石井柏亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自画像

石井 柏亭(いしい はくてい、1882年明治15年)3月28日 - 1958年昭和33年)12月29日)は日本の版画家洋画家、美術評論家。

来歴[編集]

1882年(明治15年)東京府東京市下谷区下谷仲御徒町(現在の東京都台東区上野)生まれ、本名石井満吉。父は日本画家の石井鼎湖で、弟は彫刻家の石井鶴三である。母はふじ。女婿は画家の田坂乾[1]

1892年(明治25年)、11歳の時から柏亭と号して日本美術協会や青年絵画共進会に作品を出品、これ以降、毎年作品を出品しながら、印刷局工生として彫版の見習い生となっている。1897年(明治30年)浅井忠に入門し、油絵を学び、1900年(明治33年)に結城素明らが自然主義を標榜して結成した无声会に参加、新日本画運動を推進した。また、中村不折にも師事しており、1902年(明治35年)に結成された太平洋画会に参加。1904年(明治37年)東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)洋画科に入学するが、眼病のため中退。雑誌『明星』に挿絵を描いたり、また詩作を発表した。

1907年(明治40年)、山本鼎とともに美術雑誌『方寸』を創刊(ドイツの「ユーゲント」等を念頭に置いたといわれる)。近代創作版画運動の先駆をなした。1908年(明治41年)木下杢太郎北原白秋ら文学者とパンの会を結成した。隅田川沿いの料理屋において結成された、このパンの会では江戸情緒が追慕され、彫師伊上凡骨との木版画制作につながっていった。この頃の版画に1910年(明治43年)版行の「東京十二景」、「木場風景」などがある。「東京十二景」は、外遊前後の作品(1910-1914年)であり、伊上凡骨が下絵を彫っている。この2つのシリーズは、浮世絵木版画の形を取っており、新版画に分類されるものである。特に「東京十二景」シリーズでは、女性が一人いて、上部のコマ絵には東京の風景が描かれていた。また、三代歌川豊国による錦絵「江戸名所百人美女」という作品を模して制作された作品であり、琅玕洞(後に柳家書店・青果堂)という画廊から1枚25銭で販売された。なお、「東京十二景 よし町」に描かれたモデルは芸者の五郎丸であった。技法的には山本鼎ほど多角的ではなかったが、水彩スケッチの感触を生かした木版風景画を多く残している。

1910年(明治43年)12月、渡辺銀行の専務、渡辺六郎の支援でヨーロッパに外遊、1912年(明治45年)に帰国。1913年(大正2年)、「日本水彩画会」を創立、1914年大正3年)には有島生馬らとともに二科会を結成した。1922年(大正11年)東京帝国大学工学部講師。西村伊作が創立した文化学院に招かれて教壇に立った(後に美術部長を務めた)。

1928年(昭和3年)フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章受章、翌1929年(昭和4年)『中央美術』を創刊、1935年(昭和10年)帝国美術院会員となり二科会を辞す。1936年(昭和11年)一水会を結成、1937年(昭和12年)帝国芸術院会員、1949年(昭和24年)日展運営会理事、没後正四位勲二等旭日重光章受章。享年76。墓所は文京区の護国寺共同墓地九通。法名は彩光院釈柏亭居士。

作品[編集]

  • 「ウィーン」 水彩 静岡県立美術館所蔵 1912年(明治45年)
  • 「東京十二景 よし町」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1910年(明治43年)
  • 「東京十二景 柳ばし」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1910年(明治43年)
  • 「東京十二景 下谷」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1914年(大正3年)
  • 「東京十二景 日本ばし」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1914年(大正3年)~1917年(大正6年)
  • 「東京十二景 向じま」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1914年(大正3年)~1917年(大正6年)
  • 「東京十二景 新ばし」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1914年(大正3年)~1917年(大正6年)
  • 「木場」 木版画 和歌山県立近代美術館所蔵 1914年(大正3年)
  • 「木場」 木版画 静岡県立美術館所蔵 1914年(大正3年)
  • 「木場」 木版画 横浜美術館所蔵 1914年(大正3年)
  • 「日本風景版画」 木版画 19120年(大正6年)~(大正7年)
  • 「現代女人十二姿」 木版画 1932年(昭和7年)

著書[編集]

  • 『新日本画譜』方寸社 明43-44
  • 『欧洲美術遍路』東雲堂書店 1913
  • 『我が水彩』日本美術学院 1913
  • 『柏亭水絵集』春鳥会(みづゑ画集) 1921
  • 『絵の旅 日本内地の巻、朝鮮支那の巻』日本評論社出版部 1921
  • 『泰西名画家伝 マネエ』日本美術学院 1921
  • 『滞欧手記 美術と自然』中央美術社 1925
  • 『石井柏亭画集』アトリエ社 1926
  • 『西洋美術読本』平凡社 1928
  • 『浅井忠 画集及評伝』芸艸堂 1929
  • 『世界の名画』アルス(日本児童文庫) 1929
  • 『洋画の智識』日本放送協会関東支部 1930
  • 『石井柏亭集』上中下 平凡社 1932
  • 『日本に於ける洋風画の沿革』岩波書店 1932
  • 『美術の常識』東治書院 1933
  • 『明暗 石井柏亭自伝』第三書院 1934
  • 『洋画実技講座 5巻』アトリエ社 1937
  • 『油絵の実技』アトリヱ社 1939-40
  • 『西洋美術論』河出書房(学生文庫)1940
  • 『素描の実技』アトリエ社 1941
  • 『柏亭百選』青樹社 1942
  • 『日本絵画三代志』創元社 1942
  • 『奥の細道をゑがく』丸岡出版社 1943
  • 『行旅 画筆・文筆』啓徳社 1943
  • 『柏亭自伝 文展以前』教育美術振興会 1943
  • 『画人東西』大雅堂 1943
  • 『美術の戦』宝雲舎 1943
  • 『山河あり』明日香書房 1948
  • 『画壇是非』青山書院 1949
  • 『写生の話』美術出版社(少年美術文庫) 1951
  • 『石井柏亭』美術出版社 1952
  • 『石井柏亭』美術書院(日本百選画集) 1957
  • 『北米の山南欧の水』新紀元社 1958
  • 『石井柏亭画集』信濃毎日新聞社 1982
  • 「水村雑詠」(明治文学全集74巻)
    • 復刊
  • 『柏亭自伝』中央公論美術出版 1971
  • 『日本絵画三代志』ぺりかん社 1983
  • 『美術教育論』大空社 1987

共著[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関口良雄『昔日の客』171p

外部リンク[編集]