大阪府第7区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗大阪府第7区
衆議院小選挙区 大阪府2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 吹田市摂津市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 渡嘉敷奈緒美
有権者数 374,423人
1.57 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

大阪府第7区(おおさかふだい7く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1970年に日本万国博覧会(大阪万博)が開催され、隣接する豊中市(8区)とで構成される千里ニュータウンがある大阪有数のベッドタウンとなっている吹田市と隣接する工業都市である摂津市で構成される。中選挙区制時代は旧3区であった。

歴史[編集]

大票田である吹田市は人口流動が激しく無党派層の多いベッドタウンの地域であるため、長年民主党の藤村修が順調に勢力を伸ばしてきたが、2005年の総選挙では自民党の新人渡嘉敷奈緒美が藤村を破って初当選(藤村は比例復活)。その後、2009年第45回衆議院議員総選挙では藤村が雪辱を果たした。

2012年第46回衆議院議員総選挙では渡嘉敷が僅差で返り咲き、日本維新の会上西小百合は比例復活で初当選した。これらにより日本維新の会の躍進が目立つ大阪府下では、2区および12区と共に数少ない自民党が議席を持つ小選挙区となった。民主党に対する逆風と自身の北朝鮮ミサイル発射時における不適切な発言で批判に立たされ、女性同士の争いに埋没した藤村は比例復活も果たせず落選した。当時は現職の内閣官房長官であり、この職に就く人物が選挙で落選するのは現行憲法の官房長官制度下では初である。

2014年第47回衆議院議員総選挙では岐阜県第1区と同様に立候補者が女性だけという中で、前回同様渡嘉敷が小選挙区当選、上西が比例復活当選という結果となった。 2017年第48回衆議院議員総選挙では2015年に維新の党を除名され無所属となった上西が不出馬を表明。日本維新の会橋下徹の特別秘書であった奥下剛光を擁立したが、渡嘉敷が小選挙区で当選を果たす結果となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 藤村修 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 藤村修 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 藤村修 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 渡嘉敷奈緒美 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 藤村修 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 渡嘉敷奈緒美 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 渡嘉敷奈緒美 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 渡嘉敷奈緒美 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:373,702人 最終投票率:51.80%(前回比:▼2.50ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡嘉敷奈緒美55自由民主党82,337票
43.6%
――公明党
奥下剛光42日本維新の会66,780票
35.4%
81.1%
村口久美子45日本共産党39,602票
21.0%
48.1%
第47回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:357,950人 最終投票率:54.30%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡嘉敷奈緒美52自由民主党81,109票
43.2%
――公明党
比当上西小百合31維新の党67,719票
36.1%
83.5%
村口久美子42日本共産党38,928票
20.7%
48.0%
  • 立候補者が女性だけという状況は、岐阜県第1区においてもみられた。
第46回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡嘉敷奈緒美50自由民主党70,361票
33.3%
――公明党
比当上西小百合29日本維新の会62,856票
29.7%
89.3%みんなの党
藤村修63民主党45,531票
21.5%
64.7%国民新党
石川多枝45日本共産党21,569票
10.2%
30.7%
渡辺義彦56日本未来の党10,989票
5.2%
15.6%新党大地
  • 渡辺は前回は比例近畿ブロック単独で当選(民主党)。
第45回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤村修59民主党124,982票
52.9%
――
渡嘉敷奈緒美47自由民主党79,289票
33.5%
63.4%
駒井正男42日本共産党29,030票
12.3%
23.2%
水沼義隆35幸福実現党3,063票
1.3%
2.5%
第44回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡嘉敷奈緒美43自由民主党98,151票
43.4%
――
比当藤村修55民主党84,373票
37.3%
86.0%
有木茂58日本共産党27,573票
12.2%
28.1%
山口克也41無所属16,256票
7.2%
16.6%×
第43回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤村修54民主党72,643票
39.2%
――
井上一成71自由民主党55,234票
29.8%
76.0%
藤井幸子55日本共産党28,710票
15.5%
39.5%
有沢志郎54無所属の会19,949票
10.8%
27.5%
阪本義信50無所属8,701票
4.7%
12.0%×
第42回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤村修50民主党63,455票
34.1%
――
井上一成68保守党52,210票
28.1%
82.3%
藤井幸子52日本共産党41,727票
22.4%
65.8%
有沢志郎50無所属28,712票
15.4%
45.2%×
  • 井上は第41回は8区から出馬し比例復活。
第41回衆議院議員総選挙 大阪府第7区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤村修46新進党53,968票
31.7%
――
有沢志郎47自由民主党40,572票
23.8%
75.2%
藤井幸子48日本共産党39,503票
23.2%
73.2%
中務正裕31民主党36,439票
21.4%
67.5%

脚注[編集]

関連項目[編集]