京都府第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗京都府第1区
衆議院小選挙区 京都府.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 京都市北区上京区中京区下京区南区
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 勝目康
有権者数 39万1224人
1.691 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

京都府第1区(きょうとふだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

京都市の中心部全域をほぼカバーしている。立命館大学同志社大学などの大学伝統産業に従事する中小企業が多い。設置以来、自民党伊吹文明日本共産党穀田恵二が毎回激しい選挙戦を繰り広げていた。衆院議長党幹事長財相などの要職を歴任してきた伊吹が強固な地盤を築き当選を重ねていたが、共産党の勢力も強く、穀田も毎回5万票前後の票を得て比例復活していた。なお、重複立候補制度導入以降9回の衆院選で、9回とも比例復活している議員は穀田のみである。この背景には、日本共産党は他党で行われているような比例名簿における「重複立候補者同士は同率順位」としておらず常に穀田を名簿1位[3]としているため、穀田が小選挙区で供託金没収とならない10%以上の得票率があり、かつ共産党が比例近畿ブロックで1議席でも獲得できれば穀田が必ず比例復活できる。実際に共産党は比例近畿ブロックで毎回2議席以上獲得できており、穀田は小選挙区で4〜6.5万票程度(得票率20%〜30%程度)を毎回獲得しているため比例復活し続けられている。そのため通常は小選挙区の他党の候補者同士(ライバル)は仲が良くないとされているが、伊吹と穀田は毎度の選挙で常に当選していることから、政策論は対立しても人間関係は良好である。伊吹は穀田を戦友と表現し、穀田の国対委員長就任20周年パーティーの呼びかけ人を務めた。

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党への逆風を抑えきれず、伊吹は民主党平智之に敗れ、初めて民主党が議席を獲得。伊吹、穀田も比例で復活当選し、同一選挙区を地盤に持つ衆議院議員が3人誕生した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では伊吹が小選挙区当選、穀田は比例で復活当選となった。一方、みんなの党に移籍した平は落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙でも伊吹が当選し、穀田は7度目の比例復活での議席獲得となった。

2021年に伊吹は引退し、第49回衆議院議員総選挙では穀田は伊吹の後継の勝目康との対決となったが、勝目が小選挙区で当選し、穀田は9度目の比例復活となった。なお、この選挙では日本維新の会堀場幸子も復活当選し、2009年と同様の現象が起こった。

中選挙区時代は2区と選挙区が統合されていたが、現在では分かれている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 伊吹文明 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 平智之 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 伊吹文明 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年) 勝目康

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 京都府第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:39万373人 最終投票率:55.90%(前回比:増加7.06%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
勝目康47自由民主党86,238票
40.40%
――公明党推薦
比当穀田恵二74日本共産党65,201票
30.55%
75.61%
比当堀場幸子42日本維新の会62,007票
29.05%
71.90%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 京都府第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:39万3178人 最終投票率:48.84%(前回比:増加0.14%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明79自由民主党88,106票
47.32%
――公明党推薦
比当穀田恵二70日本共産党61,938票
33.27%
70.30%
嶋村聖子40希望の党36,134票
19.41%
41.01%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 京都府第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 最終投票率:48.7% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明76自由民主党73,684票
40.56%
――公明党
比当穀田恵二67日本共産党53,379票
29.38%
72.44%
田坂幾太62維新の党36,353票
20.01%
49.34%
平智之55無所属17,307票
9.53%
23.49%×
蜷川澄村63無所属960票
0.53%
1.30%×
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 京都府第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明74自由民主党69,287票
33.22%
――公明党
田坂幾太60日本維新の会47,273票
22.67%
68.23%
比当穀田恵二65日本共産党41,349票
19.83%
59.68%
平智之53みんなの党24,591票
11.79%
35.49%
祐野恵33民主党24,129票
11.57%
34.82%
田部雄治36幸福実現党1,932票
0.93%
2.79%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 京都府第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平智之50民主党105,818票
43.03%
――国民新党
比当伊吹文明71自由民主党81,913票
33.31%
77.41%公明党
比当穀田恵二62日本共産党54,605票
22.21%
51.60%
種村由美子53幸福実現党3,576票
1.45%
3.38%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 京都府第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明67自由民主党112,848票
47.71%
――
玉置一弥61民主党68,563票
28.99%
60.76%
比当穀田恵二58日本共産党55,097票
23.30%
48.82%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 京都府第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明65自由民主党83,644票
42.27%
――
比当玉置一弥59民主党63,487票
32.08%
75.90%
比当穀田恵二56日本共産党50,762票
25.65%
60.69%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 京都府第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明62自由民主党86,490票
42.14%
――
比当穀田恵二53日本共産党68,493票
33.37%
79.19%
菱田健次49民主党50,256票
24.49%
58.11%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 京都府第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊吹文明58自由民主党63,094票
31.27%
――
比当穀田恵二49日本共産党60,441票
29.95%
95.80%
竹内譲38新進党47,103票
23.34%
74.66%
福山哲郎34民主党29,275票
14.51%
46.40%
蜷川澄村45自由連合1,877票
0.93%
2.97%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月2日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 京都府”. 総務省. 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ ただし、名簿順位が1位で固定されるようになったのは第45回衆議院議員総選挙からである(第41回は3位、第42回は1位、第43回第44回は2位で立候補しており、これらの回も比例区で共産党は3議席以上獲得している)。

関連項目[編集]