維新の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政党
維新の党
Japan Innovation Party
成立年月日 2014年8月1日[1]
前身政党 日本維新の会
結いの党
解散年月日 2016年3月27日[2]
解散理由 民主党との合流
後継政党 民進党
おおさか維新の会(一部)
改革結集の会(一部)
本部所在地
〒100-0014
東京都千代田区永田町二丁目9-6 十全ビル101地図[3]
政治的思想・立場 小さな政府[4]
地方分権[4]
中道主義[4]
シンボル 白抜きで"ISHIN"と書かれた青の円の右上にメビウスの輪
2014年9月21日日本維新の会から党名変更
テンプレートを表示

維新の党(いしんのとう、: Japan Innovation Party)は、かつて存在した日本政党。略称は、維新。1字表記の際は、

概要[編集]

日本維新の会共同代表で結いの党との合流に肯定的であった橋下徹らのグループは2014年8月1日に新たに「日本維新の会」の設立を届け出たうえで、改めて結いの党との合流に向けた交渉をスタートさせた。その後衆議院での統一会派結成などを経て、協議の結果9月21日に結党大会を開き、翌22日に大阪府選挙管理委員会を通じて総務大臣に設立を届け出ることとした。

発足から向こう1年は両党から1人ずつ共同代表を出すこと、東京と大阪の双方に本部を置くことなどが決められるなど、結い側にも譲歩した組織となったが、登記上政党の主たる本部を大阪本部とし、代表者を橋下徹とすること、さらに手続き上は日本維新の会が改称し、結いの党が解党したうえで合流する形となるなど、日本維新側に若干の優位が見られる[5][6][7]

しかし2015年11月、旧結いの党代表江田憲司(橋下は2014年12月に共同代表辞任)から代表を引き継いだ松野頼久率いる執行部に反発したグループがおおさか維新の会を、また同年12月に松野執行部にもおおさか維新にもつかない議員5人が改革結集の会を、それぞれ結成して離脱。

2016年3月27日に解党し、民主党を前身とする『民進党』に合流した[8]。この民進党には改革結集の会の議員も小沢鋭仁を除いて合流している。

党名[編集]

党名に関して当初から「維新」の名称を残したい維新側と、全く新しい名称で党イメージの刷新を図りたい結い側で長く協議がもつれ、一時は橋下代表が「もう『あ党』でも『い党』でもなんでもいい」と発言したが[9]、最終的に『維新の党』とすることで妥結した。一方、党名の英訳語には日本維新の会で用いられた"Restoration"が「王政復古」を意味し、外国メディアの混乱や復古主義への警戒を招いていることが永らく指摘されていたが、今回"Innovation"[10]と改められた[11]

党史[編集]

2010年代の第三極の離合集散

結党前[編集]

2013年当時、野党の中でも日本維新の会みんなの党は、政策も近く合併話が持ち上がっていた。しかし両党ともに党内は一枚岩ではなく、合併などを巡って党内対立が存在していた。

みんなの党内では、党運営を巡る対立や特定秘密保護法をめぐる政策の違い、野党再編に向けたスタンスの違いから渡辺喜美代表と江田憲司幹事長らの対立が激化。同党を除名された江田らを中心に2013年12月18日結いの党が発足した。

江田らは従来から日本維新の会などとの選挙協力や将来的な政界再編を目指しており、2014年1月からは結いの党と日本維新の会の政策協議がスタート、さらに地方議会レベルでは東京都議会神奈川県議会などで結いの党と日本維新の会の合同会派が続々と誕生した。これに対して今度は日本維新の会内で、結いの党との合流に肯定的な橋下のグループと否定的な石原慎太郎のグループとの党内対立が激化。結果、日本維新の会は7月31日に解党した。

8月1日、石原らは次世代の党を結党し離脱、残った議員が改めて日本維新の会(法的には、前日に解散された日本維新の会とは同名義の別団体)を再結党し総務大臣に設立届けを提出[12]8月3日、日本維新の会と結いの党が合流に向けて新党設立準備会を設立[13]。9月10日の合同両院議員総会で新党名が「維新の党」に正式決定された[14]

結党[編集]

9月21日に結党大会を開き、正式に発足[15][16]。旧日本維新の会の橋下徹代表と、旧結いの党の江田憲司代表が共同代表を務める形となった[17][18]。また、11日にみんなの党に離党届を出していた大熊利昭衆議院議員についても同日入党が認められた[19]が、大熊の離党手続きが完了しておらず、10月14日まで党所属議員数への加算が見送られていた[20]

なお、「結いの党」はこれに先立つ同日午前、結党大会の会場と同じ東京高輪ホテルの隣の部屋で解党大会を開き、同日中に総務大臣に解散する届け出を行った[21][20]

翌22日、大阪府選挙管理委員会を通じて総務大臣に「日本維新の会」を「維新の党」に名称変更する届けを提出し、受理された[22][20]。24日には衆議院事務局および参議院事務局に院内会派日本維新の会・結いの党(会派略称:維結)」を「維新の党(略称:維新)」に変更することを届け出た。会派構成人数は衆院41人、参院11人で変更前と変わらず[23]

第47回衆院選前後の動き[編集]

