愛知県第7区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗愛知県第7区
衆議院小選挙区 愛知県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 瀬戸市6区に属しない区域)、大府市尾張旭市豊明市日進市長久手市愛知郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 山尾志桜里
有権者数 449,104人
1.88 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

愛知県第7区(あいちけんだい7く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の小選挙区改定により瀬戸市十軒家投票区は6区に移管された。

歴史[編集]

名古屋市ベッドタウン及び工業都市として発展してきた地域である。中選挙区時代から非自民系の勢力が強く、民社党青山丘がこの地域を地盤として当選を重ねてきた。その後、青山が民社党から新進党自由党保守党自由民主党と渡り歩く中で、2000年以降民主党小林憲司社会民主党大島令子などが当選。自民党は青山に加え青山入党の前から公認していた鈴木淳司が当選し、青山とのコスタリカ方式を採った。2005年郵政解散の際は郵政民営化に反対した青山が離党、自民党の単独候補となった鈴木が全国的な自民党への追い風も受けて民主党の小林に比例復活も許さず圧勝した。その後、小林は総選挙の落選直後の2005年9月18日に覚醒剤所持で逮捕されたため、民主党から除籍(除名)され、比例東海ブロックの名簿からも除外された。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、新たに民主党の候補となった山尾志桜里が鈴木に比例復活も許さず圧勝した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、民主党山尾と日本未来の党候補者で票が割れた結果、自民鈴木が山尾を破り当選。山尾は、落選者の中で全国最高の92,398票を得たが、惜敗率では届かず(83.7%は比例東海ブロック民主党の名簿中5位・当選者は4人)比例復活も出来ずに落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙では山尾が返り咲いて議席を獲得し、敗れた鈴木は比例東海ブロックで復活に回った。2012年に議席を失った民主党の当選1回の元職議員の中で小選挙区での議席を奪還したのは山尾1人だけであった(ただし衆議院のみ当選1回なら新潟3区黒岩宇洋も該当。黒岩は参議院新潟県選挙区で当選経験あり)。

2017年9月7日に山尾と既婚男性との交際疑惑が週刊誌に取り上げられたことにより、山尾は民主党後継の民進党に離党届を提出し9月8日付で受理された[1]。2017年10月に行われた第48回衆議院議員総選挙では、共産党は山尾を支援するため候補を取り下げ自主投票とした。希望の党は当初中根康浩に7区からの出馬を打診したが本人が辞退[2]したため7区に候補者を擁立しなかった。結果、無所属山尾と自民鈴木の一騎打ちの構図となり、山尾が834票の僅差で鈴木を上回り3選を決めた(鈴木は比例復活)。第48回選挙でこれより僅差だった選挙区は、静岡6区(631票差)、新潟3区(50票差)、埼玉12区(492票差)、北海道10区(513票差)などがあった。48回の愛知7区の投票数は266,783票、 無効票は11,291票であり、無効投票率(無効票数÷投票数)は4.23%となり[3]、これは全国無効投票率(全国総無効票数÷全国総投票数)の2.68%より高かった[4]。愛知7区より無効投票率が高かった小選挙区には、東京16区(5.96%)、熊本1区(4.27%)、福岡8区(5.67%)などがあった。また、大阪3区(10.22%)や兵庫8区(8.84%)などの公明党公認候補が出馬し自民党公認候補がいなかった小選挙区は愛知7区より無効投票率が高い場合が多かった[5]。なお、愛知7区は愛知の全15小選挙区の中で自民候補とその他の候補の一騎打ちが実現した唯一の選挙区となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 青山丘 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 小林憲司 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 小林憲司 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 鈴木淳司 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 山尾志桜里 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 鈴木淳司 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 山尾志桜里 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 山尾志桜里 無所属

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:448,044人 最終投票率:59.55%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山尾志桜里43無所属128,163票
50.2%
――日本共産党×
比当鈴木淳司59自由民主党127,329票
49.8%
99.3%公明党
第47回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:432,249人 最終投票率:57.75%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山尾志桜里40民主党113,474票
46.6%
――
比当鈴木淳司56自由民主党108,151票
44.4%
95.3%公明党
郷右近修36日本共産党21,872票
9.0%
19.3%
第46回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:426,435人 最終投票率:62.31%(前回比:-10.38ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鈴木淳司54自由民主党110,390票
42.8%
――公明党
山尾志桜里38民主党92,398票
35.9%
83.7%国民新党
正木裕美31日本未来の党39,141票
15.2%
35.5%新党大地
郷右近修34日本共産党15,732票
6.1%
14.3%
第45回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:418,255人 最終投票率:72.69%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山尾志桜里35民主党182,028票
61.1%
――
鈴木淳司51自由民主党108,783票
36.5%
59.8%
永田久美子47幸福実現党7,032票
2.4%
3.9%
第44回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日
当日有権者数:402,758人 最終投票率:68.23%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鈴木淳司47自由民主党134,535票
50.0%
――
小林憲司41民主党111,654票
41.5%
83.0%
坂林卓美43日本共産党22,902票
8.5%
17.0%
第43回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日
当日有権者数:394,977人 最終投票率:60.55%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林憲司39民主党102,710票
44.1%
――
比当青山丘62自由民主党93,882票
40.3%
91.4%
大島令子51社会民主党20,172票
8.7%
19.6%
坂林卓美41日本共産党16,255票
7.0%
15.8%
  • 鈴木淳司は比例東海ブロック単独に回り、初当選。
第42回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林憲司35民主党86,651票
38.5%
――
鈴木淳司42自由民主党83,601票
37.2%
96.5%
比当大島令子48社会民主党28,125票
12.5%
32.5%
坂林卓美38日本共産党23,095票
10.3%
26.7%
原田勇49自由連合1,841票
0.8%
2.1%
尾崎昭広63無所属1,621票
0.7%
1.9%×
  • 青山丘は第42回を前に自民党に復党、コスタリカ方式により、この選挙では比例東海ブロック単独候補として当選。
第41回衆議院議員総選挙 愛知県第7区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
青山丘55新進党91,439票
47.5%
――
丹羽太一49自由民主党49,727票
25.9%
54.4%
伊藤啓子40民主党24,620票
12.8%
26.9%
原田秀俊48日本共産党23,009票
12.0%
25.2%
市川恒雄56自由連合2,045票
1.1%
2.2%
大島葉子65国民党1,080票
0.6%
1.2%
江幡弘道35文化フォーラム442票
0.2%
0.5%

脚注[編集]

  1. ^ “山尾氏の離党届受理=前原代表「極めて残念」-民進”. 時事通信. (2017年9月8日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017090800188&g=pol 2017年9月8日閲覧。 
  2. ^ 苦悩する民進前職 衆院選愛知12区 民進前職・中根氏国替え打診を拒否”. 東海愛知新聞 (2017年10月6日). 2017年12月12日閲覧。
  3. ^ 愛知県選挙管理委員会ホームページ
  4. ^ 第48回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査 速報資料
  5. ^ 各都道府県選挙管理委員会ホームページ

関連項目[編集]