静岡県第8区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗静岡県第8区
衆議院小選挙区 静岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 浜松市中区7区に属しない区域)・東区・南区(旧可美村域を除く)
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 源馬謙太郎
有権者数 36万7888人
1.590 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

静岡県第8区(しずおかけんだい8く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[5]。2002年の公職選挙法改正により、2001年3月1日に半田山と有玉台(現東区)が住居表示化されたことに伴い一部区割りの見直しが行われ、旧9区(現7区)であった半田山二・三・五・六丁目の一部(旧東三方町及び初生町の区域)が8区へ編入され、初生町の一部(旧有玉西町の区域)が8区から7区に変更となった。

  • 浜松市(7区に属しない区域)
    • 相生町、葵西1〜6丁目、葵東1〜3丁目、青屋町、浅田町、旭町、小豆餅1〜4丁目、有玉北町、有玉西町、有玉台1〜4丁目、有玉南町、安新町、安間町、飯田町、池町、石原町、泉町、泉1〜4丁目、板屋町、市野町、植松町、瓜内町、江之島町、海老塚町、海老塚1・2丁目、遠州浜1〜4丁目、老間町、大蒲町、大島町、大瀬町、大塚町、大柳町、卸本町、尾張町、恩地町、笠井町、笠井上町、笠井新田町、鍛治町、春日町、金折町、上浅田1・2丁目、上新屋町、上石田町、上島1〜7丁目、神田町、上西町、鴨江町、鴨江1〜4丁目、河輪町、北島町、北田町、北寺島町、木戸町、貴平町、国吉町、倉松町、元目町、小池町、神立町、紺屋町、御給町、小沢渡町、子安町、材木町、幸1〜5丁目、栄町、肴町、篠ヶ瀬町、佐藤1〜3丁目、佐鳴台1〜6丁目、参野町、三新町、三和町、塩町、鹿谷町、蜆塚1〜4丁目、十軒町、四本松町、下飯田町、下池川町、下石田町、下江町、将監町、常光町、城北1〜3丁目、白鳥町、白羽町、新貝町、新津町、新町、神明町、菅原町、助信町、頭陀寺町、砂山町、住吉1〜5丁目、西伝寺町、積志町、早出町、田町、大工町、高町、高丘町、高丘北1〜4丁目、高丘西1〜4丁目、高丘東1〜5丁目、高林町、高林1〜5丁目、田尻町、立野町、千歳町、堤町、恒武町、都盛町、鶴見町、寺島町、寺脇町、天神町、天王町、伝馬町、天龍川町、利町、常盤町、富塚町、富屋町、富吉町、豊西町、中郡町、中里町、中沢町、中島町、中島1〜4丁目、中田町、長田町、中田島町、長鶴町、中野町、中山町、茄子町、名塚町、平田町、成子町、西町、西浅田1・2丁目、西伊場町、西ヶ崎町、西島町、西塚町、新橋町、布橋1〜3丁目、鼡野町、野口町、法枝町、萩丘1〜5丁目、旅籠町、八幡町、早馬町、原島町、半田町半田山1〜6丁目、東町、東伊場1・2丁目、東田町、曳馬町、曳馬1〜6丁目、広沢1〜3丁目、福島町、福塚町、船越町、文丘町、古川町、芳川町、細島町、本郷町、馬込町、松江町、松小池町、松島町、松城町、丸塚町、三組町、三島町、南浅田1・2丁目、南伊場町、宮竹町、向宿1〜3丁目、元魚町、元城町、元浜町、森田町、薬師町、薬新町、安松町、山下町、山手町、豊町、楊子町、米津町、龍光町、龍禅寺町、流通元町、領家1〜3丁目、連尺町、和合町、和地山1〜3丁目、和田町、渡瀬町[6]

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[7]

