浜松市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はままつし
浜松市
Hamamatsu montage.jpg
左上:アクトシティ浜松、右上:秋葉山本宮秋葉神社
右中:遠州鉄道
左下:浜松城模擬天守、右下:浜名湖の夕景
浜松市旗 浜松市章
浜松市旗・浜松市章
2005年6月28日変更
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
団体コード 22130-9
面積 1,558.04km²
(境界未定部分あり)
総人口 792,279
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 509人/km²
隣接自治体 磐田市湖西市島田市
周智郡森町榛原郡川根本町
愛知県豊橋市新城市
北設楽郡東栄町豊根村
長野県飯田市下伊那郡天龍村
市の木 マツ
市の花 ミカン
市の鳥 ウグイス
浜松市役所
市長 鈴木康友
所在地 430-8652
静岡県浜松市中区元城町103番地の2
北緯34度42分38.9秒東経137度43分33.9秒
浜松市役所・中区役所
外部リンク 浜松市Webサイト

浜松市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

浜松市行政区画図

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

浜松市(はままつし)は、静岡県西部(遠州地方)にある政令指定都市。全7区から構成され、静岡県で最大の人口、面積を誇る市である。戦国時代には城下町江戸時代には宿場町として栄えた。

目次

歴史[編集]

地名の由来[編集]

中世に浜松と呼称されるようになったことが、史書にもある。元は曳馬(ひくま)という地名だった。徳川家康が曳馬(引馬)を浜松と改めたことで、以後、浜松として定着する。 (元来、曳馬城の近郊に濱松という町があった。家康が曳馬城を元に増築した城を名付ける際、町の呼び名に因んで濱松城とした)

年表[編集]

古代[編集]

蜆塚遺跡

中世[編集]

鎌倉時代から室町時代まで

三方ヶ原の戦い

戦国時代

近世[編集]

江戸時代

明治から第二次大戦まで[編集]

山葉楽器製造所製作 オルガン
初代の浜松市章
1911年7月1日制定
浜松市街
1930年代の広小路通

昭和(戦後)[編集]

平成[編集]

アクトシティ浜松
2代目の浜松市章
2005年6月28日制定

人口[編集]

Demography22130.svg
浜松市と全国の年齢別人口分布(2005年) 浜松市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 浜松市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
浜松市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 631,284人
1975年 672,261人
1980年 698,982人
1985年 728,300人
1990年 751,509人
1995年 766,832人
2000年 786,306人
2005年 804,032人
2010年 800,912人
総務省統計局 国勢調査より
平均年齢(2011年10月1日現在)[4]
全体 - 44.31 歳
男性 - 42.88 歳
女性 - 45.73 歳
区名 人口
(人)
面積
(km²)
人口密度
(人/km²)
中区 238,477 44.23 5,363.01
東区 126,609 46.29 2,729.27
西区 113,654 114.40 992.53
南区 102,381 47.02 2,176.12
北区 94,680 295.59 319.11
浜北区 91,108 66.51 1,383.46
天竜区 33,957 944.00 35.14

行政区[編集]

浜松市は、2005年7月1日に周辺11市町村を編入合併、2007年4月1日に非道府県庁所在地では4番目の政令指定都市となった。

7つの行政区で構成され、それぞれの区域および区役所の位置は、合併協議の際に決められた。

なお、全ての区に鉄道駅が存在する。

区名 範囲
中区 中心部・萩丘・花川
東区 積志・長上・笠井・中ノ町・和田・蒲・大瀬・大島・小池・市野など
西区 入野・篠原・庄内・和地・伊佐見・神久呂・雄踏舞阪など
南区 白脇・新津・飯田・芳川・河輪・五島・可美など
北区 都田・新都田・三方原・細江引佐三ヶ日など
浜北区 貴布祢・美薗・中瀬・小松など
天竜区 二俣・山東・横山・熊・月・谷山・春野佐久間水窪龍山など

地理[編集]

天竜川下流に広がる市街地
浜松市中心部周辺の空中写真。
1988年撮影の16枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

太平洋ベルト沿いで東京と大阪の中間付近に位置し、南部の平野と北部の山間で構成されている。面積岐阜県高山市に次いで全国で2番目に広い。豊かな自然に囲まれており、北部は赤石山系、東部は全国でも有数の流域を持つ天竜川、南部は広大な砂丘からなる遠州灘、そして西部は浜名湖と四方を異なる環境に囲まれているため、市内各所に舘山寺奥浜名湖弁天島白倉峡などの景勝地がある。

河川[編集]

湖沼[編集]

浜名湖
  • 浜名湖 : 市の南部に位置する都田川水系の汽水湖
  • 引佐細江 : 浜名湖の枝湾で細江湖とも呼ばれる
  • 猪鼻湖 : 浜名湖の枝湾
  • 庄内湖 : 浜名湖の枝湾
  • 佐鳴湖 : 都田川水系新川の中流に位置する湖。日本一汚染度の高い湖として知られた(2001-2006年度。2008年度湖沼部門4位)。
  • 佐久間湖 : 天竜川にある佐久間ダムのダム湖
  • 秋葉湖 : 天竜川にある秋葉ダムのダム湖
  • 船明ダム湖 : 天竜川にある船明ダムのダム湖
  • いなさ湖 : 都田川にある都田川ダムのダム湖
  • 水窪湖 : 天竜川水系戸中川にある水窪ダムのダム湖

