アコレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アコレ株式会社
A・Colle Co., LTD.
Aeon Tower 2(cropped).jpg
本社が入居するイオンタワー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
261-8515
千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
設立 2014年9月9日
業種 小売業
法人番号 3040001087377 ウィキデータを編集
事業内容 小型ディスカウント事業
代表者 代表取締役 三浦弘
資本金 1億円
純利益 ▲8690万1000円
(2022年02月28日時点)[1]
総資産 657万4000円
(2022年02月28日時点)[1]
従業員数 2,270名(社員、パートタイマー含む)
支店舗数 133店舗(2017年3月1日現在)
主要株主 イオン株式会社 80%
イオンリテール株式会社 20%
外部リンク http://www.acolle.co.jp
特記事項:2015年3月1日にイオンリテールから事業を継承。
テンプレートを表示

アコレは、東京都板橋区に本社を置くイオングループの株式会社ビッグ・エーが運営する小型のディスカウントストア。元々はイオンリテール株式会社のブランドだったが、2015年3月に事業が分社化され、2021年2月まで同名の「アコレ株式会社」によって運営されていた。

概要[編集]

アコレ新松戸北1丁目店(千葉県松戸市
アコレ八潮TX店(埼玉県八潮市

2008年9月にイオンリテールが第1号店である平和台駅前店(東京都練馬区)を実験的に出店。2015年3月1日にアコレの事業を新設した「アコレ株式会社」へ分社化されたが[2]、2021年3月1日に同じイオングループでディスカウントストアを運営する株式会社ビッグ・エー[3]へ店舗事業が承継され、同社の運営となった[4]

ドイツのハードディスカウンター(ディスカウントストアの一種)をモデルに、段ボール箱から商品を取り出さずに陳列したり、レジ袋を有料としたり、折り込み広告や特売セールを行わないなど徹底したコストダウンを図っている。店内放送でBGMを流していないことも特色の一つである。

店舗看板はオレンジをベースにしており、従業員のエプロンもオレンジのものを使用している(オレンジ色は同じイオン系のディスカウントストアであるザ・ビッグでも採用されている)。当初は「ÆON」のロゴマークがなく、イオングループの「お客さま感謝デー」を実施せず、電子マネーの利用ができなかった。2013年ごろより各種電子マネー(WAONiDQUICPay交通系ICカード)を利用した決済が可能となった。2016年6月8日より共通ポイントサービスの「WAON POINT」「WAON POINTカード」を他イオングループ店舗よりも先行する形で開始した。

なお、マックスバリュ中部(現・マックスバリュ東海)の前身となる企業が「アコレ」の名称で三重県内を中心にスーパーマーケットを展開していたが、名称が同じであるだけで直接的な関係はない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b アコレ株式会社 第8期決算公告
  2. ^ “3/1(日)イオンの小型ディスカウント店「アコレ」新会社を分社化” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, イオンリテール株式会社, (2015年2月27日), オリジナルの2015年2月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150228054423/http://www.aeon.info/news/2014_2/pdf/150227R_4.pdf 2015年3月1日閲覧。 
  3. ^ ビッグ・エーは同じイオングループの株式会社ダイエーの子会社として設立されたが、2019年2月に全株式がイオン株式会社へ譲渡され、名実ともにイオングループの一員となっている
  4. ^ “株式会社ビッグ・エーおよびアコレ株式会社の経営統合について” (PDF) (プレスリリース), イオン, (2020年10月22日), https://www.aeon.info/wp-content/uploads/news/pdf/2020/10/201022R_1_1.pdf 2020年10月22日閲覧。 

外部リンク[編集]