東海環状自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道自動車専用道路(B)
(有料)

東海環状自動車道

東海環状自動車道
Japanese National Route Sign 0475.svg国道475号
MAGロード
地図
Tokai-Kanjo Expressqway Map.png
路線延長 81.6 km
開通済み区間 : 豊田東JCT - 関広見IC間、
大垣西IC - 養老JCT間、
東員IC - 新四日市JCT
開通年 2005年 -
起点 愛知県豊田市
豊田東JCT地図
主な
経由都市
愛知県瀬戸市
岐阜県土岐市美濃加茂市関市
岐阜市大垣市
三重県いなべ市
終点 三重県四日市市
新四日市JCT地図
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

東海環状自動車道(とうかいかんじょうじどうしゃどう、英語: TOKAI-KANJO EXPRESSWAY)は、愛知県豊田市から岐阜県経由三重県四日市市に至る高規格幹線道路である。東海環状道英語: TOKAI-KANJO EXPWY)と略される。

概要[編集]

法的な路線名は「一般国道475号」だが、国道表記は無い。1994年のニックネーム募集により「MIE」(三重)「AICHI」(愛知)「GIFU」(岐阜)の頭文字を取ったMAGロードという愛称がある。

名古屋市の周辺30 - 40 km圏を結ぶ環状道路で、愛知県豊田市・瀬戸市、岐阜県土岐市可児市美濃加茂市関市岐阜市大垣市、三重県四日市市などの都市を連絡し、東名高速道路新東名高速道路中央自動車道東海北陸自動車道名神高速道路新名神高速道路等と広域的な交通網を形成する延長 152.5 kmの自動車専用道路である。法律上では、高速自動車国道ではなく一般国道の自動車専用道路の扱いとしている[1]。この東海環状道は、名古屋環状2号線名古屋第二環状自動車道伊勢湾岸自動車道)とともに、名古屋圏環状道路を構成する2つの環状道路の1つとして位置付けられている。

豊田東JCTから中央道と接続する土岐JCT、東海北陸道と接続する美濃関JCTを経由して関広見ICに至る区間を東回り、関広見ICから名神と接続する養老JCTを経由して新四日市JCTに至る区間を西回りと通称する[2]。なお、国土交通省中部地方整備局の報道資料では、豊田東JCT - 美濃関JCT間 : 約73 kmを東部区間、美濃関JCT - 新四日市JCT : 約80 kmを西部区間と記している[3]

東回り区間は中日本高速道路(NEXCO中日本)、西回り区間は国土交通省の事業となっていたが、2011年6月8日にNEXCO中日本が西回り区間の事業許可を国土交通省から受け、「一般国道事業と有料道路事業による事業方式」で整備する事が決定した[4]

環状道路という性格上、「上り・下り」の代わりに「外回り・内回り」の呼称が使われている。一部の標識では愛知県〜岐阜県〜富山県を南北に縦断する東海北陸道との誤認を防ぐため、「東海環状道」や、JCTなどの標識には、「東海環状」と、「東海」の部分を小さめに表示されている。

供用中区間[編集]

2012年9月15日に開通した、大垣西IC - 養老JCT間(西回り区間)

愛・地球博(愛知万博)の開幕に合わせる形で、2005年3月19日に豊田東JCT - 美濃関JCT間の東回り区間が開通した(土岐JCT - 美濃関JCT間は暫定2車線)。同時に、伊勢湾岸道の豊田東JCT - 豊田東IC間が開通して接続している。本区間の開通以前は、東名 - 中央道間は小牧JCT、中央道 - 東海北陸道間は一宮JCTを経由するしかなかった。本区間の開通により西三河東濃地区では新たなルートが形成され、東名 名古屋IC付近や名神 一宮JCT付近で慢性的に発生している渋滞の回避が図られた。他方、西濃地区では東海北陸道と名神が接続する一宮JCTの回避は図れず、西回り区間の開通が期待される格好となっている。2009年4月18日に美濃関JCT - 関広見IC間が開通。2012年9月15日に大垣西IC - 養老JCT間が西回り区間として初めて開通した。2016年8月11日に東員IC - 新四日市JCT間が三重県区間として初めて開通した[5]

