河芸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河芸駅
駅入口(2009年2月13日)
駅入口(2009年2月13日)
かわげ
Kawage
9 伊勢上野 (2.4km)
(3.0km) 東一身田 11
所在地 三重県津市河芸町浜田
駅番号 10
所属事業者 伊勢鉄道
所属路線 伊勢線
キロ程 16.4km(河原田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
74人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1973年昭和48年)9月1日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

河芸駅(かわげえき)は、三重県津市河芸町浜田にある、伊勢鉄道伊勢線である。駅番号10

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。当初は島式ホームの予定であった[要出典]。ホームは千鳥状に設置されている。ホームには小さな屋根がある。

単線区間(中瀬古 - 津)では、唯一列車交換が可能である。そのため、快速みえや特急南紀が待ち合わせで停車することがあるが、旅客扱いは行わない。

中瀬古から当駅までは河原田から見て進行方向右側に線路が敷設されているが、当駅からは左側に変わる。

のりば[編集]

(西側) 伊勢線(上り) 鈴鹿四日市方面
(東側) 伊勢線(下り) 方面

※案内上ののりば番号は割り当てられていない。

利用状況[編集]

河原田駅・津駅を除いた伊勢鉄道の駅では、8駅中5位の利用状況である。

河芸駅の利用状況の変遷を下表に示す。

駅周辺[編集]

駅周辺は住宅地であるが、昔はほとんどの用地が田畑か山であった。今でも駅の西側は田畑がある。四日市方面のホーム出口を出ると、駅から町民の森付近交差点まで連なる桜並木がある。津方面のホーム出口から東方向へ進むと国道23号沿いに三重交通バスの停留所がある。

  • 津市役所河芸庁舎(旧 河芸町役場)
  • 河芸町民の森
  • 河芸図書館
  • 河芸中央公民館
  • 河芸ほほえみセンター
  • 河芸保健センター
  • 河芸体育館
  • 河芸町民第1・第2グラウンド
  • 津市立朝陽中学校

隣の駅[編集]

伊勢鉄道
伊勢線
快速「みえ
通過
普通
伊勢上野駅 (9) - 河芸駅 (10) - 東一身田駅 (11)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 長良川鉄道・明知鉄道・樽見鉄道・三岐鉄道・伊勢鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年9月18日、28頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]