埼玉県第13区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗埼玉県第13区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 春日部市(旧庄和町域を除く)、越谷市3区に属しない地域)、久喜市(旧久喜市・菖蒲町域)、蓮田市白岡市南埼玉郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 土屋品子
有権者数 401,407人
1.72 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

埼玉県第13区(さいたまけんだい13く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2002年の区割り変更により、13区から岩槻市(現さいたま市岩槻区)が1区に移行されている。また2017年の区割り変更により、3区から越谷市の一部が13区に移行されている。

歴史[編集]

1996年以来、土屋品子が連続4選していた。1996年に土屋は無所属で出馬したが、次点に6万票以上の差をつけ圧勝。2000年総選挙では、次点の3倍以上の得票を得て2選を決めた。自民党に移籍した2003年総選挙では、民主党武山百合子と500票余差の大接戦を競り勝った。2005年の選挙でも当選。2000年に武山(当時は自由党所属)と日森文尋社民党)が、2003年には武山がそれぞれ比例復活当選している。

2005年の第44回総選挙で武山が敗北し、比例復活もかなわなかったため、2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙では、春日部市選出の埼玉県議会議員だった森岡洋一郎が民主党の候補として出馬し、土屋王国の女王と松下政経塾出身の若手との対決が注目された。日本共産党は候補擁立を見送った。社民党は2000年、2003年の選挙で立候補した日森を候補と決定した。また武山が無所属で、幸福実現党からは鈴木が立候補し、5人での争いとなったが、森岡が当選、土屋は議席を失った。なお2009年9月29日、埼玉県警察本部は武山を公職選挙法違反(買収)の容疑で逮捕した。2012年第46回衆議院議員総選挙では土屋が返り咲きを果たし、森岡は比例復活もできず落選した。2014年選挙ではみんなの党から民主党に鞍替えした山内康一が挑むも土屋が再選。 2016年民主党は新人の三角創太を総支部長に選任するも、2017年10月の第47回衆議院議員総選挙直前に希望の党民進党の合流劇により、希望の党は北角嘉幸を公認候補に選任。排除された三角は埼玉11区へと鞍替えさせられる。希望の失速により、土屋が再選される。 2019年三角が立憲民主党により再び総支部長に選任される。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 土屋品子 無所属
第42回衆議院議員総選挙 2000年 無所属の会
第43回衆議院議員総選挙 2003年 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 森岡洋一郎 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 土屋品子 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:402,941人 最終投票率:51.22%(前回比:+0.04ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子65自由民主党104,500票
52.46%
――公明党
北角嘉幸54希望の党57,947票
29.09%
55.45%
池田万佐代58社会民主党36,755票
18.45%
35.17%日本共産党
第47回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:362,426人 最終投票率:51.18%(前回比:-5.66ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子62自由民主党90,167票
50.25%
――公明党
山内康一41民主党44,916票
25.03%
49.81%
秋山文和67日本共産党27,111票
15.11%
30.07%
中村匡志37次世代の党17,254票
9.62%
19.14%
第46回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日 最終投票率:56.84%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子60自由民主党77,623票
38.92%
――
森岡洋一郎37民主党45,019票
22.57%
58.00%国民新党
中村匡志35日本維新の会32,986票
16.54%
42.50%
北角嘉幸49みんなの党26,934票
13.50%
34.70%
並木敏恵52日本共産党16,881票
8.46%
21.75%
第45回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森岡洋一郎34民主党121,840票
51.48%
――
土屋品子57自由民主党85,457票
36.10%
70.14%
日森文尋60社会民主党13,699票
5.79%
11.24%
武山百合子61無所属12,612票
5.33%
10.35%×
鈴木こず恵40幸福実現党3,087票
1.30%
2.53%
第44回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子53自由民主党124,494票
54.12%
――
武山百合子58民主党85,619票
37.22%
68.77%
赤岸雅治44日本共産党19,928票
8.66%
16.01%
  • 日森は選挙区には出馬せず、比例単独候補として当選。
第43回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子51自由民主党81,935票
43.17%
――
比当武山百合子56民主党81,361票
42.87%
99.30%
赤岸雅治42日本共産党11,942票
6.29%
14.57%
日森文尋54社会民主党10,555票
5.56%
12.88%
会田信源33無所属3,991票
2.10%
4.87%×
第42回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子48無所属の会127,028票
51.66%
――
比当武山百合子52自由党40,035票
16.28%
31.52%
比当日森文尋51社会民主党38,679票
15.73%
30.45%
佐藤俊一51日本共産党33,398票
13.58%
26.29%
山口節生50自由連合6,750票
2.75%
5.31%
第41回衆議院議員総選挙 埼玉県第13区

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土屋品子44無所属112,112票
58.59%
――×
瀬戸井誠61日本共産党50,295票
26.28%
44.86%
山口節生47無所属16,303票
8.52%
14.54%×
宮川敏明59自由連合12,636票
6.60%
11.27%

関連項目[編集]