本所 (墨田区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 墨田区 > 本所

本所(ほんじょ)は、東京都墨田区町名。または、旧東京市本所区の範囲を指す地域名である。

本所(地域)[編集]

東京都墨田区のおよそ南半分を範囲とし、江戸東京下町を構成している地域のひとつである。本所は下谷浅草深川と並ぶ、東京下町の外郭をなす。

概ね東京旧市内で、高台に比べ低地を多く占める旧区分を下町としている。そのため旧本所区に属する本所地域は下町にあたる。

向島区との合併後も住居表示導入以前は「本所○○町」と旧本所区内大半の町が本所を冠称していた。現在においては町会、警察署消防署税務署等の管轄などで当時の区境や町境を継承している。

歴史[編集]

江戸時代にこの周辺は、深川と並んで、拡大する大都市江戸の新興居住区域の一翼となった。本所の宅地化が進んだのは元禄年間だが、それでもまだ当時は町外れの辺鄙な土地だった。

この頃本所に住んでいた人物に赤穂事件(赤穂浪士の討ち入り)で有名な吉良義央がいるが、彼も「江戸の外れに追い出された」といった愚痴を綴った私信を残している。

同じ江戸市中でありながら東の外れとされていたことは正式採用された町名からうかがい知れる。隅田川(大川)を挟んで、日本橋両国(現在の中央区東日本橋)と本所東両国(現在の墨田区両国)、東両国の別称「向こう両国」。浅草駒形本所東駒形など。

幕末には江川太郎左衛門の屋敷が置かれた。明治時代に入り、この本所から名をとった本所区が設置される。この本所区は1947年昭和22年)に向島区と合併して現在の墨田区となった。

工場立地の良さから明治時代には徐々に工業地帯化が進む。1923年大正12年)の関東大震災では本所を含む本所区の9割が焼失、約4万8千人もの死者を出した。また東京大空襲でも甚大な被害を受けている。

2000年代以降は、本所東部エリアを縦断する東京メトロ半蔵門線の開業を皮切りに、錦糸町駅周辺のエリアこと錦糸町・亀戸副都心の再開発が盛んに行われる。本所北端部にあたる押上では、東京スカイツリーが建設され、東京を代表する観光名所のひとつとして賑わいを見せている。

地名の由来[編集]

名前の由来は中世荘園制度による。その名残として明治頃までは一般には「ほんじょう」と呼び慣わされていた。「本所」の字面どおり「ほんじょ」と定められたのは明治初期のことであるが、一般に浸透したのは昭和になってからのことである。

住民[編集]

墨田区本所地域内で代を重ねた住人は「本所っ子」と呼ばれ、江戸っ子の代名詞となっている。本所に限らず、東京下町の各所で「(地域名)っ子」の呼び名を好んで使う傾向にある。 その理由のひとつとして、江戸時代から継続して江戸城下町で代を重ねている住人(=江戸っ子)が極めて少数となってしまい、「江戸っ子」という単語が徐々に使用されなくなっている実情が挙げられる。

地域[編集]

本所地域に該当する現町名

本所(町名)[編集]

本所
—  町丁  —
本所の位置(東京23区内)
本所
本所
本所の位置
座標: 北緯35度42分13.24秒 東経139度48分14.12秒 / 北緯35.7036778度 東経139.8039222度 / 35.7036778; 139.8039222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Sumida, Tokyo.svg 墨田区
地域 本所地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 8,831人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 130-0004[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

東京都墨田区の地名。現在の本所は旧本所区にあたる本所地域内である。現行行政地名は本所一丁目から本所四丁目。郵便番号は130-0004[2]

地理[編集]

墨田区の南西部に位置し、台東区蔵前駒形)との区境にあたる。

河川

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、本所2-1-9 の地点で42万円/m2となっている[4]

歴史[編集]

江戸時代から、本所総鎮守にあたる牛嶋神社の御旅所として賑わいを見せた町である。現在は牛嶋神社摂社門前町として役割を担っている。

旧町名の「厩橋」を住居表示実施するにあたり、「厩」が常用漢字外の漢字にあたり、別の名称を検討。「本所○○町」と本所を冠称していた町も相次いで町名変更。そのため歴史ある「本所」の地名を絶やさないために町名として、「本所」が採用され現在に至る。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
本所一丁目 1,643世帯 2,993人
本所二丁目 906世帯 1,650人
本所三丁目 1,053世帯 1,872人
本所四丁目 1,310世帯 2,316人
4,912世帯 8,831人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
本所一丁目 全域 墨田区立外手小学校 墨田区立本所中学校
本所二丁目 全域
本所三丁目 全域
本所四丁目 全域 墨田区立横川小学校 墨田区立錦糸中学校

地域[編集]

公園
機関
  • 墨田区立外手小学校
企業

観光[編集]

名所
  • 牛嶋神社 若宮摂社
史跡

交通[編集]

鉄道

町域内を都営地下鉄大江戸線が通るが、駅は設置されていない。都営浅草線本所吾妻橋駅、または厩橋隅田川を渡った先にある都営浅草線・都営大江戸線蔵前駅が最寄り駅となる。

道路
首都高速道路・出入口

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 月別世帯人口”. 墨田区 (2017年12月1日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 墨田区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]