[編集]

  • 秋葉山
  • 大草山
  • 根本山
  • 宇津峠
  • 観音山
  • 中根山
  • 竜頭山
  • 戸口山
  • 兵越峠(飯田市境)
  • 青崩峠(飯田市境)
  • 大洞山
  • 蔦ノ巣山(新城市境)
  • 坊ヶ峰(豊橋市境)
  • 白倉山
  • 天日山
  • 光明山
  • 小仏山
  • 常光寺山
  • 井戸口山
  • 五丁坂頭山
  • 鋸山(川根本町境)
  • 入手山
  • 白山(森町境)
  • 蕎麦粒山(川根本町境)
  • 竜馬ヶ岳

隣接自治体[編集]

静岡県

愛知県

長野県


気候[編集]

浜松市
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
57
 
10
3
 
 
78
 
11
3
 
 
149
 
14
6
 
 
168
 
19
10
 
 
191
 
23
15
 
 
241
 
26
19
 
 
190
 
29
23
 
 
151
 
31
24
 
 
249
 
28
21
 
 
165
 
23
15
 
 
119
 
18
10
 
 
52
 
13
5
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁

平野部の気候は温暖で、2月でも晴れた日には上着なしで外出できる日もある。しかし、「遠州のからっ風」と呼ばれる強い季節風が吹くため、気温以上に寒く感じられる日も多い。山間部は夏になるとフェーン現象により、全国一の高温を記録することもある。山間部の天竜区水窪町豪雪地帯に指定されている一方で、沿岸部の浜松市中心部(中区西区南区)は降雪量累計の平年値が0cmであるなど地域差が大きい。

浜松市の気候[5]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 10.1 11.1 14.3 19.3 23.0 25.8 29.4 31.1 28.2 23.1 17.9 12.7 20.5
平均最低気温 2.5 2.7 5.6 10.4 14.9 19.0 23.0 24.0 21.0 15.3 9.8 4.8 12.8
降水量 57.0 78.3 149.4 167.5 190.5 241.3 190.0 150.8 248.9 164.5 118.8 52.3 1809.1
気温: (°C)、降水量: (mm)(1981年から2010年までの平均値)


行政[編集]

歴代市長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日
初代 鶴見信平 1911年7月1日 1911年12月19日
2 小西四郎 1911年12月19日 1915年12月14日
3 竹山平八郎 1916年3月24日 1920年3月23日
4-5 渡辺素夫 1920年7月24日 1928年8月21日
6 中村陸平 1928年12月5日 1932年11月4日
7 高柳覚太郎 1933年3月17日 1934年9月17日
8-9 横光吉規 1935年2月8日 1942年9月20日
10 藤岡兵一 1942年11月28日 1946年11月11日
11 坂田啓造 1947年4月16日 1951年4月15日
12-13 岩崎豊 1951年4月25日 1959年4月30日
14-18 平山博三 1959年5月1日 1979年4月30日
19-23 栗原勝 1979年5月1日 1999年4月30日
24-25 北脇保之 1999年5月1日 2007年4月30日
26-27 鈴木康友 2007年5月1日 現職

浜松市役所組織[編集]

浜松市役所では、部制を採用している。

市長事務部局[編集]

市長 - 副市長(2)

  • 企画調整部
  • 総務部
  • 財務部
  • 市民部
  • 健康福祉部
  • こども家庭部
  • 環境部
  • 産業部
  • 都市整備部
  • 土木部
  • 区役所(7)

市長 - 会計管理者

その他部局[編集]

区役所[編集]

役所名 住所
中区役所 静岡県浜松市中区元城町103番地の2
東区役所 静岡県浜松市東区流通元町20番3号
西区役所 静岡県浜松市西区雄踏一丁目31番1号
南区役所 静岡県浜松市南区江之島町600番地の1
北区役所 静岡県浜松市北区細江町気賀305番地
浜北区役所 静岡県浜松市浜北区西美薗6番地
天竜区役所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣481番地

政治[編集]

市議会[編集]

浜松市議会 (定数46、2011年4月選挙、任期:2011年5月1日 - 2015年4月30日、2013年6月現在)

選挙区別・会派別議員数一覧表
  合計 中区 東区 西区 南区 北区 浜北区 天竜区
定数 46 14 7 6 6 5 5 3
自由民主党浜松 21 5 4 1 2 4 2 3
創造浜松 9 2 1 3 1 1 1  
市民クラブ 6 3   1 1   1  
公明党 5 2 1 1 1      
日本共産党浜松市議団 2 1         1  
社会民主党浜松 1       1      
欠員 2 1 1          

県政[編集]

静岡県議会議員 (定数69、2011年4月選挙、任期:2011年4月30日 - 2015年4月29日、2014年3月現在)

