過去に存在した北海道地区・東北地区のダイエーの店舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

過去に存在した北海道地区・東北地区のダイエーの店舗(かこにそんざいしたほっかいどうちく・とうほくちくのダイエーのてんぽ)は、株式会社ダイエーおよび子会社の北海道地区・東北地区における閉鎖店舗を掲載している。

かつてフランチャイズ提携によりダイエーの店舗として営業していた店舗で、フランチャイズ中の閉店、フランチャイズ契約解除による離脱の店舗については過去に存在したダイエーのフランチャイズ店舗を参照。

現行店舗については、ダイエー店舗情報を参照[1]

  • 無印はダイエー。それ以外は基本的にブランド名を記述。
  • 店舗名の後ろについている×は現在建物が解体された店舗。
  • ()内の旧:○○は、運営していた会社の変遷。ただし、閉店直後の運営会社については下記に記述する。
  • SC名称は届出が出ていた店舗のみ可能な限り記述する。
  • 店舗名の前の4桁の数字は店番号

北海道地区[編集]

1977年(昭和52年)に北海道ダイエー直営の2店舗を移管[2]

1990年(平成2年)3月に北海道ダイエーを吸収合併[3]

全北海道の進出は1973年(昭和48年)11月26日に開業した札幌店に始まり[4]、その後、地元資本の会社を設立し琴似・麻生・厚別・手稲と店舗を増やすも、ダイエーの経営的ダメージの影響で多数の店舗が閉鎖に追い込まれた。

2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道マックスバリュ北海道に全16店舗を継承して完全に撤退することになった[5]

北海道[編集]

札幌市[編集]

  • 0416:札幌店(旧:ダイエー→北海道ダイエー(店番号4655)、1973年(昭和48年)11月26日[4] - 1993年(平成5年)[4]10月24日) 札幌市中央区南2条西4丁目11[6] SC名称:中心街デパート(旧:札幌ショッパーズプラザ)
    北海道地区進出1号店。ダイエー本社が開業するも、1977年(昭和52年)に北海道で展開する子会社「北海道ダイエー」に店舗経営権を白石店と共に譲渡[2]。その後は、ダイエーに吸収され直営となる。条件が折り合わなかったとして、賃貸契約をせずに閉店[7]
    閉店後は1995年(平成7年)9月14日にファッションビルのピヴォなどになった[4]
  • 0729:札幌円山店(2009年(平成21年)3月18日 - 2015年(平成27年)8月31日[5]) 札幌市中央区 SC名称:マルヤマクラス
    2015年(平成27年)9月1日にマックスバリュ北海道が継承[5]。北海道のグルメシティではない店舗の中で唯一、マックスバリュに転換された。現在はマックスバリュマルヤマクラス店。
  • 光星店 → グルメシティ光星店(旧:西村→北海道SMダイエー、1965年(昭和40年)4月1日 - 2007年(平成19年)7月21日[8]) 札幌市東区北12条東7丁目62[9]
    札幌市内にあった唯一の北海道SMダイエー時代からの店舗でダイエーと他会社が建物を所有していた。閉店後は100円ショップのザ・ダイソーが出店した[要出典]
  • 0427:栄町店(1991年(平成3年)6月[10]13日 - 2015年(平成27年)8月31日[5]) 札幌市東区北42条東16丁目[11]
    店舗面積10,910m2[10]、延べ床面積約36,246m2[10]。直営店舗面積8,842m2[10]
    地下鉄東豊線栄町駅に隣接して出店していたため、仮設のバス待合所が設置された[11]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[5]イオン札幌栄町店となった。
  • 0412:琴似店(旧:北海道ダイエー、1977年(昭和52年)4月7日[12] - 2015年(平成27年)8月31日[5]) 札幌市西区琴似2条4丁目2-2[10]
    高雄ビル株式会社が所有する建物に出店[10]。店舗面積10,378m2[10]、延べ床面積約18,742m2[10]。直営店舗面積9,710m2[10]
    国鉄(現・JR)琴似駅前の再開発ビルへの出店で、イトーヨーカ堂に敗れ、同社琴似店の開業翌年に当店を出店し、激しい値下げ合戦を繰り広げた[13]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[5]イオン札幌琴似店となった。
  • 藤野店(旧:西村、1973年(昭和48年)11月 - 1996年(平成8年)2月[14]) 札幌市南区
    石山通り沿いにあった店舗面積2,132m2の小型店だった[14]。1996年(平成8年)7月25日に札幌東急ストア藤野店が開店した[14]
    開業当初は同地区最大の、西村が運営する「コンシュマーズマート藤野店」だったが、西村がダイエーグループに入って旧函館ダイエーに営業権が譲渡された関係で1993年(平成5年)10月15日に北海道SMダイエーの店舗となった[15]
    店舗跡は全面改装されて1996年(平成8年)7月25日に札幌東急ストア(現在の東光ストア)藤野店が開店した[14]
  • 新琴似店(旧:西村、1976年(昭和51年)10月 - 1999年(平成11年)2月21日) 札幌市北区
    開業当初は「コンシュマーズマート西村新琴似店」。西村がダイエーグループに入って旧函館ダイエーに営業権が譲渡された関係で1993年(平成5年)10月15日に北海道SMダイエーの店舗となった[15]
  • 0404:麻生店(旧:北海道ダイエー[16]、1977年(昭和52年)6月[16][10]20日 - 2015年(平成27年)8月31日[5]) 札幌市北区北39条西4丁目1-5[10]
    店舗面積12,949m2[10]、延べ床面積約22,905m2[10]。直営店舗面積11,220m2[10]
    札幌市交通局の所有地を活用して地下鉄駅と直結する形の駐車場を1993年(平成5年)4月29日に開設した[17]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[5]イオン札幌麻生店となった。
  • 0413:厚別店 → 新さっぽろ店(1977年(昭和52年)6月[16]10日 - 2015年(平成27年)8月31日[5]) 札幌市厚別区 SC名称:新さっぽろアークシティサンピアザ[10]
    札幌副都心公社の新さっぽろアークシティは、店舗面積41,347m2[10]、延べ床面積約106,137m2[10]。そのうちダイエーは店舗面積25,200m2[10]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[5]
  • プランタン新さっぽろ(旧:オ・プランタンジャポン→プランタン北海道[18](店番号4662)、1982年(昭和57年)6月1日[19][20][21] - 2000年(平成12年)3月22日) 札幌市厚別区 SC名称:サンピアザ
    ダイエー非直営で日本でのプランタンの2号店として誕生。開業当初から新札幌近辺の土地開発の遅れにより、売上げが低迷し、独立採算制を取るために子会社を設置[18]するもこれも失敗し、北海道ダイエーに営業譲渡[22]。北海道ダイエーがダイエーに吸収された後は、ダイエーの店舗として運営した。
    日本百貨店協会に加盟していた[23]。店舗面積16,531m2[24]
    新札幌駅と連絡通路で直結する「サンピアザショッピングセンター」の一角にあり、地上3階・地下2階建てで、売り場面積約120,009m2[25]
    プランタンの名称の使用契約期間の満了に伴い、2000年(平成12年)3月1日に「カテプリ新さっぽろ」に名称変更し[26]、専門店約130店が入居する商業施設として営業を続けた[25]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承し[5]、ダイエーの時のテナント構成などのまま営業を続けたが、全面改装のため2016年(平成28年)4月末で一時閉店することになった[25]
  • 0420:清田店(旧:北海道ダイエー(店番号4659)、1982年(昭和57年)5月27日[27] - 2001年(平成13年)3月11日[24]) 札幌市清田区清田1-1[27]
    店舗面積9,279m2[28]、延べ床面積約31,116m2[28]
    国道36号線沿いに出店していた[27]
    高雄ビル株式会社が所有する建物に出店。ピークとなった1992年(平成4年)2月期の売上高は50億円であったが、2000年(平成12年)2月期には25億円にまで落ち込んだ。修正三ヵ年計画の一環で閉鎖[29]。閉店後はヤマダ電機テックランド清田店が出店した[30]
  • 0423:手稲店(旧:北海道ダイエー(店番号4663)、1987年(昭和62年)12月3日 - 2000年(平成12年)10月31日[31]) 札幌市手稲区
    直営店舗面積約6,152m2[32]
    登別温泉株式会社が所有する建物に出店。出店表明してから6年越しの出店であった。閉店後はヤマダ電機のテックランド手稲店や旧ダイエー系列(現・アメニティーズ傘下)のパチンコ店パンドラが出店した。後にヤマダ電機は閉店し卸売スーパーが代わりに出店している[要出典]
  • 0417:白石店×(旧:ダイエー→ 北海道ダイエー[16](店番号4656)、1975年(昭和50年)9月[16]1日 - 1998年(平成10年)8月31日[33]札幌市白石区本通9北1[6]
    建物は取り壊され現存しない。跡地は新和グループのパチンコ店、プレイランドハッピー白石店が出店した。
  • 白石本通店(旧:西村、1993年(平成5年)10月15日[15] - ?) 札幌市白石区
    西村がダイエーグループに入って旧函館ダイエーに営業権が譲渡された関係で1993年(平成5年)11月1日付で北海道SMダイエーの店舗となった[15]
  • 0418:東札幌店(1978年(昭和53年)8月[10]26日 - 2015年(平成27年)8月31日[5]) 札幌市白石区東札幌3条2丁目1[10]
    第5高雄ビルに出店[10]。店舗面積12,395m2[10]、延べ床面積約33,290m2[10]。直営店舗面積9,174m2[10]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[5]イオン東札幌店となった。
  • 星置店(合弁時代:1994年(平成6年)11月1日[34] - 1998年(平成10年)3月31日[35])→0674:星置店[36](1998年(平成10年)4月8日[36] - 2000年(平成12年))→7874:ディー・ハイパーマート星置店[37]2000年(平成12年)9月1日[要出典] - 2002年(平成14年)2月14日[38]) 札幌市手稲区
    JR北海道との合弁会社である北海道ジェイ・アール・ダイエーとしての1号店として開店[34]、その後ダイエーに譲渡され直営化して1998年(平成10年)4月8日に「ダイエー星置店」として新装開店し[36]、2000年(平成12年)9月1日に株式会社ディー・ハイパーマートに移管された[37]
    敷地面積14,829m2、店舗面積6,876m2(直営5,623m2、専門店1,253m2)のワンフロアの中型店舗であった[39]
    閉店後は改装され、2002年(平成14年)4月に北雄ラッキー[40]星置駅前店が出店した。
  • 0686:ハイパーマート西岡店(1992年(平成4年)11月26日 - 1999年(平成11年)[41]) → 西岡店(1999年(平成11年)[41] - 2002年(平成14年)8月31日[42]) 札幌市豊平区
    ハイパーマートの直営時代に開店し、子会社には譲渡されずに業務形態を変更した店舗[41]。2002年(平成14年)秋にポスフール西岡バーゲン館として開店し[43]、2003年(平成15年)3月1日にポスフール西岡店が開店した[43]が2008年(平成20年)2月末に閉店し[44]、2010年(平成22年)5月25日にジャスコ西岡店(現・イオン札幌西岡店)を核店舗としたイオン札幌西岡ショッピングセンターが出店[45]