同年12月、第47回衆議院議員総選挙が執行される。合併を巡る維新・みんな双方の党内対立や政党名変更から維新・橋下人気に陰りが出たとみられており、マスコミなどの事前予想では現有42議席からの大幅減は不可避、30台維持で大善戦、との相場であった。投開票前日に、橋下は早々と敗北を認めるという異例の演説を行う。「もうみなさん、明日、自民党公明党、歴史的な大勝利となります。なるんです。もう維新の党、はっきり言って負けます」[24]「2014年12月14日、午後8時。開票が始まった瞬間、自民と公明が320を超える議席を獲って歴史的な勝利を収めます」「いやもう、参りましたよ」「勝ち目ありません!」[25]。また「維新は皆さんを冷めさせてしまった」と頭をさげたが、一方でその後続けて「負けを認めたうえでね、このまま無くなっていくなんて、そんなヤワな根性してません。今まで何度も踏みつぶされても、ここまでやってきた」「もう一度(党内を)引き締めます。立て直さしてください。もう一回、チャンスをください。維新を立ち上げた時の気持ちでやります。ただ完全に負けたら次がなくなる。せめて10人でも20人でも維新の議員を残してください」とも述べ、次回選挙までに党勢拡大を図る旨の発言をしてもいる[26]。選挙の結果、維新の党は衆議院で従来の42議席から1議席減の41議席、誰も予想しない大善戦となった。選挙直前にみんなの党が解散、次世代の党が大敗を喫するなどしており、これが大善戦につながった。

この頃、維新の党是であった大阪都構想が佳境を迎えていた。23日、橋下が「大阪都構想の実現に専念したい」として翌年春の統一地方選挙まで「いったん」共同代表を辞任することを表明、松井一郎幹事長も橋下に同調して辞任した。これにともない、江田が単独の代表に、松野頼久国会議員団長が幹事長に就任。橋下は党の最高顧問、松井は党の顧問に就任したことが維新の党から発表された[27]。しかし、橋下自身は12月24日の大阪市役所における登庁記者会見において「了承した覚えはない。一番嫌な肩書。死んでも嫌」「やるなら法律顧問。事務所で契約して顧問料を請求する」と冗談交じりに述べ、党最高顧問への就任を明確に否定した[28]

統一地方選挙で党勢を拡大して迎えた2015年5月17日、大阪都構想住民投票が行われ、都構想は反対多数で否決された。橋下は大阪市長の任期終了後の政治家引退を表明した。同時に江田も代表を退くことを表明した。5月19日、幹事長の松野が代表に選ばれた[29]

分裂[編集]

8月ごろにかけて、民主党との連携話が持ち上がり、これに乗り気な松野らと、断固反対の橋下らとの間で一瞬即発の状況となる。

8月14日、幹事長の柿沢未途山形市長選挙において、民主党・共産党などが推薦する立候補者を独断で応援に訪れた[30]ことで、対立に火がつく。松井が柿沢の辞任を要求するが、柿沢は辞任を拒否し、松野も「公党の幹事長が辞する案件ではない」と柿沢を擁護する[31]。27日、橋下・松井が役職の辞任と離党[32]、翌28日には新党結成をそれぞれ表明した[33]。橋下・松井に近い議員十数人がこれに追随し[34]、民主党との合流・野党再編を模索する松野・柿沢らとの分裂が決定的となった[35]

橋下は新党を10月には結成すると述べ、また民主党出身者の参加を認めない方針を示し[36][37]馬場伸幸国会対策委員長、片山虎之助総務会長らが新党への参加を表明した[38][39]。これに対し、松野は9月8日に馬場・片山と分裂の原因を作った柿沢の役職解任を決定した[40]。橋下は9月15日、新党名を「おおさか維新の会」にする考えを明らかにした[41]

10月14日、片山、馬場、東徹参議院議員を新党参加を理由に除籍処分とし[42]、翌15日には維新の党は新党に参加する国会議員9人と地方議員153人を除籍処分にすることを決定した[43][44]。一方、参院の会派代表は新党派の片山が握っていたため、21日、執行部派の5人(小野次郎真山勇一柴田巧寺田典城川田龍平、いずれも旧結いの党出身者)の会派離脱を参議院事務局に届け出、事実上の追放となった[45]。5名は27日、新会派「維新の党(参議院)」を結成した(会派代表は寺田)[46]

22日、松野、橋下両派と距離を置く小沢鋭仁小熊慎司村岡敏英重徳和彦の4名が離党届を提出し[47]12月21日、新党「改革結集の会」を結成[48])、以降も議員の離党届が相次いだ[49][50]

大阪系の議員は、9月末をもって松野の任期は切れたため執行部による処分は無効、との解釈の下、24日、大阪市内のホテルで「臨時党大会」を開催、議決権を持つ特別党員の過半数に当たる233人(委任を含めると287人)が出席したため、「党大会」は成立と主張し、新代表に馬場伸幸衆議院議員を、幹事長に今井豊大阪府議を選出した上で、維新の党の解党を全会一致で決定した[51][52][53][54]。これに対して松野側は、「党大会」は党の規約に基づいて行われていないので正式な大会ではなく、解党も含め全ての決議や人事を無効と断じた[53]。総務省に解党の届け出が出された場合には、刑事告訴するとし[55]、参加者の内、党籍の残る中間派の出席者も除籍とする方針を固めた[56]。一方で馬場側も松野が代表任期が切れた後に政党の事務所所在地など変更する書類を「党代表者」として作成、関係各署に提出したことは「有印私文書偽造にあたる」と指摘し告訴する方針を表明した[57]。更に30日には松野側が新党派の東徹参院議員と事務局長に対し、大阪市の党本部で管理している党員名簿の返還を求める訴訟大阪地裁に起こした[58]。11月2日、おおさか維新の会が結成される。