  • 中区 - 定数4 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県議団…2、無所属…1)
  • 東区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、富士の会…1)
  • 西区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県議団…1)
  • 南区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県議団…1)
  • 北区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県議団…1)
  • 浜北区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県議団…1)
  • 天竜区 - 定数1 会派別内訳(自民改革会議…1)
  • 2013年5月までに中区選挙区及び東区選挙区において欠員が生じていたが、6月に知事選挙を行うことに伴い、県議会議員の補欠選挙が行われた。

国政[編集]

衆議院議員 - 第46回衆議院議員総選挙 (2012年12月16日執行)

参議院議員 - 第22回参議院議員通常選挙 (2010年7月11日執行)

警察・消防[編集]

警察署

西区舞阪町は新居警察署(現 湖西警察署)の管轄であったが、2007年4月より浜松中央署の管轄に変更した。

消防署

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市[8]

音楽・文化友好都市[8]

友好交流都市[8]

友好都市[8]

地区構成[編集]

各区の記事を参照。

第一次産業[編集]

農業[編集]

浜松市に合併された地区を中心に農業が盛んであり、農業産出額は全国4位となっている(2006年)。野菜や花き、果実の他に、浜北区では植木生産が行われ、天竜区などの北部森林地域は、東海地方屈指の林業地帯となっている。

2006年の農業産出額は540億円である。2000年度以降は減少傾向にあり、600億円を割り込んだ額で推移している。

主な農産物[編集]

浜松市において産出されている品目のうち、産出額が上位15位以内のものを掲載する。

  • みかん - 主要な作目の1つとなっており、「浜名湖みかん」というブランドで全国に出荷されている。特に三ヶ日地域自治区のみかんについては品質が優れていることから「三ヶ日みかん」というブランドが別に与えられ、高値で取引されている。
  • - 多くの水田があり、県内1位の順位を誇る。
  • - 愛知県田原市に次ぐ、全国屈指の菊の産地。遠州地方の花きの主力品目。静岡県全体の70%を、浜松市で生産している。
  • - 天竜区天竜地域自治区・春野地域自治区は、遠州地方では旧小笠郡掛川市牧之原市など)に次ぐ緑茶栽培の中心地区となっている。「遠州山のお茶」という統一ブランドを持つ。渋味とほのかに残る甘味。
  • チンゲンサイ - 浜名湖東岸での生産が盛んで、産出額は全国1位である。
  • サツマイモ - 西区篠原地区を中心に、紅高系と紅あずまの品種が栽培されている。
  • ジャガイモ - 三方原では、ジャガイモの生産が盛んで、県1位の産出額である。北海道などの主要産地より収穫期が早く高品質であるので端境期の高級食材として有名シェフ等に利用されている。
  • ネギ - 東区では葉葱を、南区では白葱の生産が主である。
  • セロリ - 東区西区で主に栽培され、全国1位の産出額を誇る。
  • 畜産業 - 豚肉は「浜名湖もちぶた」、牛肉は「静岡そだち」としてブランド化されている。牛乳鶏卵の生産も行われている。

漁業[編集]

代表的な水産物[編集]

  • ウナギ - 浜松の特産品として全国的に有名。
  • トラフグ - 遠州灘は日本有数の漁場。その大半が下関に送られている。
  • シラス - シラス干がほとんどだが、産地近くでのみ食べられる生シラスは絶品である。
  • アサリカキ - 生産量は少ない。
  • ノコギリガザミ - 浜名湖の名産品。ドウマンガニと呼ばれ淡白でうまみのある肉質。
  • クルマエビ - 浜名湖産は比較的小ぶりで、天ぷらまたは生食用。
  • ノリ - 古くから舞阪周辺で養殖される。
  • スッポン - 全国の70%を浜名湖周辺で生産する。
  • ハモ - 京都で祇園祭の頃に消費されるハモの大半は浜名湖産であるといわれている。

その他の水産物[編集]

  • 浜名湖 - ウナギ、スズキ、サヨリ、イワシ、エビ、カニ、タイ、シラスウナギ、ヒラメ、アサリ、ノリ、カキ
  • 遠州灘 - フグ、シラス、イワシ、タチウオ、ヒラメ、タイ、イサキ、スズキ、カツオ、サワラ、アジ
  • 天竜川 - アユ、アマゴ
  • 養殖 - ウナギスッポンアユ

主な漁港[編集]

  • 村櫛漁港(西区村櫛町
  • 舞阪漁港(西区舞阪町舞阪)

第二次産業[編集]

浜松市は工業都市であり、スズキヤマハといった国内屈指の大企業も本社を構え、製造品出荷額は2兆円を超える。浜松の工業の大半は小規模工場で、その多くは繊維楽器自動車オートバイに関連する大企業の下請け工場である。近年、ホンダやスズキなどの工場再編計画で下請け企業にとって厳しい状況である。

市街地の周りには古くからある繊維工場や楽器、機械工場があり、郊外には輸送用機器工場などの大規模工場が各工業団地とともに分布している。北区の都田テクノポリスや細江テクノタウンには、先端技術産業の工場や研究施設が設置されている。

工業の歴史[編集]

