国道261号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道261号標識

国道261号
総延長 98.9 km
実延長 91.3 km
現道 90.1 km
制定年 1963年
起点 広島県広島市中区
広島市役所前交差点地図
主な
経由都市
広島県山県郡北広島町
島根県邑智郡邑南町川本町
終点 島根県江津市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0191.svg国道191号
Japanese National Route Sign 0433.svg国道433号
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
起点の広島市役所前交差点
安佐北区安佐町大字鈴張付近(2013年9月

国道261号(こくどう261ごう)は、広島県広島市から島根県江津市に至る一般国道である。広島市内で国道54号国道183号国道191号と重複する。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 二級国道261号広島江津線(広島県広島市〜島根県江津市)として指定。
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 一般国道261号となる。
  • 1994年(平成6年)2月14日 - 飯室バイパス開通[5]
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 旧道のうち、広島市民球場南交差点〜中須2丁目交差点の区間の管理が国土交通省から広島市に移管されたことに伴い、国道183号・国道261号を祇園新道経由から旧道経由に変更。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 国道54号の可部バイパスの旧道の管理が国土交通省から広島市に移管され、国道261号が旧道経由のみとなる[4]

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 寺町通り(広島市)
  • 舟入通り(広島市)

重複区間[編集]

  • 国道54号(広島市中区・市役所前交差点 - 広島市中区・紙屋町交差点・広島市安佐南区・緑井1丁目交差点 - 広島市安佐北区・中島交差点)
  • 国道183号(広島市中区・市役所前交差点 - 広島市安佐北区・191号分れ交差点)
  • 国道191号(広島市中区・市役所前交差点 - 広島市中区・紙屋町交差点・広島市安佐南区・緑井1丁目交差点 - 広島市安佐北区・飯室交差点)
  • 国道433号,国道434号(北広島町蔵迫中央交差点 - 打道交点)

道路施設[編集]

トンネル[編集]

道の駅[編集]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

観測地点 平成22(2010)年度
安佐北区安佐町飯室 14601
安佐北区安佐町鈴張 7131
北広島町宮迫 2789

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 14. 2017年4月30日閲覧。
  2. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局 (2016年7月27日). 2016年9月3日閲覧。
  3. ^ 「一般国道の指定区間を指定する政令の一部を改正する政令」を閣議決定”. 国土交通省道路局 (2016年3月15日). 2016年9月3日閲覧。
  4. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成28年3月18日政令第68号)
  5. ^ 岸田文雄活動報告(抜粋)  平成6年1月~4月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]