11月17日、新党に参加した国会議員のうち維新の党に党籍の残る7名が除籍処分となり、離党を表明したが新党には参加しない6名の離党届は受理された[59]

両者の争いは長期化したが、12月8日、結党理念「維新の党を将来的に解党すること」[60]を再確認するなどして、両者の円満解決合意が行われた。この合意によって、「野党再編に互いに協力」・「野党再編が実現した段階で、維新の党側が「維新」の名称使用をやめる」・「人件費など党運営に必要な経費を除いた政党交付金の国庫返納」・「双方が刑事訴訟や民事訴訟を取り下げる」などが約された[61]。25日、新党派の内で党籍を維新の党に最後まで残していた馬場、遠藤敬(衆院議員)、東の三名がおおさか維新の会に合流した[62]

野党再編へ[編集]

分党問題に決着をつけた維新の党は、民主党との連携に関心を移す。12月18日、衆議院統一会派「民主・維新・無所属クラブ」が結成される。会派には無所属の衆議院議員野間健も参加し、93名となった。[63]。一方で、参議院の統一会派については、翌年夏の参院選で維新の党の議員が埋没しかねないとの懸念から延期された[64]が、翌2016年1月6日、参議院で日本を元気にする会との統一会派「維新・元気の会」を結成する[65]。衆参で異なる党と統一会派を結成することは通常なく、民主党側が反発した[66][67][68][69]。後述の合併が確定した後の3月4日、会派は解消された[70]

2月22日、松野と民主党の岡田克也代表が会談し、民主党が維新の党を吸収合併することで合意した[71]。なお、合併方法が吸収合併(民主党は存続)となったため、維新の党の議員のうち、みんなの党で当選してから結いの党経由で合流した参院議員5人は合流できないことになった[72]

新党の党名に関しては民主側は党名の継続を、維新側は党名変更を主張したため、両党のホームページとファックスを用いて一般公募を行い[73]、民主側は「立憲民主党」、維新側は「民進党」を提示した。この両者の間で更に意見を募った結果、3月14日、新しい党名が『民進党』に決定する。以降両党内部で手続きが進められ、3月25日、松野・岡田の両代表間で合併協議書が調印された[74]。更に、かつて分裂騒動の際に袂を分けた改革結集の会も民進党へ参加、再び行動を共にすることとなった(議員5人の内、小沢鋭仁はおおさか維新の会へ合流)[75]

3月27日、『民進党』結党大会に先駆けて午前中に行われた維新の党の臨時党大会において、新党「民進党」結成のための解党を決議、全会一致で採択された。[8]。なお「維新」の略称は、おおさか維新の会の略称として引き続き使用される。

政策[編集]

綱領[編集]

結いの党の綱領に見られた「『保守リベラル』を越えた政治を目標とする」という文言は維新の党の綱領にも引き継がれた[4]

基本政策[編集]

基本政策の第一に「憲法改正による統治機構改革」を掲げ、具体的には会計制度や会計基準の変更、予算編成プロセスの改革、憲法67条改正による首相公選制の導入、憲法96条の改正要件柔軟化などを掲げている。また、道州制の導入、安全保障政策の主軸としての日米同盟堅持、特定秘密保護法の見直し、持続可能な社会保障制度改革の実現、教育行政に対する権限を地方自治体に移譲する教育制度改革などを掲げている[76]

維新の党公式ウェブサイト内の「基本政策」による[77]

  1. 憲法改正による統治機構改革
  2. 規制改革の断行を柱とする成長戦略、「小さな行政機構」の実現
  3. 市場メカニズムを通じた「原発フェードアウト」と「自然エネルギー立国」
  4. 集団的自衛権の検討を含む「自衛権」行使の範囲の適正化と法整備、「ソフトパワー外交」の積極的展開
  5. 少子高齢化に対応できる持続可能で受益と負担を明確化した「社会保障制度改革」
  6. 教育行政に対する責任体制を明確にする「教育制度改革」
    • 教育行政に対する権限を地方自治体に移譲
  7. 被災地主導の「震災復興」と国主導の「原発事故対応」を加速化

その他[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入への賛否について、おおさか維新の会との分裂後の党の姿勢はまだ定まっていない[78]、と報道されたが、2016年2月に民主党と共同で選択的夫婦別姓と再婚禁止期間短縮等を柱とする「民法の一部を改正する法律案」を共同議員立法として登録した[79]。なお、分裂前の2014年の衆議院選挙においては、選択的夫婦別姓制度導入について「反対」を公約に掲げていた[80]。議員単位で見れば選択的夫婦別姓導入に賛成する議員も反対する議員も見られる[81][82][83]

役員[編集]

歴代代表一覧[編集]

維新の党 代表
代表 在任期間 備考
1 Toru Hashimoto Ishin IMG 5731 20130713.JPG 橋下徹 2014年9月21日 - 2014年12月23日 共同代表制。
Kenji Eda Sakado 20141203 crop.jpg 江田憲司
2 Kenji Eda Sakado 20141203 crop.jpg 江田憲司 2014年12月24日 - 2015年5月17日 単独で代表。
3 Replace this image JA.svg 松野頼久 2015年5月19日 - 2016年3月27日 当初の任期は2015年9月30日まで。
(4) Replace this image JA.svg 馬場伸幸 2015年10月24日 - 2015年12月8日 松野頼久と係争状態にあった。

