山武郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 関東地方 > 千葉県 > 山武郡
千葉県山武郡の位置(1.九十九里町 2.芝山町 3.横芝光町 水色:後に他郡に編入された区域、薄緑:後に他郡から編入した区域)

山武郡(さんぶぐん[1])は、千葉県

人口43,072人、面積134.7km²、人口密度320人/km²。(2021年10月1日、推計人口

以下の3町を含む。

郡域[編集]

1889年明治22年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記3町から横芝光町の一部(栗山川以東)を除き、概ね以下を加えた区域にあたる。

歴史[編集]

1.東金町 2.公平村 3.源村 4.丘山村 5.大和村 6.土気本郷町 7.瑞穂村 8.山辺村 9.大網町 10.増穂村 11.福岡村 12.白里村 13.豊海村 14.片貝村 15.正気村 16.豊成村 17.鳴浜村 21.成東町 22.日向村 23.大富村 24.南郷村 25.緑海村 26.蓮沼村 27.上堺村 28.大平村 29.松尾村 30.睦岡村 31.横芝村 32.大総村 33.二川村 34.千代田村 35.豊岡村(水色:千葉市 紫:東金市 桃:山武市 橙:大網白里市 青:九十九里町 黄:芝山町 赤:横芝光町)
  • 1897年(明治30年)
  • 1898年(明治31年)8月31日 - 松尾村が町制施行して松尾町となる。(6町26村)
  • 1923年大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続する。
  • 1926年(大正15年)
    • 4月10日 - 片貝村が町制施行して片貝町となる。(7町25村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1935年昭和10年)8月10日 - 白里村が町制施行して白里町となる。(8町24村)
  • 1939年(昭和14年)4月1日 - 土気本郷町が土気町に改称する。
  • 1940年(昭和15年)2月11日 - 豊海村が町制施行して豊海町となる。(9町23村)
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 大網町・瑞穂村・山辺村が合併し、改めて大網町が発足する。(9町21村)
  • 1953年(昭和28年)4月1日(9町16村)
    • 東金町・丘山村・正気村・豊成村・公平村の一部(道庭、家之子、求名、松之郷)・大和村の一部(田中、福俵、山口の一部)が合併し、改めて東金町が発足する。
    • 公平村の残部(姫島)が成東町に、大和村の残部(小西、養安寺、山口の一部)が大網町にそれぞれ編入する。
  • 1954年(昭和29年)
    • 4月1日(8町14村)
      • 東金町が源村の一部(上布田、極楽寺、三ヶ尻、酒蔵、滝沢)・福岡村の一部(下谷、上谷、東中島、一之袋、二之袋、大沼田、小沼田、砂古瀬、依古島新田、西中)を編入のうえ市制施行し、東金市となり郡より離脱する。
      • 源村の残部(下布田、植草、雨坪、武勝)が日向村に、福岡村の残部(桂山、長国、北吉田、九十根、下傍示)が白里町にそれぞれ編入。
    • 10月1日 - 成東町・大富村・南郷村が合併し、成東町が発足する。(8町12村)
    • 12月1日 - 大網町・白里町・増穂村が合併し、大網白里町が発足する。(7町11村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月1日 - 日向村・睦岡村が合併し、山武町が発足する。(8町9村)
    • 2月1日(8町5村)
      • 松尾町・大平村・豊岡村が合併し、松尾町が発足する。
      • 横芝町・上堺村・大総村が合併し、横芝町が発足する。
    • 3月31日(7町4村)
      • 豊海町・片貝町・鳴浜村の一部(作田)が合併し、九十九里町が発足する。
      • 鳴浜村の残部(白幡、本須賀)が成東町に編入する。
    • 7月1日(8町1村)
      • 成東町・緑海村が合併し、改めて成東町が発足する。
      • 二川村・千代田村が合併し、芝山町が発足する。
  • 1969年(昭和44年)7月15日 - 土気町千葉市1992年、政令指定都市施行により、緑区の一部となる。)に編入する。(7町1村)
  • 2006年平成18年)3月27日(4町)
  • 2013年(平成25年)1月1日 - 大網白里町が市制施行して大網白里市となり郡より離脱する。(3町)