事業中区間[編集]

関広見IC - 大垣西IC間、養老JCT - 東員IC間が、2016年8月現在事業中である[6]。西回り区間の開通により東海環状道が完成し、名古屋環状2号線と併せて、名神 一宮JCTを含む環状道路内側の渋滞解消や名神の通行止め時の迂回機能が見込まれている[3]

2016年8月11日現在の状況は次の通り[6]

  • 関広見IC - 高富IC : 用地取得を実施中。北野・三輪・大洞・小洞トンネル貫通、山県トンネル着手、橋梁下部工事、改良工事を推進中、橋梁上部工事に着手。
  • 高富IC - 岐阜IC : 岐阜市椿洞周辺の道路構造をトンネル4.2 km + 橋梁0.2 kmからトンネル4.4 kmに変更[7]。用地取得を実施中(平成26年度着手)。改良工事に着手。
  • 岐阜IC - 糸貫IC : 岐阜市御望山周辺では、御望山調査検討会報告書を受けて線形を変更[8]。用地取得を実施中(平成26年度着手)。埋蔵文化財調査を推進中。
  • 糸貫IC - 大野・神戸IC : 用地取得を実施中。橋梁下部工事を推進中。
  • 大野・神戸IC - 大垣西IC : 用地取得を実施中。橋梁上下部工、改良工事を推進中。
  • 養老JCT - 養老IC : 用地取得完了(平成26年度完了)。橋梁上部工事、改良工事を推進中。
  • 養老IC - 北勢IC : 用地取得を実施中。橋梁・道路詳細設計を推進中。工事用道路建設に着手予定。
  • 北勢IC - 大安IC : 用地取得を実施中。橋梁上下部工事を推進中。
  • 大安IC - 東員IC : 用地取得を実施中。橋梁上下部工事を推進中。並行する国道365号員弁バイパス)が先行して整備完了済み。

公共事業費の大幅削減を受け、国土交通省が2010年度に整備を凍結する候補に挙げた217区間のうち、養老IC - 北勢IC間が候補に挙げられるなど[9]、全線開通時期については未定であったが、NEXCO中日本が国土交通省から西回り区間の事業許可を受けた事により、「一般国道事業と有料道路事業による事業方式」で一旦は2020年度末までの全線開通を目指す方針が発表された[10]。しかし、2015年時点で再び全線開通時期が未定となり一部区間のみ開通予定が発表されている状況となっている[11]

国道475号[編集]

国道475号標識

一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)および一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)に基づく一般国道475号の概要は以下の通り(政令に記載されている市町村名であり、平成の大合併後の名称とは限らない)。

一般国道475号は1993年4月1日の政令改正後、2005年3月19日に豊田東JCT - 美濃関JCT間が開通するまで一般国道で唯一、開通区間が存在しない路線だった。

道路諸元[編集]

  • 道路構造令 : 第1種第2級
  • 総延長 : 152.5 km
  • 設計速度 : 100 km/h
  • 車線数 : 4車線(土岐JCT - 新四日市JCT間は暫定2車線)
  • 事業費 : 1兆2,000億円(この内開通済み区間 : 約6,310億円)

