国道194号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道194号標識
国道194号
総延長 88.9 km
実延長 76.9 km
現道 76.0 km
制定年 1963年指定
起点 高知県高知市
県庁前交差点地図
主な
経由都市
高知県吾川郡いの町
終点 愛媛県西条市
加茂川橋交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道33号標識 国道33号
国道439号標識 国道439号
国道11号標識 国道11号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道194号起点(高知県高知市)

国道194号(こくどう194ごう)は、高知県高知市から愛媛県西条市に至る一般国道である。

概要[編集]

高知側からは、かつての本川村域(現在のいの町域)の手前までは仁淀川やその支流に沿った快適なドライブルートであるが、東西方向に横たわる四国山地に突き当たると、急に山岳ルートに変貌する。特に、寒風山越えは狭隘な幅員に急カーブの連続する悪路であったが、高知県と愛媛県との県境の寒風山トンネルが開通して完全片側1車線化されたことにより、交通事情は劇的に改善した[1]。高知県中央部と愛媛県東予とを結ぶ最短ルートとして知られている。西条市の山奥では極めて急峻な崖の下を通っており、2004年台風による土砂崩れが発生して道路が土砂に埋まってしまったが、これを復旧するには長期間を要するために、民家へと下る既設の道を利用し、狭窄部の手前には信号機を設け、鉄道で言うところの単線方式で(大型車同士の行き違いが難しいため)仮復旧して対応した。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく国道として初回指定された1953年昭和28年)では、高知徳島線として指定されていた[5]1963年(昭和38年)に一級国道55号への昇格に伴って欠番となり、同日新たに指定された高知西条線に採番された[6][7]

年表[編集]

路線状況[編集]

高知市から、いの町までは国道33号と重複する。

重複区間[編集]

  • 国道33号(起点 - 吾川郡いの町)
  • 国道439号(いの町下八川 - 上八川下分)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 新大森トンネル(L=1184m)
  • 本川トンネル(L=1382m、W=7.0m 1992年((平成4年)度完成)
  • 寒風山トンネル(L=5432m、W=9.3m 1997年(平成9年)度完成)

橋梁[編集]

  • 中野大橋

道の駅[編集]

(名前の由来は、国道194号と439号の重複区間にあることから、194+439=633である。)

※愛媛県側にはない

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2004年10月1日に1町2村が合併して吾川郡いの町発足。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]