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 明治30年 明治30年4月1日 明治30年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
山辺郡 土気本郷町 土気本郷町 明治30年
4月1日
山武郡発足
土気本郷町 土気本郷町 昭和14年
4月1日
土気町に改称
土気町 昭和44年
7月15日
千葉市に編入
平成4年
4月1日
政令指定都市に
移行
千葉市緑区
千葉市
増穂村 増穂村 増穂村 増穂村 増穂村 増穂村 昭和29年
12月1日
大網白里町
大網白里町 平成25年1月1日
市制
大網白里市
大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 昭和28年
4月1日
大網町に一部
(小西・養安寺・
山口の一部)
を編入
山辺村 山辺村 山辺村 山辺村 山辺村 昭和26年
4月1日
大網町
瑞穂村 瑞穂村 瑞穂村 瑞穂村 瑞穂村
大網町 大網町 大網町 大網町 大網町
白里村 白里村 白里村 白里村 昭和10年
8月10日
町制
白里町
福岡村 福岡村 福岡村 福岡村 福岡村 福岡村 昭和29年
4月1日
白里町に一部
(桂山・長国・北吉田・
九十根・下傍示)編入
昭和29年
4月1日
東金市に一部
(下谷・上谷・東中島・
一之袋・二之袋・
大沼田・小沼田・
砂古瀬・依古島・
西中)を編入
東金市 東金市 東金市
大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 昭和28年
4月1日
東金町と一部
(田中・山口・福俵)
合併
昭和29年
4月1日
市制
東金町 東金町 東金町 東金町 東金町 昭和28年
4月1日
東金町
丘山村 丘山村 丘山村 丘山村 丘山村
豊成村 豊成村 豊成村 豊成村 豊成村
正気村 正気村 正気村 正気村 正気村
大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 大和村の一部 昭和28年
4月1日
東金町と一部
(田中・山口・福俵)
合併
源村の一部 源村の一部 源村の一部 源村の一部 源村の一部 源村の一部 昭和29年
4月1日
東金市に一部
(上布田・極楽寺・
三ヶ尻・酒蔵)編入
豊海村 豊海村 豊海村 豊海村 昭和15年
2月11日
町制
豊海町 豊海町 昭和30年
3月31日
九十九里町
九十九里町 九十九里町 九十九里町
片貝村 片貝村 片貝村 大正15年
4月10日
町制
片貝町 片貝町
鳴浜村 鳴浜村 鳴浜村 鳴浜村 鳴浜村 鳴浜村 昭和30年
3月31日
九十九里町と
一部(作田)合併
昭和30年
3月31日
成東町に一部
(白幡・本須賀)を
編入
昭和30年
7月31日
成東町
平成18年
3月27日
山武市
山武市
公平村の一部 公平村の一部 公平村の一部 公平村の一部 公平村の一部 昭和28年
4月1日
成東町に一部
(姫島)を編入
昭和29年
10月1日
成東町
成東町
源村の一部 源村の一部 源村の一部 源村の一部 源村の一部 源村の一部 昭和29年
4月1日
日向村に一部
(下布田・植草・
雨坪・武勝)を編入
昭和30年
1月1日
山武町
武射郡 緑海村 緑海村 緑海村 緑海村 緑海村 緑海村 緑海村 昭和30年
7月31日
成東町
大富村 大富村 大富村 大富村 大富村 大富村 昭和28年
4月1日
成東町
成東町
南郷村 南郷村 南郷村 南郷村 南郷村 南郷村
成東町 成東町 成東町 成東町 成東町 成東町
睦岡村 睦岡村 睦岡村 睦岡村 睦岡村 睦岡村 昭和30年
1月1日
山武町
日向村 日向村 日向村 日向村 日向村 日向村
蓮沼村 蓮沼村 蓮沼村 蓮沼村 蓮沼村 蓮沼村 蓮沼村
豊岡村 豊岡村 豊岡村 豊岡村 豊岡村 豊岡村 昭和30年
1月1日
松尾町
大平村 大平村 大平村 大平村 大平村 大平村
松尾村 松尾村 松尾村 明治31年
8月31日
町制
松尾町 松尾町
旭村 明治26年
1月27日
横芝村に改称
横芝村 明治30年
7月1日
町制
横芝町 横芝町 昭和30年
2月1日
横芝町
平成18年
3月27日
横芝光町
横芝光町
上堺村 上堺村 上堺村 上堺村 上堺村 上堺村
大総村 大総村 大総村 大総村 大総村 大総村
二川村 二川村 二川村 二川村 二川村 二川村 昭和30年
7月1日
芝山町
芝山町 芝山町
千代田村 千代田村 千代田村 千代田村 千代田村 千代田村

地名について[編集]

山武郡は、山辺郡(やまべぐん)と武射郡(むさぐん・むしゃぐん)が合併して発足した際に採用された合成地名で、正式な読みは「さんぐん」であった。山武町は「さんぶまち」と読むことから、綴りが同一の「山武郡」は読みが混同され、1970年代後半にかけて「さんぐん」の読みが広くなったとされる。

2006年3月27日に、山武郡成東町山武町蓮沼村松尾町が合併して山武市が発足[2]した際、上記の理由から、歴史の長い「さんむ」が新しい市にふさわしい、として読みを「さんし」とした。

行政[編集]

歴代郡長

特記なき場合『山武郡郷土誌』による[3]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 宮崎直候 明治11年(1878年)11月2日 明治14年(1881年)1月25日
2 下村御鍬 明治14年(1881年)1月25日 明治17年(1884年)11月1日
3 松崎省吾 明治17年(1884年)11月1日 明治28年(1895年)12月20日
4 黒田剛 明治28年(1895年)12月20日 明治30年(1897年)6月21日
5 石井信一 明治30年(1897年)6月21日 明治30年(1897年)9月13日
6 若宮銀次郎 明治30年(1897年)9月16日 明治32年(1899年)4月8日
7 桧山信邦 明治32年(1899年)4月8日 明治35年(1902年)6月1日[4]
8 行方幹 明治35年(1902年)6月10日 明治43年(1910年)1月22日
9 太田資行 明治43年(1910年)3月7日 明治44年(1911年)12月27日
10 大澤富二三 明治44年(1911年)12月27日 大正元年(1912年)12月7日
11 竹内錠之助 大正元年(1912年)12月7日 大正4年(1915年)1月21日
12 加藤輝夫 大正4年(1915年)1月21日 不明
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 千葉県統計年鑑(令和2年) > 2 土地・気象 > 5 市区町村別面積
  2. ^ “新4市・町 誕生祝う 香取市 県内初の自治区制導入 山武市 旧4町村、テープカット 新・成田市 NARITAナンバーを交付 横芝光町 2町合併、喜びかみしめ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年3月28日) 
  3. ^ 千葉県山武郡教育会 1916, 112頁.
  4. ^ 『千葉県千葉郡長行方幹以下四名任官ノ件』 - 国立公文書館デジタルアーカイブ、明治35年5月26日。

参考文献[編集]

  • 千葉県山武郡教育会 編 『山武郡郷土誌』 千葉県山武郡教育会、1916年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950996 
  • 角川日本地名大辞典』12 千葉県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1984年3月1日。ISBN 4040011201
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代:
山辺郡武射郡
行政区の変遷
1897年 -
次代:
(現存)