旭市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あさひし
旭市
Iiokagyokou 2008.jpg
Flag of Asahi Chiba.JPG
市旗
Emblem of Asahi Chiba chapter.svg
市章
2005年平成17年)10月29日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
団体コード 12215-7
面積 130.45km2
総人口 66,475
推計人口、2016年2月1日)
人口密度 510人/km2
隣接自治体 銚子市匝瑳市香取市
香取郡東庄町
市の木 クロマツ
市の花 アジサイツバキ
旭市役所
所在地 289‐2595
千葉県旭市ニ1920番地
北緯35度43分13.7秒東経140度38分47.6秒
旭市役所
外部リンク 旭市公式ウェブサイト

旭市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

旭市(あさひし)は、千葉県の北東部にある。人口は約7万人。九十九里浜の最北端に面しており、夏季には海水浴客で賑わう。県内第1位の農畜産物産出量を誇る。

地理[編集]

千葉県の北東部に位置し、東京都心から80km圏、県都千葉から北東に約50kmにある。南部は九十九里浜に面し、北部に下総台地が広がる。市の中央部を東西に総武本線国道126号が通る。1年の平均気温は15℃前後と温暖で、冬は暖かく、夏は涼しい。全国有数の景勝地である、九十九里浜屏風ヶ浦刑部岬を持ち、また、江戸時代には江戸幕府天領であった干潟八万石など、風光明媚な光景が広がっている。その豊かな自然を生かし、農業や水産業が発展、首都圏の台所として機能している。 一方、千葉県東部から茨城県南東部の約100万人をカバーする、全国トップクラスの旭中央病院を有するなど、医療の街としての側面を持つ。

人口[編集]

Demography12215.svg
旭市と全国の年齢別人口分布(2005年) 旭市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 旭市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
旭市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 61,136人
1975年 63,189人
1980年 65,405人
1985年 67,974人
1990年 69,800人
1995年 71,382人
2000年 71,176人
2005年 70,643人
2010年 69,074人
総務省統計局 国勢調査より

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

古代、現在の旭市周辺には椿海と呼ばれる湖が広がっていた。江戸時代になり、椿海を干拓するため、新川を掘削して湖底を干潟とした。 幕末には、農村指導の先駆者・大原幽学が長部村を訪れ、農村を再興させた。同じく幕末に、国学者の宮負定賢・宮負定雄父子も村の和合や農業改良に努めた。一方、九十九里沖の豊かな漁場を求めて関西の漁民がやって来るようになり、飯岡助五郎は、イワシ漁を中心とした漁業の発展に尽力した。 明治に入り、政府の「畑作奨励策」の下、鎌数村の金谷総蔵が落花生栽培を普及させ、総武鉄道が開通して大量輸送が可能になると、落花生の加工工場が 数多く造られた。また、昭和初期からスイカ、カボチャ、甘藷などの生産が盛んになり、特に甘藷栽培は穴澤松五郎の功績で飛躍的に発展した。[1]

年表[編集]

旭市の由来[編集]

「旭」という市名(最初は町名)は、一説には「旭将軍」と呼ばれた木曾義仲の末裔とされ、この地で没した木曾義昌を詠んだ「信濃より いつる旭をしたひきて 東の国にあととどめけむ」から採られたとされる。

この歌は、弘化元年(1844年)木曾氏末裔を称する芦原検校(木曾義長)が、東漸寺において営んだ「木曾義昌公250回忌」において京都国学者野々口隆正が詠んだ追悼歌で、この時に寄せられた追悼歌400首を収めたのが、市の指定文化財ともなっている「慕香和歌集」である。

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

行政[編集]

