八潮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八潮駅
北口(2011年2月26日)
北口(2011年2月26日)
やしお
Yashio
07 六町 (3.6km)
(3.7km) 三郷中央 09
所在地 埼玉県八潮市大瀬六丁目5番地1
駅番号 08
所属事業者 Tsukuba Express mark.svg 首都圏新都市鉄道
所属路線 Tsukuba Express mark.svg つくばエクスプレス
キロ程 15.6km(秋葉原起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
19,210人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 2005年平成17年)8月24日
テンプレートを表示
南口(2016年7月)
改札口(2016年7月)
ホーム(2008年1月)

八潮駅(やしおえき)は、埼玉県八潮市大瀬六丁目にある首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス駅番号08。八潮市における唯一の駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。改札を入ると右側が秋葉原方面、左側がつくば方面になっている。

のりば[編集]

八潮駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 Tsukuba Express mark.svg つくばエクスプレス 流山おおたかの森守谷つくば方面
2 流山おおたかの森・守谷・つくば方面(待避線)
3 北千住秋葉原方面(待避線)
4 北千住・秋葉原方面

快速列車の追い抜き・区間快速普通列車との緩急接続が行われるほか、三郷中央方に留置線を4線備えており、秋葉原 - 当駅間で折り返す普通列車の運用と守谷からの回送電車の夜間留置に使われている。また、留置線の終点方の上下線の間には横取り装置による保守用車の基地がある。

2006年平成18年)12月8日ダイヤ改正では、朝ラッシュ時間帯の一部上り普通列車と夜間以降の一部下り普通列車が当駅での待避を行わなくなった。

2008年(平成20年)10月1日改正では、日中時間帯に当駅での一部列車の待避を行うようになり秋葉原 - 当駅間の普通列車も1時間当たり約1本設定された。

2009年(平成21年)10月1日改正では、夕ラッシュ時の下り列車全般において当駅での区間快速待避を行なわなくなった。(快速待避は存続)

駅開業と同時に高架下に商業施設「TXアベニュー八潮」が開店した。なお、この施設は当駅以外も守谷駅柏の葉キャンパス駅流山おおたかの森駅つくば駅にも設置されている。

第一期店舗

第二期以降店舗

また、市営の駐輪場が高架下に3か所(つくば寄り2か所・秋葉原寄り1か所)開設された。なお、秋葉原寄り駐輪場は駐輪面積を二度拡張し、つくば寄りにも1か所追加された結果、2009年8月時点では4か所(つくば寄り3か所・秋葉原寄り1か所)となっている。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は18,008人である[1]。つくばエクスプレス線の快速通過駅として、また他路線と接続しない駅では乗車人員が最も多い。

開業以来の1日平均乗車人員推移は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2005年(平成17年) 6,546 [2]
2006年(平成18年) 9,250 [3]
2007年(平成19年) 11,381 [4]
2008年(平成20年) 12,622 [5]
2009年(平成21年) 13,424 [6]
2010年(平成22年) 14,129 [7]
2011年(平成23年) 14,895 [8]
2012年(平成24年) 16,212 [1]
2013年(平成25年) 17,589 [1]
2014年(平成26年) 18,008 [1]

駅周辺[編集]

同市の中心住宅街よりもやや南に位置する当駅周辺では土地区画整理事業が行われており、ショッピングセンターや小売店舗(特にクリニック、不動産関連が多い)のほか、集合住宅や時間貸し駐車場がある。その周辺は田園地帯が広がり、工場倉庫なども散在する低地である。

※八潮市役所は八潮市コミュニティバスに乗車。

路線バス[編集]

八潮駅北口から草加、綾瀬、八潮団地方面への東武バス、八潮市コミュニティバス(以下CB)、足立区コミュニティバス「はるかぜ」、空港連絡バスが発着している。南口からは水元公園、金町駅、松戸駅方面への京成バス、亀有方面への東武バス、北綾瀬、綾瀬駅方面の「はるかぜ」がそれぞれ発着する。平成23年1月31日からは新たに南口から新中川橋経由の松戸行きが加わり今まで北口から発車の木曽根経由の草加行きが南口発に変更となった。