道央[編集]

  • 0419:岩見沢店(旧:岩見沢ダイエー→北海道ダイエー、1981年(昭和56年)10月30日[46] - 1987年(昭和62年)3月[47] - 2015年(平成27年)8月23日[48]岩見沢市九条西19-2-1
    店舗面積9,200m2[49](直営売り場7,859m2[49])、延べ床面積約16,565m2[49]
    ダイエーの孫会社「岩見沢ダイエー」が運営していた店舗。北海道ダイエー設立後も単独で営業してきた。
    地域密着路線にする目的を達成した為、会社が北海道ダイエーに吸収された為、名称も岩見沢店(店番号0419)に変更された。
    岩見沢初の郊外型大型店であったことから開業時には市外を含む広域からの集客に成功し、ダイエーグループでも優良店舗と称された[48]
    しかし、2004年(平成16年)11月3日にポスフールが開業[50]。さらに、2005年(平成17年)には空知最大とされる「大和タウンプラザ」が開設され[51]、同施設内に3月17日にホーマック[52]、4月1日にビッグハウスが開店[51]。こうした競合店の相次ぐ進出と人口減少が重なったことから、売上が減少して赤字に転落し、閉店することになった[48]
    閉店時にはテナントは23店で、「であえーる岩見沢」に3店が移転するなど6店舗が岩見沢市の中心市街地に移転することになった[53]
  • 0443:ハイパーマート北広島店(1992年(平成4年)4月29日[54] - 2000年(平成12年))→7853:ディー・ハイパーマート北広島店(2000年(平成12年)9月1日[37] - 2002年(平成14年)8月31日) 北広島市栄町1-4-1[54]
    敷地面積15,127m2?に建設された地上3階建て延床面積26,843m2に店舗面積11,000m2(直営9,200m2、専門店1,800m2)で、約700台収容の駐車場を併設していた[54]。1・2階が売り場で1階が食品や日用雑貨などで2階が衣料品などとなっていた[54]
    直営のハイパーマートとして開店。1999年(平成11年)8月1日に株式会社ダイエー・ハイパーマートに[55]、さらに2000年(平成12年)9月1日に株式会社ディー・ハイパーマートに移管された[37]。店舗跡にはコープさっぽろエルフィン店が出店[56]
  • 浦河店(1995年(平成7年)11月16日 - 1999年(平成11年)5月) 浦河郡浦河町
    北海道SMダイエーが運営する店舗。地上1階建ての店舗であった。
  • 0415:苫小牧店(旧:北海道ダイエー(店番号4654)、1977年(昭和52年)11月1日[57] - 2005年(平成17年)11月30日[57][58]苫小牧市 SC名称:サンプラザビル
    JR苫小牧駅南口正面に立地する[59]JR苫小牧駅前地区再開発事業で建設された売場面積17,500m2のサンプラザの中核テナントとして[60]1977年(昭和52年)11月1日に開店し[57]、1991年(平成3年)に売上高約73億円を上げたが2005年(平成17年)2月期には売上高約23.42億円へと落ち込み[57]、2005年(平成17年)4月28日に当店の入るサンプラザの3倍以上の売場面積64,344m2のイオン苫小牧ショッピングセンターが苫小牧市東部の柳町に開業するなど更なる競争激化が生じたこと[61]やダイエーの業績悪化に伴う経営再建の影響で2005年(平成17年)11月30日に閉店した[57]
    閉店後は2006年(平成18年)2月24日に地下食品売り場の北海道内大手スーパーのラルズマート苫小牧駅前店[62](売り場面積2,500m2)やドラッグストアのビッグドラッグ[63]、暮らしの衣料ショウエーなどが出店し[64]、同年3月17日にサンプラザからegao(エガオ)へ名称変更して新装開店している[65]
    しかし、2011年(平成23年)2月28日にモンベルが撤退して5階が完全閉鎖となり[66]、同年9月に1階のコムサイズムが閉店したことを受けて3階から1階にスポーツ用品店と文具店が移転してその跡に4階のテナントの移転が相次いだため4階の半分は閉鎖状態になり[67]、更に1階に移転したスポーツ用品店と文具店が2012年(平成24年)1月15日に[67]、ラルズマート苫小牧駅前店が2013年(平成25年)4月30日午後3時に[68]、くまざわ書店が同年8月5日に閉店するなど空き店舗の増加と集客力の低下が生じている[69]
    ビルを所有・管理していたサンプラザが8期連続の赤字決算となって2011年(平成23年)9月期からは債務超過に陥ったため、2014年(平成26年)4月5日に事後処理を弁護士に一任して同月11日に札幌地方裁判所苫小牧支部に準自己破産申請した[70]
    破産手続き開始決定後に電気料金など管理費用が発生することから裁判所が破産手続き費用として1150万円の予納命令を出したが、同社側が支払いを行なえなかったことから、2014年(平成26年)5月13日付で破産申し立てが裁判所から却下される事態となった[70]。破産申し立てが却下されたことから今後は私的整理の形で任意売却を進められることになった[70]
    テナントで構成するエガオ専門店店主会が2014年(平成26年)4月10日に自主運営委員会を設立し、従来の賃貸借契約をベースに同委員会がテナント料を徴収して運営経費に充てる形で営業を継続したが[71]、同年8月末に自主営業も終了して閉鎖された[72]
    2016年(平成28年)2月3日にサンプラザの破産手続きの第1回債権者集会で土地建物の所有権のうち同社の持ち分を苫小牧市に寄付する方針について大口債権者などの了承を得たことから、同月23日に札幌地方裁判所に寄付の許可を申請して同日付で許可の決定を受け、翌月の3月1日付で苫小牧市に所有権を移転した[73]。サンプラザを含めて29の所有権者がいたが、他の28名中26名も苫小牧市に無償で権利を譲渡[73]。再開発のための権利一本化を目指して苫小牧市は残る権利者にも協力を求めている[73]
  • 幌別店×(旧:めいんぼう→西村、1976年(昭和51年)4月[28]2日 - 2002年(平成14年)4月21日[74]登別市幌別町
    店舗面積1,456m2[28]、延べ床面積約1,944m2[28]
    建物は現存していない。地場スーパー「めいんぼう」として開店した後、西村に吸収され「コンシュマーズマート幌別店」となった。西村がダイエーグループに入って旧函館ダイエーに営業権が譲渡された関係で1993年(平成5年)10月15日に北海道SMダイエーの店舗となった[15]
  • 0740:岩内店 → グルメシティ岩内店(旧:ニセコ商事→西村→北海道SMダイエー、1963年(昭和38年)5月29日 - 2010年(平成22年)12月31日[75][76]岩内郡岩内町[76]
    閉店時の直営店舗面積約1,185m2[75]
    ニセコ商事が運営する地場スーパー「ニセコストア」として開店した後、西村に吸収され「コンシュマーズマート岩内店」となった。
  • 静内店×(旧:ニセコ商事→西村→北海道SMダイエー、1975年(昭和50年)9月[28] - 2005年(平成17年)12月15日[77]静内郡静内町(現:日高郡新ひだか町)御幸町[28]
    店舗面積約1,326m2[28]、延べ床面積約1,855m2[28]
    建物は現存していない。ボウリング場を改装した店舗だった。跡地は道営住宅になっている。
  • 倶知安店×(旧:ニセコ商事→西村、1963年(昭和38年)5月[28]29日 - 2006年(平成18年)1月31日[78]虻田郡倶知安町南一条西10[9][28]
    ニセコ商事が運営する地場スーパー「ニセコストア」として開店した後、西村に吸収され「コンシュマーズマート倶知安店」となった。西村がダイエーグループに入って旧函館ダイエーに営業権が譲渡された関係で1993年(平成5年)10月15日に北海道SMダイエーの店舗となった[15]。2009年(平成21年)9月から店舗跡の建物の解体工事が行われ[79]、建物は現存しない。倶知安町が英語圏の観光客が多いためか、店内には英語表記の案内が多かった。
    店舗面積約2,657m2[28]
  • 0707:ハイパーマート滝川店 → 滝川店(1996年(平成8年)11月30日 - 2015年(平成27年)8月31日[5]滝川市
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承し[5]、同月1日にイオンのロゴで新装開店[80]

道東[編集]

  • 0424:ハイパーマート釧路店(旧:北海道ダイエー(店番号4664)) → 4743:ハイパーマート釧路店(1989年(平成元年)11月23日[81] - 2000年(平成12年)8月31日)→ 7852:ディー・ハイパーマート釧路店(2000年(平成12年)9月1日[37] - 2002年(平成14年)8月25日[81]釧路市貝塚3丁目[81]
    JR北海道東釧路駅前に直営店として株式会社シチケンが所有する建物内に開店。米国流通を参考に展開したハイパー業態店舗として1989年(平成元年)11月に国内第一号のハイパーマートブランドとなった[82]。1999年(平成11年)8月1日に株式会社ダイエー・ハイパーマートに[55]、さらに2000年(平成12年)9月1日に株式会社ディー・ハイパーマートに移管された[37]
    閉店後は2003年(平成15年)7月25日にコープさっぽろ貝塚店が出店した[83]

道北[編集]

  • 0421:旭川店(旧:北海道ダイエー(店番号4661)、1984年(昭和59年)1月2日[21] - 2005年(平成17年)9月30日[84]旭川市 SC名称:豊岡ショッピングセンター
    旭川電気軌道株式会社が所有する建物に[85]非食品部門のテナントとして出店[86]。経営再建計画の閉鎖店舗にリストアップされ閉店した。
    店舗面積7,887m2[87]。2002年(平成14年)3月16日にカテゴリーバリューセンターとして新装開店した[87]
    2007年(平成19年)1月1日の契約満了前に撤退する場合は違約金5億円を支払う取り決めだったために閉店後も「賃貸契約は継続している」として賃料を支払い続けて違約金支払を避けようとしていたが、設備を搬出せずに放置したまま鍵も返還せずに閉鎖し続けていたため旭友ストアーの運営や周辺環境に悪影響を与えるとして2005年(平成17年)11月4日までに明け渡しを求める訴訟を旭川地方裁判所に起こされる事態に発展した[85]
    閉店後も同居していた旭友ストアーアモール店などは引き続き営業してアモールショッピングセンターとして営業し[85]、2006年(平成18年)9月22日からダイエーの店舗跡に家具店や衣料品店が開店して全館での営業を再開した[88]
    2010年(平成22年)に旭友ストアーが事業を撤退してコープさっぽろが店舗を継承して賃貸契約を結んで営業することになった[89][90]
  • 0648:旭川近文店(1996年(平成8年)5月[91]23日 - 1999年(平成11年))→ 4768:ハイパーマート旭川近文店(1999年(平成11年)8月1日[55] - 2000年(平成12年)9月30日[31]) 旭川市
    店舗面積約11,000m2[28]、延べ床面積約20,336m2[28]
    直営店舗として開店後、株式会社ダイエー・ハイパーマートへ移管された[55]。株式会社ディー・ハイパーマートへは移管されずに閉店[92]
    閉店後はヤマダ電機テックランド旭川店などが出店した。

