国道434号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道434号
一般国道

Japanese National Route Sign 0434.svg

国道434号
路線延長 168.9km
起点 山口県周南市
三田川交差点(地図
主な
経由都市
山口県岩国市
広島県廿日市市
終点 広島県三次市
日山橋東詰交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0315.svg国道315号
Japanese National Route Sign 0376.svg国道376号
Japanese National Route Sign 0187.svg国道187号
Japanese National Route Sign 0186.svg国道186号
Japanese National Route Sign 0488.svg国道488号
Japanese National Route Sign 0191.svg国道191号
Japanese National Route Sign 0261.svg国道261号
Japanese National Route Sign 0054.svg国道54号
Japanese National Route Sign 0375.svg国道375号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道434号(こくどう434ごう)は、山口県周南市から広島県三次市に至る一般国道である。

概要[編集]

  • 距離 - 168.9km
  • 起点 - 山口県周南市(三田川交差点 = 国道2号交点)
  • 終点 - 広島県三次市(日山橋交差点 = 国道54号交点)
  • 指定区間 - なし

周南市街地から国道315号と重複し、須々万地区の中心部を抜けて、菅野ダム(菅野湖)をわたった後にダムの堰堤上を再度わたって、錦川に沿って進む。岩国市錦町広瀬を抜けて、一旦国道187号と重なって今度は錦川の支流である宇佐川に沿って進む。雙津峡温泉寂地峡を抜けて松の木峠を越えると広島県廿日市市飯山に至る。ここで国道186号と重複して同県安芸太田町加計に至る。旧加計町の中心市街地を単独区間として通過し,その東端で南から北上してきた国道433号と重複して終点の三次市に至る。

周南市と三次市を結ぶ路線であるが、他路線との重複区間が多く、実質的な単独区間は山口県周南市須々万本郷から広島県廿日市市飯山までといえる。未整備区間も多いが、全線で普通車での通行は可能。周南市須金地区から岩国市錦町広瀬の間は平瀬ダムの建設に伴いバイパス(付替道路)が建設中である。

重複区間[編集]

  • 山口県周南市三田川(起点) - 山口県周南市須々万本郷:国道315号
  • 山口県周南市須々万本郷:国道376号
  • 山口県岩国市錦町府谷 - 山口県岩国市錦町中ノ瀬(出市交差点):国道187号
  • 広島県廿日市市飯山 - 広島県山県郡安芸太田町加計:国道186号
  • 広島県山県郡安芸太田町加計 - 広島県三次市(終点):国道433号
    • 広島県山県郡北広島町蔵迫(蔵迫中央交差点) - 広島県山県郡北広島町蔵迫:国道433号、国道261号
    • 広島県三次市作木町香淀 - 広島県三次市(終点):国道433号、国道375号

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

バイパス[編集]

道の駅[編集]

[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]