役員[編集]

党役員
役職名 氏名 出身グループ 議会等
代表 松野頼久 民主党維新国会議員団 衆議院議員
幹事長 今井雅人 民主党→維新国会議員団 衆議院議員
  代行 松木謙公 新党大地 衆議院議員
  代理 井坂信彦 結いの党 衆議院議員
  代理 木内孝胤 生活の党 衆議院議員
両院議員総会長 坂本祐之輔 維新国会議員団 衆議院議員
総務会長 牧義夫 生活の党→結いの党 衆議院議員
  代行 柴田巧 結いの党 参議院議員
  代理 水戸将史 民主党→維新国会議員団 衆議院議員
  代理 川田龍平 結いの党 参議院議員
政務調査会長 小野次郎 結いの党 参議院議員
  代理 井出庸生 結いの党 衆議院議員
  代理 高井崇志 民主党 衆議院議員
国会対策委員長 石関貴史 民主党→維新国会議員団 衆議院議員
選挙対策委員長 松木謙公 新党大地 衆議院議員
党規委員長 川田龍平 結いの党 参議院議員
役員室長 松木謙公 新党大地 衆議院議員

(2015年12月8日執行役員会で承認[84])

党発足当初の執行役員人事をめぐっては両共同代表間で協議したうえで指名する形がとられた[85]。この人事では、旧・結いの党、旧・日本維新の会の国会議員、大阪維新の会の大阪府議らの3勢力の均衡を非常に重視した役職分配となっており、同時に衆参両院議員のバランスも考慮したものとなっていた[15]が、2014年の衆院選を経た後の人事では、当選回数の比較的多い衆議院議員を中心として、各グループの人数に比例したような役員構成となっていた。

なお、2014年12月24日の役員会ののち、党からは、前共同代表の橋下徹は最高顧問、前幹事長の松井一郎は顧問となったという公式発表があったが、橋下自身は「いちばん嫌いな肩書き」「死んでもやだ」などと最高顧問への就任を拒否。これに対し江田代表は「執行役員会で決定し、完全に有効だ」と述べ[86]、報道機関等も「維新の党最高顧問 橋下徹」などの表記を使用している。

2015年5月19日大阪都構想の住民投票の結果、否決された責任をとって辞任した江田憲司代表の後任に鳩山由紀夫内閣総理大臣の最側近であった、松野頼久幹事長を選出[29][87][88]、同21日の執行委員会で、幹事長の後任に柿沢未途政調会長、政調会長の後任に今井雅人政調会長代理を充て、橋下最高顧問、松井顧問、馬場伸幸国対委員長、片山虎之助総務会長を留任させる人事を決定した[89]。幹事長代行には松木謙公石関貴史の辞任後空席[90]となっていた選対委員長に松浪健太、柴田巧総務会長代理が兼任していた役員室長に石関貴史を起用した[89]

2015年8月27日、橋下と松井が離党したため、顧問と最高顧問は空席になった。同年9月8日、橋下・松井らの動きに同調する馬場伸幸国対委員長、片山虎之助総務会長、及び橋下らの離党の原因を作った柿沢未途幹事長を解任、後任には新党に参加しないことを表明している今井雅人政調会長を幹事長、小野次郎幹事長代理を総務会長、井坂信彦政調会長代理・選対委員長代理を政調会長、牧義夫を国対委員長に充てた[91]。なお、片山は引き続き参議院議員会長には留まったが、執行役員からは外れた(10月14日馬場とともに除籍)。同月10日、馬場・片山の解任に抗議し、谷畑孝が副代表辞任を申し出[92]、同日了承され、兼任する代議士会長とともに副代表を辞任した。さらに15日、新党参加を表明していた副代表の今井豊大阪府議、総務会長代行の東徹参議院議員、政調会長代行の浅田均大阪府議、国対委員長代行の遠藤敬衆議院議員、松浪健太選挙対策委員長らを除籍した[43]。10月20日、執行役員会は、副代表の廃止、今井幹事長の選挙対策委員長兼任などを盛り込んだ新たな役員人事を決定[93]。これらの人事の結果、党内諸勢力の人数に比例していた人事から、民主党・結いの党出身者を中心とした人事に変化した。22日には、村岡敏英国対委員長代行、小熊慎司選対委員長代行が離党届を提出した[47]

同月24日、除籍された議員や「中間派」とされる議員らは、執行部を認めない立場から臨時党大会を開催し、松野代表によってなされた除籍処分を無効であると確認した上で、馬場伸幸を新代表に選出するとともに、維新の党の解党を決議したが、松野代表側は党大会を無効と主張している[53]

馬場らの一連の行動にかかわらず、7月12日に開催された「全国幹事長・事務局長会議」において11月初旬に行うと明らかにされていた代表選について[94]、11月6日、臨時執行役員会において、11月24日告示、12月6日投開票の日程で行うことを決定した[95]。6日の投票においては、現職の松野と総務会長の小野の一騎討ちとなり、松野が大差で小野を破り再選を果たした。一般党員も一人一票の投票権が付与されたが、松野と小野に政策的な違いはなく投票率は38.06パーセントと低迷した。再選された松野は年内の民主党との統一会派結成や野党再編を目指す意向を示した[96]

党役員(馬場執行部)