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 豊田東
から
km
備考 所在地
1 豊田東JCT 新東名高速道路
伊勢湾岸自動車道
0.0 愛知県 豊田市
2 豊田松平IC 国道301号 3.4
2-1 鞍ヶ池PA/SIC 愛知県道343号則定豊田線 6.3 ハイウェイオアシス併設
3 豊田勘八IC 国道153号豊田北バイパス 9.7
4 豊田藤岡IC 愛知県道13号豊田多治見線 15.4
5 せと赤津IC/PA 国道248号瀬戸東バイパス
愛知県道33号瀬戸設楽線
23.2 瀬戸市
6 せと品野IC 国道363号 26.0
7 土岐南多治見IC 岐阜県道382号土岐南多治見インター線 36.9 岐阜県 土岐市
30-1 土岐JCT 中央自動車道 39.8
7-1 五斗蒔PA/SIC 岐阜県道84号土岐可児線 41.5
8 可児御嵩IC 国道21号可児御嵩バイパス 50.3 可児市御嵩町
9 美濃加茂IC/SA 国道41号美濃加茂バイパス
岐阜県道342号平成記念公園線
59.7 ハイウェイオアシス併設 美濃加茂市
10 富加関IC 岐阜県道58号関金山線 66.0 富加町関市
5-1 美濃関JCT 東海北陸自動車道 73.0 関市・美濃市
11 関広見IC 国道418号 75.9 関市
- 岐阜PA/岐阜三輪SIC[13] 岐阜市道北野北線[14] 79.9 2019年度 開通予定[15] 岐阜市
- 高富IC 国道256号高富バイパス 84.9 2019年度 開通予定[11] 山県市
- 岐阜IC 都市計画道路岐阜インター線 91.7 事業中[15] 岐阜市
- 糸貫IC 国道157号 96.8 本巣市
- 本巣PA[13]
- 大野・神戸IC 岐阜県道53号岐阜関ケ原線 103.6 2019年度 開通予定[11] 大野町神戸町
16 大垣西IC 国道21号(岐大バイパス
岐阜県道50号大垣環状線
111.1 大垣市
26-1 養老JCT 名神高速道路 117.2 養老町
- 養老IC 岐阜県道213号養老平田線 120.3 2017年度 開通予定[16]
- 海津PA/SIC[17][18] 事業中[19][20] 海津市
- 北勢PA/SIC[17][21] 三重県 いなべ市
- 北勢IC 三重県道5号北勢多度線 138.4
- 大安IC 国道365号員弁バイパス 144.9 2018年度 開通予定[16]
20 東員IC 151.3 東員町
1 新四日市JCT 新名神高速道路 152.7 四日市市

歴史[編集]

開通予定年度[編集]

  • 2017年度 : 養老JCT - 養老IC[16]
  • 2018年度 : 大安IC - 東員IC[16]
  • 2019年度 : 関広見IC - 高富IC、大野・神戸IC - 大垣西IC[11]
  • 未定 : 高富IC - 大野・神戸IC、養老IC - 大安IC

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最低速度 最高速度 備考
大型三輪牽引 左を除く車両
豊田東JCT - 土岐JCT 4=2+2 50 km/h 80 km/h 100 km/h
土岐JCT - 五斗蒔PA/SIC 2=1+1
暫定2車線
(なし) 70 km/h
五斗蒔PA/SIC - 可児御嵩IC ※1
可児御嵩IC - 美濃加茂IC/SA ※2
美濃加茂IC/SA - 富加関IC
富加関IC - 美濃関JCT ※3
美濃関JCT - 関広見IC
大垣西IC - 養老JCT
東員IC - 新四日市JCT
  • ※1 : 外回りの久々利大平トンネル - 久々利第一トンネル間に登坂車線あり。
  • ※2 : 外回り・内回りの可児御嵩IC - 兼山トンネル間に500 mの追越車線あり。
  • ※3 : 外回り・内回りに追越車線あり。

豊田東JCT - 土岐JCT間では上記の通り自動車専用道路のため、高速自動車国道とは異なり最低速度、大型・三輪・牽引の最高速度、その他の車種の最高速度の3つの標識を並べて表示している。

主なトンネルと橋[編集]