  • 浜松市
    • 相生町、葵町、葵東1・2丁目、青屋町、浅田町、旭町、小豆餅1〜4丁目、有玉北町、有玉西町、有玉南町、安新町、安間町、飯田町、池町、石原町、泉町、泉1〜4丁目、板屋町、市野町、植松町、瓜内町、江之島町、海老塚町、海老塚1・2丁目、遠州浜1〜4丁目、老間町、大蒲町、大島町、大瀬町、大塚町、大柳町、卸本町、尾張町、恩地町、笠井町、笠井上町、笠井新田町、鍛治町、春日町、金折町、上浅田1・2丁目、上新屋町、上石田町、上島1〜7丁目、神田町、上西町、鴨江町、鴨江1〜4丁目、河輪町、北島町、北田町、北寺島町、木戸町、貴平町、国吉町、倉松町、元目町、小池町、神立町、紺屋町、御給町、小沢渡町、子安町、材木町、幸1〜5丁目、栄町、肴町、篠ヶ瀬町、佐藤町、佐鳴台1〜6丁目、参野町、三新町、三和町、塩町、鹿谷町、蜆塚1〜4丁目、十軒町、四本松町、下飯田町、下池川町、下石田町、下江町、将監町、常光町、城北1〜3丁目、白鳥町、白羽町、新貝町、新津町、新町、神明町、菅原町、助信町、頭陀寺町、砂山町、住吉1〜5丁目、西伝寺町、積志町、早出町、田町、大工町、高町、高丘町、高林町、高林1〜5丁目、田尻町、立野町、千歳町、堤町、恒武町、都盛町、鶴見町、寺島町、寺脇町、天神町、天王町、伝馬町、天龍川町、利町、常盤町、富塚町、富屋町、富吉町、豊西町、中郡町、中里町、中沢町、中島町、中島1〜4丁目、中田町、長田町、中田島町、長鶴町、中野町、中山町、茄子町、名塚町、平田町、成子町、西町、西浅田1・2丁目、西伊場町、西ヶ崎町、西島町、西塚町、新橋町、布橋1〜3丁目、鼡野町、野口町、法枝町、萩丘1〜5丁目、旅籠町、八幡町、早馬町、原島町、半田町、東町、東伊場1・2丁目、東田町、曳馬町、曳馬1〜6丁目、広沢1〜3丁目、福島町、福塚町、船越町、文丘町、古川町、芳川町、細島町、本郷町、馬込町、松江町、松小池町、松島町、松城町、丸塚町、三組町、三島町、南浅田1・2丁目、南伊場町、宮竹町、向宿1〜3丁目、元魚町、元城町、元浜町、森田町、薬師町、薬新町、安松町、山下町、山手町、豊町、楊子町、米津町、龍光町、龍禅寺町、流通元町、領家1〜3丁目、連尺町、和合町、和地山1〜3丁目、和田町、渡瀬町

小選挙区の区割りが検討された段階では、旧9区の西丘町・花川町(中区)及び大原町・豊岡町・根洗町・初生町・東三方町・三方原町・三幸町(北区)が8区で、逆に佐鳴台(中区)は旧9区だった。

歴史[編集]