道南[編集]

  • 中道店 → グルメシティ中道店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー、1977年(昭和52年)9月[93]3日 - 2007年(平成19年)8月18日[93]函館市中道2-3-1[10]
    店舗面積1,034m2[10]、延べ床面積約1,345m2[10]。直営店舗面積1,034m2[10]
    土地および2階建ての建物を30年の賃借契約のうえで開店、当初は2階が衣料品売場だったが、のちに1階の売り場面積約660m2のみで営業していた小型店だった[93]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
  • 亀田八幡店 → グルメシティ亀田八幡店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー、1978年(昭和53年)11月[93]30日 - 2007年(平成19年)8月28日[93]) 函館市亀田町12-11[9]
    ボウリング場だった平屋建物を活用して開店した店舗[93]。売り場面積約660m2の小型店だった[93]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
  • 湯川電停前店 → グルメシティ湯川電停前店×(旧:ボーニストアー→函館ダイエー→北海道SMダイエー、1973年(昭和48年)11月5日 - 2008年(平成20年)7月19日) 函館市湯川町2-25-3[9]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]。建物は取り壊されて現存していない。
  • 0731:グルメシティ棒ニ森屋店(2009年(平成21年) - 2015年(平成27年)8月31日) 函館市[要出典]
    地下食品売り場を運営していた[95]
    2015年(平成27年)9月に改装して直営化し、同月9日に成城石井などが入居して一部が先行開業し、同月25日に全面開業することになった[95]
  • 五稜郭店 → 4602:グルメシティ五稜郭店[96]×(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー、1970年(昭和45年)[96]11月18日 - 2009年(平成21年)5月31日[96]) 函館市本町24[97]
    1970年(昭和45年)に地場スーパーホリタとして開店[96]。道南のダイエーグループの店舗では棒二森屋上磯店に次いで店舗面積が広い中核店舗(売り場面積約8,000m2[97])で、地下通路で丸井今井函館店繋がっていて共存共栄していた地上7階、地下1階のGMSであった[97]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]。1998年(平成10年)2月期の売上高約28億円から2007年(平成19年)2月期には約18億円まで落ち込んだ上、店舗の老朽化や駐車場確保の難しくなってきていることなどを理由に2009年(平成21年)5月31日に閉店となった[97]
    店舗跡は2014年(平成26年)4月8日から解体工事が行われ、2016年(平成28年)12月には4階以下に商業施設が入居して5階以上は分譲マンションとなる地上19階建てのマンション併設の商業ビルとなる計画が進んでいる[98]
  • さいか店×(旧:函館ダイエー→北海道SMダイエー、? - 1995年(平成7年)1月) 函館市松風町
    老舗百貨店のさいかデパート内に出店。
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]。営業赤字を継続的に出していたため、閉鎖。
    その後、1998年(平成10年)8月にデパート自体も閉鎖された。
  • 4609:田家店 → グルメシティ田家店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー[96]、1972年(昭和47年)8月25日 - 2009年(平成21年)8月23日) 函館市田家町14-32[9]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    1997年(平成9年)に24時間営業になった[99]
  • 0735:グルメシティ山の手店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、? - 2012年(平成24年)8月31日[100]) 函館市山の手町2-53-1[9]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    閉店時の直営店舗面積525m2[100]
  • 0734:湯川店 → グルメシティ湯川店 → 湯川店(2代)(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、1981年(昭和56年)10月[101][10] - 2015年(平成27年)8月31日[102]) 函館市湯川町3-14-5[10]
    ホリタショッパーズプラザ湯川店として開店した[101]
    店舗面積6,047m2[10]、延べ床面積約12,007m2[10]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[102]イオン湯川店となった。ただし、営業継承時には店舗の建物に取り付けられた看板の変更は行われず、遅れて交換されることになった[102]
  • 0733:柏木店 → グルメシティ柏木店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、1975年(昭和50年)12月[10] - 2015年(平成27年)8月31日[102]) 函館市柏木町11-1[10]
    店舗面積2,322m2[10]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    2015年(平成27年)9月1日にマックスバリュ北海道が継承[102]。マックスバリュ柏木店となった。
  • 0739:万代店 → グルメシティ万代店(旧:ボーニストア→函館ダイエー→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、1976年(昭和51年)9月[10] - 2015年(平成27年)8月31日[102]) 函館市万代町1-16[10]
    店舗面積1,351m2[10]、延べ床面積約2,660m2[10]。直営店舗面積1,351m2[10]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ホリタ」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    2015年(平成27年)9月1日にマックスバリュ北海道が継承[102]。マックスバリュ万代店となった。
  • 0732:富岡店 → グルメシティ富岡店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー、? - 2013年(平成25年)9月30日[103]) 函館市富岡町1-24-1[9]
    閉店時の直営店舗面積約469m2[103]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
  • 0738:弁天店 → グルメシティ弁天店(旧:ホリタ→函館ダイエー→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、? - 2015年(平成27年)8月31日[104]) 函館市弁天町11-16[9]
    店舗面積約333m2で駐車台数5台の小型店であった[104]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    2015年(平成27年)9月1日にマックスバリュ北海道が継承し、マックスバリュ弁天店となった[104]
  • グルメシティ深堀店(? - 2015年(平成27年)8月31日[102]) 函館市深堀町3-20[9]
    2015年(平成27年)8月31日に建て替えのために閉店した[102]
  • 花園店(1978年(昭和53年)10月 - ?) 函館市花園町11-36[9]
    地上2階建ての店舗であった。
  • 0702:ハイパーマート上磯店 → 上磯店(1993年(平成5年)10月29日[105] - 2015年(平成27年)8月31日[102]北斗市七重浜4丁目44-1[10]
    敷地面積約60,559m2に延べ床面積約30,413m2の建物を建設して開業した[106]
    売り場はワンフロアに集約されており、開業時には総売り場面積は約16,033m2で直営売り場面積約12,000m2に専門店4,033m2が併設されていた[107]。開業時の駐車台数は約2,000台であった[106]
    2015年(平成27年)9月1日にイオン北海道が継承[102]イオン上磯店となった[102]。ただし、営業継承時には店舗の建物に取り付けられた看板の変更は行われず、遅れて交換されることになった[102]
  • 4614:伊達店 → グルメシティ伊達店(旧:ホリタ[108]→函館ダイエー→北海道SMダイエー[108]、1986年(昭和61年)12月[108]25日 - 2009年(平成21年)9月30日[109]伊達市梅本町37-18[9]
    店舗面積2,160m2[110]、延べ床面積約4,464m2[110]。平屋建てで、約250台の駐車場を併設していた[111]
    ホリタ伊達店として開店[108]
    1990年(平成2年)3月1日に同じくダイエーと業務提携を行っていた「ボーニストア」と合併して「函館ダイエー」となり[94]、道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]。2009年(平成21年)の会社分割による吸収合併でグルメシティ北海道の店舗がダイエー直営になった[96]が、閉鎖が決まっていたため最後まで譲渡されず[112]グルメシティ北海道唯一の店舗として1ヶ月近く営業し、閉店した。最後の売り場面積は2,374m2だった[108]
    閉店後の店舗跡には[111]大規模な改装を行わない居抜き出店の形で[113]2009年(平成21年)11月26日にスーパーアークス伊達店が開店した[114]
  • 0736:八雲店 → グルメシティ八雲店(旧:函館ダイエー→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、1993年(平成5年)6月[10] - 2015年(平成27年)8月31日[5]二海郡八雲町東雲町20-5[10]
    店舗面積2,779m2[10]、延べ床面積約3,855m2[10]
    道央進出に伴って1993年(平成5年)10月15日に社名を「北海道SMダイエー」と変更した[15]
    2015年(平成27年)9月1日にマックスバリュ北海道が継承[5]。マックスバリュ八雲店となった。
  • 0741:富川店 → グルメシティ富川店(旧:西村→北海道SMダイエー→グルメシティ北海道、1979年(昭和54年)6月[10] - 2015年(平成27年)8月31日[5]沙流郡日高町富川南2-2-5[10]
    店舗面積3,610m2[10]、延べ床面積約6,080m2[10]。直営店舗面積2,801m2[10]
    2015年(平成27年)9月1日にマックスバリュ北海道が継承[5]。マックスバリュ富川店となった。

東北地区[編集]

完全撤退地区。 1972年(昭和45年)に山形店を開店して進出した。 2016年(平成28年)3月1日に本州の総合スーパー29店舗が「イオンリテールストア」に承継されて[115]最後までダイエーとして営業していた仙台店が運営が「イオンリテール」に移管され[116][117]、2016年(平成28年)3月8日に閉店した[118][119]

青森県[編集]

三戸ダイエー
  • 三戸ダイエー×(旧:グリーンプラザ、? - 2002年(平成14年)10月26日[120][121]三戸郡三戸町 SC名称:三戸ダイエー
    子会社であった、東北スーパーマーケットダイエー[120]のグリーンプラザ時代からの運営店舗。ダイエー三戸店ではなく、三戸ダイエーという店舗名だった。建物は取り壊され、跡地には2003年(平成15年)にユニバース三戸八日町店が出店[122]
  • 4589:ショッパーズ弘前店(1994年(平成6年)3月4日[123] - 2005年(平成17年)10月31日[124]弘前市 SC名称:弘前駅前地区再開発ビル
    弘前駅前地区再開発ビル「ジョッパル」[125]の核店舗として出店した直営店舗面積14,000m2の店舗であった[126]
    子会社であった、ショッパーズ弘前の運営店舗。経営再建計画に盛り込まれた子会社の清算により閉店した。
    ダイエー撤退後には、その店舗跡に他の店舗を招致して営業を継続したものの、弘前市が30%を保有する筆頭株主になっている第三セクターのビル運営会社弘前再開発ビルはピークとなった2001年(平成13年)3月期の約10億円強の売り上げのうち約95%をダイエーが占める極端な核店舗依存であったため、ダイエー撤退直後の2006年(平成18年)1月期に売上高約5.89億円で約3.19億円の赤字に陥るなど債務超過となった[125]
    そのため、2007年(平成19年)1月9日に民事再生法適用を青森地裁弘前支部に申請して[125]再建計画が進めたが、2009年(平成21年)10月2日に負債総額約40.6億円を抱えて民事再生手続き廃止を申し立て同29日に破産手続きの開始決定を受けることになった[127]
    民事再生手続き廃止による破産手続きへの移行に伴い、同月18日に商業テナントが閉鎖となり、25日に弘前市駅前市民ホールが閉鎖となって全館が閉鎖され、「ジョッパル」としての営業に終止符を打った[127]
    2011年(平成23年)9月に地元経済人によって設立された「マイタウンひろさき」が新たな運営会社となり[128]、3階全体約5,000m2を弘前市駅前分庁舎「ヒロロスクエア」として取得して子育て支援センターなどが入居する官民複合のビルHiroro(ヒロロ)として[129]、2013年(平成25年)7月27日に開業した[128]弘前駅から徒歩3分である。