2015年10月24日、松野執行部と対立していた大阪系議員らによって開催された臨時党大会にて馬場伸幸が新たに代表に選出され、当日「新執行部」を選出した。選出された馬場ら4人はすぐには新党「おおさか維新の会」には参加せず、解散手続きを行うとしていた[97]。松野執行部側はこの臨時党大会そのものが無効であると主張し、一時は松野執行部と馬場執行部の2つの執行部が存在する異常事態となっていた。

2015年12月8日、お互いの正当性をめぐって内紛を繰り広げていた松野執行部と馬場執行部が和解。馬場執行部は新党おおさか維新の会に移籍するため解消へ[98]

馬場執行部(解消)
役職名 氏名 出身グループ 議会等
代表 馬場伸幸 大阪維新の会 衆議院議員
副代表 谷畑孝 自由民主党維新国会議員団 衆議院議員
副代表 横倉廉幸 大阪維新の会 大阪府議会議員
幹事長 今井豊 大阪維新の会 大阪府議会議員
  代行 遠藤敬 自由民主党→維新国会議員団 衆議院議員
総務会長 東徹 大阪維新の会 参議院議員
  代理 西林克敏 大阪維新の会 大阪府議会議員
政務調査会長 浅田均 大阪維新の会 大阪府議会議員
  代理 大内啓治 大阪維新の会 大阪市会議員

(2015年10月24日選出[99]

国会議員団役員(廃止)

結党時には日本維新の会時代の「国会議員団代表」にあたる国会議員組織長を党所属国会議員の投票による選挙で選出することが定められ、初回の選挙を9月22日候補者届出、24日投開票の日程で実施することが21日発表された[100]。22日の届出には松野頼久のみが立候補し、松野の初代国会議員団会長就任が確定した[101]。この後松野は国会議員団の幹事長や政調会長などの役員人事を決定、24日に記者会見で発表した。国会議員団は国会内での意思決定に責任を持ち、その最高機関は両院議員総会である。国会内での法案の賛否や他党との具体的な政策協議など国会運営上の国会運営上は議員団政調会長(片山)が、党の政策発表や公党間の政策協議・論議など党全体の政策の決定には党執行役員会政調会長(柿沢)が責任を持つ[102]。 当時の体制では、代表で衆議院議員の江田憲司は国会議員団の役職には就かないが役員会には参加することとなっていた。

しかし、第47回衆議院議員総選挙を経た12月24日の役員会で橋下代表・松井幹事長の役職辞任が決定されると同時に、党執行役員会と国会議員団の「二重構造」の解消を目指して国会議員団の廃止が提唱された。これにより人事の発表が見送られ、維新の党の公式ウェブサイトからも国会議員団のページが消えた。江田代表は次回通常国会(第189回国会)の開会までに正式に結論を出すとしている[86]が、2015年1月20日現在までに国会議員団役員会を復活するという発表はなく、事実上党役員会として統合されている。なお、従来国会議員団にしか設置されていなかった国会対策委員長、選挙対策委員長、党紀委員長といった役職は党役員会の役職となっている。

同月22日の幹事長記者会見において、松野頼久幹事長は記者団の質問に対し、この統合は橋下代表・松井幹事長が党要職から抜けている間の暫定的な措置であること。および国会運営に関わる部分の意思決定についてのみは国会議員団規約に基づいた両院議員総会を最高機関とし、党執行部と国会議員団の意見が異なる場合は両院議員総会における過半数意見が優越する制度を維持しているを明らかにした[103]

旧・国会議員団役員(廃止)
議員団役職 氏名 執行役員会役職(当時) 備考
会長
選挙対策委員長
松野頼久 代表代行 旧日本維新の会・国会議員団代表
  副会長 谷畑孝 旧維新・議員団両院議員総会長兼代議士会長
役員室室長 柴田巧 総務会長代理 旧結いの党・参議院国会対策委員長
  副室長 小熊慎司 旧維新・議員団国会対策委員長代理
広報委員長
  代理 林宙紀 旧結い・広報委員長
幹事長 小沢鋭仁 幹事長代行 旧日本維新・議員団幹事長
  代理 室井邦彦 旧維新・議員団参議院幹事長
  代理 村岡敏英 旧維新・議員団幹事長代理
政調会長 片山虎之助 総務会長 旧維新・議員団政調会長
  代理 柿沢未途 政調会長 旧結い・政調会長
  代理 今井雅人 政調会長代理 旧維新・議員団政調副会長
両院議員総会長 小野次郎 幹事長代理 旧結い・幹事長
  副会長 清水鴻一郎 旧維新・議員団党規委員長
総務会長 川田龍平 旧結い・政調会長代行兼国対委員長代理(参)
  代理 東徹 総務会長代行 旧維新・総務会長
国対委員長 松浪健太 旧維新・議員団総務会長
  代理 石関貴史 旧維新・議員団国対委員長
財務委員長
党紀委員長 馬場伸幸 旧維新・議員団総務会長代理兼組織委員長
大阪維新の会副代表

党勢[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例代表
(結党時) 41/- 480 - - その後1名入党
第47回総選挙 ○41/172 480 4,319,646(8.2%) 8,382,699(15.72%)
(分裂後) 21/- 480 - -

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例代表
(結党時) 11/- - 242 - -
(分裂後) 5/- - 242 - -

所属国会議員[編集]

※解散時の所属国会議員数26名(衆議院議員21名、参議院議員5名)