繊維産業
浜松は江戸時代から綿織物の産地として栄え、明治時代には現在の笠井を中心として綿織物の大生産地となった。
楽器工業
明治後半に山葉寅楠オルガンを製作したことから始まった楽器工業は、昭和に入ってヤマハ河合楽器の2大メーカーとなり、1960年代の高度経済成長とともに浜松の楽器産業は飛躍的に発展し世界的な楽器の生産地となった。
輸送機器
戦後に本田宗一郎が、不要になった軍用無線機の発電用エンジンを改良して自転車に取り付けたことから、浜松のオートバイ産業は始まった。一時は40社に達するほどであったが、現在は大手3社だけが生産を行っている。

主要産業[編集]

楽器
浜松は、楽器産業が盛んな都市である。特にピアノは全国シェアの100%を占める独占産業である。市内には、首位のヤマハ河合楽器製作所、2005年からはローランドの本社もあるので日本の三大楽器メーカーが浜松に存在することになる。ピアノの他にも浜松では、電子オルガン電子ピアノシンセサイザー管楽器ギターなど、さまざまな楽器の生産が行われている。メロディオンピアニカハーモニカなどの生産も多い。
輸送機器
本田技研工業創業の地で、現在でも浜松製作所が存在し、四輪車用AT/M(自動変速機)、CVT(無段変速機)を生産している。また、スズキの本社工場もあるがエンジンの生産のみで、完成車は生産していない。
繊維産業
浜松には多くの繊維工場が存在し、特に浴衣の生産では全国有数の生産地域となっている。
光電子技術産業
浜松高等工業学校(現静岡大学工学部)助教授(後に教授)の高柳健次郎が、テレビジョンを発明した。高柳の教え子らが創業した浜松ホトニクスの本社と主要工場がある。

第三次産業[編集]

浜松市は一般的なマイホーム志向による郊外居住に加えて、工業都市であるため郊外に勤務地を持つ者も多く、人口規模の割りに 人口集中地区 (DID) の人口が少ない(浜松市:約40万人、静岡市:約60万人。2005年)。このような市街の集積度の低さに加え、モータリゼーションの進展も加わり、駐車場の少ない中心部商店街では最寄品(食料品・日用品など)の売上が中心の総合スーパー (GMS) がオーバーストア状態となっていた。そこに無料駐車場付きのGMS(またはスーパーセンター)が郊外に次々と進出したことで、イトーヨーカドー浜松駅前店など中心部のGMSが相次いで消滅した。

しかしながら、そうした中でも買回り品や専門品を取り扱う百貨店は余力があると見られていた[誰によって?]。しかし、消費の低迷のみならず、近年急速に買回り品や専門品の物販集積が進んでいる名古屋市と静岡市に挟まれた浜松市の地理的要因もあり、西武百貨店・丸井などは撤退、松菱は経営破綻(はたん)し、現在は浜松駅前の遠鉄百貨店を残すのみである。

物販の郊外化が進んだことにより、中心商店街では空き店舗が夜型飲食店にとって代わっており、歓楽街化が進んでいる。

上記のように浜松市は、1991年の不動産バブル崩壊から今日にかけて、中心繁華街の衰退が顕著である。

主な商業地[編集]

中心部

郊外の大型店


主な企業[編集]

地方公営企業[編集]

本社[編集]

楽器・音楽関連産業

自動車関連産業

光関連・精密機器

繊維・紡績

  • 丸八真綿(寝具製造)
  • テイボー(マーキングペン先の製造)
  • レワード(野球用ユニフォーム製造)

その他


拠点[編集]

発祥[編集]

マスメディア[編集]

市内に立地するもの[編集]

NHK静岡放送局および静岡県をエリアとする民間放送テレビの地上デジタルテレビジョン放送を中継する浜松中継局がある。また、浜松本社ではなく静岡市に本社を持つテレビ局の支局や支社があるが、専用スタジオによる放送は行われていない。新聞は、中日新聞の遠州地方を管轄する東海本社や、静岡新聞浜松総局、各新聞社の支局や通信部が置かれている。

中京広域圏の放送[編集]

  • 中京広域圏のテレビ放送はアナログでは主に豊橋中継局から20素子以上のUHFアンテナと浜松地区専用ブースターを取り付ける事で日常的に視聴されていた。尚、地上デジタル放送では豊橋中継局や二川テレビ中継局スピルオーバーが抑制されているのと、静岡親局島田中継局が豊橋中継局・二川テレビ中継局の物理チャンネルと重なるため、西区・北区・南区の中田島より西の地域を除き視聴困難。しかしその一方、地域によっては豊橋中継局や二川テレビ中継局の方向にUHFアンテナ1本を向けるだけで静岡県・中京広域圏のテレビ放送が受信可能な場合もある。上記の放送局を浜松市内および近隣の湖西市で受信している場合はNHK名古屋総合・テレビ愛知を除き3桁のチャンネル番号に枝番が付けられる(例:東海テレビ・011-1)。

天竜区を除いた一部地域では、以下のAMラジオ放送およびFMラジオ放送の聴取(見えるラジオ含む)も可能。

※ クリアな音声で聴くには、5素子以上のFMアンテナの設置が必要。また、NHK名古屋放送局のラジオ第1(729KHz)・第2(909KHz)は、市内の全域で聴取可能となっている。