岩手県[編集]

  • 0256:盛岡店×(1973年(昭和48年)5月23日[130] - 2005年(平成17年)11月27日[131]盛岡市大通2-8-19[6] SC名称:岩手自販ビル(旧:盛岡ショッパーズプラザ)
    1973年(昭和48年)5月に盛岡大通商店街の一角にあった岩手自販株式会社が所有する建物に店舗面積8,900m2で出店し[132]、地元商店街と共同セールを行うなど中心街の中核店舗の一つとして機能していたが[132]、郊外への競合する大型店の出店で売上が低迷したため経営再建計画の閉鎖店舗の一つとされ[132]、2005年(平成17年)11月27日に閉店した[131]
    店舗面積約8,914m2[133]
    閉店後は改装が予定されていたが[134]、建物の老朽化やそれに伴う耐震面の不安から店舗は解体され[134]、商業ビルMOSSの立体駐車場となった。
    また、盛岡店の平面駐車場跡地に[134]は2006年(平成18年)12月9日にMOSSビルが建築されて開業した[135]
  • 0444:水沢ダイエー[136] → 水沢店×(旧:ヤマニ三春屋[136]、1992年(平成4年) - 1992年(平成4年)9月1日直営化 - 1998年(平成10年)7月31日) 水沢市(現・奥州市水沢区)中町[136] SC名称:水沢ダイエー
    青森県八戸市の三春屋が1980年(昭和55年)6月に元魚市場跡に開店した「ヤマニ三春屋」が前身で[136]、1981年(昭和56年)4月にダイエーが買収[137]、1989年(平成元年)11月に水沢ダイエーと改称[136]、1992年(平成4年)9月1日に直営化した。売り場面積9,003m2[138]
    当時の建物は解体され[139]、跡地には岩手銀行水沢信用金庫の支店が移転した。
  • 0445:一関ダイエー → 一関店(旧:ヤマニ三春屋、1981年(昭和56年)4月にダイエーが買収[140] - 1992年(平成4年)9月1日直営化 - 2002年(平成14年)5月31日[141]一関市 SC名称:一関銀座ショッピングセンター2号館
    一関では三大百貨店として並び称された[142]「東光デパート」の跡地に開業[143]。1985年(昭和60年)にダイエーとして再開店[143]。1992年(平成4年)9月1日に直営化した。
    直営店舗面積約6,519m2[32]
    閉店後、東北銀行一関支店とパチンコ店「NICE」は引き続き営業を続けたほか、地元の出資で2005年(平成17年)6月に設立された一関まちづくり株式会社が[144]後継テナントとして2005年(平成17年)7月21日に生鮮品を含む食品や工芸品・特産品などを販売する「新鮮館おおまち」が1階に開店した[145]
    店舗跡の土地と建物がダイエーから市に無償譲渡されたため、大規模地震など災害時の情報提供に主眼を置きつつ通常は行政やイベント情報、音楽番組などを放送する2012年(平成24年)4月29日に公設民営方式のコミュニティーFM局一関コミュニティFM(愛称はFMあすも)が開局することになった[146]
  • 二戸ダイエー[28](? - 2001年(平成13年)2月28日) 二戸市 SC名称:二戸サンパーク[28]
    店舗面積約3,500m2[28]
    1986年(昭和61年)2月に中三二戸店(店舗面積約3,500m2)として開業[147]
    旧子会社である株式会社グリーンプラザが運営[148](東北スーパーマーケットダイエー)。
    建物の所有は合弁会社 阿要商事。
  • 中の橋店×(1993年(平成5年)[148] - 2002年(平成14年)10月27日[120]久慈市
    旧グリーンプラザ中の橋ショッピングセンター[148]
    東北スーパーマーケットダイエーの経営で[120]、お酒のディスカウントストア プライスセーバーを併設していた。
    当時の建物は建替えられ、ジョイス久慈中の橋店となった。
  • ショッピングプラザ店×(1986年(昭和61年)[148] - 2002年(平成14年)10月28日[120]) 久慈市
    旧ショッピングプラザ緑屋[148]。建替えが実施されており、閉鎖後は道の駅やませ土風館
    二戸ダイエーからショッピングプラザ店の3店舗は旧子会社である、東北スーパーマーケットダイエー(旧株式会社グリーンプラザ)が運営していた[120]

宮城県[編集]

仙台店
  • 0285:仙台店(1975年(昭和50年)9月9日[117] - 2016年(平成28年)3月8日[118][119]仙台市青葉区中央2-3-6[10] SC名称:読売仙台ビル・新伝馬町中央通りビル[10]
    店舗面積20,212m2[10]、延べ床面積約51,088m2[10]。直営店舗面積13,576m2[10]
    地上8階・地下2階建てで[117][116]東日本大震災の際には震災2日後に他店に先駆けて営業を再開した[116]
    東北地区に最後まで残っていたダイエー店舗となった[117][116]
    2016年(平成28年)3月1日に本州の総合スーパー29店舗が「イオンリテールストア」に承継されて[115]、運営がイオンリテールへ移行し[117][116]、2016年(平成28年)3月12日にイオン仙台店として新装開店した[149][150][151]
  • 0398:泉店(1988年(昭和63年)11月1日[152] - 2005年(平成17年)9月30日[58]仙台市泉区 SC名称:仙台泉ショッピングセンター
    三井不動産株式会社が所有する建物に出店。経営再建計画の閉鎖店舗にリストアップされ閉店した。
    店舗面積11,065m2[91]
    2005年(平成17年)6月28日に西友仙台泉店が入居する仙台泉ショッピングセンターがオープンした[153]。2011年の東日本大震災の影響で一時閉鎖したが、2012年3月に1階部分のみ再開。しかし、業績不振から2016年9月19日に閉鎖されており、跡地は再開発が検討されている。
  • 十字屋 仙台店(1972年(昭和47年)4月[154]1日 - 1982年(昭和57年)3月ダイエーと業務提携[155] - 2005年(平成17年)11月30日[156]) 仙台市 SC名称:仙台TRビル
    1982年(昭和57年)3月にダイエー[155]の子会社となり、百貨店を経営していた十字屋 (百貨店)の店舗。十字屋の経営再建のため銚子店、館山店(共に千葉県)と共に閉店した。
    閉店後、土地・建物を所有する仙台市の不動産会社「日本オフィスビル」から東急レクリエーションが一括して借り上げて[157]2007年(平成19年)2月23日にヤマダ電機LABI仙台店を核店舗とする複合商業施設として再スタートした[158][159]
  • プチマート多賀城店×(1984年(昭和59年)9月 - 2002年(平成14年)10月20日[120]多賀城市
    東北スーパーマーケットダイエーが経営していた[120]
    当時の建物は解体され、アパートとなった。
  • プチマート遠西店(1988年(昭和63年)5月 - 2002年(平成14年)10月20日[120]) 仙台市若林区
    東北スーパーマーケットダイエーが経営していた[120]
    閉店後、フレッシュフードフレッシュフードモリヤ沖野店など食品スーパーが入居[要出典]
  • プチマート長命が丘店(1985年(昭和60年)12月 - ?) 仙台市泉区

大和リース株式会社がLOCシステムを活用した商業エリアとして開業した。閉鎖後は飲食店となり、その後解体され駐車場となった。現在は大和リース株式会社が再開発を予定しており、立ち入ることはできない。

  • 宮城県のプチマート3店は旧子会社の東北スーパーマーケットダイエー(旧光商事)の運営店舗であった。

福島県[編集]

中通り[編集]

旧トポス郡山店(ダイエー郡山店)本館 大町商店街側入口
ビッグアイ22階から望む、旧トポス郡山店(本館・別館)
  • 4173:郡山店→トポス郡山店×(旧:ダイエー、1975年(昭和50年)11月25日[160] - 1994年(平成6年)11月30日[161][162]郡山市大町1-4-5[163] SC名称:大町第3ビル・大町東ビル
    本館:地上11階[164][165][166]・地下1階[164][166]、別館:地上8階[164][165][注釈 1]。店舗面積 12,084m2[168]。本館・別館双方には、連絡通路が二層設置されていた。
    地権者などが設立した「株式会社郡山大町センター」がビルを建設した「郡山大町センタービル」のテナントとして入居する形で出店した[165]。その際に、店舗の建設費用はダイエーから貸し付け、代わりにビルの土地・建物に対して1974年(昭和49年)から1975年(昭和50年)に抵当権を設定した[165]
    しかし、郡山駅西口再開発事業の遅れや駅前の中心地からやや離れているといった立地条件の影響で、開店以来赤字経営が続いていたため、店舗運営を1984年(昭和59年)9月1日付けで中盤にダイエー100%出資の運営会社である「郡山ショッパーズプラザ」(後の郡山ダイエー)を設立し移行[169]。さらには、1989年(平成元年)6月10日には、市内西ノ内に開業したイトーヨーカドー郡山店への出店対策も重なり[168]、ディスカウントストア「トポス」に業態転換したものの改善せず[170][171]、約5年後の1994年(平成6年)11月に閉店[161][162]
    以降、本館と別館の2棟からなる大きな面積と規模を持つビルの使い道や、管理会社(郡山大町センター)側の固定資産税と都市計画税の滞納や[172][173]、ダイエー含む地権者側の抵当権の問題[174][175]、さらに億単位にも及ぶ解体費用等の問題も重なり[176]、20年以上放置され空きビル状態となっていた。
    トポス閉店後にビルの利活用が長年進まなかったことから[171]、周辺の商店街がシャッター通り歓楽街化し、建物の老朽化、さらに2011年(平成23年)3月11日以降の東北地方太平洋沖地震による度々起こる余震による建物への危険性[注釈 2]などもあり、長年に渡り郡山市内外の大きな課題となっていた。。
    しかし、別館部分が上記の震災により大規模半壊となり、連絡通路や郡山駅前で空きビルとなっていた丸井郡山店とともに、2013年(平成25年)度中に解体された[177]
    残った本館ビルについては、土地と建物が売却するために2014年(平成26年)に行われた入札で地元の不動産業者「エリート」が優先交渉権を獲得したものの[165][164]、ダイエーと市が設定している抵当権の問題となり[165][164][178]、実際の売却は2015年(平成27年)2月27日となった[165][164][178]
    ダイエーの約31.5億円に加えて10億円を超える市税滞納分について抵当権が設定されていたが[178]、跡地の資産価値は実勢で約4億円強と推測されていた[165]
    抵当権の解除に向けた交渉の結果、ダイエーと郡山市が抵当権の解除に同意[178]。その際に、「株式会社郡山大町センター」は売買代金の中から郡山市に対応分の一部として2250万円を納付すると共に、破産手続きを実施することになった[178]。また、取得した不動産業・エリート社は早期のビル解体すると共に、敷地を将来の郡山市の良好なまちづくりのため活用すること、が条件とされた[165]
    なお、異例といえる形で税を免除したことから[179]、税負担の公平性を失わせて利益供与を行ったとの疑惑が指摘されるなど[180]、市の差し押さえ解除は賛否が分かれている[181]
    2015年(平成27年)5月19日に本館解体工事の安全祈願祭が行われ[166][182]、同年6月1日から本格的な解体工事に入り[166]、翌年の2016年9月には解体完了。10月からは、別館跡地同様にコインパーキングとして運用を開始している。