衆議院議員
松野頼久
比例九州、衆6
江田憲司
神奈川8区、衆5
牧義夫
比例東海、衆5
松木謙公
比例北海道、衆4
石関貴史
比例北関東、衆4
太田和美
比例南関東、衆3
柿沢未途
東京15区、衆3
今井雅人
比例東海、衆3
坂本祐之輔
比例北関東、衆2
青柳陽一郎
比例南関東、衆2
木内孝胤
比例東京、衆2
初鹿明博
比例東京、衆2
井出庸生
長野3区、衆2
井坂信彦
兵庫1区、衆2
高井崇志
比例中国、衆2
水戸将史
比例南関東、衆1参1
升田世喜男
比例東北、衆1
篠原豪
比例南関東、衆1
落合貴之
比例東京、衆1
松田直久
比例東海、衆1
横山博幸
比例四国、衆1
参議院議員
2016年改選 小野次郎
比例、参1衆1
柴田巧
比例、参1
寺田典城
比例、参1
真山勇一
比例、参1
2019年改選 川田龍平
比例、参2

※衆議院では民主党および無所属の野間健議員と統一会派「民主・維新・無所属クラブ」を結成していた。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年(平成27年)3月15日総務省告示第77号「政党助成法第五条第一項の規定による政党の届出があったので公表する件」
  2. ^ 2016年(平成28年)4月28日総務省告示第201号「政治資金規正法の規定による政治団体の解散の届出があったので公表する件」
  3. ^ 維新の党について
  4. ^ a b c d 維新の党綱領
  5. ^ “橋下・江田氏、共同代表へ 維新・結い、本拠地は大阪に”. 朝日新聞デジタル. (2014年9月7日). http://www.asahi.com/articles/ASG975743G97UTFK33W.html 2014年9月21日閲覧。 
  6. ^ “新党「維新の党」、代表者の届け出は「橋下氏」”. MSN産経ニュース. (2014年9月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140918/stt14091819140009-n1.htm 2014年9月21日閲覧。 
  7. ^ “橋下、江田両氏の共同代表制 維新・結い新党、党名に「維新」残す”. MSN産経ニュース. (2014年9月7日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140907/stt14090718580008-n1.htm 2014年9月21日閲覧。 
  8. ^ a b 維新の党が解散 午後に民進党結党大会 日本経済新聞 2016年3月27日
  9. ^ “橋下氏「もうどうでもいい」 維新・結いの新党名対立”. MSN産経ニュース. (2014年9月9日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140909/stt14090922040013-n1.htm 2014年9月21日閲覧。 
  10. ^ 改革進歩革新などの意
  11. ^ “維新の党、ロゴマーク発表”. MSN産経ニュース. (2014年9月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140921/stt14092117330006-n1.htm 2014年9月21日閲覧。 
  12. ^ 2014年(平成26年)10月3日総務省告示358号「政党助成法第二十三条第四項の規定による未交付金の交付を受けようとする分割政党の届出があったので公表する件」
  13. ^ “維新・結いが新党設立準備会 9月合流へ7政策合意”. 日本経済新聞. (2014年8月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H04_T00C14A8PE8000/ 2014年9月21日閲覧。 
  14. ^ “新党名、結局「維新の党」に 不満募らす結い、〝破談〟寸前、禍根残して船出”. MSN産経ニュース. (2014年9月11日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140911/stt14091107510001-n1.htm 2015年11月2日閲覧。 
  15. ^ a b “維新の党結党大会 「野党再編進める」”. NHKニュース. (2014年9月21日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140921/t10014767531000.html 2014年9月21日閲覧。 
  16. ^ 維新の党、結党時から国家観などで距離感… 再編に水差す各党“お家事情” MSN産経ニュース2014年9月22日 12:42配信 2014年9月23日閲覧
  17. ^ 維新の党 ロゴマーク発表 産経新聞 2014/09/21
  18. ^ 「維新の党」旗揚げ…橋下・江田氏が共同代表 読売新聞 2014年9月21日
  19. ^ “大熊衆院議員が維新の党入り”. MSN産経ニュース. (2014年9月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140921/stt14092117010004-n1.htm 2014年9月21日閲覧。 
  20. ^ a b c “維新の党への名称変更届を提出 党本部は大阪”. 朝日新聞デジタル. (2014年9月22日). http://www.asahi.com/articles/ASG9Q3602G9QPTIL002.html 2014年9月22日閲覧。 
  21. ^ 2014年(平成26年)10月27日総務省告示第379号「政治資金規正法の規定による政治団体の解散の届出があったので公表する件」
  22. ^ 2014年(平成26年)10月27日総務省告示第380号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出事項の異動の届出があったので公表する件」
  23. ^ “維新の党:会派変更届”. 毎日新聞. (2014年9月24日). http://mainichi.jp/shimen/news/m20140925ddm005010072000c.html 2014年9月26日閲覧。 
  24. ^ “速報”. 赤旗. (2014年12月13日). https://twitter.com/akahataseiji/status/543683869409419264 2014年12月13日閲覧。 
  25. ^ “橋下氏 投開票待たず敗北宣言「完敗」”. デイリースポーツ. (2014年12月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/13/0007581701.shtml 2014年12月13日閲覧。 
  26. ^ “橋下氏 投開票待たず敗北宣言「完敗」”. デイリースポーツ. (2014年12月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/13/0007581701.shtml?pg=2 2015年4月2日閲覧。 