土岐川橋
木曽川橋
トンネル・橋梁名称 延長 区間 備考
五ヶ丘トンネル 300m 豊田東JCT - 豊田松平IC
鞍ヶ池第一トンネル 400m 鞍ヶ池PA/SIC - 豊田勘八IC
鞍ヶ池第二トンネル 450m
猿投山トンネル 4,310m 豊田藤岡IC - せと赤津IC/PA 当路線最長のトンネル。
愛岐トンネル 外回り : 3,290m
内回り : 3,270m
せと品野IC - 土岐南多治見IC 愛知県と岐阜県の県境にあるトンネル。
土岐笠原トンネル 外回り : 1,260 m
内回り : 1,240m
土岐川橋 230m 土岐南多治見IC - 土岐JCT
中央道トンネル 81m
久々利大平トンネル 1,400m 五斗蒔PA/SIC - 可児御嵩IC
久々利第一トンネル 220m
久々利第二トンネル 310m
久々利第三トンネル 900m
柿田トンネル 1,540m
兼山トンネル 620m 可児御嵩IC - 美濃加茂IC/SA
木曽川橋 180m
白山トンネル 1,350m
飛騨川橋 160m
かもフルーツトンネル 630m
堂洞城トンネル 600m 美濃加茂IC/SA - 富加関IC
栃洞トンネル 170m
川小牧トンネル 1,280m
長良川橋 370m 美濃関JCT - 関広見IC
池尻笠神トンネル 390m
大洞トンネル(仮称) 204m 関広見IC - 高富IC
小洞トンネル(仮称) 153m
三輪トンネル(仮称) 1,324m
北野トンネル(仮称) 602m
山県トンネル(仮称) 1,117m

トンネルの数[編集]

区間 外回り 内回り 備考
豊田東JCT - 豊田松平IC 1 1
豊田松平IC - 鞍ヶ池PA/SIC 0 0
鞍ヶ池PA/SIC - 豊田勘八IC 2 2
豊田勘八IC - 豊田藤岡IC 0 0
豊田藤岡IC - せと赤津IC/PA 1 1
せと赤津IC/PA - せと品野IC 0 0
せと品野IC - 土岐南多治見IC 2 2
土岐南多治見IC - 土岐JCT 1 1
土岐JCT - 五斗蒔PA/SIC 0
五斗蒔PA/SIC - 可児御嵩IC 5
可児御嵩IC - 美濃加茂IC/SA 1
美濃加茂IC/SA - 富加関IC 3
富加関IC - 美濃関JCT 0
美濃関JCT - 関広見IC 1
大垣西IC - 養老JCT 0
東員IC - 新四日市JCT 0
合計 15 15 -

土岐JCT - 関広見IC間、大垣西IC - 養老JCT間、東員IC - 新四日市JCT間では全てのトンネルが暫定2車線の対面通行区間にあるため、外回り・内回り合わせて1本となる。

道路管理者[編集]

  • 中日本高速道路(NEXCO中日本) 名古屋支社
    • 豊田保全・サービスセンター : 豊田東JCT - 豊田松平IC
    • 多治見保全・サービスセンター : 豊田松平IC - 可児御嵩IC
    • 岐阜保全・サービスセンター : 可児御嵩IC - 関広見IC
    • 羽島保全・サービスセンター : 大垣西IC - 養老JCT
    • 桑名保全・サービスセンター : 東員IC - 新四日市JCT

ハイウェイラジオ[編集]

  • 鞍ヶ池(豊田松平IC - 豊田勘八IC)
  • 土岐南(土岐南多治見IC - 土岐JCT)
  • 可児御嵩(土岐JCT - 可児御嵩IC)
  • 富加関(富加関IC - 美濃関JCT)

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17年度
(2005年度)
平成22年度
(2010年度)
豊田東JCT - 豊田松平IC 17,256 25,089
豊田松平IC - 鞍ヶ池PASIC 15,542 22,270
鞍ヶ池PASIC - 豊田勘八IC 15,542 21,927
豊田勘八IC - 豊田藤岡IC 14,319 19,951
豊田藤岡IC - せと赤津IC 13,146 17,911
せと赤津IC - せと品野IC 13,290 18,412
せと品野IC - 土岐南多治見IC 12,827 17,176
土岐南多治見IC - 土岐JCT 12,751 17,108
土岐JCT - 五斗蒔PASIC 8,945 10,732
五斗蒔PASIC - 可児御嵩IC 8,945 10,732
可児御嵩IC - 美濃加茂IC 7,155 8,496
美濃加茂IC - 富加関IC 7,302 8,709
富加関IC - 美濃関JCT 7,321 8,812
美濃関JCT - 関広見IC 調査当時未開通 1,942
大垣西IC - 養老JCT 調査当時未開通
東員IC - 新四日市JCT

