山口好一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口好一
やまぐち こういち
生年月日 1903年11月8日
出生地 日本の旗 日本 栃木県下都賀郡栃木町
(現栃木県栃木市)
没年月日 (1969-03-19) 1969年3月19日(65歳没)
出身校 東京帝国大学法学部法律学科(英法)(現東京大学法学部)卒業
前職 大学講師
現職 弁護士
税理士
所属政党 (日本自由党→)
(民主自由党→)
(自由党→)
(分党派自由党→)
(日本民主党→)
自由民主党

選挙区 (栃木県全県選挙区→)
旧栃木2区
当選回数 7回
在任期間 1946年4月10日 - 1952年8月28日
1953年4月19日 - 1963年10月23日
テンプレートを表示

山口 好一(やまぐち こういち、1903年11月8日[1] - 1969年3月19日[2])は、日本政治家自由民主党衆議院議員(7期)。弁護士

経歴[編集]

栃木県栃木町(現:栃木市)に生まれる[3]旧栃木中旧制一高を経て、1927年東京帝国大学法学部法律学科(英法)卒[2][3]。卒業後は栃木商業学校教諭となり[2][3]1935年高等試験司法科試験に合格し[3]、弁護士となった。この他明治大学日本大学の各講師を務めた[2]

戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙において栃木県(全県1区)から日本自由党公認で出馬して初当選[4]。以来当選7回。在職中は衆議院地方行政委員長、同懲罰委員長、同科学技術振興特別委員長、第3次吉田内閣法務政務次官などを歴任した。1963年第30回衆議院議員総選挙で落選、その後は弁護士と税理士の業務に就いた[5]。1969年死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院『第九十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1946年、12頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』675頁。
  3. ^ a b c d 『栃木県歴史人物事典』611頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』138~139頁。
  5. ^ 『栃木県歴史人物事典』612頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社 、1995年。
議会
先代:
新設
日本の旗 衆議院地方行政委員長 次代:
中島守利
先代:
宇都宮徳馬
日本の旗 衆議院懲罰委員長 次代:
高瀬伝