津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つし
津市
Tsu Montage.jpg
津市旗 津市章
市旗 市章
2006年平成18年)
1月1日制定
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
市町村コード 24201-2
法人番号 7000020242012 ウィキデータを編集
面積 711.19km2
総人口 273,267[編集]
推計人口、2020年9月1日)
人口密度 384人/km2
隣接自治体 鈴鹿市亀山市松阪市伊賀市名張市
奈良県宇陀郡曽爾村御杖村
市の木 ケヤキ
市の花 ツツジ
市の鳥 ウグイス
津市役所
市長 前葉泰幸
所在地 514-8611
三重県津市西丸之内23番1号
北緯34度43分6.4秒東経136度30分20.8秒座標: 北緯34度43分6.4秒 東経136度30分20.8秒
津市役所
市庁舎位置
外部リンク 公式ウェブサイト

津市位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト
津市中心市街地

津市(つし)は、三重県中勢に位置する。三重県の県庁所在地であり、日本で最初に市制施行地に指定された31市の中の一つである。都市雇用圏の人口は約50万人であり、東海地方では愛知県名古屋市静岡県浜松市、静岡県静岡市、岐阜県岐阜市、愛知県豊橋市、三重県四日市市に次いで第7位である。

概要[編集]

伊勢平野のほぼ中心部にあり、海沿いに市街地がある臨海都市である。人口は四日市市に次いで県内第2位。面積は県内最大である。江戸時代には藤堂家が治める津藩城下町として栄えた。旧津市は日本で最初(1889年明治22年〉4月1日)に市制施行した31市の1つで、この時点で市制施行をしたのは東海地方では津市のみである。三重県内の官公庁や国の出先機関、文教施設が集約されており、三重県の行政・文教の中心地となっている。また、周辺自治体と共に人口50万人の津都市圏を形成し[1]、広義での中京圏に属している[2]

日本三大観音の一つである津観音や、建造物としては三重県で初めて国宝に指定された真宗高田派専修寺がある。また、津駅前にある地上18階地下1階の高層複合ビル「アスト津」は、津市のランドマークとなっている。

2006年平成18年)1月1日、津市(旧市)・ 久居市・安芸郡河芸町芸濃町美里村安濃町・一志郡香良洲町一志町白山町美杉村の10市町村の合併によって改めて現在の津市が発足した。またこの合併により三重県内の市町で最大の面積を持つようになった。

現在、日本で唯一の読みがな1文字の自治体である。

地理[編集]

津市中心部周辺の空中写真。1982年撮影の26枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

地形[編集]

河川[編集]

一級河川
二級河川

山地[編集]

森林セラピー基地に認定されている。

主な山

湖沼[編集]

主な湖
  • 錫杖湖
  • 君ヶ野ダム湖
主な池
  • 風早池
  • 大沢(澤)池
  • 横山池

市街地[編集]

津の市街地は、藤堂高虎中世以前からの既存の町に大改造を施して建設した城下町を起源とする[3]。高虎は北を流れる安濃川(塔世川)と、南を流れる岩田川を天然の外堀として利用し、川に挟まれた中央に津城を置き、海寄りの東側に町人地、西側に武家地を配置し、町人地に伊勢参宮街道を引き入れることで繁栄の基礎を築いた[4]。このため城下町へ入る北側の塔世橋と南側の岩田橋が地域感覚の基礎となり、塔世橋以北を橋北(きょうほく)、岩田橋以南を橋南(きょうなん)、塔世橋と岩田橋の間を橋内(きょうない)と呼んでいる[5]。岩田橋の周囲には高札場道路元標が設けられ、津松菱もここに建っている[5]。市街地の核は橋内で、橋南も江戸時代初期から町場化していた[6]。県政の中心となる三重県庁や都市の玄関口である津駅は、かつての「町外れ」である橋北にある[7]。三重県庁は所在地が明治期に四日市に一時移転して津に戻ってきたという事情から、既に数多くの公共施設が建設されていた橋内に適地が見つからなかった。津駅は建設当時、北側から延伸してきた鉄道の終着駅であったため、それぞれ津の入り口にあたる橋北に建設されたという歴史的経緯があり、新しい都市核となった[8]