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

ETC割引[編集]

時間帯割引[編集]

深夜割引通勤割引が、試行導入を経て2006年4月1日より本格導入されている[22]緊急総合対策生活対策による割引も、高速国道と同様に導入されている。

東海環状道連続利用割引[編集]

東海環状道の各インターチェンジと高速自動車国道の東海環状道より内側(名古屋都心方向)にあるインターチェンジを相互に利用する時に150円割引される。外側1インターチェンジ(東海北陸道美濃IC、中央道土岐ICおよび名神関ヶ原IC)も対象となる[23]。伊勢湾岸道大府IC以西の各インターチェンジは対象外。時間帯割引の重複適用は行われない[24]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

開通している区間のみ記載。

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 45-46、「国道の名所を行く/高速道路から国道になった道」より
  2. ^ 岐阜国道事務所/東海環状自動車道
  3. ^ a b 東海環状自動車道が更に一歩前進! (PDF) 、国土交通省中部地方整備局、2007年4月24日
  4. ^ 東海環状自動車道(西回り)を「一般国道事業と有料道路事業による事業方式」により整備します、NEXCO中日本、2011年6月8日
  5. ^ 新名神高速道路四日市JCT〜新四日市JCT 東海環状自動車道新四日市JCT〜東員IC間が8月11日(木:祝)15時に開通”. 中日本高速道路 (2016年7月15日). 2016年7月15日閲覧。
  6. ^ a b 東海環状自動車道 事業進捗ダイジェスト版(平成28年7月1日)
  7. ^ 東海環状(椿洞周辺)の構造変更について〜事業者対応案を岐阜市と岐阜県に提出〜、岐阜国道事務所
  8. ^ 東海環状自動車道(御望山・椿洞)の都市計画変更告示(都市政策課)(4月15日)[リンク切れ]、岐阜県都市政策課
  9. ^ 国交省、凍結候補は217区間/直轄国道の整備、四国新聞社、2009年12月2日
  10. ^ 国体本大会前に開通へ 東海環状、大垣西―養老間[リンク切れ]、岐阜新聞 Web、2011年12月25日
  11. ^ a b c d 平成27年度予算を踏まえた道路事業の見通しについて 国土交通省中部地方整備局 2015年5月15日掲載・16日閲覧
  12. ^ 料金の額及びその徴収期間 (PDF) (2013年6月11日付協定、同年6月14日閲覧)
  13. ^ a b 東海環状自動車道(関広見-大垣西)の進捗状況 NEXCO中日本
  14. ^ (仮称)岐阜三輪スマートインターチェンジについて 岐阜市 2013年4月25日
  15. ^ a b 再評価結果(平成24年度事業継続箇所) 一般国道475号東海環状自動車道(関-養老) (PDF)”. 国土交通省 (2012年). 2012年3月11日閲覧。
  16. ^ a b c d 平成26年度予算を踏まえた道路事業の見通しについて 国土交通省 中部地方整備局 2014年4月25日付
  17. ^ a b 東海環状自動車道(養老JCT-東員)の進捗状況 NEXCO中日本
  18. ^ 海津市はスマートIC計画書を中央コンに 建通新聞社
  19. ^ 再評価結果(平成24年度事業継続箇所) 一般国道475号東海環状自動車道(養老-北勢) (PDF)”. 国土交通省 (2012年). 2012年3月11日閲覧。
  20. ^ 再評価結果(平成24年度事業継続箇所) 一般国道475号東海環状自動車道(北勢-四日市) (PDF)”. 国土交通省 (2012年). 2012年3月11日閲覧。
  21. ^ 平成25年度 当初予算説明資料 (PDF) いなべ市
  22. ^ 伊勢湾岸自動車道(東海〜飛島)にETC時間帯割引を適用します -東海環状自動車道にもETC時間帯割引を本格導入-、NEXCO中日本、2006年3月31日
  23. ^ 大垣ICおよび関ヶ原ICは、養老JCT - 大垣西IC間の開通時から対象
  24. ^ 東海環状道連続利用割引、NEXCO中日本

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]