国道306号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道306号標識
国道306号
地図
総延長 88.5 km
実延長 85.9 km
現道 84.9 km
制定年 1970年昭和45年)
起点 三重県津市
栗真中山町交差点(北緯34度45分23.45秒 東経136度31分23.32秒 / 北緯34.7565139度 東経136.5231444度 / 34.7565139; 136.5231444 (栗真中山町交差点)
主な
経由都市
三重県亀山市いなべ市
終点 滋賀県彦根市
外町交差点(北緯35度16分1.44秒 東経136度15分59.09秒 / 北緯35.2670667度 東経136.2664139度 / 35.2670667; 136.2664139 (外町交差点)
接続する
主な道路
記法
国道23号標識 国道23号
国道1号標識 国道1号
国道477号標識 国道477号
国道421号標識 国道421号
国道365号標識 国道365号
国道307号標識 国道307号
国道8号標識 国道8号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道23号(重複区間)からの
分岐点
三重県津市河芸町 中瀬交差点
国道306号 終点
滋賀県彦根市 外町交差点
(国道307号 起点)

国道306号(こくどう306ごう)は、三重県津市から滋賀県彦根市に至る一般国道である。

概要[編集]

三重県の県庁所在地である津市の国道23号上にある栗真中山町交差点から伊勢平野鈴鹿山脈東麓に沿って三重県北部を南北に縦貫し、鈴鹿山脈の北部にある鞍掛峠を越えて、滋賀県の東部に位置する彦根市を走る国号8号交点(外町交差点)とを結ぶ延長約88 kmの一般国道の路線で、主な通過地は、三重県津市河芸町、亀山市鈴鹿市四日市市三重郡菰野町いなべ市大安町・北勢町・藤原町、滋賀県犬上郡多賀町である。亀山市 - 菰野町間にかけては、巡見街道の別名がある。起点の栗真中山町交差点から国道23号分岐である中瀬交差点まで国道23号(伊勢街道)との重用区間で、中瀬交差点以北が実延長区間となる単独区間である。三重県側は東名阪自動車道と、滋賀県側は名神高速道路へ連絡しており、前者は鈴鹿IC、後者は彦根ICで高速道路とアクセスする。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく一般国道の路線として、1969年(昭和44年)12月4日政令第280号の公布によって第1次追加指定され、翌1970年(昭和45年)4月1日施行によって国道になった路線である。三重県道・滋賀県道津彦根線が一般国道に昇格したものである[6]

1990年代に入る頃までは、三重県・滋賀県間の鞍掛峠周辺に未舗装(ダート)区間が残っており、1993年頃の当時では、近畿地方に残る貴重なダート国道として知られていた[7]。2車線幅あったダート区間は、平成時代になって舗装化されて、現在はすべてが舗装路となった[8][9]

年表[編集]

路線状況[編集]

鈴鹿山脈を横断する国道306号、鞍掛峠の西側

2016年(平成28年)3月の大雨で鞍掛峠の滋賀県側にて法面が3か所崩落したため鞍掛峠を通り抜ける通行はできなかった[11][12][13]が、2019年(令和元年)5月29日より通行可能となった[14]。 2012年9月には平成24年台風第17号の影響で大規模な崩落が発生し鞍掛峠周辺が2年以上も通行止めになるなど[15]、2012年以降は大半の期間が通行止めになっている。

例年、鈴鹿山脈鞍掛峠周辺の区間(三重県いなべ市藤原町山口 - 滋賀県犬上郡多賀町 6.9 km)は冬季閉鎖となる。閉鎖期間は概ね12月上旬 - 3月下旬[16]

バイパス[編集]

  • 伊船バイパス
  • 四日市菰野バイパス

通称[編集]

  • 巡見街道
  • 濃洲道
  • 大君ヶ畑越[6]

重複区間[編集]

  • 国道23号(三重県津市・栗真中山町交差点(起点)・逆川神社前交差点 - 津市河芸町中瀬)
  • 国道365号(三重県いなべ市・別名交差点 - 黄金大橋南交差点)
  • 国道307号(滋賀県多賀町・多賀交差点 - 彦根市・外町交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ かつては起点から単独区間として旧伊勢街道を北上し、栗真小川町で折れて横川を渡り、小川バス停付近から現在の三重県道55号を北上して現道に至っていた。現在は中瀬交差点までの2.5 kmが国道23号重用延長となっている。
  3. ^ a b c 2003年12月1日に4町が合併していなべ市発足。
  4. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年6月24日閲覧。
  2. ^ マップル広域版-全日本道路地図 p. 62
  3. ^ ナビング-全日本ロードマップ p. 86
  4. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年6月27日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年6月24日閲覧。
  6. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 25滋賀県』角川書店、1979年4月8日、317頁。
  7. ^ 坂下雅司 2018, p. 103.
  8. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 28.
  9. ^ 佐藤健太郎 2015, p. 24.
  10. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和44年12月4日政令第280号)
  11. ^ 国道306号の通行規制(通行止め)について(平成29年4月11日更新)”. 滋賀県土木交通部湖東土木事務所道路計画課. 2017年6月26日閲覧。
  12. ^ 一般国道306号の通行止めの継続について”. 三重県 (2016年6月24日). 2017年6月27日閲覧。
  13. ^ “鞍掛峠:通行止め、3月解除を延期 のり面崩落”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年3月17日). http://mainichi.jp/articles/20160317/ddl/k24/040/215000c 2016年8月28日閲覧。 
  14. ^ 三重県:一般国道306号(鞍掛峠)の通行止め解除について
  15. ^ 一般国道306号(鞍掛峠)の通行止めを解除します”. 三重県. 2015年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  16. ^ 冬期閉鎖区間”. 三重県県土整備部. 2012年10月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 坂下雅司「昔日のダート国道」『酷道大百科』〈ブルーガイド・グラフィック〉、実業之日本社、2018年12月28日、 99 - 103頁、 ISBN 978-4-408-06392-8
  • 佐藤健太郎『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年。ISBN 978-4-06-288282-8
  • 佐藤健太郎『国道者』新潮社、2015年11月25日。ISBN 978-4-10-339731-1
  • 『マップル広域版-全日本道路地図』昭文社. 1992年5月第10版. p.55 ISBN 4-398-30030-9
  • 『ナビング-全日本ロードマップ』株式会社国際地学協会. 1992年9月. p.82 ISBN 4-7718-3151-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]