日本画家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本画家(にほんがか)とは明治以降、日本の絵画が洋画日本画のジャンルに分かれたため、洋画家の対義語として使われる言葉。狩野派琳派など日本の伝統的美意識や技法を引き継いだ画家を呼ぶ。明治以降の洋画全盛に対抗する一派であるが、洋画からも少なからず影響を受けている面もある。

近代以前の作家にはこの言葉を用いないので狩野永徳雪舟を日本画家と呼ぶことはない。

代表的な日本画家[編集]

江戸時代生まれ[編集]

司馬江漢 (1747年 - 1818年11月19日)

喜多川 歌麿 (1753年 - 1806年10月31日)

葛飾北斎 (1760年10月31日 - 1849年5月10日)

葛飾応為 (生没年不詳・江戸後期)

歌川広重 (1797年 - 1858年10月12日)

歌川 国芳 (1798年1月1日 - 1861年4月14日)

月岡 芳年 (1839年4月30日 - 1892年6月9日)

小林 清親 (1847年9月10日 - 1915年11月28日)

明治生まれ[編集]

大正生まれ[編集]

昭和戦前生まれ[編集]

現代[編集]

関連項目[編集]