江戸時代の伊勢参宮街道だった頃は屈曲していた、塔世橋と岩田橋を結ぶ国道23号は、明治期に直線化され、1939年(昭和14年)に幅員20 mに拡幅、更に戦後復興で幅員50 m・片側4車線の道路になった[6]。またこれに直交する形で幅員36 m・片側2車線のフェニックス通りが建設され、橋内の東西軸が完成した[9]。幅の広い国道23号の完成によって市街は東西に分断されてしまい、幹線道路から外れた大門の賑いがそがれ、津城跡も目立たない存在になったという側面がある[10]

気候[編集]

年平均気温は15.9℃。

津市(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 19.0
(66.2)
22.8
(73)
25.9
(78.6)
31.0
(87.8)
33.9
(93)
36.7
(98.1)
39.1
(102.4)
39.5
(103.1)
37.7
(99.9)
31.0
(87.8)
27.2
(81)
23.7
(74.7)
39.5
(103.1)
平均最高気温 °C (°F) 9.2
(48.6)
9.7
(49.5)
12.9
(55.2)
18.4
(65.1)
22.6
(72.7)
26.0
(78.8)
30.0
(86)
31.2
(88.2)
27.7
(81.9)
22.2
(72)
16.9
(62.4)
11.9
(53.4)
19.9
(67.8)
日平均気温 °C (°F) 5.3
(41.5)
5.6
(42.1)
8.5
(47.3)
14.0
(57.2)
18.6
(65.5)
22.4
(72.3)
26.3
(79.3)
27.5
(81.5)
24.0
(75.2)
18.3
(64.9)
12.7
(54.9)
7.8
(46)
15.9
(60.6)
平均最低気温 °C (°F) 1.9
(35.4)
2.3
(36.1)
4.7
(40.5)
9.9
(49.8)
14.9
(58.8)
19.3
(66.7)
23.4
(74.1)
24.4
(75.9)
21.0
(69.8)
14.8
(58.6)
9.0
(48.2)
4.2
(39.6)
12.5
(54.5)
最低気温記録 °C (°F) −7.8
(18)
−7.0
(19.4)
−5.6
(21.9)
−3.0
(26.6)
3.0
(37.4)
9.0
(48.2)
14.6
(58.3)
14.6
(58.3)
8.7
(47.7)
2.3
(36.1)
−1.4
(29.5)
−6.4
(20.5)
−7.8
(18)
降水量 mm (inch) 43.9
(1.728)
59.0
(2.323)
109.9
(4.327)
127.9
(5.035)
177.1
(6.972)
200.4
(7.89)
180.3
(7.098)
137.0
(5.394)
273.1
(10.752)
150.7
(5.933)
83.5
(3.287)
38.5
(1.516)
1,581.3
(62.255)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 5.2 5.9 9.8 8.8 10.3 11.3 11.2 8.5 10.3 8.9 6.0 5.0 101.2
平均月間日照時間 163.2 157.0 175.9 189.0 191.0 150.1 174.8 210.6 156.1 164.8 160.1 173.2 2,065.8
出典: 気象庁

人口[編集]

Demography24201.svg
津市と全国の年齢別人口分布(2005年) 津市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 津市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

津市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接している自治体[編集]

三重県の旗三重県
奈良県の旗奈良県

歴史[編集]

近世以前[編集]

「津」とは「船舶の碇泊する所。ふなつき。港」の意味(岩波書店『広辞苑第六版』より)である。古くは、安濃津として文献にも記される良港であり、平安京にとって重要な港だったことから単に「津」とも呼ばれていた。しかし、明応7年(1498年)の明応地震東海地震)に伴う地盤の上昇と津波のため港は崩壊した。

津藩藤堂氏の城下町として栄え、ポルトガル人やスペイン人の衣装を模した仮装行列を起源とし、後には「朝鮮通信使」などの影響も受けたとされる「唐人おどり」が伝承され(現在、三重県の無形民俗文化財である)、毎年秋に行われる津まつりで披露されている。

江戸時代には伊勢参り宿場町として栄え、伊勢音頭の歌詞に「伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ 尾張名古屋でもつ」と歌われるほどの活況を呈した。

国学者、谷川士清(たにがわ・ことすが)の生家が、中心街の西方の旧道沿いの八町という町並みにある。

近現代[編集]

