬支線 (C-19)
常磐線 常磐緩行線 JL 19
JL 20 亀有駅 2.2 2.2 9.9   葛飾区
JL 21 金町駅 1.9 4.1 11.8 京成電鉄:KS 金町線京成金町駅 (KS51)
JL 22 松戸駅 3.9 8.0 15.7 東日本旅客鉄道:JJ 常磐線(快速) (JJ 06)
新京成電鉄SL 新京成線 (SL01)
千葉県 松戸市
JL 23 北松戸駅 2.1 10.1 17.8  
JL 24 馬橋駅 1.3 11.4 19.1 流鉄流山線
JL 25 新松戸駅 1.6 13.0 20.7 東日本旅客鉄道:JM 武蔵野線 (JM 15)
流鉄:流山線 ⇒幸谷駅
JL 26 北小金駅 1.3 14.3 22.0  
JL 27 南柏駅 2.5 16.8 24.5   柏市
JL 28 柏駅 2.4 19.2 26.9 東日本旅客鉄道:JJ 常磐線(快速) (JJ 07)
東武鉄道:TD 野田線(東武アーバンパークライン)(TD-24)
JL 29 北柏駅 2.3 21.5 29.2  
JL 30 我孫子駅 2.1 23.6 31.3 東日本旅客鉄道:JJ 常磐線(快速) (JJ 08)・成田線 我孫子市
JL 31 天王台駅 2.7 26.3 34.0 東日本旅客鉄道:JJ 常磐線(快速) (JJ 09)
JL 32 取手駅 3.4 29.7 37.4 東日本旅客鉄道:JJ 常磐線(快速) (JJ 10)・常磐線土浦方面〉
関東鉄道常総線
茨城県
取手市
  • 北小金駅 - 南柏駅間で流山市を通るが、同市内に駅はない。
  1. ^ a b 北千住駅の駅施設および北千住駅 - 綾瀬駅間の線路はJRの管理対象ではないが、北千住駅は緩行線・快速線相互の連絡駅であり、JR(亀有駅以東)・東京地下鉄(千代田線町屋駅・日比谷線南千住駅方面)の運賃計算上の境界駅である(運賃計算については「#運賃計算の特例」を参照)。
  2. ^ a b 千代田線の駅番号。

