グルメシティヒカリ屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グルメシティ > グルメシティヒカリ屋
グルメシティヒカリ屋瀬田店
(旧ヒカリ屋本社)

グルメシティヒカリ屋英称gourmetcity hikariya)は、ダイエーが展開する食品スーパーマーケットである。かつてこの業態を運営していた株式会社ヒカリ屋についても本項で記述する。

概要[編集]

2015年2月までは、株式会社グルメシティ近畿が運営していた。2007年3月1日に同社に合併された株式会社ヒカリ屋は1962年2月に設立され、本社は滋賀県大津市一里山1丁目3-1(瀬田店)にあった。 2015年3月のグルメシティ近畿のダイエー合併に伴い、店舗コードが3桁コードに変動している。

現在営業している店舗[編集]

  • 4855→0841 グルメシティヒカリ屋山科店(京都市山科区
    4階建てで食料品・衣料品・日用品を扱っている。2017年現在、唯一営業している店舗となっている。

グルメシティ近畿に合併してからの変更部分[編集]

  • 店名がグルメシティヒカリ屋へと変更。
  • レシートや買い物カゴなどがグルメシティ近畿の仕様に統一された。
  • 塔屋などの看板がダイエーのマークとグルメシティのロゴにヒカリ屋(オリジナル書体)の文字を加えたものに変更された。

ヒカリ屋[編集]

株式会社ヒカリ屋はかつて存在した会社で衣料品を中心としたスーパーの運営を行っていた。

過去に存在した店舗[編集]

ヒカリ屋の旧ロゴ(右側、草津駅東口のエルティ932(旧ヒカリ屋草津店)にて撮影、現在はガーデンシティ草津のロゴに変わっている)
  • 4854→0840 グルメシティヒカリ屋瀬田店(大津市一里山1丁目)
2006年以後はダイエーグループが滋賀県内に唯一出店している店舗であった。
店舗の建て替えに伴い、2016年2月29日でいったん営業を終了[1]2017年8月11日に「ダイエー瀬田店」として再開した[2]
  • 4861 ヒカリ屋草津店
草津駅前に店舗を構え、非常に手狭な店舗であった。その後ゲームセンターとカラオケ店になり、解体後の現在はマンションとなっている。その後1989年に草津駅前の大型商業施設エルティ932・ヒカリ屋草津店」の核店舗となった。しかし営業不振により2006年2月で閉店した。
  • ヒカリ屋八日市店(湖東地域で初めてエスカレーターが設置された店舗だった。サテライトショップなどの経歴を経て、現在は解体され、マンションとなっている)
  • ヒカリ屋大阪店
  • ヒカリ屋水口店
  • ヒカリ屋近江八幡店
  • ヒカリ屋彦根店
  • 4858→0842 グルメシティヒカリ屋京都店(京都市北区
「鞍楽ハウディ」2階のテナントとして衣料品のみを取り扱っていた。2016年12月31日をもって閉店した。

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年) - ヒカリ屋呉服店として創業。
  • 1951年(昭和26年) - 主婦の店ヒカリ屋に名称変更。
  • 1962年(昭和37年)2月 - 株式会社に改組。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 「株式会社 ヒカリ屋」に名称変更。衣料品を中心としたスーパーの展開で発展。
  • 2007年(平成19年)3月1日 - 「株式会社グルメシティ近畿」に吸収合併され会社消滅。統合後も「(グルメシティ)ヒカリ屋」ブランドは継続。
  • 2015年(平成27年)3月1日 - 「株式会社グルメシティ近畿」が株式会社ダイエーに吸収合併。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ グルメシティヒカリ屋瀬田店 お知らせ”. グルメシティヒカリ屋瀬田店ブログ (2016年1月7日). 2016年2月14日閲覧。
  2. ^ 経産省/10月の大規模店舗35件、大和ハウスが青梅市、ダイエーが滋賀に”. 流通ビジネス (2016年12月1日). 2016年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]