金融機関[編集]

本店を有する信用金庫[編集]

浜松市に本店を置く(第一)地方銀行第二地方銀行は存在しないが、上記の2つの信用金庫が市内全域に 店舗網を有している。ほかに磐田信用金庫も、浜松市内に多くの店舗を有している。

都市銀行(メガバンク)[編集]

信託銀行・外国銀行[編集]

地方銀行・第二地方銀行(浜松市内の代表店舗を掲載)[編集]

政府系・系統金融機関ほか[編集]

医療[編集]

浜松市には浜松医科大学浜松医療センターをはじめとして、聖隷三方原病院聖隷浜松病院遠州病院などの医療機関が集中している。浜松ホトニクスPET機器の開発を行っており、研究開発と臨床実践を兼ねた財団法人浜松光医学財団が健診センターを設けている。

独立行政法人・国立大学法人医療施設[編集]

市立医療施設[編集]

  • 中区
  • 北区
    • 浜松市引佐鎮玉診療所(北区引佐町四方浄)
    • 浜松市引佐鎮玉診療所渋川出張診療所(北区引佐町渋川)
    • 浜松市引佐伊平診療所(北区引佐町伊平)
  • 浜北区
    • 浜松医療センター附属診療所(先端医療技術センター)(浜北区平口)
  • 天竜区
    • 浜松市国民健康保険佐久間病院(天竜区佐久間町中部)
    • 浜松市国民健康保険佐久間病院附属浦川診療所(天竜区佐久間町浦川)
    • 浜松市国民健康保険佐久間病院附属山香診療所(天竜区佐久間町大井)
    • 浜松市春野歯科診療所(天竜区春野町宮川)

民間等の病院[編集]

  • 中区
    • 静岡県厚生農業協同組合連合会 遠州病院(中区中央一丁目)
    • 医療法人社団新風会 丸山病院(中区助信町)
    • 社会福祉法人聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院(中区住吉二丁目)
    • 医療法人社団あずま会 八幡の森クリニック(旧医療法人弘遠会 すずかけ病院、中区八幡町)
    • 佐鳴湖病院(中区佐鳴台六丁目)
    • 三澤病院(中区佐藤三丁目)
  • 東区
    • 天王病院(東区天王町)
    • 医療法人社団盛翔会 浜松北病院(東区大瀬町)
    • 有玉病院(東区有玉南町)
  • 西区
    • 医療法人社団一穂会 西山病院(西区西山町)
    • 特定医療法人社団松愛会 松田病院(西区入野町)
    • 湖東病院(西区伊左地町)
    • 中西病院(西区入野町)
  • 南区
    • 浜松南病院(南区白羽町)
    • 浜松東病院(南区福島町)
    • 三方原病院(南区小沢渡町)
    • 医療法人弘遠会 すずかけセントラル病院(旧社会保険浜松病院の移転用地、南区田尻町)
  • 北区
  • 浜北区
    • 日本赤十字社静岡県支部 総合病院浜松赤十字病院(浜北区小林)
    • 浜北病院(浜北区小松)
    • 協立十全病院(浜北区平口)
    • 遠江病院(浜北区中瀬)
    • 浜北さくら台病院(浜北区四大地)
  • 天竜区
    • 医療法人弘遠会 天竜すずかけ病院(天竜区二俣町二俣)

教育[編集]

国公立大学・短期大学[編集]

  • 静岡大学浜松キャンパス 設置学部:工学部、情報学部(大学院情報学研究科・大学院工学研究科・自然科学系教育部{創造科学技術大学院}・創造科学技術研究部)※廃止学部:工科短期大学部(中区城北三丁目)
  • 浜松医科大学 設置学部:医学部(東区半田山一丁目)
  • 静岡文化芸術大学(中区中央二丁目)※公立大学法人による運営

私立大学・短期大学[編集]

専修学校[編集]

  • 専門学校ルネサンス・デザイン アカデミー(中区北田町)
  • 専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー(中区北田町)
  • 静岡県立農林大学校林業分校(浜北区於呂)(専修学校専門課程)(農業者研修教育施設
  • 浜松市立看護専門学校(中区佐鳴台五丁目)
  • 常葉学園医療専門学校(北区都田町)
  • 浜松医療福祉専門学校(中区連尺町)
  • 浜松市医師会看護高等専修学校(中区鴨江二丁目)
  • 浜松歯科衛生士専門学校(中区鴨江二丁目)
  • 静岡医療科学専門学校(浜北区平口)
  • 専門学校浜松医療学院(浜北区貴布祢)
  • 笹田学園デザインテクノロジー専門学校(中区東伊場一丁目)
  • 東海調理製菓専門学校(中区板屋町)
  • 東海工科専門学校(中区中沢町)
  • 静岡県西部理容美容専門学校(中区鴨江一丁目)
  • 浜松調理菓子専門学校(中区広沢一丁目)
  • 常葉環境情報専門学校(東区半田山二丁目)
  • 浜松情報専門学校(中区中央三丁目)
  • 浜松日建工科専門学校(中区海老塚一丁目)
  • 大原簿記専門学校浜松校(中区鴨江二丁目)
  • 大原法律公務員専門学校浜松校(中区鴨江二丁目)
  • 国際医療管理専門学校浜松校(中区元浜町)
  • 国際観光専門学校浜松校(中区元浜町)
  • 大原トラベル・ホテル専門学校浜松校(中区鴨江二丁目)
  • オイスカ開発教育専門学校(西区和地町)
  • 白百合洋裁専修学校(中区助信町)
  • トミヅカ洋裁専修学校(中区富塚町)
  • ニュースタイル専修学校(中区葵東二丁目)
  • 林洋裁専修学校(中区中央二丁目)
  • 平山文化服装専修学校(中区城北二丁目)
  • スミレ文化服飾専修学校(天竜区二俣町南鹿島)
  • 三ケ日文化専修学校(北区三ヶ日町三ヶ日)

