サティ (チェーンストア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茨木サティの看板
マイカル茨木

サティ(SATY)は、マイカルが運営していた商業施設である。総合スーパー (GMS) と百貨店の中間業態を標榜し、従来の総合スーパーよりも高級志向を打ち出した「生活百貨店」と位置づけていた。

「サティ」の店名は、"Select Any Time for Yourself"(どんなときでも自分のために選び吟味する)の略と案内されていた[1]

2011年3月1日ジャスコポスフール(旧:マイカル北海道)との統合に伴い、店舗ブランドをイオンへ転換し、イオンリテール運営で存続していた広島サティも2011年7月18日に閉店したため、サティは27年の歴史に幕を閉じた。

概要[編集]

橋本サティ(現:イオン橋本店

1984年昭和59年)に当時のニチイが、奈良市学園前にサティ1号店を出店し、新業態として展開を開始した。1号店の店名は、開店当初は「サティ学園前」だったが、のち「学園前サティ」に変更している(2000年閉店)。

当時開業したサティは、規模は小さいもののショッピングセンターとして扱われていた。ただしマイカルとしては、さらに多種多様な業態を複合した大型商業施設「マイカルタウン」を主力化していた。

1989年当時は、全店舗にスポーツクラブ・エグザスを併設していた[2]。なお、ファッション色の強かった尼崎・和歌山・高崎などのサティ店舗は、後にビブレに業態転換している。

開業当初から1990年代までは、細字に青緑ロゴマークが使われ、1990年代からは「生活百貨店」と銘打つようになってからは、ロゴマークも青緑からマゼンタに変わった。1996年にニチイからマイカルへ社名変更したタイミングで、ロゴマークも細字から太字へと変わった。

その後、新規出店やニチイブランドの店舗リニューアル時の業態転換により、ピーク時には200店舗を数えるまで増加した。しかし2001年のマイカルの経営破綻により、以降は店舗整理などで大量閉店した。イオン株式会社がマイカルの支援に乗り出したため、イオングループ他社店舗への転換や、グループ外企業による居抜き出店が行われた店舗も少なくなかった。

マイカルの子会社が運営していた店舗も、マイカル本体への吸収合併や事業譲受により、本州四国の店舗はマイカル直営となっていた。九州の店舗はマイカル九州(合併により現在はイオン九州)が運営していた。北海道で運営していたマイカル北海道(社名変更により現在はイオン北海道)の店舗はポスフールに転換していたたため、末期には北海道に店舗はなかった。

イオングループによる買収後は、マイカルの経営再建完了後の2006年からイオンへの統合まで、経営破綻後初の(新)盛岡南サティの開業から、2010年の新瑞橋サティまで、イオンモール内に「サティ」の店舗を数店舗のみ開業させた。

イオンへの統合直前の最末期には、北海道青森県宮城県栃木県富山県福井県岐阜県静岡県岡山県和歌山県徳島県長崎県熊本県大分県宮崎県沖縄県の16道県を除く日本全国に店舗があった。青森・宮崎・沖縄県以外は統合以前に撤退した。

ブランド消滅[編集]

看板をサティからイオンのものに架け替える様子
(2011年2月18日撮影)

イオングループでは持株会社制への移行後、重複する事業分野の整理統合が大きな課題となっていた。イオンの持株会社化に伴うイオンリテール発足の段階では、不採算店舗の整理が優先されたが、経済危機による経営不振がさらに深刻化し、本格的な事業整理に乗り出すこととなった。

2011年3月1日にマイカルを吸収合併し、近く閉店が予定されていた広島サティを除く「サティ」全店舗が一斉に「イオン」に統合・名称変更された。なお、イオン九州運営の「戸畑サティ」は、2010年4月の改装リニューアルを機に「イオン戸畑店」へ1年前倒しして先に店舗名を変更している。その後、広島サティも2011年7月18日に閉店したため「サティ」の店舗ブランドは消滅し、27年の歴史に幕を下ろした。

イオンへの店名変更は「○○サティ」から「イオン○○店」として(○○は地名で同じものが入る)、旧サティの店舗名が「イオン」の後にそのまま付くようにされたが、一部の店舗はジャスコからの転換店舗や、旧カルフールのイオン店舗との店名重複を避けるなどの理由で、小地名(高知サティ→イオン高知旭町店など)や方角(高松サティ→イオン高松東店など)を追加した新店名に変更した店舗もあり、店名重複がない場合でも変更される場合もあった(秋田サティ→イオン秋田中央店など))。

2011年3月22日に開店したイオン伊丹昆陽店(現・イオンスタイル伊丹昆陽)は、当初はマイカルが伊丹西サティ(仮称)として開店する計画で、オープニングスタッフの求人もイオンリテールではなくマイカルが行っていた。

沿革[編集]

サティが関係する作品[編集]

サティそのものが登場する作品は無いが、映画のロケ地等として使用されたことがある。

  • スウィングガールズ - バンドメンバーのバイト先のロケ地として、山形県米沢市の米沢サティが使用された(駐車場と1階食品売場)。
  • 陣内智則(あくまで名前のみ) - 『エンタの神様』等で行ったコント「運動会」で、組体操の技名に「ジャスコ」「ダイエー」と共に使用されている。その後「ジャスコ」と「サティ」は「イオン」に統一されているほか「ダイエー」までもが一部店舗が「イオン」になっている。
  • 頭文字D - 風景の一部にサティの看板が描かれている。
  • ショムニ - ドラマでは登場人物の一人が満帆商事の倒産後に働いているという設定で登場(自由が丘サティ食品館バックヤード)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ マイカル北海道”. マイカル北海道. 2001年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月26日閲覧。
  2. ^ 『ニチイ会社案内』11頁、1989年
  3. ^ 戸畑サティは「イオン戸畑ショッピングセンター」に変わります。4月23日(金)「イオン戸畑店」がグランドオープンにさきがけ新生オープン! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース、2014年10月6日閲覧。

関連項目[編集]