国道324号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道324号
一般国道

国道324号標識

国道324号
路線延長 86.6 km
制定年 1970年
起点 長崎県長崎市
県庁前交差点(地図
主な
経由都市
熊本県天草郡苓北町
天草市
終点 熊本県宇城市
五橋入口交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0034.svg国道34号
Japanese National Route Sign 0057.svg国道57号
Japanese National Route Sign 0202.svg国道202号
Japanese National Route Sign 0206.svg国道206号
Japanese National Route Sign 0251.svg国道251号
長崎自動車道長崎自動車道
DEJIMA ROAD.pngながさき出島道路
Japanese National Route Sign 0389.svg国道389号
Japanese National Route Sign 0266.svg国道266号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
浜町アーケードは国道324号の一部でもある

国道324号こくどう324ごう)は、長崎県長崎市から熊本県宇城市に至る一般国道である。

概要[編集]

長崎県長崎市長崎県庁に近い県庁前交差点から始まる。県庁を通過して浜町地区に差し掛かったところで浜町アーケード区間を通過する[1]。長崎市の茂木港から天草灘の海を高速船で渡る海上国道区間を経て、熊本県天草下島苓北町にある富岡港から再び陸上区間となり、天草下島と天草上島の天草灘・島原湾沿いを通る海岸道路として宇城市へ向かい、同市内の国道57号交点で終わる。

路線データ[編集]

  • 陸上距離:86.6km
  • 起点:長崎県長崎市(県庁前交叉点 = 国道34号国道57号終点)
  • 終点:熊本県宇城市三角町三角浦( = 国道57号交点)
  • 指定区間:なし

歴史[編集]

路線状況[編集]

長崎市の浜町アーケードは、商店街のアーケードでありながら国道324号として指定されており、全国的にも珍しいアーケードの国道に指定さている[1]。浜町アーケード内及びその手前に掛かる銕橋自動車原動機付自転車では、午前5時から午前10時までの1日5時間だけ通行できる。

苓北町から天草市鬼池港までは国道389号と重複。天草下島と天草上島に挟まれた海峡に架かる天草瀬戸大橋は国道266号との重複区間で、天草上島上陸後は国道266号と分かれて北岸を周回し、島の北端にある天草松島に到達する。上島の天草市から上天草市にかけて、有料バイパスで熊本天草幹線道路の一部路線である松島有明道路が並行する。上天草市松島町合津からは国道266号と再び合流して天草五橋の起点である天門橋附近に到達する。

別名[編集]

  • ロザリオライン[2]:天草下島を周回する道路の愛称名。

バイパス道路[編集]

重複区間[編集]

海上区間[編集]

有料道路[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

長崎市の浜町アーケードを過ぎると傾斜の厳しい坂道になりヘアピンカーブにも住宅が立ち並ぶ[2]。峠を越えると一転して住宅街が皆無となり、長崎自動車道との分岐点である連絡路と合流する。さらに峠を下ると長崎半島の付け根に位置する茂木港に到達する。

天草下島から天草上島にかけて、天草灘島原湾を臨む眺望の良い道路が続く。国道266号重複区間であり、天草松島から九州本土に架かる天草五橋および天草パールラインは、九州屈指の観光道路で知られる[2]。天草下島から天草上島、前島池島大池島永浦島大矢野島を経て九州本土の宇城市に至るルートは、離島を渡る国道として国道317号に次いで国道中2番目に多くの離島を渡る[3]

通過する自治体[編集]

  • 長崎県
    • 長崎市
  • 熊本県
    • 天草郡苓北町 - 天草市 - 上天草市 - 宇城市

交差する道路[編集]

沿線[編集]

長崎県

熊本県

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 30-32.
  2. ^ a b c 佐藤健太郎 2014, pp. 128-130.
  3. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 156、「離島を行く国道」より。重複する国道266号も同じく2番目に多い。

参考文献[編集]

関連項目[編集]