高等学校・中学校・小学校・幼稚園[編集]

高等学校

中学校

小学校

幼稚園

特別支援学校[編集]

各種学校[編集]

学校教育以外の施設[編集]

職業訓練

自動車教習所

静岡労働局長登録教習機関

  • 静岡県セイブリフトスクール
  • 聖隷福祉事業団

保育所

文化施設[編集]

博物館[編集]

  • 浜松市楽器博物館(中区中央三丁目)
  • 浜松市博物館(中区蜆塚四丁目)
  • 浜松市復興記念館(中区利町)
  • 浜松市伊場遺跡資料館(中区東伊場二丁目)
  • 犀ヶ崖資料館(中区元城町) - 鼠小僧の墓
  • 浜松市舞阪郷土資料館(西区舞阪町舞阪)
  • 浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館(北区細江町気賀)
  • 浜松市・市民ミュージアム浜北(浜北区貴布祢)
  • 浜松市春野歴史民俗資料館(天竜区春野町宮川)
  • 浜松市水窪民俗資料館(天竜区水窪町地頭方)

美術館[編集]

その他[編集]

ホールなど[編集]

図書館[編集]

文化[編集]

食文化[編集]

下記の一部は浜松市のみならず遠州地区全域にいえる。

  • 名産品
エシャレット
浜松市南区は、エシャレットの栽培が盛んである
エシャレットは、浜松では一般に、そのまま味噌などをつけて食べる。
浜松餃子
浜松市は、餃子の消費額(総務省家計調査による)が宇都宮市と共に全国トップで、近年急激に有名になったが、2011年における消費額で全国第一位となった後翌2012年でも2年連続第一位となった。元来独特の餃子文化を持っている。また、餃子専門店の数が全国的にみても多く、「浜松餃子」ブランドを確立しようと、浜松餃子学会(2005年発足/市民ボランティアによる)が活動をしている。マスコットキャラクターとしてちゃおを擁する。
うなぎ
浜名湖の養殖ウナギは全国的にも有名であり、浜松にはうなぎ屋もたくさんある。日本で最初のうなぎの養殖を始めた地域である。学校の給食にもまれにうなぎの蒲焼が出る。また、ウナギを使ったお土産菓子として春華堂うなぎパイも全国的に有名で、他にも「うなぎんぼ」などが作られている。
あさり
浜名湖では、アサリが盛んに取れ、市内の寿司屋ではあさりの寿司などもある。
お好み焼き
沢庵漬けを使った特徴的なお好み焼きがあり、他地方から遠州焼きと呼ばれることがある。
  • 食文化全般
味噌
白みそが中心ではあるが白みそ・赤みそ共に用いられ、好みにより使い分けられている。当地域でおでんと言うと味噌田楽を指し、煮込みおでんは関東煮(かんとうに・かんとに)と呼ばれるが、どちらも食される。遠州のもつ煮は八丁味噌文化圏と同じ土手煮である。
はんぺん
当地域で生産されているはんぺんは通常の白いはんぺんであるが、近年では黒はんぺんも売られている。

交通[編集]

鉄道[編集]

※ LRT(ライトレール)を導入する構想がある。市民団体などによって研究部会が発足し、浜松駅周辺へ郊外に延びる路線策定等が行われている。現状では市民が中心となった構想の段階で、行政側としてはまだ目立った動きは無いが、リチウムイオンバッテリー等の代替燃料を使用した「世界初の二階建て無架線LRT」を導入の主眼として構想されている。

乗車カード
鉄道路線に於ける乗車カードは以下の通り。かつては磁気ストライプ式のETカード(遠州鉄道)も利用できたが、2006年販売終了、2010年利用終了となり現在は利用できない。

バス[編集]

遠鉄バスを中心に運行されているが、2007年に浜松バスが浜北区内で路線バス事業を開始した。合併前の浜松市では交通部による公営交通「市営バス」を運行していたが、1986年に廃止し遠州鉄道に全路線を移譲している。現在の浜松市自主運行バスは浜松市が運行主体ではあるが公営交通ではなく、廃止代替バスやコミュニティバスなどの自治体バスである。また、天竜区春野町のみ秋葉バスサービスが乗り入れている。

