結城素明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

結城 素明(ゆうき そめい、1875年(明治8年)12月10日 - 1957年(昭和32年)3月24日)は、日本の明治から昭和にかけて活躍した日本画家日本芸術院会員。

略歴 [編集]

東京本所荒井町に、「池田屋」という酒屋を営んでいた森田周助の次男として生まれる。本名の貞松は勝海舟の命名という。10歳の頃、親類の結城彦太郎の養嗣子となる。明治24年(1891年)7月岡倉覚三(天心)の紹介で、川端玉章の天真画塾に入門する。玉章に学びながら明治25年(1892年東京美術学校日本画科に入学。常に墨斗と手帖を携帯し、目にとまったものは何でも写生したという。

明治27年(1894年)1月、素明は玉章の内弟子となった平福百穂と知り合い意気投合、両者に後年まで絵画技法上の共通性はないが、終生無二の親友として交友する。明治33年(1900年无声会を結成、1904年東京美術学校助教授、1916年金鈴社結成に加わる。文展に出品、1913年教授、1919年東京女子高等師範学校教授兼任、1923年から英独仏へ留学、1925年帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員、1944年従三位勲二等瑞宝章受章、1945年東京美術学校名誉教授。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款・印章 備考
兵車行 絹本著色 1幅 97.0x160.0 東京藝術大学大学美術館 1897年(明治30年)
無花果 紙本著色 1幅 東京藝術大学大学美術館 1907年(明治40年) 第1回文展
蝦蟇仙人 絹本著色 東京藝術大学大学美術館 1907年(明治40年) 東京勧業博覧会 3等賞
紙本著色 額装1面 143.1x88.0 東京国立近代美術館 1911年(明治44年) 第5回文展
寒山凍雲 絹本著色 1幅 101.1x113.2 宮城県美術館 1927年(昭和2年) 第2回東台邦画会展
秋風 絹本著色 1幅 48.2x50.6 京都国立近代美術館 昭和初期
炭窯 紙本著色 日本芸術院 1934年(昭和9年) 第15回帝展
伐木 紙本著色 102x123.4 佐久市立近代美術館 1938年(昭和13年) 第2回大日美術院展[1]
浅春 紙本著色 額装1面 65.4x76.4 東京国立近代美術館 1942年(昭和17年) 献納展
白雲出岫 絹本著色 額装1面 116.0x100.2 ベルリン東洋美術館 昭和時代[2]

著書など[編集]

  • 花様集 第1 岩田僊太郎 1917
  • 艸花習画帖 巧芸社 1922
  • 新撰草花 巧芸社 1923
  • 東京美術家墓所考 巧芸社 1931
  • 東京美術家墓所誌 私家版 1936
  • 伊豆長八 芸艸堂 1938
  • 素明作品集 芸艸堂 1939
  • 国史図と花卉画扇面屏風図録 芸艸堂 1940
  • 素明作品集 芸艸堂 1943
  • 勤皇画家佐藤正持 弘文社 1944
  • 芸文家墓所誌 東京美術家墓所誌続篇 学風書院 1953
  • 美術辞典 石井柏亭黒田鵬心共編 歴史図書社 1976

脚注[編集]

  1. ^ 佐久市立近代美術館編集・発行 『佐久市立近代美術館 開館30周年記念 所蔵名品選 〔時代〕図録』 2013年5月11日、p.30。
  2. ^ 京都国立博物館 ベルリン東洋美術館 毎日放送編集 金澤弘監修 『ベルリン東洋美術館名品展』 ホワイトPR、1991年、p.168-169。

参考資料[編集]

  • 日本美術院百年史編集室編 『日本美術院百年史 第一巻 上』 日本美術院、1989年