千葉県第8区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗千葉県第8区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 柏市(旧沼南町域を除く)、我孫子市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 本庄知史
有権者数 42万4661人
1.836 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

千葉県第8区(ちばけんだい8く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]。沼南町は新設された13区に編入した。

  • 柏市
  • 我孫子市

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

歴史[編集]

ベッドタウンの柏市と我孫子市からなる千葉県の中でも無党派層が多い選挙区で第46回衆議院議員総選挙まで当選者が入れ替わっていた。自民党桜田義孝第41回衆議院議員総選挙新進党の前職、長浜博行を約7000票差で破り、初当選するも、第42回衆議院議員総選挙民主党に合流した長浜に、第43回衆議院議員総選挙ではそれまで比例南関東ブロックで当選してきた同じく民主党の松崎公昭に敗れ、比例復活した。その後、選挙区調整で長浜が保守王国である千葉県第11区に国替えし、桜田と松崎の激しい戦いが繰り広げられた。第44回衆議院議員総選挙では桜田が松崎に比例復活を許さず4選するも、第45回衆議院議員総選挙では逆に松崎に敗れた。第46回衆議院議員総選挙で桜田が松崎を破り、松崎は引退した。これ以降、桜田は3回連続で小選挙区で当選している。 第47回衆議院議員総選挙では政党と選挙区を渡り歩いた維新の党太田和美(元々は柏市出身)が比例復活するも、第48回衆議院議員総選挙では桜田に敗れ、比例復活もかなわなかった。しかし桜田は第48回総選挙後に入閣した時の不適切な発言・答弁などが影響し、第49回総選挙では立憲民主党の新人・本庄知史が桜田を破った。落選した桜田は、比例南関東ブロックでの復活当選となった。

なお、本区が設置されて初の選挙である第41回の桜田と長浜の票差は約7000票、第42回では3000票、第43回での桜田と松崎の票差は約5000票といずれも接戦であるが、自民党の桜田が柏市内でも比較的農村部の田中地区などの柏市北部出身であるのに対して民主党の松崎は市内でも宅地化の進んだ人口の多い柏市の南部出身であることが背景にあるとされる。2005年に桜田の尽力もありつくばエクスプレスが開通してからは北部の開発も進み人口も増えたものの一方でその多くが千葉都民であることから無党派層が増加し、小泉旋風を巻き起こした第44回、民主党の政権交代が実現した第45回、さらに再び自民党が政権を奪還した第46回、それ以降の安倍政権の支持率の高さと野党分裂によって自民党が大勝した第47回第48回総選挙では桜田と次点候補の票差は約3万票前後にまで広がっていた。第49回では希望かられいわ新選組を経て無所属となった太田が柏市長選挙に転出したことや立憲民主党とそれまで候補を擁立していた日本共産党が共闘して候補を一本化したことで立憲の本庄が当選、桜田との票差を逆に5万票以上にまで広げた。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 桜田義孝 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 長浜博行 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 松崎公昭
第44回衆議院議員総選挙 2005年 桜田義孝 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 松崎公昭 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 桜田義孝 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 本庄知史 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 千葉県第8区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:42万3866人 最終投票率:56.16%(前回比:増加4.48%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
本庄知史47立憲民主党135,125票
59.65%
――
比当桜田義孝71自由民主党81,556票
36.00%
60.36%公明党推薦
宮岡進一郎80無所属9,845票
4.35%
7.29%×
  • 太田は衆議院議員総選挙と同日に行われた柏市長選挙に立候補し、当選。
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 千葉県第8区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:41万1572人 最終投票率:51.68%(前回比:減少1.17%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
桜田義孝67自由民主党100,115票
48.76%
――公明党推薦
太田和美38希望の党71,468票
34.81%
71.39%
小野里定良70日本共産党33,752票
16.44%
33.71%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 千葉県第8区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:39万6160人 最終投票率:52.85%(前回比:減少7.41%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
桜田義孝64自由民主党98,569票
49.20%
――公明党推薦
比当太田和美35維新の党69,667票
34.77%
70.68%
小野里定良67日本共産党32,118票
16.03%
32.58%
  • 太田は44回の補欠選挙は千葉7区から、45回・46回は福島2区から立候補(補欠選挙・45回は当選、46回は落選)。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 千葉県第8区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:39万3127人 最終投票率:60.26%(前回比:減少7.42%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
桜田義孝62自由民主党93,882票
41.00%
――公明党推薦
松崎公昭69民主党56,831票
24.82%
60.53%国民新党推薦
山本幸治41みんなの党44,532票
19.45%
47.43%日本維新の会推薦
姫井由美子53日本未来の党18,846票
8.23%
20.07%新党大地推薦
武石英紀62日本共産党14,914票
6.51%
15.89%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 千葉県第8区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:39万1010人 最終投票率:67.68%(前回比:増加0.73%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松崎公昭65民主党138,923票
53.56%
――
桜田義孝59自由民主党97,007票
37.40%
69.83%
加藤英雄56日本共産党19,378票
7.47%
13.95%
森泰子59幸福実現党4,052票
1.56%
2.92%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 千葉県第8区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:37万7404人 最終投票率:66.95%(前回比:増加7.16%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
桜田義孝55自由民主党128,659票
51.87%
――
松崎公昭62民主党99,204票
39.99%
77.11%
高橋敏48日本共産党16,588票
6.69%
12.89%
今井洋一47無所属3,614票
1.46%
2.81%×
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 千葉県第8区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:37万3015人 最終投票率:59.79%(前回比:増加0.03%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松崎公昭60民主党100,794票
46.76%
――
比当桜田義孝53自由民主党95,627票
44.37%
94.87%
加藤英雄50日本共産党19,117票
8.87%
18.97%
  • 松崎は第41回・第42回は比例単独候補として立候補し当選。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 千葉県第8区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:39万6931人 最終投票率:59.76% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長浜博行41民主党91,220票
39.62%
――
比当桜田義孝50自由民主党88,065票
38.25%
96.54%
高田保典61日本共産党23,235票
10.09%
25.47%
佐々木利夫57社会民主党21,429票
9.31%
23.49%
林秀和36自由連合6,294票
2.73%
6.90%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 千葉県第8区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
桜田義孝46自由民主党69,539票
34.00%
――
長浜博行38新進党62,740票
30.67%
90.22%
早川幸彦55民主党40,103票
19.61%
57.67%
加藤英雄43日本共産党29,884票
14.61%
42.97%
松本英征53自由連合2,284票
1.12%
3.28%

脚注[編集]

関連項目[編集]