石橋一弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
石橋一弥
いしばし かずや
生年月日 1922年3月19日
出生地 千葉県東金市(旧・公平村
没年月日 (1999-03-05) 1999年3月5日(満76歳没)
出身校 日本農士学校
所属政党 無所属→)
自由民主党
称号 従三位
勲一等瑞宝章
東金市名誉市民

日本の旗 第113代 文部大臣
内閣 第1次海部内閣
在任期間 1989年8月10日 - 1990年2月28日

選挙区 千葉県第3区→)
比例南関東ブロック
当選回数 8回
在任期間 1976年12月10日 - 1999年3月5日

Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県東金市長
当選回数 2回
在任期間 1968年 - 1976年
テンプレートを表示

石橋 一弥(いしばし かずや、1922年(大正11年)3月19日 - 1999年(平成11年)3月5日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員)。第1次海部内閣文部大臣を務めた。栄典従三位勲一等東金市名誉市民

経歴[編集]

千葉県山武郡公平村(現・東金市)に、代々名主村長を務めてきた旧家豪農石橋家の第19代目として生まれる。父親は県議会議員を務めた。日本農士学校埼玉県農業大学校の前身のひとつ)に学び、昭和16年に同校を卒業、陸軍に入隊。

1952年公平村長1968年東金市長に就任。1976年千葉三郎の後継者として旧千葉3区から衆議院議員に初当選。連続当選8回。自民党内では福田安倍三塚派(清和研)に所属。文部政務次官、党文教部会長を務めるなど党内でも有数の文教族議員として知られ、1989年、第1次海部内閣で第111代文部大臣に就任。

1999年3月5日、76歳にて死去。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
福島譲二
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1986年 - 1987年
次代:
松本十郎
公職
先代:
西岡武夫
日本の旗 文部大臣
第113代:1989年 - 1990年
次代:
保利耕輔