  27. ^ “維新・橋下氏、共同代表辞任=松井氏も同調、「都構想」に専念”. 時事通信. (2014年12月24日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122300305 2015年4月2日閲覧。 
  28. ^ “橋下氏、最高顧問就任「一番イヤな肩書、死んでもイヤ」さらには「了承した覚えない」”. 産経新聞. (2014年12月24日). http://www.sankei.com/west/news/141224/wst1412240032-n1.html 2015年4月2日閲覧。 
  29. ^ a b 2015年(平成27年)7月28日総務省告示第258号「政党助成法第五条第三項の規定による政党の届出事項の異動の届出があったので公表する件」
  30. ^ “山形市長選、政党幹部相次ぎ来援 前哨戦ヒートアップ”. 山形新聞. (2015年8月18日). http://yamagata-np.jp/news/201508/18/kj_2015081800359.php?keyword=%E6%9F%BF%E6%B2%A2%E6%9C%AA%E9%80%94 2015年8月29日閲覧。 
  31. ^ “柿沢幹事長辞任は「不要」 維新・松野氏”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年8月21日). http://www.sankei.com/politics/news/150821/plt1508210039-n1.html 2015年8月29日閲覧。 
  32. ^ “橋下氏も離党へ 維新〝分裂〟…松井顧問が離党意向を表明”. 産経WEST (産経新聞). (2015年8月27日). http://www.sankei.com/west/news/150827/wst1508270037-n1.html 2015年8月29日閲覧。 
  33. ^ “橋下氏「年内に新党」 大阪維新を国政政党化へ 維新分裂は必至”. 産経WEST (産経新聞). (2015年8月29日). http://www.sankei.com/west/news/150829/wst1508290014-n1.html 2015年8月29日閲覧。 
  34. ^ “「橋下氏についていく」維新の党大阪系議員が来月にも集団離党へ”. 産経WEST (産経新聞). (2015年8月29日). http://www.sankei.com/west/news/150829/wst1508290053-n1.html 2015年9月1日閲覧。 
  35. ^ “維新・松野代表、野党再編巡り岡田氏と協議へ”. 日本経済新聞. (2015年8月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H2M_Q5A830C1PE8000/ 2015年9月1日閲覧。 
  36. ^ “維新の民主出身議員が崖っぷち “橋下新党”元民主の参加を原則認めない方針”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2015年9月1日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150901/plt1509011538005-n1.htm 2015年9月8日閲覧。 
  37. ^ 実際には室井邦彦小沢鋭仁などのように、民主党出身者が皆無というわけではない。
  38. ^ “橋下氏の国政出馬を条件に片山氏が大阪組新党参加”. 日刊スポーツ. (2015年9月1日). http://www.nikkansports.com/general/news/1532569.html 2015年9月8日閲覧。 
  39. ^ “橋下新党に18人参加意向…維新51議員調査”. 読売新聞. (2015年9月3日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150902-OYT1T50141.html 2015年9月8日閲覧。 
  40. ^ “松野代表 馬場国対委員長と片山総務会長、柿沢幹事長に解任通告”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年9月8日). http://www.sankei.com/politics/news/150908/plt1509080041-n1.html 2015年9月8日閲覧。 
  41. ^ “橋下氏 新党名を「おおさか維新の会」に”. NHK (NHK). (2015年9月16日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150916/k10010236391000.html 2015年9月16日閲覧。 
  42. ^ 維新の党 “橋下氏側”3人を除名処分日本テレビ
  43. ^ a b “橋下新党に参加の議員ら160人、維新が除籍へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年10月15日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151015-OYT1T50091.html 2015年10月15日閲覧。 
  44. ^ “維新の党、新たに国会議員9人ら除籍処分…分裂”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年10月15日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151015-OYT1T50129.html 2015年10月16日閲覧。 
  45. ^ “維新の党参院会派、小野氏ら残留組5氏「追放」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年10月21日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151021-OYT1T50103.html 2015年10月22日閲覧。 
  46. ^ 【維新分裂】「存続派」が参院に新会派届け産経新聞
  47. ^ a b 維新・小沢鋭仁氏ら4人、離党へ…当面は無所属読売新聞
  48. ^ 維新離党議員ら5人が新党 「改革結集の会」朝日新聞
  49. ^ 維新の党:吉田氏が離党届を提出毎日新聞
  50. ^ “維新・鈴木氏ら離党届”. 時事通信. (2015年11月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015110200637&g=poll 2015年11月4日閲覧。 
  51. ^ 維新・大阪系の「臨時党大会」、党の規約に基づき会合成立フジテレビ
  52. ^ 除名の大阪系国会議員ら、維新「解党」を決定読売新聞
  53. ^ a b c 維新の党 除籍処分の議員らが解党を決議NHK