行政区画の変遷[編集]

津市域の変遷
  • 1889年明治22年)4月1日 - 市制の施行により、安濃郡津城下(津京口町・津立町・津大門町・津中ノ番町・津宿屋町・津蔵町・津千歳町・津入江町・津堀川町・津沢之上町・津新中町・津魚町・津北浜町・津地頭領町・津分部町・津新魚町・津山之世古町・津大世古町・津南浜町・津南世古町・津片浜町・津築地町・津極楽町・津贄崎町・津西検校町・津東検校町・津北堀端・津玉置町・津新道・津西新道・津中新町・津西堀端・津丸ノ内・津南堀端・津一番町・津二番町・津三番町・津枕町・津五軒町・津松之下・津西町・津塔世町・津門前町・津釜屋町・津万町・津北町・津東町・津西来寺町・津宝禄町・津新立町・津東新町・津鷹匠町・西ノ口出屋敷・栄町)・伊予町・岩田村・津興村・八幡町および下部田村の一部(余慶町)・乙部村の一部(字川田・北浦・札ノ辻・七ツ家・南浦の各一部)・塔世村の一部(字新地・榎之下・川田・栄町・徳田および字清原・岡瀬谷・矢下の各一部)・古河村の一部(字東河原・宮元屋敷・東新屋敷の各一部)・藤方村の一部(枝郷藤枝町)・奄芸郡大部田村の区域をもって津市が発足。
  • 1909年(明治42年)4月1日 - 安濃郡建部村塔世村を編入。
  • 1934年昭和9年)6月1日 - 安濃郡新町を編入。
  • 1936年(昭和11年)3月1日 - 安濃郡藤水村を編入。
  • 1939年(昭和14年)7月1日 - 一志郡高茶屋村を編入。
  • 1943年(昭和18年)8月31日 - 安濃郡安東村神戸村櫛形村を編入。
  • 1952年(昭和27年)6月15日 - 一志郡雲出村を編入。
  • 1954年(昭和29年)1月15日 - 河芸郡一身田町を編入。
  • 1954年(昭和29年)8月1日 - 河芸郡白塚町栗真村・安濃郡片田村を編入。
  • 1973年(昭和48年)2月1日 - 安芸郡豊里村を編入。
  • 2006年平成18年)1月1日 - 久居市・安芸郡河芸町芸濃町美里村安濃町・一志郡香良洲町一志町白山町美杉村と合併し、改めて津市が発足。

政治[編集]

行政[編集]

津市の設置・管理する公共施設は約800か所に及び、ホール10か所、公民館53か所など同じ機能を持つ施設が重複しており、維持管理費がかさんでいる[11]

市長[編集]

歴代市長[12]
氏名 就任日 退任日 備考
津市長
- 近藤康雄 2006年(平成18年)1月1日 2006年(平成18年)2月5日 市長職務執行者
1 松田直久 2006年(平成18年)2月6日 2011年(平成23年)2月23日
2 - 3 前葉泰幸 2011年(平成23年)4月25日 現職

旧津市[編集]

つし
津市
Flag of Former Tsu Mie.JPG
Former Tsu Mie chapter.JPG
旧・津市旗 旧・津市章
1906年明治39年)
10月27日制定
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
津市久居市安芸郡安濃町河芸町芸濃町美里村一志郡一志町香良洲町白山町美杉村津市
現在の自治体 津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
市町村コード 24201-2
面積 101.89km2
総人口 165,695
(2005年6月1日)
隣接自治体 鈴鹿市亀山市、久居市、松阪市
安芸郡河芸町、芸濃町、安濃町、美里村
一志郡香良洲町
市の木 ツツジ
市の花 ツツジ
津市役所
所在地 514-8611
三重県津市西丸之内23番1号
 表示 ウィキプロジェクト