浜通り[編集]

  • 0635:ハイパーマートいわき店 → 4764:ハイパーマートいわき店 → 7864:ディー・ハイパーマートいわき店[92] → 0705:いわき店(1995年(平成7年)10月26日[183] - 2005年(平成17年)11月30日[184]SC名称:いわきショッピングセンター
    地元の不動産会社が所有する鹿島ショッピングセンターの核店舗として総床面積約38,0000m2のうち約12,000m2を使用して鹿島ショッピングセンターが運営する92店舗の専門店街[185]「エブリア (everia)」と一体となって営業し[186]、ピークとなった1998年(平成10年)2月期で売上高約68億円と[185]当初目標の78億円[183]を達成出来なかった上2005年(平成17年)2月期に売上高約37億円まで落ち込んだため[185]、2005年(平成17年)11月30日に閉店した[184]
    当初は直営であったが、1999年(平成11年)8月1日に株式会社ダイエー・ハイパーマートに[55]、さらに2000年(平成12年)9月1日に株式会社ディー・ハイパーマートに移管され[92]、2001年(平成13年)4月28日に大幅な改装を行ってリニューアルオープンした[187]。さらに2002年(平成14年)9月1日に再度ダイエーに譲渡され「ダイエーいわき店」になった。
    当店以外の専門店街などは当店閉店後もそのまま営業を続け[185]、2006年(平成18年)4月21日にヨークベニマルのエブリア店が新たな核店舗の一つとして開店した[188]
  • カツミヤ原町店 → 原町ダイエー×(? - 1992年(平成4年)[189]原町市(現・南相馬市
    店舗面積 約5,600m2、延べ床面積 約9500m2、地上4階建て(1992年の原町ダイエー当時)[189]
    原町市にあったスーパー・勝見屋(カツミヤ)の本店に当たる店舗。
    1935年(昭和10年)に、原町市に米穀店・松本正商店として同地に創業。法人化を経て、市内に店舗を増やすなどしてスーパーとして業務を拡大させた[190]
    しかし、ファミリーデパートノムラ(後の原町サティ2002年(平成14年)5月閉店)が開店する1979年(昭和54年)以降、市内に大型店が相次いで進出するようになると業績は著しく低迷していった。その打開策として、1979年(昭和54年)にダイエーと業務提携し、本店である原町店を全面改装を施したが、売上は伸びず、翌年には赤字に転落。売上自体も1979年(昭和54年)度の約40億円から、約25億円(1988年(昭和63年)度)に減少した[190]
    このように業績不振に陥ったこともあり、原町店は青森県八戸市の百貨店・三春屋の子会社である「ヤマニ三春屋」、他の店舗は子会社の「光商事」(後の東北スーパーマーケットダイエー)によって営業譲渡され、営業譲渡後の原町店は「原町ダイエー」に名称変更した[190]
    駐車場難などから経営不振となり、ダイエーに譲渡されることなく1992年(平成4年)閉店した[189][注釈 3]。なお、建物は現存していない。
  • カツミヤ四ツ葉店 → プチマート四ツ葉店×(1976年(昭和51年)7月30日 - 2002年(平成14年)10月22日[120]) 原町市
    1989年(平成元年)6月に、勝見屋本体から子会社の光商事(後の東北スーパーマーケットダイエー)の譲渡した店舗[120][190]。閉店後、ザ・ダイソーとなっていたが、閉店し解体。現在は、ミニストップが建設された。
プチマート小高店
  • カツミヤ小高店 → プチマート小高店×(1979年(昭和54年)10月7日 - 2002年(平成14年)10月22日[120][190]相馬郡小高町(現・南相馬市)
    店舗面積約892m2[191]
    1989年(平成元年)6月に、勝見屋本体から子会社の光商事(後の東北スーパーマーケットダイエー)の譲渡した店舗[120]。閉店後、永らく更地となっていたが、現在は宅地分譲されている。
  • 十字屋白河店×[192](1961年(昭和36年)11月[16] - 2000年(平成12年)12月[193]白河市郭内38[194]
    店舗面積2,485m2[16]
    白河市中心市街地のほぼ中央に立地していた[193]

会津[編集]

  • 会津中合[195]中合会津店[195]×(1963年(昭和38年)7月[196] - 2010年(平成22年)2月28日[196]会津若松市大町1丁目10-35
    子会社の中合の運営店舗であった[120]
    建物の老朽化で維持費が嵩み[197]、耐震基準を満たすためには建て替えが必要となっていた[195]が、その投資回収の目処が立たない[195]として、年度末の2010年(平成22年)2月28日に閉店した[196]

秋田県[編集]

山形県[編集]

村山地域[編集]

  • 0241:山形店(旧:ダイエー→山交ダイエー→東北SMダイエー、1972年(昭和47年)6月15日[201] - 2005年(平成17年)11月20日[202]山形市香澄町3-1-16[6] SC名称:山交ビル(旧:山形ショッパーズプラザ)
    東北及び山形県進出一号店。山形駅前改造事業の一環として日本専売公社(現在の日本たばこ産業)山形工場跡地に建設された山形交通ビル内に出店していた[201]
    2001年(平成13年)に家賃を半額に引き下げた新契約を結んで営業を継続した[203]が、2005年(平成17年)11月20日に閉店した[204]
    店舗面積約9,537m2[133]
    山形県の地場スーパーであるヤマザワが進出した[204]のを皮切りに山形銀行や100円ショップのセリア、アニメイト、マブチ、山形労働局、NECマイクロシステムが徐々に入居し、2007年(平成19年)11月にNTT東日本広域116センターが開業して店舗跡の地下1階から4階までが後継テナントで埋まることになった[205]
    建物は株式会社ヤマコー(旧山形交通株式会社)の所有であり地下 - 4階部分に入居していた。(山交ビルの店舗面積約9,757m2[206]
    直営店舗面積約8,647m2[32]
  • 元木店(1980年(昭和55年)7月[207] - 2002年(平成14年)10月30日[120]) 山形市元木1-13-30[207]
    店舗面積約1,518m2[207]、延べ床面積約2,120m2[207]、直営店舗面積約1,300m2[207]
    旧子会社である、東北スーパーマーケットダイエー(旧:山交ダイエー)の運営店舗[120]
    現在は、高橋畜産食肉運営による元気市場たかはし元木店を核店舗として営業している[要出典]
ダイエー尾花沢店
(2002年(平成14年)5月撮影)
  • 尾花沢店(1988年(昭和63年)5月[28] - 2002年(平成14年)10月31日[120]尾花沢市尾花沢字西矢来1956-28[28]
    旧子会社である、東北スーパーマーケットダイエー(旧:山交ダイエー)の運営店舗[120]
    店舗面積4,073m2[28]、延べ床面積約6,705m2[28]
    閉店後も、長らく施設の一部に山交バス尾花沢待合所及びセントラルスポーツが入居し、その最寄のトイレを使用していたが、2007年(平成19年)に、セントラルスポーツは撤退、尾花沢待合所は当ビル屋外の仮設建屋に移転し、完全な空き店舗となった。
  • 十字屋山形七日町店
    山形市七日町にあった店舗で、山形駅前の現在の山形店が開業した後も並行して営業を継続した[208]
  • 十字屋寒河江店(1982年(昭和57年)9月[16] - 1994年(平成6年)1月16日[209]寒河江市本町2-8-3[194]
    店舗面積6,400m2[16]
    「寒河江ショッピングセンター・チェリーモール」の核テナントとして開店。1986年5月「ダイエーFC十字屋寒河江店」に店名変更。1994年1月16日閉店。
    同ビルは同年7月には「山形ウェルマート」を核とする「パオ2丁目店」としてリニューアルするが、1999年8月ウェルマートも撤退。永らく核テナントが見つからない状況が続いたため寒河江市がビルと敷地を買い取り、2000年に3階以上を公共施設を入居させた複合ビル「フローラ・SAGAE」として再開発を行った。

庄内地域[編集]

  • 0320:鶴岡店(1978年(昭和53年)11月4日[210] - 2002年(平成14年)8月31日[42][211])鶴岡市錦町2-21[212] SC名称:庄交モール[212]
    店舗面積10,872m2[212]、延べ床面積約19,213m2[212]
    直営店舗面積約8,236m2[32]
    庄内交通のパスセンターや第一ホテルを併設する形で出店しており、鶴岡市全市からのバスが乗り入れる立地となっていた[210]。開業初日には約2万人の買い物客を集め、開業初年度に約45億円、3年目には約60億円の売上を上げた[210]
    現在は、地場スーパー「株式会社主婦の店鶴岡店[213]による「ふ-しゃ」を核店舗とするエスモールとして営業している。
庄交バスターミナル
(2007年(平成19年)1月撮影)
奥にはマルハン
  • 0433:FC酒田店 → 酒田店×(旧酒田大沼→酒田ダイエー(店番号:4504)、1986年(昭和61年)3月22日[214] - 1991年(平成3年)9月1日直営化 - 2005年(平成17年)8月31日[215])洒田市幸町2-1-1[212] SC名称:庄交ターミナルビル[212]
    敷地面積12,732m2[216]、店舗面積11,000m2[212]、延べ床面積約16,473m2[212]。直営店舗面積約6,864m2[212][32]
    鉄筋コンクリート造り5階建ての店舗棟と鉄骨造り5階建ての駐車場棟があった[216]
    山形の老舗百貨店の大沼の子会社であった酒田大沼が運営していた大沼 酒田店として開業。
    その後は売上げ等の影響でダイエーと提携。1986年(昭和61年)3月22日からダイエーを看板に掲げ営業することになった[214]。酒田大沼はその際に、酒田ダイエーに社名変更しているが1991年(平成3年)に清算された。
    店舗跡の土地と建物は2006年(平成18年)5月30日付で「相互リフォームサービス」に売却され[216]、跡地には2007年(平成19年)にパチンコ・マルハンが入居した[217]

