神奈川県第15区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗神奈川県第15区
衆議院小選挙区 神奈川県.svg
行政区域 平塚市茅ケ崎市中郡
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 河野太郎
有権者数 47万4631人
2.052 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

神奈川県第15区(かながわけんだい15く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

相模川を挟んだ、湘南地域が選挙区となっている。

歴史[編集]

中選挙区制時代は、茅ヶ崎市神奈川県第3区平塚市中郡大磯町二宮町)が神奈川県第5区に属した。

1996年(平成8年)、改正後最初の第41回衆議院議員総選挙では、自由民主党の河野太郎が初当選した。河野は、平塚市を本拠とした自民党重鎮の河野洋平神奈川17区)の長男である。以後、河野が9回連続で当選している。

典型的な無風区だが、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では、民主党の勝又恒一郎に初の比例復活を許した。しかし、2012年第46回衆議院議員総選挙では、前回復活当選した勝又が3区に国替えし後継候補も立てなかったため、河野が圧勝した。2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙も河野が当選し、その後の2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙でも当選した。 2021年(令和3年)の第49回衆議院議員総選挙では河野は小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降歴代最多記録[注 1]となる210,515票を獲得し圧勝した[3]。この選挙では、河野の傍系にあたる牧島かれん(2009年に河野洋平から地盤を引き継いでいる)も、神奈川17区で立憲の比例復活なしに当選している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 河野太郎 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 神奈川県第15区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:47万3497人 最終投票率:57.32%(前回比:増加5.9%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎58自由民主党210,515票
79.32%
――公明党推薦
佐々木克己66社会民主党46,312票
17.45%
22.00%
渡辺麻里子45NHKと裁判してる党
弁護士法72条違反で
8,565票
3.23%
4.07%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 神奈川県第15区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:46万9287人 最終投票率:51.42%(前回比:減少1.33%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎54自由民主党159,647票
67.63%
――公明党推薦
佐々木克己62社会民主党38,242票
16.20%
23.95%日本共産党支持
乃木涼介53希望の党38,162票
16.17%
23.90%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 神奈川県第15区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:45万6896人 最終投票率:52.75%(前回比:減少4.19%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎51自由民主党155,388票
66.79%
――公明党
池田東一郎53無所属39,211票
16.85%
25.23%×
沼上徳光28日本共産党38,068票
16.36%
24.50%
  • 池田は2015年の神奈川県議会議員選挙に大磯町・二宮町選挙区から無所属で出馬し当選。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 神奈川県第15区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎49自由民主党192,604票
79.98%
――
浅賀由香32日本共産党48,198票
20.02%
25.02%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 神奈川県第15区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎46自由民主党163,470票
53.25%
――
比当勝又恒一郎46民主党124,414票
40.52%
76.11%
西脇拓也32日本共産党15,786票
5.14%
9.66%
浜田勇作35幸福実現党3,341票
1.09%
2.04%
  • 勝又は46回は3区に国替えも落選。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 神奈川県第15区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎42自由民主党186,770票
63.88%
――
勝又恒一郎42民主党83,490票
28.55%
44.70%
西脇拓也28日本共産党22,139票
7.57%
11.85%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 神奈川県第15区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎40自由民主党148,955票
59.89%
――
酒井文彦50民主党76,967票
30.95%
51.67%
吉田貞夫68日本共産党16,122票
6.48%
10.82%
桂秀光47無所属6,674票
2.68%
4.48%×
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 神奈川県第15区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎37自由民主党120,001票
47.44%
――
鈴木毅44民主党56,943票
22.51%
47.45%
山中悦子54社会民主党39,636票
15.67%
33.03%
三上正62日本共産党24,355票
9.63%
20.30%
清水洋子41自由連合12,012票
4.75%
10.01%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 神奈川県第15区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河野太郎33自由民主党84,723票
36.44%
――
池田東一郎35新進党71,426票
30.72%
84.31%
富塚三夫67民主党47,506票
20.43%
56.07%
山本一雄51日本共産党28,820票
12.40%
34.02%
  • 池田は第46回衆議院総選挙で5区から出馬し落選。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 神奈川県”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ [自民・河野氏21万票、最多得票を更新 小選挙区5.5万票で当選も【21衆院選】 “衆院選当選者、数字で見ると… 女性増、共産と公明躍進”]. 時事通信. (2021年11月1日). 自民・河野氏21万票、最多得票を更新 小選挙区5.5万票で当選も【21衆院選】 2021年11月2日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ これまでの最多記録は第45回で鳩山由紀夫北海道9区)が記録した201,461票。

関連項目[編集]