奥田幹生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
奥田 幹生
おくだ みきお
生年月日 (1928-03-21) 1928年3月21日
出生地 京都府綾部市
没年月日 (2018-03-02) 2018年3月2日(89歳没)
死没地 京都府京都市
出身校 京都師範学校
早稲田大学政治経済学部
前職 読売新聞記者
所属政党 自由民主党
称号 勲一等瑞宝章
従三位

日本の旗 第122代 文部大臣
内閣 第1次橋本内閣
在任期間 1996年1月11日 - 1996年11月7日

日本の旗 衆議院議員
選挙区旧京都1区→)
京都2区
当選回数 6回
在任期間 1980年6月23日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

奥田 幹生(おくだ みきお、1928年3月21日 - 2018年3月2日)は、日本政治家衆議院議員(6期)・文部大臣を歴任。従三位

来歴・人物[編集]

京都府綾部市出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、読売新聞記者となる。その後京都市議会議員・同市議会議長・京都府議会議員を経て、1979年第35回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧京都1区から立候補し、落選した。翌1980年第36回衆議院議員総選挙では(現職の田中伊三次が公認を返上したため)唯一の自民党公認候補として選挙戦を戦い、初当選した(当選同期に古賀誠平沼赳夫川崎二郎柿沢弘治など)。当選後は宏池会に所属。

1996年に発足した第1次橋本内閣では文部大臣を務めた。同年の第41回衆議院議員総選挙では京都2区から立候補し、日本共産党井上哲士と後の民主党代表前原誠司を破り再選(次点の井上との差は849票、前原は比例復活した)。2000年第42回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界から引退した。

政界引退後は平安神宮の管理保存のための市民組織、平安講社の総長などを務めた。2018年3月2日、老衰のため京都市内の病院で死去89歳没[1]。没後3月20日付で従三位に叙された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 奥田幹生氏死去 元文相、89歳”. 京都新聞. 京都新聞社 (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ 奥田元文相に従三位”. 日本経済新聞 (2018年3月20日). 2018年3月29日閲覧。


議会
先代:
原田昇左右
日本の旗 衆議院環境委員長
1993年 - 1994年
次代:
持永和見
先代:
浦野烋興
日本の旗 衆議院商工委員長
1991年
次代:
武藤山治
公職
先代:
島村宣伸
日本の旗 文部大臣
第145代:1996年
次代:
小杉隆