最上地域[編集]

  • 新庄店(1986年(昭和61年)[218]4月 - 2003年(平成15年)[218]新庄市 SC名称:新庄ショッピングビル[191]
    店舗面積7,193m2[191]
    旧子会社である、東北スーパーマーケットダイエー(旧山交ダイエー)の運営店舗。
    建物は新庄ショッピングビル株式会社が所有。テナントとしてダイエーとセントラルスポーツが入居。
    ダイエー閉店後も一部の専門店とセントラルスポーツが入居し続け、閉店後に入居した民間託児所「わらすこ広場」は市民にとって大きな存在であった。
    財政難のため、新庄市は入札により建物を売却、地元の宮城呉服店が購入したが、その際に全テナントが撤退し一旦は空き店舗になりこのまま閉鎖かと思われた[219]
    しかしその後、2008年(平成20年)8月にNPO法人や民間会社が協力して大改修を行い、商業施設こらっせ新庄としてオープンした[219]。1階 - 5階全フロアに地元の店舗を中心に約35店舗が入居し、市民から要望が大きかった「わらすこ広場」も拡張して再開となった[219]

置賜地域[編集]

  • 長井店(1977年(昭和52年)7月[207] - ?) 長井市
    店舗面積3,336m2[207]、延べ床面積約5,856m2[207]
    旧子会社である、東北スーパーマーケットダイエー(旧:山交ダイエー)の運営店舗。
  • 高畠店×(1979年(昭和54年)4月・1980年(昭和55年)6月 - 2002年(平成14年)10月29日[120]東置賜郡高畠町大宇高畠字弥生町[28]
    旧子会社である、東北スーパーマーケットダイエー(旧:山交ダイエー)の運営店舗[120]
    店舗面積1,462m2[28]
    閉店後は別館(衣料品売場)を解体。ツルハドラッグが入居したが「イオンタウン南陽」に移転したため閉鎖。後に本館も解体された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 福島民友1994年4月23日付けでは、本館:地上9階 地下1階、別館:地上4階[167]
  2. ^ また、この地震により別館部分の入り口が被害を受け、地震による応急危険度判定が「危険」ランクとなってしまった。
  3. ^ 同じヤマニ三春屋や運営していた水沢店・一関店は譲渡され直営化された

出典[編集]