合併直前の2006年(平成18年)1月1日時点の(旧)津市の人口は約16万人であり、日本全国の都道府県庁所在地の中で最少だった。

歴代市長[13]
氏名 就任日 退任日 備考
官選旧津市長
1 伊東祐賢 1889年(明治22年)5月13日 1889年(明治22年)11月
2 長井氏克 1890年(明治23年)2月18日 1901年(明治34年)11月
3 黒川佐太郎 1901年(明治34年)11月28日 1907年(明治40年)11月
4 内多正雄 1907年(明治40年)11月 1916年(大正5年)8月
5 有田義資 1916年(大正5年)10月14日 1921年(大正10年)11月
6 御厨規三 1922年(大正11年)2月27日 1925年(大正14年)10月
7 須山栄 1926年(大正15年)1月 1930年(昭和5年)1月
8 堀川美哉 1930年(昭和5年)1月 1945年(昭和20年)8月
9 石原雅二郎 1945年(昭和20年)11月9日 1946年(昭和21年)5月
10 堀川美哉 1946年(昭和21年)7月 1946年(昭和21年)11月
公選旧津市長
11 酒井萬馬 1947年(昭和22年)4月8日 1951年(昭和26年)4月
12 志田勝 1951年(昭和26年)4月 1953年(昭和28年)3月
13 堀川美哉 1953年(昭和28年)5月 1957年(昭和32年)5月
14 角永清 1957年(昭和32年)5月 1974年(昭和49年)6月
15 岡村初博 1974年(昭和49年)7月14日 1994年(平成16年)7月13日
16 近藤康雄 1994年(平成16年)7月14日 2005年(平成17年)12月31日

市民歌[編集]

「このまちが好きさ」

  • いわゆる平成の大合併時に新しい「津市」にふさわしい歌を公募のうえ2009年(平成21年)2月1日に制定。
  • 作詞作曲 : 村田幸一(津市在住)

市議会[編集]

議員定数は34人である[14]

会派名 議員数
市民クラブ 7
県都クラブ 5
津和会 5
一津会 4
日本共産党津市議団 4
公明党議員団 4
改津クラブ 1
至誠会 1
自由民主党市議団 1
津市民の会 1
欠員 0

2019年(令和元年)5月7日現在[15]

県議会[編集]

  • 選挙区:津市選挙区
  • 定数:7名
  • 任期:2019年(令和元年)5月15日~2023年(令和5年)5月14日
議員名 会派名 備考
青木謙順 自由民主党県議団
今井智広 公明党
杉本熊野 新政みえ
舟橋裕幸 新政みえ
小林貴虎 自由民主党県議団
川口円 新政みえ
前野和美 自由民主党県議団

衆議院[編集]

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
三重県第1区(津市など) 田村憲久 自由民主党 8 選挙区

国家機関[編集]

裁判所[編集]

警察庁[編集]

総務省[編集]

法務省[編集]

検察庁

財務省[編集]

国税庁

厚生労働省[編集]

農林水産省[編集]

  • 東海農政局三重県拠点
  • 東海農政局木曽川水系土地改良調査管理事務所中勢支所

国土交通省[編集]

気象庁

防衛省・自衛隊[編集]


独立行政法人[編集]

特殊法人[編集]

施設[編集]

警察[編集]

本部
交番
交番 自治体 所在地
一身田 津市 一身田町
津駅 羽所町
大門 大門
津新町駅 新町
岩田橋 本町
河芸町 河芸町一色
駐在所
警察官駐在所 自治体 所在地
高野尾 津市 高野尾町
櫛形 殿村
片田 片田井戸町
神戸 神戸
椋本 芸濃町椋本
安西 芸濃町北神山
曽根 安濃町曽根
東観 安濃町東観音寺
美里 美里町三郷
その他

消防[編集]

本部

当市の常備消防組織。2006年に合併されるまでは、安芸郡と香良洲町の消防事務を委託していた。2006年の市町村合併で久居市や一志郡(香良洲町を除く)で構成していた久居地区広域消防組合(以下、久居消防)と合併。新しい津市消防本部が発足した。
消防本部は、旧津市では中消防署(寿町)に置かれていた。しかし、老朽化やスペースなどの問題から合併を契機に、施設が新しい久居消防署に新消防本部を設置した。

消防署
  • 久居消防署- 旧久居市、旧一志町を所轄。消防本部と施設を共有
  • 中消防署 - 津市中部(市役所・県庁周辺)、旧香良洲町を所轄。
  • 北消防署 - 津市北部、旧安芸郡を所轄。
  • 白山消防署 - 旧一志郡(旧一志町、旧香良洲町を除く)を所轄。
オリジナル消防車(旧久居消防を除く)