自民党の塩谷立が中選挙区時代より地盤としている。浜松市中心部を抱え、無党派層が多い選挙区のため、塩谷は小選挙区になってから4回落選(2回は比例復活)している。第46回で初出馬した源馬謙太郎は第49回で初めて小選挙区での当選を果たした。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 北脇保之 新進党
第41回衆議院議員補欠選挙 1999年(平成11年) 塩谷立 自由民主党 ※北脇保之の浜松市長選挙出馬による辞職に伴う
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 鈴木康友 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 塩谷立 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 斉藤進 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 塩谷立 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年令和3年) 源馬謙太郎 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 静岡県第8区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:36万7189人 最終投票率:56.47%(前回比:増加1.13%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
源馬謙太郎48立憲民主党114,210票
55.82%
――
比当塩谷立71自由民主党90,408票
44.18%
79.16%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 静岡県第8区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:36万8666人 最終投票率:55.34%(前回比:増加0.57%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
塩谷立67自由民主党101,858票
50.92%
――公明党推薦
比当源馬謙太郎44希望の党78,524票
39.26%
77.09%
嶋田初江69日本共産党19,645票
9.82%
19.29%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 静岡県第8区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:36万427人 最終投票率:54.77%(前回比:減少7.05%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
塩谷立64自由民主党98,485票
50.87%
――公明党推薦
源馬謙太郎41維新の党62,798票
32.43%
63.76%
落合勝二70日本共産党16,658票
8.60%
16.91%
古橋和大38無所属15,671票
8.09%
15.91%連合静岡推薦×
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 静岡県第8区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:35万9948人 最終投票率:61.82%(前回比:減少9.09%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
塩谷立62自由民主党97,125票
44.41%
――公明党推薦
源馬謙太郎39日本維新の会58,928票
26.94%
60.67%みんなの党推薦
斉藤進42民主党38,546票
17.62%
39.69%国民新党推薦
平賀高成58日本共産党13,297票
6.08%
13.69%
太田真平26日本未来の党10,812票
4.94%
11.13%新党大地推薦
  • 投票結果開票結果 - 静岡県選挙管理委員会
  • 静岡県選挙管理委員会は2012年12月18日、静岡県第8区の当選人を塩谷立とする告示をした[11]
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 静岡県第8区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:35万9736人 最終投票率:70.91%(前回比:増加2.03%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
斉藤進38民主党123,547票
48.90%
――国民新党推薦
比当塩谷立59自由民主党114,677票
45.39%
92.82%公明党推薦
平賀高成55日本共産党12,117票
4.80%
9.81%
小西高靖54幸福実現党2,330票
0.92%
1.89%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 静岡県第8区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:35万4360人 最終投票率:68.88%(前回比:増加5.42%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
塩谷立55自由民主党128,456票
53.12%
――公明党推薦
鈴木康友48民主党101,801票
42.10%
79.25%
落合勝二61日本共産党11,576票
4.79%
9.01%
  • 鈴木は後に浜松市長に転身。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 静岡県第8区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:35万645人 最終投票率:63.46%(前回比:減少1.58%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
塩谷立53自由民主党104,046票
47.38%
――公明党・保守新党推薦
比当鈴木康友46民主党101,484票
46.22%
97.54%
平賀高成49日本共産党14,057票
6.40%
13.51%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 静岡県第8区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:34万3134人 最終投票率:65.04%(前回比:増加4.12%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鈴木康友42民主党102,938票
46.87%
――
塩谷立50自由民主党95,533票
43.50%
92.81%公明党・保守新党推薦
平賀高成46日本共産党21,137票
9.62%
20.53%
第41回衆議院議員補欠選挙 静岡県第8区

当日有権者数:340,337人 最終投票率:60.87%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
塩谷立49自由民主党 98,795票
48.52%
鈴木康友41民主党82,318票
40.43%
中谷則子50日本共産党22,510票
11.05%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 静岡県第8区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日
当日有権者数:33万3254人 最終投票率:60.92%(前回比:---%) (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北脇保之44新進党98,032票
49.53%
――
塩谷立46自由民主党75,557票
38.17%
77.07%
比当平賀高成42日本共産党24,339票
12.30%
24.83%

出典[編集]

  • 静岡県選挙管理委員会/編 『選挙結果調』 静岡県選挙管理委員会
    • 『選挙結果調 : 平成8年』 (1997年発刊) 全国書誌番号:98015690
    • 『選挙結果調 : 平成11年』 (2000年発刊) 全国書誌番号:20059973
    • 『選挙結果調 : 平成12年』 (2001年発刊) 全国書誌番号:20151936
  • 静岡県選挙管理委員会Webサイト

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月2日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 静岡県”. 総務省. 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 浜松市. “各行政区の区域(区別町名一覧)中区” (日本語). 浜松市公式ホームページ. 2021年9月5日閲覧。
  4. ^ 浜松市. “各行政区の区域(区別町名一覧) 南区” (日本語). 浜松市公式ホームページ. 2021年9月5日閲覧。
  5. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一)”. 衆議院 (平成14-07-31). 2021年10月2日閲覧。地名は2002年(平成14年)当時のものである。
  6. ^ 浜松市住居表示実施一覧”. 浜松市. 2021年10月2日閲覧。
  7. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月2日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  8. ^ 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号(平成29年10月22日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  9. ^ 平成29年10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  10. ^ 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第63号(平成26年12月14日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  11. ^ 平成24年(2012年)12月18日静岡県選挙管理委員会告示第66号(平成24年12月16日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)

関連項目[編集]