原町市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はらまちし
原町市
相馬野馬追に於ける神旗争奪戦
相馬野馬追に於ける神旗争奪戦
原町市旗 原町市章
原町市旗
1958年昭和33年)3月17日制定
原町市章
1958年(昭和33年)3月17日制定
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
原町市小高町鹿島町南相馬市
現在の自治体 南相馬市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
市町村コード 07206-1
面積 198.49km2
総人口 47,458
推計人口、2006年1月1日)
隣接自治体 相馬郡小高町鹿島町飯舘村
双葉郡浪江町
市の木 ケヤキ
市の花 白ユリ
市の鳥 ヒバリ
原町市役所
所在地 975-8686
福島県原町市本町2丁目27番地
Minamisoma City Office.JPG
原町市役所(現・南相馬市役所)
外部リンク 原町市Internet Archive
座標 北緯37度38分32秒 東経140度57分26秒 / 北緯37.64219度 東経140.95725度 / 37.64219; 140.95725座標: 北緯37度38分32秒 東経140度57分26秒 / 北緯37.64219度 東経140.95725度 / 37.64219; 140.95725
Map.Haramachi-City.Fukushima.PNG
原町市の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

原町市(はらまちし)は、かつて福島県浜通りの北部に存在していたである。市の玄関口であった原ノ町駅の駅名の読みは「はらのまち」だが、市名は「はらまち」となっている。

2006年平成18年)に相馬郡鹿島町および小高町合併し、南相馬市原町区となった。

概要[編集]

江戸時代には、相馬中村藩の陣屋が置かれていた。相馬市を初めとする浜通り北部で行われる相馬野馬追では、雲雀ヶ原(二日目メイン会場)と太田神社の二箇所を抱える。

南のいわき市と、北の仙台市の中間(両市まで75km)に位置する。このため、浜通り北部の中心地はかつては相馬市だったが、後に原町市に中心地が移るようになった。地方紙福島民報福島民友の2紙ともに、支社を置いている。

地理[編集]

  • 河川:新田川、太田川

歴史[編集]

行政[編集]

  • 原町村長
    • 1889年(明治22年)原町村初代村長山岡隆剛。
  • 歴代原町市長

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口(2000年国勢調査)
    • 第一次産業就業人口 1,599人
    • 第二次産業就業人口 8,994人
    • 第三次産業就業人口 11,291人

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

高等学校
原町高等学校
相馬農業高等学校
松栄高等学校(廃校)
中学校
原町第一中学校
原町第二中学校
原町第三中学校
石神中学校
小学校
原町第一小学校
原町第二小学校
原町第三小学校
高平小学校
大甕小学校
太田小学校
石神第一小学校
石神第二小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

(東日本大震災前には特急スーパーひたちの全列車停車した)

主な道路[編集]

路線バス[編集]

空港[編集]

観光・祭事[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国際交流について - 南相馬市

外部リンク[編集]