一般路線バス
乗車方法は後乗り前降り後払い方式であり、運賃は整理券による多区間制である。
高速バス
乗車カード
一般路線に於ける乗車カードは以下の通り。かつては非接触型ICカードEG1CARD(遠州鉄道バス)も利用できたが、ナイスパスへの以降に伴い2004年一杯で利用が終了している。
  • ナイスパス(遠州鉄道バス)- 非接触型ICカード。相互利用は行っておらず、計画も無い。
  • ETカード(遠州鉄道バス) - 磁気ストライプ式。2006年に販売を終了している。
  • パサールカード(秋葉バスサービス) - 磁気ストライプ式。
オムニバスタウン
1997年12月25日、浜松市は日本初のオムニバスタウンに指定された。なお、オムニバスタウンとしての施策については遠鉄バス#特徴的な施策を参照。

タクシー[編集]

  • 遠鉄タクシー
  • 遠鉄交通(旧:浜松名鉄交通)
  • スタータクシーグループ(浜松タクシー・富士タクシー・浜松交通タクシー)
  • 西部タクシー
  • 浜松日本タクシー
  • 光タクシー
  • ミナミタクシー
  • 外山タクシー
  • 浜松市個人タクシー協会

索道[編集]

道路[編集]

高速道路

浜松IC - 三方原PA - 浜松西IC - 浜名湖SA - 三ヶ日IC - 三ヶ日JCT

一般国道

高速自動車国道ではなく一般国道自動車専用道路B路線として整備されるため一般国道の項目に含めた

県道

道路愛称[編集]

  • 東海道(国道152号、国道257号、県道312号)
  • 姫街道(県道261号)
  • 姫街道(国道257号)
  • 本坂通り(国道257号)
  • 金指街道(国道257号)
  • 笠井街道(県道45号)
  • 舘山寺街道(県道48号)
  • 雄踏街道(県道62号)
  • 掛塚街道(国道150号)
  • 遠州大橋通り(国道150号)
  • 自動車街通り(国道152号)
  • 飯田街道徳川家康の命によってつくられた飯田街道(現在の国道153号)とは無関係
  • 二俣街道
  • 中田島街道
  • 六間道路
  • 駅南大通り
  • 柳通り
  • さざんか通り
  • 電車通り
  • 都田テクノロード:満州街道とも呼ばれる
  • 浜松環状線(県道65号、国道257号)
  • 掛舞線(県道316号)
  • 飛龍街道(国道152号)
  • 高林バイパス(わかふじ国体開催時に制定)

未決定の道路愛称[編集]

  • 住吉バイパス
  • 丸塚バイパス
  • 軽便街道

空港[編集]

スポーツ[編集]

バスケットボール[編集]

野球[編集]

高校野球では、浜松商業高校浜松工業高校浜松西高校興誠高校(当時)、浜松北高校浜名高校などが甲子園に出場しており、浜松商業高校は1978年春の選抜高等学校野球大会で全国優勝した。近年においては、2002年夏の甲子園に興誠高校が、2003年春の甲子園に浜名高校(当時浜北市)が出場して以来、浜松市内の高校は全国大会に出場していない。

  • ヤマハ硬式野球部 - 都市対抗野球の強豪チームで、1972年、1987年、1990年に優勝している他、プロ野球選手も輩出している。
  • 浜松ケイ・スポーツBC - 河合楽器硬式野球部は都市対抗野球の強豪チームだったが、2001年に休部となった。所属選手は、プロ野球やヤマハ硬式野球部などに移籍した。2002年に河合楽器野球部を母体とする浜松ケイ・スポーツBCが結成され現在に至る。

サッカー・フットサル[編集]

浜松市をホームタウンとするJリーグクラブはなく、政令指定都市では唯一である。ただし隣接する磐田市をホームタウンとするジュビロ磐田J2)は、市内にオフィシャルショップやジュニアユースチームを設けている。

主なスポーツ施設[編集]

スポーツイベント[編集]

観光地・土産[編集]

観光地[編集]

土産・伝統工芸品[編集]

祭事[編集]

祭事の文化面については遠州地方を参照のこと。

音楽系

作品[編集]

映画

漫画

小説

ゲーム

テレビ番組

出身有名人[編集]

歴史的人物[編集]

政官界[編集]

学術[編集]

産業[編集]

作家・画家・デザイナー[編集]

音楽・芸能・放送[編集]

スポーツ[編集]

サッカー

野球

その他のスポーツ

航空自衛隊浜松基地[編集]

市内の高丘地区には、航空自衛隊浜松基地がある。その歴史は古く、大正時代に浜松に設置された陸軍飛行連隊がその前身である。昭和に入ると陸軍飛行学校が設置され、浜松は陸軍の重爆撃機の基地となった。太平洋戦争の戦況が悪化すると、浜松は航空基地や、軍需工場の存在とともに、米軍機の日本侵入路に当たっていたため、ほぼ同様の地理条件にあった静岡市と並び、米軍の爆撃目標値に対する実際の爆撃率において全国の都市の中では数少ない100%を超える空襲艦砲射撃を受け、多くの市民が命を落とし、市街地は焦土と化した。

