国道194号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道194号標識
国道194号
地図
総延長 88.9 km
実延長 76.9 km
現道 76.0 km
制定年 1963年昭和38年)指定
起点 高知県高知市
県庁前交差点北緯33度33分29.24秒 東経133度31分56.00秒 / 北緯33.5581222度 東経133.5322222度 / 33.5581222; 133.5322222 (県庁前交差点 (高知県))
主な
経由都市
高知県吾川郡いの町
終点 愛媛県西条市
加茂川橋交差点(北緯33度54分8.40秒 東経133度11分0.11秒 / 北緯33.9023333度 東経133.1833639度 / 33.9023333; 133.1833639 (加茂川橋交差点)
接続する
主な道路
記法
国道33号標識 国道33号
国道439号標識 国道439号
国道11号標識 国道11号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
高知市 道路元標
国道194号 起点
高知県高知市 県庁前交差点
国道194号 終点
愛媛県西条市 加茂川橋交差点

国道194号(こくどう194ごう)は、高知県高知市から愛媛県西条市に至る一般国道である。

概要[編集]

高知県吾川郡いの町鹿敷
(2020年7月撮影)

起点の高知県高知市から、仁淀川地域である吾川郡いの町、仁淀川橋東詰までは国道33号と重複し、その後は仁淀川やその支流に沿うように北上し、終点の愛媛県西条市に至る路線で、高知県中央部と愛媛県東予とを結ぶ最短ルートとして知られている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく国道として初回指定された1953年昭和28年)では、高知徳島線として指定されていた[4]1963年(昭和38年)に一級国道55号への昇格に伴って欠番となり、同日新たに指定された高知西条線に採番された[5][6]

年表[編集]

路線状況[編集]

かつての本川村域(現在のいの町域)の手前までは仁淀川やその支流に沿った快適なドライブルートであるが、東西方向に横たわる四国山地に突き当たると、急に山岳ルートに変貌する。特に、寒風山越えは狭隘な幅員に急カーブの連続する悪路であったが、高知県と愛媛県との県境の寒風山トンネルが開通して完全片側1車線化されたことにより、交通事情は劇的に改善した[7]

別名[編集]

  • 194街道(いくよかいどう)[9]
  • そらやま街道
沿道自治体、議会、商工会などで構成される「国道194号利用促進同盟会」が、主に対外的な広報活動で使用するための新しい愛称に関するアンケートを2019年(令和元年)7月に実施、この結果をもとに同年11月、いの町 - 西条市間について愛称を「そらやま街道」とすることを発表した[10]

重複区間[編集]

国道33号(重複区間)との分岐
高知県吾川郡いの町、仁淀川橋東詰
  • 国道33号(起点 - 吾川郡いの町、仁淀川橋東詰)
  • 国道439号(いの町下八川 - 上八川下分)

道路施設[編集]

橋梁[編集]

  • 中野大橋

トンネル[編集]

新大森トンネル 入口付近
高知県吾川郡いの町上八川甲
  • 新大森トンネル(L=1184m)
  • 本川トンネル(L=1382m、W=7.0m 1992年((平成4年)度完成)
  • 寒風山トンネル(L=5432m、W=9.3m 1997年(平成9年)度完成)

道の駅[編集]

地理[編集]

愛媛県西条市中野甲
(2020年7月撮影)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2004年10月1日に1町2村が合併して吾川郡いの町発足。
  3. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在
  4. ^ 名前の由来は、国道194号と439号の重複区間にあることから、194+439=633である。

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2020-06-31閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月29日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ ウィキソースには、一級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  6. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  7. ^ a b 中山間地域における寒風山道路の事業効果の発現状況と利活用方策 (PDF)”. 国土交通省四国地方整備局. 2012年10月13日閲覧。
  8. ^ 第5回 四国地方整備局事業評価監視委員会資料 一般国道194号 寒風山道路について (PDF)”. 国土交通省四国地方整備局. 2012年10月14日閲覧。
  9. ^ 広報さいじょう」No.054、西条市、2009年、2019年11月28日閲覧。
  10. ^ しまなみ、やまなみ、そして「そらやま街道」 四国縦断の国道愛称決定”. 毎日新聞 (2019年11月27日). 2019年11月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]