国道6号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道6号標識
国道6号
地図
Japan National Route 6 Map.png
総延長 439.9 km
実延長 417.8 km
現道 379.0 km
制定年 1920年
起点 東京都中央区日本橋地図
主な
経由都市
東京都台東区墨田区葛飾区
千葉県松戸市柏市我孫子市
茨城県取手市龍ケ崎市牛久市
土浦市かすみがうら市石岡市
小美玉市水戸市ひたちなか市
日立市高萩市北茨城市
福島県いわき市南相馬市相馬市
宮城県岩沼市名取市
終点 宮城県仙台市苦竹IC地図
接続する
主な道路
記法
国道1号標識 国道1号
国道4号標識 国道4号
国道14号標識 国道14号
国道15号標識 国道15号
国道17号標識 国道17号
国道16号標識 国道16号
国道50号標識 国道50号
国道51号標識 国道51号
国道49号標識 国道49号
国道45号標識 国道45号
国道47号標識 国道47号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
日本橋中央にある日本国道路元標

国道6号(こくどう6ごう)は、東京都中央区から宮城県岩沼市を経由して同県仙台市へ至る一般国道である。

東京都中央区日本橋から水戸市を経て仙台市に至る路線。仙台市まで福島県中通りを通る国道4号とは異なり、関東平野を縦断し、水戸から太平洋沿いに北進し福島県浜通りを通る。全線(特に千葉県から宮城県にかけての区間)にわたり常磐自動車道及び常磐線と並走する。

福島第一原子力発電所事故に伴う帰還困難区域設定のため、福島県内の一部区間は許可車両以外の通行が規制されていたが、2014年9月15日からは自動車のみ自由通行が可能となった[1]

路線データ[編集]

歴史[編集]

江戸時代の水戸街道(江戸 - 水戸)、水戸より先の岩沼奥州街道に合流するに至る磐城街道岩城相馬街道を継承し、水戸街道と岩城相馬街道を総称して浜街道とも呼ばれていた[4]。江戸 - 水戸 - 仙台を結ぶ要路で、奥州街道の混雑を避けて参勤交代する奥州筋の大名も多かったという[4]

明治に入り、1872年(明治5年)には、水戸街道と岩城相馬街道を併せて陸前浜街道と改称され[5]、つづく1885年(明治18年)の内務省告示第6号「國道表」により、水戸以南が第十四号国道「東京より茨城県に達する路線」、水戸以北は第十五号国道「東京より宮城県に達する別路線」の一部となった[6]

1919年(大正8年)4月11日に新しい道路表が公布され、翌1920年(大正9年)4月1日内務省施行の旧道路法に基づく路線認定で、同じ道筋の東京 - 仙台が国道6号「東京市より宮城県庁所在地に達する路線」となった[7]。従前の陸前浜街道や江戸時代の旧街道と同じ道筋が多いが、部分的には新しく開いた国道もある[7]。陸前浜街道から継承する旧道の道路沿いには江戸幕府の道路政策によって造成された並木敷の松林がみられたが、道路を直路形式に新開する道路拡幅事業により片側2〜3メートル幅があった並木敷きは次々と姿を消していった[7]。経路は、東京日本橋 - 取手 - 土浦 - 水戸から、那珂川を寿橋(現・茨城県道253号水戸枝川線)で渡り枝川(ひたちなか市)から北上した[7]

終戦後の1952年昭和27年)12月4日の新道路法に基づく路線指定では、旧国道6号がそのまま一級国道6号(東京都中央区 - 宮城県仙台市)となった。1965年(昭和40年)4月1日に、道路法改正によって一級・二級の区別がなくなり一般国道6号となった。

国道6号には平地部を流れる河川が多いが、架橋されたのは大正時代から昭和初期までかかっており、川幅の短い河川を除けば、旧道路法が1919年(大正8年)に成立する以前は大部分が渡し船によって川を渡った[8]。架橋年は茨城県だけでも、鮎川橋(日立市・鮎川)は1927年(昭和2年)、榊橋(久慈川)は1930年(昭和5年)、銭亀橋(土浦市・桜川)は1934年(昭和9年)、大利根橋(利根川)が1930年(昭和5年)に架設されており、昭和初期が多い[9]

1948年(昭和23年)から1966年(昭和41年)に茨城県内で行われた大規模改良工事については、国道6号一次改築を参照。

年表[編集]

※ 原発事故の帰還困難区域に伴う通行規制区間については原発事故による通行規制の項目を参照。

  • 2014年(平成26年)9月15日 - 原発事故から3年半ぶりに一般車両の通行が全面可能となる[12]
  • 2017年(平成29年)2月26日 - 久之浜バイパス開通
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 久之浜バイパス、相馬バイパスに並行する現道区間が国の管理から福島県の管理に変更[13]
  • 2018年(平成30年)4月1日 - 常磐バイパスに並行する現道区間全てが国の管理から福島県の管理に変更[14]

路線状況[編集]

通過市町村と渋滞等の道路事情[編集]

