国道234号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道234号標識
国道234号
地図
総延長 69.6 km
実延長 69.5 km
現道 69.5 km
制定年 1953年昭和28年)
起点 北海道岩見沢市
美園1条1交差点(北緯43度11分35.43秒 東経141度45分46.30秒 / 北緯43.1931750度 東経141.7628611度 / 43.1931750; 141.7628611 (美園1条1交差点)
主な
経由都市
北海道夕張郡由仁町
終点 北海道苫小牧市北緯42度41分4.01秒 東経141度40分45.61秒 / 北緯42.6844472度 東経141.6793361度 / 42.6844472; 141.6793361
接続する
主な道路
記法
国道12号標識 国道12号
国道274号標識 国道274号
国道235号標識 国道235号
国道36号標識 国道36号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道234号 起点(岩見沢市)

国道234号(こくどう234ごう)は、北海道岩見沢市から苫小牧市に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)
    • 3月23日 - 北海道道1号岩見沢苫小牧線として指定。[要出典]
    • 5月18日 - 二級国道234号岩見沢苫小牧線(岩見沢市 - 苫小牧市)として指定施行[5]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道234号として指定施行[1]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 由仁国道[6]
  • 早来国道[7]

バイパス[編集]

  • 追分バイパス(安平町)
  • 早来道路(安平町)

道路施設[編集]

橋梁[編集]

  • 志文大橋
  • 加茂橋
  • 清流橋
  • 豊流橋
  • 朝日橋
  • 夕張橋
  • 由仁橋
  • 弥生橋
  • 第1安平橋
  • 早来橋
  • 沼ノ端橋

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

空知総合振興局

岩見沢市
夕張郡栗山町
夕張郡由仁町

胆振総合振興局

勇払郡安平町
苫小牧市

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年5月20日閲覧。
  2. ^ a b 占用制限を行う路線一覧(一般国道)(2016年10月18日のアーカイブ)”. オリジナル : 北海道開発局、アーカイブ : Wayback Machine. 2022年5月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年5月6日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年5月20日閲覧。
  5. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  6. ^ 昭文社 2006, p. 24.
  7. ^ 昭文社 2006, p. 18.

参考文献[編集]

  • 昭文社 (2006), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-65571-9 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]