  • 市長:明智忠直(あけち ただなお 2009年7月31日 - 現職 2・3代)
  • 歴代市長
    • 初代:伊藤 忠良(いとう ただよし 2005年7月31日 - 2009年7月30日)(※旧旭市長も任務していた)
  • 市役所(本庁):〒289-2595 旭市ニ1920
  • 支所:旧旭市役所を旭市役所本庁とし、他3町の庁舎は支所となっている。支所のデータは以下の通り。
    • 海上支所(旧海上町役場):〒289-2604 旭市高生1
    • 飯岡支所(旧飯岡町役場):〒289-2713 旭市萩園1800
    • 干潟支所(旧干潟町役場):〒289-0592 旭市南堀之内10

住所表記[編集]

  • 旭地区は変更無し。
  • 海上地区、飯岡地区、干潟地区は旭市の後に大字名が付く。
    • 例1:海上郡海上町大字高生→旭市高生
    • 例2:海上郡飯岡町大字萩園→旭市萩園
    • 例3:香取郡干潟町大字萬歳→旭市萬歳

警察[編集]

消防[編集]

  • 旭市消防本部
    • 旭市消防署(消防本部内)
      • 旭市イ2953-1
    • 海上分署
      • 旭市高生1
    • 飯岡分署
      • 旭市萩園1800
    • 干潟分署
      • 旭市南堀之内17

国の機関[編集]

県の機関[編集]

  • 千葉県海匝合同庁舎
    • 海匝地域振興事務所
    • 千葉県旭県税事務所
    • 千葉県教育庁北総教育事務所海匝分室

経済[編集]

農畜水産[編集]

農業・畜産業

農業は基幹産業としての役割を担っており、農業産出額は県内1 位(全国9位)で、特に野菜、畜産は県内1 位、米は県内2 位となっている。

  • 飯岡貴味メロン
  • 養豚
  • 千葉県食肉公社
水産業
  • 飯岡漁港
    水揚げ量県内2位を誇る。カタクチイワシの水揚げ量は全国2位。伝統加工品の丸干しイワシは日本一の生産量を誇る。
かつて存在した農業団体[編集]
  • ベジポート有限責任事業組合 - ニチレイフーズと農業法人のテンアップファームが共同で設立。「日本農業の再生への貢献」という理念の下、農業が抱える後継者不足や過疎化、上昇する生産コストと販売価格のアンバランスなどを解消すべく、6次産業事業を進めるも、2016年3月末で撤退[4]

工業[編集]

ショッピングセンター[編集]

スーパーマーケット[編集]

かつて存在したスーパーマーケット[編集]
  • ミヤスズ旭店・飯岡店

ホームセンター[編集]

姉妹都市・友好都市[編集]

地域[編集]

病院[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 旭市立干潟中学校
  • 旭市立海上中学校
  • 旭市立第一中学校
  • 旭市立第二中学校
  • 旭市立飯岡中学校

小学校[編集]

  • 旭市立飯岡小学校
  • 旭市立嚶鳴小学校
  • 旭市立共和小学校
  • 旭市立古城小学校
  • 旭市立琴田小学校
  • 旭市立三川小学校
  • 旭市立滝郷小学校
  • 旭市立中央小学校
  • 旭市立中和小学校
  • 旭市立鶴巻小学校
  • 旭市立富浦小学校
  • 旭市立豊畑小学校
  • 旭市立干潟小学校
  • 旭市立萬歳小学校
  • 旭市立矢指小学校

文化施設[編集]

博物館[編集]

  • 大原幽学記念館

旭市の施設 [編集]

  • 飯岡体育館・飯岡野球場・飯岡庭球場
  • 海上体育館
  • 海上野球場・庭球場
  • 干潟さくら台野球場・庭球場
  • あさひパークゴルフ場
  • 旭スポーツの森公園
  • 飯岡刑部岬展望館〜光と風〜
  • 海上コミュニティ運動公園
  • 旭市海上キャンプ場
  • 滝のさと自然公園

千葉県の施設[編集]

交通[編集]

道路[編集]

鉄道と駅[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

一般路線バス[編集]

観光[編集]

史跡[編集]

社寺[編集]

名所[編集]

海水浴場[編集]

