長崎県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗長崎県第4区
行政区域 2022年廃止
(2022年12月28日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
2013年2017年区割変更)
廃止年 2022年
選出議員 北村誠吾
有権者数
0.000 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2022年9月1日)
テンプレートを表示

長崎県第4区(ながさきけんだい4く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2022年令和4年)の公職選挙法改正で廃止され、新3区の一部となる[1]

2017年から2022年までの区域[編集]

2017年平成29年)公職選挙法改正から2022年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[2][3]。2017年の小選挙区改定により、小値賀町が3区へ移動され、2区から西海市を編入された。

2013年から2017年までの区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[5]

  • 佐世保市(早岐・三川内・宮の各支所管内を除く)[6]
    • 本庁管内
    • 日宇・江上・針尾・相浦・中里皆瀬・大野・柚木・黒島・吉井・世知原・小佐々・江迎・鹿町の各支所管内
    • 宇久行政センター管内
  • 平戸市
  • 松浦市
  • 北松浦郡

2013年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[7]

  • 佐世保市
  • 平戸市
  • 松浦市
  • 北松浦郡

歴史[編集]

宮島大典金子原二郎の地盤を引き継ぎ、一度は自民党から当選したが、保守分裂を経て北村誠吾に敗れると、その後民主党に移籍、第45回で国政に復帰した。この結果、長崎県内の小選挙区4区はすべて民主党が独占することになった。かつて「自民党:宮島・非自民(無所属):北村」の構図で非自民の北村が制した争いを、この時は逆に「自民党:北村・非自民(民主党):宮島」の構図で、同様に非自民の宮島が制する形になった。金子は長崎県知事から2010年の参議院議員選挙で国政に復帰した。

しかし第46回では宮島は北村に敗れて比例復活もできず、民主党は第45回とは逆に小選挙区での議席を全て失った。

2013年の選挙区割り変更で佐世保市の早岐支所管内・三川内支所管内・宮支所管内が4区から3区に、2017年の区割り変更で西海市が2区から4区に、北松浦郡小値賀町が4区から3区に移動した。

第47回・第48回でも北村が比例復活も許さず当選し続けたが、北村は地方創生担当大臣在任時の答弁や発言が問題視され、長崎県連が党本部に北村の公認申請を行わなかったなど、一時は保守分裂となる可能性が生じた。

結局、北村は第49回衆議院議員総選挙でも自民党からの公認を受けて当選したが、立憲民主党末次精一に391票差まで迫られ、末次の比例復活を阻止できなかった。

第50回衆議院議員総選挙では長崎県内の選挙区が4から3に削減され、当選挙区は廃止となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 金子原二郎 自由民主党
第41回衆議院議員補欠選挙 1998年 宮島大典 ※金子原二郎の長崎県知事選挙出馬に伴う
第42回衆議院議員総選挙 2000年 北村誠吾 無所属
第43回衆議院議員総選挙 2003年 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 宮島大典 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 北村誠吾 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 長崎県第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:25万4人 最終投票率:55.08%(前回比:減少2.3%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾74自由民主党55,968票
42.06%
――公明党推薦
比当末次精一58立憲民主党55,577票
41.76%
99.30%
萩原活61無所属16,860票
12.67%
30.12%×
田中隆治78無所属4,675票
3.51%
8.35%×
  • 萩原は自由民主党所属の佐世保市議会議員だったが離党して無所属で立候補した。
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 長崎県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:26万1478人 最終投票率:57.38%(前回比:増加4.94%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾70自由民主党73,899票
50.79%
――公明党推薦
宮島大典54希望の党61,137票
42.02%
82.73%民進党長崎県総支部連合会推薦
石川悟65日本共産党10,459票
7.19%
14.15%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 長崎県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:23万9820人 最終投票率:52.44%(前回比:減少7.99%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾67自由民主党61,533票
50.39%
――公明党推薦
宮島大典51民主党42,690票
34.96%
69.38%
末次精一52生活の党9,303票
7.62%
15.12%
石川悟62日本共産党6,319票
5.17%
10.27%
森拓也45無所属2,268票
1.86%
3.69%×
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 長崎県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:60.43% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾65自由民主党81,771票
51.28%
――公明党推薦
宮島大典49民主党53,918票
33.81%
65.94%国民新党推薦
末次精一50日本未来の党17,269票
10.83%
21.12%新党大地推薦
石川悟60日本共産党6,500票
4.08%
7.95%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 長崎県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮島大典46民主党97,912票
50.29%
――
比当北村誠吾62自由民主党93,428票
47.99%
95.42%
山田孝一58幸福実現党3,354票
1.72%
3.43%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 長崎県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾58自由民主党97,174票
50.74%
――
宮島大典42民主党67,088票
35.03%
69.04%
今川正美58社会民主党27,240票
14.22%
28.03%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 長崎県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾56自由民主党100,767票
61.59%
――
今川正美56社会民主党53,557票
32.73%
53.15%
中尾武憲60日本共産党9,284票
5.67%
9.21%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 長崎県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北村誠吾53無所属66,515票
35.57%
――×
宮島大典37自由民主党62,595票
33.48%
94.11%
比当今川正美52社会民主党39,808票
21.29%
59.85%
山下千秋52日本共産党9,757票
5.22%
14.67%
赤木一生44自由連合8,312票
4.45%
12.50%
第41回衆議院議員補欠選挙 長崎県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
宮島大典34自由民主党 86,181票
43.58%
松田九郎75自由党67,614票
34.19%
吉村庄二58社会民主党37,697票
19.06%
清水秀記47日本共産党6,282票
3.18%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 長崎県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子原二郎52自由民主党95,117票
50.36%
――
松田九郎74新進党56,403票
29.86%
59.30%
山崎泉54民主党29,424票
15.58%
30.93%
中尾武憲53日本共産党7,092票
3.76%
7.46%
藤浪敬司52自由連合825票
0.44%
0.87%

脚注[編集]

  1. ^ 区割り変更地図_長崎県”. 総務省. 2022年12月2日閲覧。
  2. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年10月3日閲覧。地名は2017年(平成29年)当時のものである。
  3. ^ 長崎県”. 総務省. 2021年10月3日閲覧。
  4. ^ 佐世保市. “庁舎・支所等” (日本語). 佐世保市. 2021年10月3日閲覧。
  5. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月3日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  6. ^ 区割り変更地図_長崎県佐世保市”. 総務省. 2022年12月2日閲覧。
  7. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月3日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。

関連項目[編集]