東京都中央区日本橋小伝馬町
東京都台東区浅草
東京都台東区蔵前
東京都葛飾区四つ木
国道4号と6号の合流点(2012年4月)。上り線は異なる色で区別された。

(※バイパスのうち茨城県つくば市を通過する牛久土浦バイパスの区間を除く。)

別名[編集]

一般に以下の別名で呼ばれることがあり、水戸街道は東京 - 水戸間の国道6号の別称であり[16]、江戸時代から続く藩領型呼称である当時の愛称が、明治・大正・昭和と時代を受け継がれてきたものである[17]。陸前浜街道は明治時代に名づけられた公道名で、新道やバイパスなど新しく開かれた経路は陸前浜街道の呼称は付されない[16]。また、茨城県の中心を縦貫するこの国道は、俗称として「6国(ろっこく)」[注釈 2]という呼ばれ方もされており、沿線地元民から親しまれている[18]

バイパス[編集]

いわきサンシャインロード入口付近(国道6号常磐バイパス)

※は旧道が国道6号の指定を解除された。

有料道路[編集]

重複区間[編集]

  • 国道17号:東京都中央区日本橋 - 東京都中央区日本橋室町(室町三丁目交差点)
  • 国道4号:東京都中央区日本橋 - 東京都中央区日本橋本町(本町三丁目交差点)
  • 国道14号:東京都中央区日本橋 - 東京都中央区日本橋馬喰町(浅草橋交差点)
  • 国道294号:千葉県柏市(呼塚交差点) - 茨城県取手市(国道294号入口交差点)
  • 国道355号:茨城県石岡市国府(国府七丁目交差点) - 茨城県石岡市石岡(山王台交差点)
  • 国道4号:宮城県岩沼市(藤浪交差点[注釈 5]) - 宮城県仙台市宮城野区(苦竹IC)

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 松戸隧道
    千葉県松戸市に所在。千葉大学園芸学部の下をくぐっている。
  • 平潟トンネル
    茨城県北茨城市平潟町と福島県いわき市勿来町の間に所在。全長60 m、1958年昭和33年)3月竣工。両側2車線。トンネル周辺は断崖であり、国道6号はこの谷間を縫うように貫いている。トンネルのすぐ北には、律令時代に勿来関が置かれていた。[要出典]
  • 南富岡トンネル
    福島県いわき市小名浜南富岡(常磐バイパス)に所在。全長280 m、1980年(昭和55年)4月竣工。坑口が四角形となっている。
  • 久世原トンネル
    福島県いわき市下荒川(常磐バイパス)に所在。全長:264 m、2000年平成12年)2月竣工。坑口が四角形となっている。久世原団地の下をくぐっており、トンネル上部には久世原公園が造成されている。4車線分完成しているが片側1車線ずつを閉鎖した暫定2車線で供用されている。また、福島県道26号小名浜平線(鹿島街道)との合流部がトンネル内部にかかった構造となっている。
  • 新波立トンネル
    福島県いわき市(久之浜バイパス)に所在。全長190 m、2015年(平成27年)竣工。
  • 金ヶ沢第一トンネル・金ヶ沢第二トンネル
    福島県いわき市久之浜町に所在。全長210 m(第一トンネル)・119 m(第二トンネル)、1963年(昭和38年)3月竣工。
  • 末続第一トンネル・末続第二トンネル
    福島県いわき市久之浜町に所在。全長143 m(第一トンネル)・278.5 m(第二トンネル)、1963年(昭和38年)3月竣工。
  • 夕筋トンネル
    福島県双葉郡広野町に所在。全長114 m、1963年(昭和38年)3月竣工。

主な橋梁[編集]

道の駅[編集]

原発事故による通行規制[編集]

2011年4月22日から2014年9月14日まで、福島第一原子力発電所事故による帰還困難区域(事故発生警戒区域)に関連し、福島県双葉郡富岡町本岡字新夜ノ森(富岡消防署北交差点)から双葉郡浪江町高瀬字小高瀬(浪江町・双葉町境付近)までの区間が通行不能だった。

実際の通行止め規制は南端と北端の検問所のみであるが、これらに挟まれる区間はすべて帰還困難区域であり、滞在するだけで違法となるため、事実上連続した30 km程度の規制となっていた。一時帰宅では自家用車による通行が9月下旬実施分から許可されており、帰宅に使用する自動車であれば決められた方法で通行できた。

2012年12月17日からは、避難区域の市町村の職員やインフラの復旧工事などに関わる業者など、事前の申請が認められれば、帰還困難区域内を通り抜けできる。2013年6月17日からは、避難区域に当たる12市町村の住民でも、通勤・通院などの目的に限って、市町村発行の通行証を持参することを条件にして帰還困難区域内の通行が可能になった。(通行時間は7時から19時までに限られていた。)その後、帰還困難区域内の通行区域内での除染や道路補修などが終了したとして、2014年9月15日からは、自動車に限り、全線での自由通行が可能になった(歩行者軽車両原動機付自転車自動二輪車[注釈 6]は引き続き規制対象)。ただし、帰還困難区域内での駐停車(エンスト、パンクなど車両不備、故障の場合はその限りではない)や国道本線を外れた道路・施設への立ち入りは禁止されているほか、窓を閉めてエアコンは内気循環にするよう呼びかけられている。[1][20]