  • 矢指ヶ浦海水浴場
  • 飯岡海岸海水浴場 - 海水浴場の横ではサーフィンや釣りが楽しめる。

道の駅[編集]

  • 季楽里あさひ

その他[編集]

祭事・催事・イベント[編集]

  • 飯岡しおさいマラソン大会 - 2月の第一日曜日に開催。
  • 飯岡海浜花火大会 - 7月最終土曜日に開催
  • いいおかYOU・遊フェスティバル - 7月最終土曜日,日曜日に開催
  • 旭市七夕まつり - 8月6日、7日に開催

出身有名人[編集]

財界[編集]

  • 茂木啓三郎(元キッコーマン社長、旭市名誉市民)
    東京商科大(現在の一橋大学)を卒業し、当時の野田醤油(現在のキッコーマン)に入社。手腕が認められ茂木家に婿入り。キッコーマン中興の祖と呼ばれる。勲二等瑞宝章が授与された。

政界[編集]

医療[編集]

  • 諸橋芳夫(元旭中央病院長、旭市名誉市民)
    東京帝国大学(現在の東京大学医学部を卒業し、1952年旭中央病院初代院長に就任。(社)全国自治体病院協議会会長、(社)日本病院会会長を歴任。勲一等瑞宝章が授与された。

作家[編集]

  • 高橋順子(詩人)
    東京大学卒業、現代詩女流賞、現代詩花椿賞、読売文学賞などを受賞。

画家[編集]

工芸家[編集]

  • 濤川惣助(七宝家)
    下総国鶴巻村(現・千葉県旭市)出身。東京を中心にして活躍、無線七宝による絵画的表現を特色とし、京都で活躍した並河靖之と共に二人のナミカワと並び評された。

デザイナー[編集]

  • 仲條正義(グラフィック・デザイナー)
    2011年まで資生堂PR誌「花椿」のアートディレクターを務めた。千葉県のロゴ「ちば」は仲條のデザイン。

漫画家[編集]

スポーツ[編集]

プロ野球[編集]

プロ野球以外[編集]

芸能[編集]

  • 椎名佐千子歌手
    千葉県立銚子高等学校卒業、2002年に歌手デビュー。2013年に旭市観光大使を委嘱された。
  • 高品格(俳優)
    1984年の『麻雀放浪記』では主人公の青年に麻雀の積込み技を伝授する老人「出目徳」役で、博徒の刹那的な生き方を好演、第58回キネマ旬報賞、第39回毎日映画コンクール、第27回ブルーリボン賞、第9回報知映画賞、第8回日本アカデミー賞など多くの最優秀助演男優賞を受賞した。
  • 高品剛(俳優)
    実写版「ドカベン」で岩鬼正美役を演じた。
  • 中條現子(アナウンサー)
  • 菅谷哲也(俳優、タレント)
    テラスハウス (テレビ番組)に出演。
  • 實川風(ピアノ奏者)
    東京藝術大学卒業。2015年10月のロン=ティボー=クレスパン国際コンクールにて第3位を受賞した。

旭に由縁がある著名人[編集]

その他[編集]

  • 市外局番は市内全域「0479」。但し、合併当初は市内局番が「6X」の地域(旧・旭市と旧・干潟町)は「八日市場MA」、市内局番が「5X」の地域(旧・海上町と旧・飯岡町)は「銚子MA」であり、市内でMAをまたがる区域の通話は市外局番からかける必要があったが、2009年11月1日より市内全域が八日市場MAに統合されて問題が解消した。
  • 千葉県旭市ロ1番地(郵便番号:289-2516)は日本一短い地名の一つである。
  • 2007年9月14日放送のテレビチャンピオン2においてサンドアート選手権の舞台となった。
  • 浪曲『天保水滸伝』はこの付近が舞台、登場人物の侠客、飯岡助五郎が縄張りとした。
  • 2000年に公開された山崎貴映画監督の初作品ジュブナイルの撮影が旭市(旧飯岡町)で行われた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光