  1. ^ ダイエー店舗情報
  2. ^ a b 森田克徳 『争覇の流通イノベーション ダイエー・イトーヨーカ堂・セブン-イレブン・ジャパンの比較経営行動分析』 慶應義塾大学出版会、2004年10月30日。ISBN 978-4766411195
  3. ^ 『流通会社年鑑 1993年版』 日本経済新聞社、1993年10月25日。
  4. ^ a b c d 札幌市教育委員会 『新札幌市史 第5巻通史5(下)』 北海道新聞社、2005年3月。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 上地兼太郎、森本未紀(2015年9月2日). “消えゆく「ダイエー」 40年余の歴史に幕 道内全16店舗、月内切り替え”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  6. ^ a b c d 『流通会社年鑑 1978年版』 日本経済新聞社、1977年10月25日。
  7. ^ “道内42年 ダイエー閉幕 全16店 来月イオン系2社が継承 建て替え・統廃合課題に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年8月30日)
  8. ^ “グルメシティ札幌撤退 光星店 21日閉店 地盤の道南に集中”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年7月12日)
  9. ^ a b c d e f g h i j k 『会社総鑑 店頭・未上場会社版 1998年版 下巻』 日本経済新聞社、1998年5月20日。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  11. ^ a b “10区10色”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年2月3日)
  12. ^ 若林照光 『現代の商人学中内功の研究』 プレジデント社、1981年1月20日。
  13. ^ 坂口義弘 『ダイエーにおける失敗の研究』 エール出版社、1991年6月25日。ISBN 978-4753910427
  14. ^ a b c d “札幌東急ストア藤野店がオープン、4年ぶりの新店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1996年7月31日)
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t “ダイエー、15日付で函館ダイエーを「北海道スーパーマーケットダイエー」に社名変更”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1993年10月20日)
  16. ^ a b c d e f g h i 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  17. ^ “市交通局の資産活用第1号 麻生駐車場が29日開業 ダイエーと協力”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1993年4月6日)
  18. ^ a b “新さっぽろ分離、別会社により”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社). (1983年11月3日)
  19. ^ “デパート開店、長い列 プランタン新札幌 バーゲンに3000人”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1982年6月1日)
  20. ^ 『ネアカのびのびへこたれず 中内功 言行録』 流通科学大学、2005年11月
  21. ^ a b 吉田貞雄 『中内功の言葉のカンヅメ 永久革命をめざす 信念・人づくり・仕事・人使い』 中経出版、1989年2月。ISBN 978-4806103677
  22. ^ “プランタン新さっぽろ、北海道ダイエーが吸収”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社). (1985年4月25日)
  23. ^ 『昭和59年 日本百貨店協会統計年報』 日本百貨店協会、1984年。
  24. ^ a b 週刊ストアジャパン電子版 「会員ページ"」のサンプル チェーンストア2000年度店舗別売上高と坪効率”. ストアジャパン社. 2014年4月19日閲覧。
  25. ^ a b c “新札幌の商業施設「カテプリ」、イオン、今秋に改装開店”. 日経MJ(日本経済新聞社). (2016年1月13日)
  26. ^ “ダイエー「プランタンなんば」と「プランタン新札幌店」を店名変更 三月一日付けで「カテプリ」に”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年1月24日)
  27. ^ a b c “ダイエー店がオープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1982年5月28日)
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2000年版』 東洋経済新報社、2000年。
  29. ^ 日経流通新聞 2001年(平成13年)1月16日 ダイエー 札幌・清田店3月に閉鎖より
  30. ^ “ダイエーの札幌清田店跡にヤマダ電機出店 北海道札幌市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年2月8日)
  31. ^ a b “ダイエー、ハイパーマート7店閉鎖 建て直しへ背水の陣”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2000年7月21日)
  32. ^ a b c d e 『流通会社年鑑 2001年版』 日本経済新聞社、2000年12月11日。
  33. ^ “ダイエー 札幌・白石店を閉鎖 不採算で8月末に 跡地に複合商業施設”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1998年4月23日)
  34. ^ a b “北海道JRダイエー、1号店「星置店」開店 JR直結で多店舗化狙う”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年11月9日)
  35. ^ “ダイエー、星置店を譲受”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年3月4日)
  36. ^ a b c “ダイエー「星置店」直営化でリニューアル開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1998年4月13日)
  37. ^ a b c d e f “ハイパーマートの再編について” (プレスリリース), ダイエー, (1999年7月7日), http://www7.daiei.co.jp/new/release/19990707-85.html 2015年8月28日閲覧。 
  38. ^ “北雄ラッキー、「ラッキー星置店」4月にもオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年3月8日)
  39. ^ “北海道JRダイエー、「星置店」11月1日オープン 低コスト化目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年11月9日)
  40. ^ “北海道グローバル特集:グローバル時代へ提言=北雄ラッキー社長・桐生泰夫氏”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2002年5月31日)
  41. ^ a b c “ハイパーマートGMSに転換 ダイエー、札幌で第一弾”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社). (1999年11月23日)
  42. ^ a b c “ダイエー、グループの閉鎖11店舗を発表”. 読売新聞 (読売新聞社). (2002年7月1日)
  43. ^ a b “取材手帖:ポスフール・大川祐一社長「流通再編に柔軟な対応」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2003年6月2日)
  44. ^ “イオン北海道 閉店した西岡店への再出店を検討”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年4月7日)
  45. ^ “イオン札幌西岡店SC 核店舗=ジャスコ西岡店 北海道札幌市 ポスフール西岡店をリニューアル”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年5月31日)
  46. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2012年1月)
  47. ^ “北海道ダイエー 子会社の岩見沢ダイエーを吸収合併”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (1987年3月10日)
  48. ^ a b c 鬼頭良幸(2015年8月24日). “ダイエー岩見沢店、34年の歴史に幕 最終日に惜しむ客”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  49. ^ a b c 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2007年版』 東洋経済新報社、2007年。
  50. ^ “ポスフール岩見沢店の初日 集客、目標2割上回る 西友は減 既存店に打撃も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年11月5日)
  51. ^ a b “ビッグハウス岩見沢店開業 空知最大商業施設の核店舗”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年4月2日)
  52. ^ “岩見沢「大和タウンプラザ」 トップ切り4店開業”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年3月18日)
  53. ^ 町田誠(2015年8月23日). “ダイエー岩見沢店、テナントも23日閉店 10店移転、8店撤退”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  54. ^ a b c d “ダイエー、4月29日に道内15号店「北広島店」開店、初年度80億見込む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1992年4月24日)
  55. ^ a b c d e ハイパーマートの再編について (Report). ダイエー. (1999年7月7日)
  56. ^ “けいざい新地図 ダイエー、西武 再編 撤退か存続か 揺らぐ道内”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年8月10日)
  57. ^ a b c d e “ダイエー苫小牧店が28年の歴史に幕”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年11月30日)
  58. ^ a b “ダイエー 閉鎖54店舗確定”. 読売新聞 (読売新聞社). (2005年9月30日)
  59. ^ 今成佳恵 (2005年10月29日). “消えた百貨店-丸井今井苫小牧撤退-(下)打撃”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社)
  60. ^ “ダイエー苫小牧店が11月末に撤退”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年6月29日)
  61. ^ “2005この一年(2)大型店進出、撤退”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年12月16日)
  62. ^ “苫小牧駅前に待望の食品スーパー”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2006年2月24日)
  63. ^ “ラルズマート24日オープン”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2006年2月21日)
  64. ^ “サンプラザ地階にアークスグループ”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年12月1日)
  65. ^ “苫小牧駅前プラザegaoオープン”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2006年3月17日)
  66. ^ “egaoのモンベルが2月末で閉店”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2011年2月15日)
  67. ^ a b “苫小牧駅前プラザegao テナント撤退相次ぐ”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2012年1月9日)
  68. ^ “ラルズマート苫小牧駅前店が閉店”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2013年5月1日)
  69. ^ “egao2階のくまざわ書店が8月5日に閉店 ラルズに続く撤退に他テナントに不安感”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2013年7月1日)
  70. ^ a b c “駅前のエガオの破産申請却下 任意売却へ”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2014年5月15日)
  71. ^ “エガオ専門店会が自主運営委 不安の中、船出”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2014年4月11日)
  72. ^ “苫小牧のエガオ運営会社、破産再申請方針”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年11月5日)
  73. ^ a b c 細川智子(2016年3月5日). “「エガオ」旧運営会社分の土地建物 苫小牧市に所有権移転”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  74. ^ “登別市のダイエー幌別店4月21日で閉鎖 北海道登別市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年4月11日)
  75. ^ a b 『イオン株式会社 2011年2月期 決算補足資料(86期)』イオン(株) (2011年4月6日)
  76. ^ a b “グルメシティ 12月末閉店 市街地の空洞化懸念 岩内の商業者や消費者”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年9月15日)
  77. ^ “<経済 水曜プラス>ダイエー静内店 来月15日閉店 中心街再生に影響”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年11月30日)
  78. ^ “常連客が続々と 名残のにぎわい ダイエー倶知安店が閉店”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年2月1日)
  79. ^ “旧ダイエー倶知安店「シンボルが…」建物解体始まる”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年9月2日)
  80. ^ “イオンに衣替え きょうから営業 旧ダイエー滝川店”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年9月17日)
  81. ^ a b c 釧路市地域史研究会 『釧路市統合年表:釧路市・阿寒町・音別町合併1周年記念』 釧路市、2006年10月。
  82. ^ 大友達也 (2007年10月). “《研究展望》あの弱かったイオンがダイエーを呑み込んでしまった。何故?”. 社会科学 79号 (同志社大学 人文科学研究所)
  83. ^ “コープさっぽろ 貝塚店オープン 8800人どっと”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年7月26日)
  84. ^ “ダイエー旭川店閉店 最後のにぎわい 目頭熱く 「寂しくなるね」と客 従業員、深々とお礼”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年10月1日)
  85. ^ a b c “旭川電気軌道、ダイエーを提訴 閉店した店舗の明け渡し求める”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年11月5日)
  86. ^ 昆野淳、渡部宏人 (2005年7月7日). “ダイエー再建:旭川店、撤退 地元商店主ら、影響懸念 9月30日に閉店”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  87. ^ a b 『新たに8つのカテゴリーを導入 ダイエー旭川店のリニューアルオープンについて』 ダイエー (2002年3月16日)
  88. ^ “旧ダイエー跡「アモール」 家具、ジーンズ店も 22日から全フロア営業 旭川”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年9月20日)
  89. ^ “コープさっぽろ、旭友ストアー8店の継承発表 4月から順次再開”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年1月17日)
  90. ^ “コープさっぽろ、旭友ストアー8店舗を継承 経営改善にメリット”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2010年1月20日)
  91. ^ a b c 『流通会社年鑑 1998年版』 日本経済新聞社、1997年12月2日。
  92. ^ a b c ハイパーマートの再編について (Report). ダイエー. (2000年7月21日)
  93. ^ a b c d e f g “グルメシティ北海道・亀田八幡店と中道店を閉店へ”. 函館新聞 (函館新聞社). (2007年7月14日)
  94. ^ a b c d e f g h i j k l m “ダイエー系2スーパー 来年3月対等合併 売上高で道内5位に浮上”. 日経流通新聞(現日経MJ) (日本経済新聞社). (1989年11月4日)
  95. ^ a b 日比野容子、磯崎こず恵(2015年9月10日). “北海道新幹線 新旧の玄関口、準備着々 新函館北斗駅・函館駅周辺”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  96. ^ a b c d e f “ダイエーグループ・グルメシティ五稜郭店が閉店 39年の歴史に幕”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年6月1日)
  97. ^ a b c d “競争激化、不況の波 老舗直撃…グルメシティ五稜郭店閉店へ”. 函館新聞 (函館新聞社). (2009年1月26日)
  98. ^ “旧グルメシティ解体着手、安全祈願祭”. 函館新聞(函館新聞社). (2014年4月8日)
  99. ^ “商い新風景 3 眠らぬスーパー 深夜ニーズに対応 先駆コンビニに挑戦状”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1997年10月9日)
  100. ^ a b 『イオン株式会社 2013年2月期 決算補足資料(88期)』イオン(株) (2013年4月6日)
  101. ^ a b 大野和雄 『新しい都市づくりの知恵 好きです函館』 白桃書房、1983年7月。
  102. ^ a b c d e f g h i j k l m “ダイエーからイオンに、道南初進出”. 函館新聞(函館新聞社). (2015年9月2日)
  103. ^ a b 『イオン株式会社 2014年2月期 決算補足資料(89期)』イオン(株) (2014年4月6日)