終戦後一時、浜松基地はアメリカ空軍の不時着飛行場となり、1952年に組織された保安隊の航空学校が設置され、日本初の航空基地となった。保安隊はその後、航空自衛隊に改称され、1958年に浜松基地は南基地・北基地に分離したが、1989年に統合して、現在に至っている。所属部隊はパイロットや航空機等の整備員を養成する教育部隊が中心で、航空教育集団司令部がある。1999年には広報館「エアーパーク」も開館し、多くの人が訪れている。また、毎年行われる航空祭(エア・フェスタ)には、全国から多くの航空ファンが訪れている。

その他[編集]

旧浜松市[編集]

合併前の浜松市行政区域

2005年(平成17年)7月1日の合併前における浜松市のデータを記載。

1911年(明治44年)7月1日に制定された市章(記章)は、2005年6月30日をもって廃止された。

三ケ日町・三ヶ日町[編集]

合併当初、(北区)三ヶ日町は、三ケ日町であった。それは、三ヶ日町と東浜名村の合併時に国が三ケ日町と告示したためである。政令指定都市になる前の2007年3月に三ヶ日町に変更された。三ケ日町も参照。

市外局番[編集]

固定電話の単位料金区域は浜松MAである。市外局番は、053(400〜599・920〜959・964〜973・975〜976・978〜989)である。なお、隣接する湖西市も浜松MAである。2007年3月31日までは天竜区の区域が天竜MAで、0539(20〜61・63〜99)、その他の地域が浜松MAで053(400〜599)と、同一市内でも複数の市外局番があり、相互の通話は市外通話扱いだった。

市内局番900番台で欠けている局番は、磐田市豊岡地区天竜MA[現在でも名称は変更なし]、0539-60〜62・74・77・90〜99および63-0GHJ・5GHJ〜9GHJ)で使用中であることが理由である。(豊岡地区は同じ0539でも浜松市ではないため、市外局番統合の対象からは除外された。)同地区は市外局番統合までは、天竜区となる地域と市内通話エリアであった。浜松市内の0539-63-1GHJ〜4GHJを使用している区域は市内局番も含めて053-973-1GHJ〜4GHJに変更された。この変更の影響で、天竜区(浜松MA)と磐田市豊岡地区(天竜MA、現在でも名称は変更なし)は同一MAではなくなったため、相互の通話は市外局番からのダイヤルとなり、通話料も市内通話料金ではなくなった。

1992年までの浜松市内の市外局番は、旧浜松市の大半は0534で、北区の旧引佐町・三ヶ日町・細江町は0535(20~49)、浜北区は05358、西区の旧雄踏町・舞阪町は05359、天竜区の旧天竜市は05392、旧春野町05398(5・6・9)、旧龍山村・佐久間町・水窪町は0539(64~69・82・87)だった。

地域型JPドメイン名[編集]

浜松市は政令指定都市に移行すると、本来は地域型JPドメイン名は city.hamamatsu.jp が割り当られるはずであったが、政令指定都市移行の前に既に hamamatsu.jp が汎用JPドメイン名として浜松市以外の一般事業者に取得されている。このようなケースは堺市でも発生している(政令指定都市#ドメイン名参照)。政令指定都市移行後の現在、従来と同じく city.hamamatsu.shizuoka.jp ドメインを使用している。

鉱山[編集]

浜松市に鉱山があったという話は余り知られていない。現在の天竜区にあった久根鉱山(銅)・峰之沢鉱山、北区にあった黒姫鉱山(マンガン)がそうであるが、もともとは磐田郡佐久間町龍山村引佐郡細江町だったため。政令指定都市でかつて鉱山を有していたのは手稲鉱山豊羽鉱山があった札幌市秋保鉱山があった仙台市、峰之沢鉱山があった浜松市の3市のみである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 残りの18.02km²は湖西市、および新居町(当時。新居町は2010年3月23日に湖西市と合併)に編入。
    国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調 : 平成22年 (PDF)”. pp. 67-69. 2012年4月11日閲覧。
  2. ^ 浜松市. “浜松市民憲章について”. 2011年7月1日閲覧。
  3. ^ 浜松市. “浜松市平和都市宣言”. 2011年7月1日閲覧。
  4. ^ 浜松市. “年齢別・区別町字別人口一覧(平成23年10月1日現在): 浜松市 (PDF)”. 2012年4月11日閲覧。
  5. ^ 気象庁. “平年値(年・月ごとの値) : 浜松”. 2011年9月5日閲覧。
  6. ^ 浜松市. “第2次浜松市総合計画 基本構想 : 第5章 都市の将来像”. 2012年4月5日閲覧。
  7. ^ 浜松市. “浜松市マスコットキャラクター はままつ福市長「出世大名家康くん」”. 2012年4月11日閲覧。
  8. ^ a b c d http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kokusai/intro/sistercities.html
  9. ^ 遠鉄バス. “遠鉄バスのご案内 : 中部国際空港線”. 2012年4月11日閲覧。
  10. ^ 富士山静岡空港. “交通アクセス”. 2012年4月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光