国道451号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道451号標識
国道451号
地図
総延長 119.2 km
実延長 057.6 km
現道 054.9 km
制定年 1993年平成5年)指定
起点 北海道留萌市
元川町2丁目交差点(北緯43度56分4.22秒 東経141度39分51.75秒 / 北緯43.9345056度 東経141.6643750度 / 43.9345056; 141.6643750 (元川町2丁目交差点)
主な
経由都市
北海道樺戸郡新十津川町
終点 北海道滝川市
本町1丁目交差点(北緯43度33分27.92秒 東経141度54分30.52秒 / 北緯43.5577556度 東経141.9084778度 / 43.5577556; 141.9084778 (本町1丁目交差点)
接続する
主な道路
記法
国道231号標識 国道231号
国道275号標識 国道275号
国道12号標識 国道12号
国道38号標識 国道38号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
石狩市浜益区川下付近
2012年8月

国道451号(こくどう451ごう)は、北海道留萌市から滝川市に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

本路線は、北海道主要地方道24号滝川浜益線を国道に昇格させた路線である。浜益側を留萌市まで国道231号の重複区間として延長させて指定した。

年表[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 滝新バイパス
2002年(平成14年)3月に供用を開始したバイパス道路

別名[編集]

  • 西大通(滝川市内)
  • 滝新通(滝新バイパス区間)

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

現道[編集]

国道231号との重複区間は省略

石狩振興局

石狩市
  • 国道231号 : 浜益区川下
石狩郡当別町

空知総合振興局

樺戸郡新十津川町
滝川市

滝新バイパス区間[編集]

石狩振興局

樺戸郡新十津川町
  • 北海道道625号学園新十津川停車場線 : 字中央
  • 国道275号 : 字中央(重複)

空知総合振興局

滝川市
  • 国道12号 : 空知町2丁目(バイパス終点)

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 青山トンネル
  • 1967年(昭和42年)に完成した延長329 mのトンネル1941年(昭和16年)に完成した同名のトンネルは廃止された。

橋梁[編集]

浜益川の主な橋梁は同記事を参照のこと。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2005年10月1日に石狩市へ編入。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]