津市ではその地域特性(道が入り組んで狭い)等から、1988年(昭和63年)から独自にオリジナルの小型消防車・装備の開発を行っており、消防関係者の間では「津消式」として知られている。消防車では珍しい3人乗りのシングルキャブを採用している他、PTOの問題等でほとんどの車両が三菱車をベースにしている。最近は緊急消防援助隊に登録したことにより国庫補助が増額したことや技術の進歩に伴い、旧津市の区域を管轄する中消防署・北消防署でも総務省の規格に沿った一般的な消防車が導入されたため、「津消式」消防車は減少している[16]

医療[編集]

主な病院
医師会

郵便局[編集]

主な郵便局
  • 日本郵便
    津中央、七栗・美里・椋本・安濃・一志・白山・家城・竹原・上多気・美杉・奥津の12の集配郵便局と、合わせて68の郵便局(うち簡易郵便局13か所)があり、三重県庁、三重大学の各施設内にも郵便局が設置されている。
  • ゆうちょ銀行
    津市内には簡易郵便局を除く各郵便局(雲出簡易郵便局には設置)など合わせて58か所にATMが設置されており、うち20か所ではホリデーサービスも実施している。
    ただし、直営店は津市内に存在せず、すべて日本郵便がゆうちょ銀行の代理店(簡易郵便局の貯金窓口は、日本郵便から簡易郵便局受託者への再委託による代理店)として郵便局の貯金窓口の形で運営されている。ちなみに、都道府県庁所在地でゆうちょ銀行の店舗が存在しないのは、津市が唯一である。

文化施設[編集]

三重県総合文化センター

運動施設[編集]

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

姉妹都市

国内[編集]

姉妹都市
提携都市
その他

経済[編集]

産業[編集]

ジャパン マリンユナイテッド津事業所

第一次産業[編集]

農業組合

第二次産業[編集]

造船/重工
食品メーカー
電気関連

パナソニック津工場

工業
その他産業

第三次産業[編集]

主な繁華街

中心業務地区 - 丸之内、広明町・栄町(津駅周辺)

百貨店

津松菱

大規模ショッピングセンター

金融機関[編集]

主な金融機関

市内に本社・拠点を置く主な企業[編集]

上場企業[編集]

その他の主な企業[編集]

マスメディア[編集]

新聞[編集]

放送[編集]

教育[編集]

大学[編集]

国立
県立
私立

短期大学[編集]

公立
私立

高等学校[編集]

義務教育学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

特別支援学校[編集]

交通[編集]

津ヨットハーバー

市内に空港は存在しない。最寄りの空港は愛知県常滑市にある中部国際空港となる。津なぎさまちから津エアポートラインで結ばれている。

ヘリポート

鉄道[編集]

市の中心駅:津駅

東海旅客鉄道(JR東海)
近畿日本鉄道(近鉄)
伊勢鉄道
かつては他に、伊勢電気鉄道本線(後の近鉄伊勢線。1961年全廃)・安濃鉄道1944年廃止)・中勢鉄道1942年廃止)などといった鉄道路線も存在した。
東海地方の都道府県庁所在地では唯一、また近畿地方の都道府県庁所在地では奈良市とともに過去にも現在にも路面電車が一度も存在しなかった。これは、市街地の関係だと思われる。また、ライトレールの計画も存在しない。

バス[編集]

高速バス[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

(亀山市) - 伊勢関IC - 芸濃IC - 安濃SA - 津IC - 久居IC - (亀山市)
地域高規格道路

国道[編集]

県道[編集]

港湾[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

辰水神社ジャンボ干支

名所・旧跡[編集]

名勝
街並み保存地区
  • 伊賀街道(街並み保存)
  • 一身田寺内町(町並み保存)
  • 奥津(伊勢本街道、街並み保存)
  • 常夜灯(伊勢街道江戸橋付近〔伊勢街道・伊勢別街道交点〕)
主な城郭
主な寺院
主な神社

観光スポット[編集]

観光スポット
温泉
公園

レジャー[編集]

文化・名物[編集]

イルミネーションファンタジー

祭事・催事[編集]

