鳥取県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗鳥取県第1区
衆議院小選挙区 鳥取県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 鳥取市倉吉市岩美郡八頭郡東伯郡三朝町
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 石破茂
有権者数 237,823人
1 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

鳥取県第1区(とっとりけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区である。1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

以前は湯梨浜町も区割に含まれていたが、2013年の区割変更に伴い、2区に移行した。

歴史[編集]

保守勢力が極めて強い保守王国の1つ。防衛大臣農林水産大臣党幹事長を歴任し、マスメディアへの出演で知名度も高い自由民主党石破茂が強固な地盤を築いており、小選挙区制導入後、対立候補に1度も比例復活を許さない安定した選挙戦を続けている。第45回衆議院議員総選挙では、石破の元秘書の奥田保明が民主党公認で出馬し、民主党の圧勝によって民主党の復活当選の惜敗率は大きく下がったが、奥田は比例復活すら出来ず石破に惨敗した。第46回衆議院議員総選挙では逆に民主党への逆風が吹き、全国的に自民党が圧勝。その中で石破は自民党幹事長として更に知名度・注目度を浴びたこともあり、対立する全候補を供託金没収点に追い込むほどの圧倒的な票数を得た。また第46回の惜敗率14.06%は、過去の衆議院選挙の中で5番目の無風選挙であった。第46・47・48回では、民主党及びその後継政党は不戦敗となっている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 石破茂 無所属
第42回衆議院議員総選挙 2000年 石破茂 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 石破茂 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 石破茂 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 石破茂 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 石破茂 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 石破茂 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 石破茂 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:238,771人 最終投票率:55.01%(前回比:+4.50ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂60自由民主党106,425票
83.6%
――公明党
塚田成幸53日本共産党20,829票
16.4%
19.6%
第47回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:238,027人 最終投票率:50.51%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂57自由民主党93,105票
80.3%
――公明党
塚田成幸50日本共産党22,888票
19.7%
24.6%
第46回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂55自由民主党124,746票
84.5%
――公明党
塚田成幸48日本共産党17,550票
11.9%
14.1%
井上洋63無所属5,325票
3.6%
4.3%×
第45回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂52自由民主党118,121票
62.0%
――
奥田保明49民主党63,383票
33.3%
53.7%
岩永尚之52日本共産党7,336票
3.8%
6.2%
細川幸宏40幸福実現党1,757票
0.9%
1.5%
第44回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂48自由民主党106,805票
59.2%
――
早川周作28民主党48,092票
26.7%
45.0%
田中清一52社会民主党14,271票
7.9%
13.4%
塚田成幸41日本共産党11,105票
6.2%
10.4%
第43回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂46自由民主党114,283票
71.6%
――
田中清一50社会民主党31,236票
19.6%
27.3%
水津岩男53日本共産党14,092票
8.8%
12.3%
第42回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂43自由民主党91,163票
49.1%
――
田村耕太郎36無所属62,811票
33.8%
68.9%×
知久馬二三子63社会民主党22,425票
12.1%
24.6%
岩永尚之43日本共産党9,406票
5.1%
10.3%
第41回衆議院議員総選挙 鳥取県第1区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石破茂39無所属94,147票
62.5%
――×
知久馬二三子59社会民主党28,496票
18.9%
30.3%
岩永尚之39日本共産党14,845票
9.9%
15.8%
山田篤57新社会党13,221票
8.8%
14.0%
  • 石破は新進党を離党し無所属で当選後、自民党に復党した。

関連項目[編集]