北口

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
1 草加04 若柳交差点・八潮市役所・緑町五丁目・手代橋 草加駅 東武
草加06 八潮中央総合病院・八潮市役所・緑町五丁目・手代橋 草加駅
八潮03 【CB】八潮中央総合病院・八潮市役所・八潮団地・温水プール・八潮団地 循環八潮駅北口
八潮04 【CB】八潮中央総合病院・八潮市役所・八潮高校入口・幸ノ宮橋 八潮団地
八潮05 【CB】大原公園・保健センター・ふれあい桜橋 循環八潮駅北口
八潮06 【CB】大原公園・八潮市役所・保健センター・ふれあい桜橋 循環八潮駅北口
八潮07 【CB】大原公園→八潮市役所→保健センター→ふれあい桜橋→八潮駅北口→潮止橋北→中川小学校 古新田中央
八潮07 【CB】ふれあい桜橋→保健センター→八潮市役所→大原公園→八潮駅北口→潮止橋北→中川小学校 古新田中央
八潮07 【CB】潮止橋北・中川小学校 古新田中央
八潮08 【CB】潮止橋北・中川小学校 古新田中央
2 草加01 八潮車庫・八幡小学校前・柳之宮・手代橋 草加駅
草加03 八潮車庫・八幡小学校前・伊草団地・手代橋 草加駅
3 綾61 八潮車庫・氷川神社前・神明町加平 綾瀬駅
4 西22 【はるかぜ7号】六ツ木都住・神明一丁目・六町駅 西新井駅東口
八潮01 八潮四丁目・八潮高校西・鶴ヶ曽根→八潮団地→工業団地→新町 循環八潮駅北口
八潮01 八潮四丁目・八潮高校西・新町→工業団地→八潮団地→鶴ヶ曽根 循環八潮駅北口
八潮01 八潮四丁目・八潮高校西・鶴ヶ曽根→八潮団地→工業団地 新町
八潮01 八潮四丁目・八潮高校西・新町→工業団地→八潮団地 鶴ヶ曽根
八潮01 八潮四丁目・八潮高校西・鶴ヶ曽根 八潮団地
備考
  • 【CB】は八潮市コミュニティバス
  • 【はるかぜ7号】は足立区コミュニティバス「はるかぜ」7号(西新井・六木線)
  • 循環は循環路線
  • 八潮03は八潮団地以北を循環、八潮団地以南は往復共八潮04と同一経路
  • 八潮05・06は八潮駅発始発から13時55分発まではふれあい桜橋先回り。それ以降は大原公園先回り
  • 八潮06は八潮駅発8時30分から17時20分発まで運転。それ以外の時間は八潮05(市役所非経由)となる
  • 綾61 - 土・日・祝日の最終バスは氷川神社前止まり。
  • 八潮01は東武バスセントラル草加営業事務所 梅32は東武バスセントラル葛飾営業所
  • 上記2系統以外の東武バスは東武バスセントラル八潮営業所

空港連絡バス(北口より発着)

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
5 (直通) 羽田空港 京急・東武
5 (直通「しらこばと号」) 成田空港 東交・LPS・千交・東武

南口

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
1 金61 戸ヶ崎操車場・水元公園 金町駅 京成
松05 戸ヶ崎操車場・農協支所・上葛飾橋入口・松戸営業所 松戸駅
松05 戸ヶ崎操車場・農協支所・上葛飾橋入口 松戸車庫
松04 伊勢野・(新中川橋)・農協支所・上葛飾橋入口・松戸営業所 松戸駅
松04 伊勢野・(新中川橋)・農協支所・上葛飾橋入口・松戸営業所 松戸駅 東武
2 草加05 木曽根・中川八潮フラワーパーク入口・緑町五丁目・手代橋 草加駅 東武
八潮02 木曽根・中川八潮フラワーパーク入口 上二丁目
3 【はるかぜ2号】六ツ木都住・北綾瀬駅入口 綾瀬駅 朝日
有64 六木三丁目・足立郷土博物館前 亀有駅 東武
備考
  • 【松04】の一部と【松05】は京成バス松戸営業所が担当
  • 【金61】は京成バス金町営業所が担当
  • 【草加05】【八潮02】【有64】と【松04】の一部は東武バスセントラル八潮営業所担当
  • 【はるかぜ2号】は足立区コミュニティバス「はるかぜ」2号(綾瀬・六木線)

その他[編集]

茨城方面からの高速バスのTX乗り継ぎ[編集]

高速バス水戸常陸太田常陸大宮・大子、勝田・東海、日立・高萩、益子・笠間の各ルートの上り便から当駅でつくばエクスプレスへ乗り継ぎできる。駅に近接する首都高速6号三郷線の八潮パーキングエリアに降車専用のバス停を設置し、そこから徒歩で当駅まで行き、つくばエクスプレスで秋葉原方面へ向かうことにより、東京都心方面への到達時間短縮が期待されている。当駅から秋葉原方面への乗車券を100円(大人・小児とも)でバス運転士から購入することができる。

隣の駅[編集]

Tsukuba Express mark.svg 首都圏新都市鉄道
Tsukuba Express mark.svg つくばエクスプレス
快速
通過
通勤快速
六町駅 (07) - 八潮駅 (08) - 南流山駅 (10)
区間快速
北千住駅 (05) - 八潮駅 (08) - 三郷中央駅 (09)
普通
六町駅 (07) - 八潮駅 (08) - 三郷中央駅 (09)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d つくばエクスプレス乗車人員
  2. ^ 埼玉県統計年鑑(平成18年)
  3. ^ 埼玉県統計年鑑(平成19年)
  4. ^ 埼玉県統計年鑑(平成20年)
  5. ^ 埼玉県統計年鑑(平成21年)
  6. ^ 埼玉県統計年鑑(平成22年)
  7. ^ 埼玉県統計年鑑(平成23年)
  8. ^ 埼玉県統計年鑑(平成24年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]