  • 津まつり「唐人踊り」「安濃津よさこい」など(10月上旬)
  • 高田本山専修寺お七夜(1月9日 - 16日)
  • カンコ踊り(盆)
  • イルミネーションファンタジー(津市美里町)
  • 津花火大会(阿漕浦海岸沖)
  • ビーチバレーボール大会(御殿場海岸)
  • 高虎楽座(フェニックス通り)
  • サマーフェスタ イン ひさい陸上自衛隊第10師団第33普通科連隊グラウンド、8月第1週土曜日)
  • ひさい祭り(10月)
  • 小野獅子舞 白山町川口小野地区(正月)
  • やぶねり
    • 白塚町旧市街地で7月11日に行われる神事。

食文化[編集]

津のうなぎ(ひつまぶし
津ぎょうざ
津が発祥地の食べ物
うなぎ

旧津市域は、人口比で日本一屋が多い都市であり、人口1人あたりの鰻消費量も日本一である[21]。これは、元々は江戸時代に藤堂藩が藩士の滋養強壮と士気向上のために鰻食を奨励し、各地から鰻屋を津城下に集めたことに端を発する。その名残で以前は津市周辺には養鰻場が存在したが、伊勢湾台風で打撃を受け、その多くは廃業した。しかし、市民に広く浸透していた鰻の食習慣は残った。津市においては、他地域とは異なり鰻が大衆食となっており、特に中心街の大門丸之内地区などでは、2010年代以降の鰻の価格高騰を迎える以前は、最上級の「特上」丼(鰻五切入り、肝入り吸物付き)でも1,500円程度で食すことができた。[21]

津ぎょうざ

津ぎょうざとは、直径15cmの大きな皮で餡を包み、油で揚げた揚げ餃子である。起源は学校給食であり、1985年頃に考案され現在も提供されている。2008年から飲食店やイベントで販売されるようになった。いわゆるB級グルメのひとつである。

出身・関連著名人[編集]

政治家[編集]

経済人[編集]

学者・文化人[編集]

芸能・放送[編集]

スポーツ選手[編集]

その他の出身人物[編集]

津市を舞台にした作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 都市雇用圏-Urban Employment Area-”. www.csis.u-tokyo.ac.jp. 2020年2月13日閲覧。
  2. ^ 国勢調査 平成27年国勢調査 大都市圏・都市圏 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ 西村 2018, p. 175.
  4. ^ 西村 2018, pp. 175-176.
  5. ^ a b 西村 2018, p. 177.
  6. ^ a b 西村 2018, pp. 177-178.
  7. ^ 西村 2018, pp. 179-180.
  8. ^ 西村 2018, p. 180.
  9. ^ 西村 2018, pp. 178-179.
  10. ^ 西村 2018, p. 179.
  11. ^ 「似た公共施設 重い負担 合併10年 統廃合の議論停滞」朝日新聞2015年4月23日付朝刊、名古屋本社版34ページ
  12. ^ 朝日新聞』、津市ホームページ。
  13. ^ 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。『朝日新聞』。
  14. ^ 市議会のしくみ”. 2018年11月28日閲覧。
  15. ^ 議員紹介”. 2018年11月28日閲覧。
  16. ^ まだ現役「津消式」[リンク切れ]
  17. ^ 津八幡宮三重県津市 八百万の神、2021年1月16日閲覧
  18. ^ 辰水神社 三重県津市 八百万の神、2021年1月16日閲覧
  19. ^ 野邊野神社, [1], [2], [3]
  20. ^ 医薬品インタビューフォーム 日本標準商品分類番号876134 (PDF)明治製菓
  21. ^ a b 『るるぶ伊勢志摩 '07』2006年。95ページ)
  22. ^ 京都新聞 (2015年4月14日). “河角龍典氏死去 立命館大文学部教授”. 47NEWS. 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月2日閲覧。
  23. ^ 渡辺佳彦 (2014年11月17日). “眼相がいい 岩出玲亜が10代日本最高記録”. ニッカンスポーツ. 2014年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 西村幸夫『県都物語―47都心空間の近代をあるく』有斐閣、2018年3月15日、334頁。ISBN 978-4-641-16516-8
  • 『るるぶ伊勢志摩 '07』JTBパブリッシング、2006年5月。ISBN 978-4-533-06329-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光