  54. ^ “「維新の党」解党決議 松野氏は無効主張 臨時党大会”. 産経新聞. (2015年10月24日). http://www.sankei.com/west/news/151024/wst1510240066-n1.html 2015年10月25日閲覧。 
  55. ^ 「大阪の維新の党」解党決議へ 「東京」刑事告訴もテレビ朝日
  56. ^ 維新、新党組が「解党」決定=臨時党大会で、執行部は黙殺時事通信
  57. ^ “「松野氏を刑事告訴」=大阪系が週明けに—橋下氏”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2015年10月24日). http://jp.wsj.com/articles/JJ11931423785984214387917784302632435846788 2015年10月25日閲覧。 
  58. ^ “維新・松野代表が大阪系提訴「党員名簿返還を」”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2015年10月30日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151030-OYT1T50122.html 2015年10月30日閲覧。 
  59. ^ “維新の党、新党参加の国会議員7人を除籍処分 : 読売新聞”. (2015年11月18日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151117-OYT1T50148.html 
  60. ^ 前身政党結いの党から続く理念で、野党再編を目標とし、党の存続にはこだわらないとする党の方針
  61. ^ “維新「円満解散」で合意=分裂の混乱収束-執行部・大阪系”. 時事通信. (2015年12月8日). http://www.jiji.com/jc/zci?g=pol&k=201512/2015120800424&pa=f 2015年12月8日閲覧。 
  62. ^ 馬場氏ら3人入党=おおさか維新時事通信
  63. ^ 民主・維新が統一会派届け出 会派代表には民主の枝野幹事長産経新聞
  64. ^ 民主・維新の参院統一会派結成 来月以降に先送りNHK
  65. ^ 維新・元気 参院で統一会派を結成NHK
  66. ^ 「あり得ない」維新と元気の参院統一会派に民主が反発産経新聞
  67. ^ 参院で「維新・元気の会」結成…民主は不信感読売新聞
  68. ^ 参院で統一会派=「実利優先」9人で届け出時事通信
  69. ^ 統一会派「維新・元気の会」に民主から反発の声NHK
  70. ^ “維新と元気、参院統一会派を解消  : 日経新聞”. (2016年3月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H5K_U6A300C1PP8000/ 
  71. ^ 民・維合流で合意 両代表北海道新聞 2016年2月22日
  72. ^ 民主・維新3月合流へ、党名を変更で大筋合意読売新聞 2016年02月23日
  73. ^ 民主と維新 新しい党名の案をあすから募集NHK 2016年3月3日
  74. ^ 民進党が27日結党 代表代行に維新・江田氏産経ニュース 2016年3月25日
  75. ^ 改革結集の4人、民進に合流=小沢鋭氏はおおさか維新へ”. 時事ドットコム (2016年3月22日). 2016年3月23日閲覧。
  76. ^ 基本政策|政策|維新の党(公式サイト)
  77. ^ 基本政策|政策|維新の党 2014年9月21日閲覧
  78. ^ 「(教えて!結婚と法律:5)夫婦別姓、各政党の立場は?」朝日新聞、2015年12月2日。
  79. ^ 「格差是正及び経済成長のための議員立法を了承 次の内閣 」、民主党広報委員会、2016年2月23日
  80. ^ 「2014年衆議院議員総選挙 民法改正に関する政党アンケート】」、mネット、2014年12月2日
  81. ^ 朝日新聞「2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査」(2014)
  82. ^ 毎日新聞「参議院候補者アンケート」(2010)
  83. ^ 「選択的夫婦別姓アンケート集計結果」、mネット、2014年11月10日
  84. ^ 役員人事について(2015.12.08現在)(公式サイト)
  85. ^ 9月9日の代表会見をアップしました”. BLOGOS結いの党 (2014年9月9日). 2014年9月22日閲覧。
  86. ^ a b “維新、国会議員団の廃止検討”. 産経新聞. (2014年12月24日). http://www.sankei.com/politics/news/141224/plt1412240028-n1.html 2015年1月20日閲覧。 
  87. ^ 維新再出発、危うい結束 代表に松野氏選出 4勢力同居、草刈り場にも産経新聞
  88. ^ 維新、新代表に鳩山氏元側近の松野氏産経新聞
  89. ^ a b 維新の党:幹事長らの人事を正式決定毎日新聞
  90. ^ “維新・石関氏が役職辞任”. 時事ドットコム. http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010600408 
  91. ^ 馬場、片山、柿沢の各氏を解任 松野氏が再編への環境整備 後任は新党参加組外す産経新聞
  92. ^ 維新・谷畑副代表、辞任申し出 松野代表に抗議朝日新聞
  93. ^ 役員人事について維新の党
  94. ^ 維新代表選、11月初旬に 執行部が方針日本経済新聞
  95. ^ 維新の党代表選は24日告示産経新聞
  96. ^ 維新の党代表に松野氏再選 民主と統一会派結成へ朝日新聞
  97. ^ 維新:大阪系ら「解散」臨時党大会で決議…執行部は認めず毎日新聞
  98. ^ “維新「円満解散」で合意=分裂の混乱収束-執行部・大阪系”. 時事通信. (2015年12月8日). http://www.jiji.com/jc/zci?g=pol&k=201512/2015120800424&pa=f 2015年12月8日閲覧。 
  99. ^ 維新の党 臨時党大会 生中継ニコニコ生放送
  100. ^ 維新の党 国会議員組織長選挙実施のお知らせ | ニュース|活動情報|維新の党(2014年9月21日)
  101. ^ “「維新の党」正式発足 国会議員団会長に松野氏”. MSN産経ニュース. (2014年9月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140922/stt14092219450006-n1.htm 2014年9月22日閲覧。 
  102. ^ 【2014.9.24】国会議員団役員会終了後の記者会見 - YouTube - 維新の党公式チャンネル
  103. ^ 【2015.01.22】 松野頼久幹事長 記者会見 | 動画|活動情報|維新の党(2015年1月23日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]