静岡県第8区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗静岡県第8区
衆議院小選挙区 静岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 浜松市中区7区に属しない区域)・東区・南区(7区に属しない区域)
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 塩谷立
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
369,080人
1.58 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

静岡県第8区(しずおかけんだい8く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。

区域[編集]

2002年の公職選挙法改正により、2001年3月1日半田山有玉台(東区)が住居表示化されたことに伴い一部区割りの見直しが行われ、旧9区(現7区)であった半田山二・三・五・六丁目の一部(旧東三方町及び初生町の区域)が8区へ編入されたが、初生町の一部(旧有玉西町の区域)が8区から7区に変更となった。

小選挙区の区割りが検討された段階では、7区(旧9区)の西丘町・花川町(中区)及び大原町・豊岡町・根洗町・初生町・東三方町・三方原町・三幸町(北区)が8区で、逆に佐鳴台(中区)は旧9区だった。

歴史[編集]

自民党の塩谷立が中選挙区時代より地盤としている。浜松市中心部を抱える選挙区のため、塩谷は小選挙区になってから3回落選(1回は比例復活)しているが、大臣を経てからは安定傾向にある。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 北脇保之 新進党
第41回衆議院議員補欠選挙 1999年 塩谷立 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 鈴木康友 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 塩谷立 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 塩谷立 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 斉藤進 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 塩谷立 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 塩谷立 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 塩谷立 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:368,666人 最終投票率:55.34%(前回比:+0.57ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
塩谷立 67 自由民主党 101,858票
50.9%
―― 公明党推薦
比当 源馬謙太郎 44 希望の党 78,524票
39.3%
77.1%
嶋田初江 69 日本共産党 19,645票
9.8%
19.3%


第47回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:360,427人 最終投票率:54.77%(前回比:-7.05ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
塩谷立 64 自由民主党 98,485票
50.9%
―― 公明党推薦
源馬謙太郎 41 維新の党 62,798票
32.4%
63.8%
落合勝二 70 日本共産党 16,658票
8.6%
16.9%
古橋和大 38 無所属 15,671票
8.1%
15.9% ×
第46回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:359,948人 最終投票率:61.82%(前回比:-9.09ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
塩谷立 62 自由民主党 97,125票
44.4%
―― 公明党推薦
源馬謙太郎 39 日本維新の会 58,928票
26.9%
60.7% みんなの党推薦
斉藤進 42 民主党 38,546票
17.6%
39.7% 国民新党推薦
平賀高成 58 日本共産党 13,297票
6.1%
13.7%
太田真平 26 日本未来の党 10,812票
4.9%
11.1% 新党大地推薦
  • 投票結果開票結果 - 静岡県選挙管理委員会
  • 静岡県選挙管理委員会は2012年12月18日、静岡県第8区の当選人を塩谷立とする告示をした[4]
第45回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:359,736人 最終投票率:70.91%(前回比:+2.03ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
斉藤進 38 民主党 123,547票
48.9%
―― 国民新党推薦
比当 塩谷立 59 自由民主党 114,677票
45.4%
92.8% 公明党推薦
平賀高成 55 日本共産党 12,117票
4.8%
9.8%
小西高靖 54 幸福実現党 2,330票
0.9%
1.9%
第44回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:354,360人 最終投票率:68.88%(前回比:+5.42ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
塩谷立 55 自由民主党 128,456票
53.1%
―― 公明党推薦
鈴木康友 48 民主党 101,801票
42.1%
79.2%
落合勝二 61 日本共産党 11,576票
4.8%
9.0%
  • 鈴木は後に浜松市長に転身。
  • 落合は第46回総選挙では7区へ鞍替え(第45回総選挙には不出馬)。
第43回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:350,645人 最終投票率:63.46%(前回比:-1.58ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
塩谷立 53 自由民主党 104,046票
47.4%
―― 公明党保守新党推薦
比当 鈴木康友 46 民主党 101,484票
46.2%
97.5%
平賀高成 49 日本共産党 14,057票
6.4%
13.5%
第42回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:343,134人 最終投票率:65.04%(前回比:+4.12ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木康友 42 民主党 102,938票
46.9%
――
塩谷立 50 自由民主党 95,533票
43.5%
92.8% 公明党保守新党推薦
平賀高成 46 日本共産党 21,137票
9.6%
20.5%
第41回衆議院議員補欠選挙 静岡県第8区

当日有権者数:340,337人 最終投票率:60.87%(前回比:-0.05ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 推薦・支持
塩谷立 49 自由民主党 98,795票
48.5%
鈴木康友 41 民主党 82,318票
40.4%
中谷則子 50 日本共産党 22,510票
11.1%
  • 北脇保之の浜松市長選挙出馬による。
第41回衆議院議員総選挙 静岡県第8区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:333,254人 最終投票率:60.92%(前回比:---ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
北脇保之 44 新進党 98,032票
49.5%
――
塩谷立 46 自由民主党 75,557票
38.2%
77.1%
比当 平賀高成 42 日本共産党 24,339票
12.3%
24.8%

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号(平成29年10月22日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ 平成29年10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  3. ^ 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第63号(平成26年12月14日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  4. ^ 平成24年(2012年)12月18日静岡県選挙管理委員会告示第66号(平成24年12月16日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)

関連項目[編集]