今後の予定

  • 現在、JR東日本が仙石線で開発中の移動閉塞型の保安装置であるATACSではなく、日本国外で導入が進むCBTC (Communication Based Train Control、無線式列車制御システム) の導入を2020年頃を目途に検討しており、協力メーカーの募集を始めた。2013年2月には依頼する会社をメーカーをアルストムタレス(ともにフランス)に絞り込み、同年12月末を目途に1社に選定する予定である[33][34][35][36]
    • 2014年4月に、タレス社へ設計作業を委託する契約が締結された[37]
  • 2015年度の使用開始を目標として、金町駅 - 松戸駅間の江戸川橋梁に防風柵が設置される予定である[38]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「特集・短絡線ミステリー10 都心を貫く直通運転をさぐる」、『鉄道ファン』第50巻第5号、交友社、2010年5月、 25-27頁。
  2. ^ 1964年の答申改訂で、「日暮里を経由し松戸方面に向かう経過地については、西日暮里、町屋、北千住を経て常磐線に接続し、綾瀬以遠は常磐線を線増すること」が示された。詳細は東京メトロ千代田線を参照。
  3. ^ なお、この工事完成時は綾瀬駅は国鉄・営団の共同管理駅であったが、北綾瀬駅開業に際して営団へ管理を移管している。
  4. ^ 『鉄道土木』1964年
  5. ^ 鉄道ファン2006年6月号
  6. ^ 鉄道ジャーナル」1996年4月号
  7. ^ この特例は、その後も千代田線区間が運転見合わせになった時にも適用されている。
  8. ^ 国鉄も原因究明に乗り出し、主制御器の改良によって、1970年代後半には故障件数は地上車並に減少したことが報告されている。
  9. ^ 1978年(昭和53年)の千代田線代々木上原全通時には、反対側から小田急車(界磁チョッパ制御9000形)も乗り入れることになったが、同様に小田急に対しても電気代分を加算して請求していた。『鉄道ピクトリアル』、電気車研究会、2008年7月。
  10. ^ 『鉄道ファン』、交友社、1982年11月。
  11. ^ 広報あびこ昭和57年11月1日号、快速線停車「ねばり強い運動 実をむすぶ」。経緯の詳細は天王台駅参照。
  12. ^ 「東京・大阪 国鉄電車 運転の現状」、『鉄道ジャーナル』第205号、鉄道ジャーナル社1984年3月、 21頁。
  13. ^ 防風柵の設置について (PDF) - 2013年9月12日 東日本旅客鉄道 プレスリリース
  14. ^ 常磐線・利根川橋りょう改良工事に伴う運転変更のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道水戸支社
  15. ^ 常磐線運休のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道
  16. ^ a b 小田急線 千代田線 JR常磐線(各駅停車) の相互直通運転に向けた準備を開始します 〜小田急・JR東日本車両も3線直通可能な車両にしていきます〜 (PDF) - 2013年3月27日 小田急電鉄・東日本旅客鉄道連名のプレスリリース
  17. ^ 平日朝ラッシュピーク時までの我孫子方面行きに多摩急行はなく、急行として運転される。この時間帯の急行は、向ヶ丘遊園駅に停車し、経堂駅を通過する。
  18. ^ 平日朝ラッシュ時、前述した急行に加え、準急も経堂駅を通過する。なお、同時間帯の我孫子方面準急は常磐線に直通せず綾瀬止まりである。
  19. ^ ただし、E233系2000番台は小田急線内の停車駅を、東京メトロ16000系・小田急4000形は「各駅停車」と共に小田急線内での種別をLCDで表示するほか、E233系2000番台では始発駅で小田急線内の種別もLCDに表示される。
  20. ^ 2014年3月ダイヤ改正について (PDF) - 2013年12月20日 東日本旅客鉄道 プレスリリース 2013年12月21日閲覧。
  21. ^ 「環境配慮型の新型車両16000系・千代田線に導入決定! 東京地下鉄ニュースリリース、2009年12月21日
  22. ^ 小田急線ダイヤ改正を実施します (PDF) - 小田急電鉄ダイヤ改正ニュースリリース、2015年12月18日
  23. ^ DJ 鉄道ダイヤ情報2011年9月号 巻頭特集に記述と写真
  24. ^ IC乗車券使うと損? 亀有-横浜 130円割高 - 2013年5月2日 TOKYO Web(東京新聞)
  25. ^ http://www.jreast.co.jp/suica/use/auto_pay/others/sf.html#anchor-5 ルール5 東京メトロ千代田線「西日暮里~北千住」間を経由して前後でJR東日本線をご利用の場合
  26. ^ http://www.jreast.co.jp/suica/use/auto_pay/others/sf.html#anchor-6 ルール6 直通列車のご利用等により、改札機を通過することなく「JR東日本線~東京メトロ線~JR東日本線」と乗り継ぐ場合
  27. ^ 昭文社・千葉県松戸市ほか
  28. ^ 「at home webなど
  29. ^ 混雑率データ(平成28年度) (PDF)”. 国土交通省. p. 1. 2016年7月26日閲覧。
  30. ^ 「都市交通年報」各年度版
  31. ^ 路線別のラッシュ時における混雑率の推移 - 千葉県
  32. ^ 地域の復権―東京一極集中を越えて(昭和62年9月)”. 神奈川県 (1987年9月). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月10日閲覧。
  33. ^ JR東、常磐緩行線にCBTCの導入検討 - 2012年07月10日 日刊工業新聞
  34. ^ CBTC導入に対する関心調査及び資料提供招請について (PDF) - 東日本旅客鉄道
  35. ^ CBTC-SLシステム - 日本信号株式会社
  36. ^ CBTC導入に関するメーカー選定の結果 (PDF) - 東日本旅客鉄道、2013年2月21日。
  37. ^ 常磐緩行線へのCBTC導入検討の設計契約をタレスと締結しました (PDF) - 東日本旅客鉄道、2014年5月22日。
  38. ^ 防風柵の設置について (PDF) - 2013年9月12日 東日本旅客鉄道 プレスリリース

関連項目