なお、2012年4月15日までの北側の規制地点は南相馬市原町区大甕(273.5 kmポスト)、2012年8月9日までの南側の規制地点は双葉郡楢葉町山田岡(Jヴィレッジ入口付近、231 kmポスト)であった。いずれも、いわゆる「半径20 km圏」を基準に設定されたものである。2013年4月1日をめどとして実施された避難区域の再編(避難指示解除準備区域への移行)に伴い、南側の規制地点は同年3月24日までの楢葉町上繁岡字山根(富岡町との町境)から、北側の規制地点は同年3月31日までの南相馬市小高区下浦字三輪(263 kp)(南相馬市・浪江町境付近)から、それぞれ解除前の地点へ移動していた。

地理[編集]

交差する道路[編集]

茨城県つくば市西大井・大井北交差点(国道408号交差点)
宮城県亘理郡山元町小平字北付近。山元インターチェンジ前

※バイパスのうち茨城県内の東水戸道路を除く。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在
  2. ^ 「6号国道」を略した呼ばれ方。
  3. ^ 1983年2月まで、土浦バイパスと並行する旧道区間(土浦市中 - 中央 - 中貫)は本線として存在した。土浦バイパスが現道となり、旧道を茨城県へ移管した際、土浦市中 - 中央間が県道土浦野田線(現国道354号)に、常名 - 中貫間が県道土浦八郷線(現県道64号)にそれぞれ編入された[19]ただし今でも地元住民の多くが旧道区間を「6号旧道」、現本線を「6号バイパス」と呼称する。[要出典]
  4. ^ (再評価)国道6号土浦バイパス (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局. 2010年10月4日閲覧。 - 2009年度で、併行する旧道6号がないが現道を道路管理者もバイパスと称している例
  5. ^ 当交差点は4号(福島・白石方面)から当線へ終日右折禁止となっており、4号北行きから当線へは一つ手前の十字路を右折して旧道を通る。
  6. ^ 国道6号と並行する常磐自動車道(常磐富岡IC - 浪江IC間)は通行可能。

出典[編集]

  1. ^ a b “帰還困難区域の国道6号、車に限って通行再開”. 読売新聞. (2014年9月15日). オリジナル2014年9月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/Ja9gE 2014年9月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 1. 2017年4月1日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年2月26日閲覧。
  4. ^ a b 佐藤次男 1989, p. 21.
  5. ^ 長久保光明 1981, p. 19.
  6. ^ 佐藤次男 1989, p. 24.
  7. ^ a b c d 長久保光明 1981, p. 20.
  8. ^ 長久保光明 1981, pp. 150-152.
  9. ^ 長久保光明 1981, p. 152.
  10. ^ “金町バイパス開通”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 6. (1965年8月25日) 
  11. ^ “国土交通省磐城国道事務所管内被災状況” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省東北地方整備局, (2011年4月3日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/saigai/images/34109_3_32.pdf 2011年4月5日閲覧。 
  12. ^ “【6号国道一般通行可能へ】浜の動脈復活期待 物流、観光に効果 避難者、帰還へ希望の道。”. 福島民報. (2014年9月13日). http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/09/post_10676.html 2014年9月13日閲覧。 
  13. ^ “国道6号久之浜バイパス、相馬バイパスに並行する現道区間が平成29年4月1日に国の管理から福島県の管理になる予定です。” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所、福島県土木部道路計画課、福島県いわき建設事務所、福島県相双建設事務所, (2017年1月6日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/63925_1.pdf 2017年1月11日閲覧。 
  14. ^ “国道6号常磐バイパスに並行する現道区間が、4月から福島県管理となり、新しい路線名になる予定です。” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所、福島県土木部道路計画課、福島県いわき建設事務所、福島県相双建設事務所, (2018年1月30日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/68790_1.pdf 2018年1月31日閲覧。 
  15. ^ 平成19年3月1日・衆議院予算委員会第八分科会2号・議事録”. 2010年11月26日閲覧。
  16. ^ a b 長久保光明 1981, p. 21、筆者作成の図中の注記文より。
  17. ^ 長久保光明 1981, p. 12.
  18. ^ 青木智也 『いばらぎじゃなくていばらき』 茨城新聞社、水戸市、2004年、77頁。ISBN 4-87273-192-1
  19. ^ 道路の区域変更(昭和58年2月14日 茨城県告示第257・258号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7116号: pp.4-5, (1983年2月14日) 
  20. ^ “国道6号ルポ まだまだ復興の道遠し”. 北陸中日新聞. (2014年9月18日). オリジナル2014年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141111012718/http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140919145945026 

参考文献[編集]

  • 長久保光明 『陸前浜街道地誌』 暁印書館、1981年10月25日、初版。ASIN B000J7PEB4
  • ふるさといばらきの道編集委員会;佐藤次男 『ふるさといばらきの道』 茨城県1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]