名取大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名取大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 宮城県仙台市太白区
交差物件 名取川
座標 北緯38度12分24秒 東経140度53分32秒 / 北緯38.20667度 東経140.89222度 / 38.20667; 140.89222座標: 北緯38度12分24秒 東経140度53分32秒 / 北緯38.20667度 東経140.89222度 / 38.20667; 140.89222
構造諸元
全長 541.0 m[1]
14.5 m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道4号標識
国道6号標識

名取大橋(なとりおおはし)は、宮城県仙台市太白区に架かるである。

概要[編集]

国道4号仙台バイパス内に位置し、仙台市太白区中田と東大野田を結ぶ。 1962年昭和37年)7月に完成。1964年(昭和39年)に仙台バイパス最初の供用開始区間となった岩沼市梶橋から仙台市太白区籠ノ瀬間 (10.3 km) 開通時に橋も供用開始した。

脚注[編集]

関連項目[編集]