  104. ^ a b c “マックスバリュに小型店 函館、広さコンビニの倍程度”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年9月6日)
  105. ^ “約8万人が殺到 ダイエー上磯店開店 ワンフロア店舗で国内最大級の広さ”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1993年10月30日)
  106. ^ a b “ダイエー、9店目のハイパーマート「上磯店」、10月29日北海道にオープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1993年10月11日)
  107. ^ “「ダイエー上磯店」、LCO化謳い29日の開店準備着々と進む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年10月20日)
  108. ^ a b c d e 伊藤教雄 (2009年8月1日). “伊達・グルメシティで閉店セール、お買い得品ずらり”. 室蘭民報 (室蘭民報社)
  109. ^ 伊藤教雄(2009年10月1日). “グルメシティ伊達店が閉店、23年間の利用に感謝”. 室蘭民報 (室蘭新聞社)
  110. ^ a b 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  111. ^ a b “アークス、伊達出店 12月にも グルメシティ跡に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年9月16日)
  112. ^ “グルメシティ清算へ ダイエー 来月、10店を直営化”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年8月27日)
  113. ^ “綱島洋一 (2010年4月22日). 【2010年北海道経済】大手スーパー別の道 アークス、イオン”. 朝日新聞 (朝日新聞社)
  114. ^ 伊藤教雄(2009年11月27日). “スーパーアークス伊達店オープン、セールに市民続々”. 室蘭民報 (室蘭新聞社)
  115. ^ a b 川崎博之(2016年4月20日). “総合小売3社決算 収益寄与は速度次第 GMS改革、地域深掘りに鍵”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  116. ^ a b c d e 木村聡史(2016年2月25日). “ダイエーの名、消える 来月、イオン仙台店に”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  117. ^ a b c d e “ダイエー仙台店閉店 イオン3月12日開店”. 河北新報(河北新報社). (2016年2月24日)
  118. ^ a b “震災後に市民支えた…ダイエー仙台店が閉店”. 河北新報(河北新報社). (2016年3月9日)
  119. ^ a b “「ダイエー仙台店」営業終了”. 読売新聞(読売新聞社). (2016年3月9日)
  120. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u “東北5県で10店閉鎖へ ダイエー子会社”. 産経新聞 (産経新聞社). (2012年8月19日)
  121. ^ “ダイエー三戸町10月26日で閉店 青森県三戸郡三戸町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年10月10日)
  122. ^ “ダイエー三戸店跡へ「(仮称)ユニバース三戸八日町店」今夏オープン予定 青森県三戸郡三戸町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年2月10日)
  123. ^ “ダイエー青森初出店で“弘前戦争”勃発、大型店が三つ巴”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年3月14日)
  124. ^ “14店舗きょう閉鎖/ダイエー 水戸店など”. 東京新聞 (中日新聞社). (2005年10月31日)
  125. ^ a b c 倒産速報 (株)弘前再開発ビル (Report). 東京商工リサーチ. (2007年1月9日)
  126. ^ “ダイエー、3月4日「ダイエー弘前店」オープン、EDLP謳うGMS形態で”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年2月23日)
  127. ^ a b 片山佐和子 (2009年11月1日). “「街の顔」消え築城400年に影 弘前駅前ジョッパル閉鎖”. 河北新報(河北新報社)
  128. ^ a b 松山彦蔵 (2013年7月28日). “ヒロロ:JR弘前駅前にオープン、新たな「街の顔」に期待”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  129. ^ “弘前駅前 再開発ビル「ジョッパル」27日再オープン”. 河北新報(河北新報社). (2013年7月12日)
  130. ^ 『岩手年鑑 1974年版』 岩手日報社、1973年10月15日。
  131. ^ a b 念佛明奈 (2005年11月28日). “ダイエー 盛岡店閉店 客のねぎらいに従業員涙”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  132. ^ a b c “ダイエー盛岡店11月閉店決定「街の顔」維持へ全力”. 河北新報 (河北新報社). (2005年9月27日)
  133. ^ a b 『流通会社年鑑 2002年版』 日本経済新聞社、2001年12月10日。
  134. ^ a b c “隣接地に新ビル 旧ダイエー盛岡店”. 河北新報 (河北新報社). (2006年3月15日)
  135. ^ “中心街活性化期待担い船出「MOSS」オープン 盛岡”. 河北新報 (河北新報社). (2006年12月9日)
  136. ^ a b c d e 水沢市史編纂委員会編 『水沢市史 第五巻(近代2)』 水沢市史刊行会、1990年3月。
  137. ^ 三家英治 『現代日本小売経営戦略』 晃洋書房、1985年5月。ISBN 978-4771002906
  138. ^ 山本正三 『日本の地誌 4 東北』 朝倉書店、2008年4月。ISBN 978-4254167641
  139. ^ “ダイエー旧水沢店取り壊されて更地となった 岩手県水沢市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年2月22日)
  140. ^ 『日本の歴代市長 市制施行百年の歩み』 歴代知事編纂会、1983年11月。
  141. ^ 『読売年鑑 2003年版』 読売新聞社、2003年2月。ISBN 978-4643030013
  142. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 3 岩手県』 角川書店、1985年3月8日。ISBN 978-4040010304
  143. ^ a b 平岡昭利 『東北地図で読む百年』 古今書院、2000年12月。ISBN 978-4772250528
  144. ^ “旧ダイエー店に本店〜「一関まちづくり会社」創立”. 岩手日日新聞 (岩手日日新聞社). (2005年6月1日)
  145. ^ “一関の旧ダイエーに「新鮮館おおまち」オープン”. 岩手日日新聞 (岩手日日新聞社). (2005年7月21日)
  146. ^ “一関に地域FM局が4月開局 災害情報に主眼”. 河北新報 (河北新報社). (2012年3月1日)
  147. ^ 『流通会社年鑑 1981年版』 日本経済新聞社、1980年11月17日。
  148. ^ a b c d e 長江好道 三浦黎明 藤原隆男 浦田敬三 早坂啓造 渡辺基 『県民100年史 岩手県の百年』 山川出版社、1995年11月。ISBN 978-4-634-27030-5
  149. ^ “イオン仙台店、売り上げ好調”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2016年3月14日)
  150. ^ “「イオン仙台店」本格営業スタート”. 河北新報(河北新報社). (2016年3月13日)
  151. ^ “青葉区に「イオン仙台店」”. 読売新聞(読売新聞社). (2016年3月13日)
  152. ^ 『食料年鑑 1989年版』 日本食糧新聞社、1989年7月20日。
  153. ^ “西友、仙台泉店28日開店 ダイエー跡地 35の専門店”. 河北新報 (河北新報社). (2006年6月9日)
  154. ^ 『日本商業年鑑 1972年版』 商業界、1972年。
  155. ^ a b 株式会社十字屋 第71期有価証券報告書 (Report). 十字屋. (2005年5月27日)
  156. ^ “駅前の顔また消える 十字屋仙台店11月閉店”. 河北新報 (河北新報社). (2005年9月1日)
  157. ^ “旧十字屋仙台店、東急系の商業施設に 来年3月開業”. 河北新報 (河北新報社). (2006年9月13日)
  158. ^ “激しさ一層、仙台家電競争 ヤマダ電機都心型店舗開店”. 河北新報 (河北新報社). (2007年2月23日)
  159. ^ “ヤマダ電機LABI仙台 2月23日(金)オープン 宮城県仙台市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年4月5日)
  160. ^ 『郡山経済百年史』 郡山商工会議所、1975年11月
  161. ^ a b 持続可能な歩いて暮らせる新しいまちづくり検討委員会 第6回 資料 (Report). 福島県商工労働部商工総務領域商業まちづくりグループ. (2007年9月3日)
  162. ^ a b 「トポス郡山店が閉店」『福島民報』(福島民報社) 1994年12月1日、朝刊7面。
  163. ^ 『流通会社年鑑 1979年版』 日本経済新聞社、1977年10月25日。
  164. ^ a b c d e f 浅田芳明(2015年2月28日). “旧トポス郡山:固定資産税滞納 市が差し押さえ解除 再開発に向け期待”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  165. ^ a b c d e f g h i 増田洋一(2015年2月28日). “トポス跡地、貸しビル会社へ売却 郡山市、差し押さえ解除”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  166. ^ a b c d “旧トポス解体、6月1日着工 郡山” 福島民報 (福島民報社). (2015年5月20日)
  167. ^ 「「トポス郡山店」撤退へ 商圏縮小でお客減る 駅前商店街再生の青写真見直し」『福島民友』(福島民友新聞) 1994年4月23日、朝刊23面。
  168. ^ a b 「「トポス」あす開業 旧ダイエー郡山店が“変身”」『福島民報』(福島民報社)1989年6月9日、朝刊5面。
  169. ^ 日経流通新聞 1984年(昭和59年)6月28日 来月から別会社に ダイエー赤字の三店舗より
  170. ^ 松村公明. “郡山市中心商店街における店舗の業種構成とその変容”. 地域調査報告 第11号 (筑波大学地球科学系人文地理学研究グループ) (1989年3月)
  171. ^ a b “大店法緩和で「構図」変化共存共栄から“主戦場”郊外に”. 読売新聞 (読売新聞社). (2005年6月17日)
  172. ^ 旧トポス郡山店、エリートに売却 駅前再開発が前進[リンク切れ]」『福島民友』(福島民友新聞) 2014年2月26日(2015年3月4日閲覧)
  173. ^ 差し押さえ解除へ 旧トポス郡山店の土地と建物 中心街再開発へ前進[リンク切れ]」『福島民報』(福島民報社) 2014年2月26日(2015年3月4日閲覧)
  174. ^ 2014年1月28日 福島民報 「県内の複数社応札 旧トポス郡山店売却 入札締め切り[リンク切れ]」より(2014年2月8日閲覧)
  175. ^ 福島民報 「旧トポスビル解体へ 貸しビル業者取得 郡山、再開発事業が前進[リンク切れ]」 2015年2月28日(2014年2月8日閲覧)
  176. ^ ゴジてれシャトル』18時台ニュース特集より(福島中央テレビ、2008年2月29日放映)
  177. ^ 2013年2月14日 福島民報 あぶくま妙『【郡山駅前再開発】ビル解体後の計画急げ(2月14日)[リンク切れ]』(2013年3月5日閲覧)
  178. ^ a b c d e “旧トポスビル解体へ 貸しビル業者取得 郡山、再開発事業が前進” 福島民報 (福島民報社). (2015年2月28日)
  179. ^ 『旧トポス売却で品川郡山市長が果たした役割 異例尽くめの国・県・市税"免除"』月刊政経東北 平成27年5月号 (東邦出版) (2015年5月)
  180. ^ 『旧トポスビル「利益供与疑惑」を追う 無視された税の公平性』月刊政経東北 平成27年4月号 (東邦出版) (2015年4月)
  181. ^ 高橋豊彦 『賛否渦巻く品川市政「トポス跡地差し押さえ解除」の評価』 財界ふくしま2015年5月号 (財界21) (2015年4月10日)
  182. ^ “郡山市街地空洞化の象徴 トポス旧本館解体へ”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年5月20日)
  183. ^ a b “東北初のハイパーマート「ダイエーいわき店」が開店、平日高い集客力”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1995年11月1日)
  184. ^ a b 田中英雄 (2005年12月1日). “ダイエー再建:いわき店が営業終了、後継店など具体化は先に”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  185. ^ a b c d “ダイエーいわき店撤退 地元の経済界に衝撃”. 河北新報 (河北新報社). (2005年9月30日)
  186. ^ “ダイエー、東北初のハイパーマート「いわき店」出店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1995年10月2日)
  187. ^ “ダイエーハイパーマートいわき店 大改装して4月28日新装オープン! 福島県いわき市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年5月31日)
  188. ^ “ヨークベニマルエブリア店 4月21日(金)オープン 福島県いわき市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年5月22日)
  189. ^ a b c 「原町ダイエーが撤退 商業の地盤沈下に“追い打ち” 駅前通りの核失う」『福島民友』(福島民友新聞) 1992年1月26日、朝刊19面。
  190. ^ a b c d e 1989年5月30日『原町・老舗の大型スーパー「勝見屋」の名前が消える』福島民報(福島民報社)より
  191. ^ a b c 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 1996年版』 東洋経済新報社、1996年。
  192. ^ 福島民報 1998年9月18日「十字屋白河店閉店へ 12月予定 中心商店街に痛手」
  193. ^ a b 白河市中心市街地活性化基本計画 平成21年3月 平成21年3月27日 認定 平成23年7月7日 変更 (Report). 白河市. (2011年7月7日)
  194. ^ a b 『ダイヤモンド会社職員録 全上場会社版 1992年版 下巻』 ダイヤモンド社、1991年11月25日。
  195. ^ a b c d “若松駅前再開発協が解散へ 協議は今後も継続”. 福島民報 (福島民報). (2009年5月23日)
  196. ^ a b c “中合:会津店が閉店 神明通りで46年間営業、最終日にぎわう-会津若松市”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2010年3月1日)
  197. ^ “中合会津来年2月閉店 老朽化、郊外店競合で”. 読売新聞 (読売新聞社). (2009年5月23日)
  198. ^ 秋田市史編さん委員会 『秋田市史 第十七巻 年表・索引』 秋田市、2006年。
  199. ^ a b c “ダイエーが8月末で撤退した秋田ニューシティ地下フロアにマックスバリュが出店し11月下旬オープン 秋田県秋田市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年10月10日)
  200. ^ “秋田ニューシティ、来月解体へ 市中心部さらに空洞化”. 河北新報(河北新報社). (2010年7月21日)
  201. ^ a b 山形市史編さん委員会 『山形市史 現代編』 山形市、1981年。
  202. ^ “ダイエー、山形店・奈良店など6店を11月に追加閉鎖”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2005年9月15日)
  203. ^ “ダイエー山形店がテナント半額に値切ってヤマコービルと新契約”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年4月16日)
  204. ^ a b “ヤマザワ、ダイエー山形店跡に進出”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2005年11月16日)
  205. ^ “コールセンターが進出/山交ビル”. やまがたコミュニティ新聞 (山形コミュニティ新聞社). (2007年9月14日)
  206. ^ 『山形市中心市街地活性化基本計画 平成20年11月11日認定 平成21年3月27日変更 平成22年3月23日変更 平成23年3月31日変更 平成24年3月29日変更 平成25年3月29日変更』 山形市、2013年3月29日。
  207. ^ a b c d e f g h 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2005年版』 東洋経済新報社、2005年。
  208. ^ 神谷満雄 『山形商工会議所創立75周年記念出版 山形商工会議所史 下巻』 山形商工会議所、1972年。
  209. ^ 『平成6年 日本百貨店協会統計年報』 日本百貨店協会、1994年。
  210. ^ a b c 国民教育研究所 環境と教育研究会 『地域開発と教育の理論』 大明堂、1985年3月。ISBN 978-4-470-56008-0
  211. ^ “ダイエー、9店舗を閉鎖 老朽化の不採算店舗”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2005年9月1日)
  212. ^ a b c d e f g h i 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2006年版』 東洋経済新報社、2006年。
  213. ^ “ダイエー鶴岡店の抜けた庄交モール、一新して主婦の店を核に再生 山形県鶴岡市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年10月10日)
  214. ^ a b “百貨店の酒田大沼 ダイエーと提携強化 店名も変更”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (1986年3月7日) 地域経済 東北B 24面
  215. ^ “ダイエーが9店を今日閉鎖 再生機構の支援後初めて” 産経新聞 (産経新聞社). (2005年8月31日)
  216. ^ a b c “旧ダイエー酒田店の土地・建物 リフォーム会社に売却”. 荘内日報(荘内日報社).(2006年6月22日)
  217. ^ 草間一郎. “人口・交通環境と商業(その1)- ニュースから見る2010年の商業活動の動向-”. 土地総合研究 2011年冬号 (土地総合研究所) (2011)
  218. ^ a b 角谷嘉則. “商店街のライフサイクルにおける多様な主体の活動と変化のきっかけ―高松市、高知市、新庄市の取り組みを事例として―”. 政策科学 第15巻3号 (立命館大学 政策科学会 高田昇教授退任記念論文集) (2008年3月1日)
  219. ^ a b c 中心市街地の空きビル活用及びリニューアル事例調査 報告書 平成24年3月 (Report). 国土交通省都市局. (2012年3月4日)

外部リンク[編集]