正四位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正四位(しょうしい)とは、日本位階及び神階における位のひとつ。

従三位の下、従四位の上に位する。贈位の場合、贈正四位という。

概要[編集]

官位相当制における正四位の位置付け[編集]

正四位は律令制下においては上下に分けられ、従三位の下、従四位の上に位する。勲等では、勲三等に相当し、官位相当では正四位上は中務卿参議に相当し、正四位下は皇太子傅及び八省の長官である式部卿治部卿民部卿兵部卿刑部卿大蔵卿宮内卿)の職がこの位にあった。しかし、後代には正四位の位階は本来従三位相当である筈の近衛大将が大臣の兼官となることが慣例化するに連れて、従三位の者が近衛中将に任ぜられ、三位中将となることが通例化すると、正四位の者は近衛少将に任ぜられることが慣例化するようになった(結城秀康など)。但し、正四位上については従三位に昇進予定者が一時昇叙する特別な位階であり、官位相当制では正四位下が主に用いられた。尤も、江戸時代に入ると、彦根藩主井伊氏の極位が正四位上とされたこともあり、時代により位階の運用に差異があることは留意する必要がある。

正四位の格式と主な叙位者[編集]

従四位同様、四位にある者の敬称は及びの下に、朝臣を付ける名乗り朝臣が基本である。例として「正四位下前伊予守源頼義朝臣」など。

しかし、正四位であっても参議となり、公卿に列した者への敬称は氏の下に「朝臣」、諱の下に「卿」と称した。 一方、正四位下は公卿に昇ることを許されない家柄の極位、即ち最高位であり、著名なところでは清和源氏とりわけ、摂津源氏河内源氏棟梁に多くみられた。清和源氏では初代 経基王その子の源満仲、また満仲の長男 摂津源氏の棟梁 源頼光河内源氏の棟梁 源頼義義家親子など河内源氏代々の棟梁がその位階に昇った。また、摂津源氏傍系ではある、美濃源氏源光保院近臣として活躍し、娘 土佐局鳥羽法皇の寵妃となったことで正四位下に昇った。 一方、武家の棟梁として源氏と覇を競った桓武平氏では、公家平氏を別として武家平氏については官位の面でも長らく源氏に遅れをとっていた。しかし、源義家の子 義親九州隠岐国で濫妨を働き、平正盛がこれを討伐したことで、平氏は家格を上昇させ、その子 平忠盛の代に正四位上刑部卿にまで昇り、その嫡男 清盛も29歳の若さで正四位下中務大輔兼安芸守となり、平氏政権の礎を築いている。源氏においては、頼朝が平氏追討を遂げるまでの間、この位階に留まったほか、鎌倉時代鎌倉幕府執権北条氏の得宗及び有力一門や有が叙せられ、得宗では北条泰時が、有力一門では北条政村が叙せられた。そのほか、京都の学者貴族出身の有力御家人 大江広元もこの位階に叙せられている。

戦国時代には飛騨の国司大名 姉小路氏北畠氏が正四位ないし従三位に昇るなど公家大名に叙位例が見られる他、一国人領主ながら三管領斯波家の女を母とする、源氏の名門 村上義清が正四位上に昇っている。 江戸時代には、御三家の水戸藩水戸徳川家の当主、家門大名では福井藩越前松平家(15代中4人)、譜代大名では彦根藩井伊氏(17代中3人)、外様大名加賀藩前田氏薩摩藩島津氏(12代中、島津斉宣のみ)、仙台藩伊達氏(歴代では伊達慶邦のみ)などの大名家が昇ることを許された。

明治時代以降、正四位上と正四位下は正四位に一本化。幕末尊皇攘夷明治維新において亡くなった功労者のうち、従三位以上に叙せられた元勲公卿大名などの華族を除いた、特に偉勲著しい者に対して正四位が贈位された。

政府においては正四位は事務次官大日本帝国陸海軍では、大将の階級にある者の初叙位階とされた。その他、国会議員もその経歴・実績に応じ従一位から正四位の間で叙位される例が多い。

今日の栄典制度では、勲二等相当の功績ある人物が亡くなった際に叙位される。主な例としては国会議員や功績著しい大学教授(名誉教授の称号を与えられた者)にその例が見られる。また、学者、芸術家などで文化功労者に認められた者が死後に叙位されることが一般的である。

古代・中世で正四位に叙せられた人物(極位として)[編集]

近世・近代で正四位に叙せられた人物(贈正四位)[編集]

日本国憲法施行後に正四位に叙せられた人物[編集]

氏名 主な役職 叙位日 叙勲
上野陽一 人事官学校法人産業能率短期大学理事長 1957年10月18日
秋山徳蔵[33] 宮内庁主厨長 1974年 勲三等瑞宝章
沢田美喜 社会事業家 1980年5月12日
鳩山薫 共立女子学園長、友愛青年同志会会長 1982年8月15日 藍綬褒章、勲一等瑞宝章
星野愷 東京工業大学名誉教授、電気化学 1986年7月25日 勲三等旭日中綬章
本間喜一 愛知大学名誉学長、商法、初代最高裁判所事務総長検察官裁判官弁護士 1987年5月9日 勲二等瑞宝章、勲二等旭日重光章
相良惟一[34][35] 京都大学名誉教授、聖心女子大学名誉教授、教育行政学 1987年5月 勲二等瑞宝章
澁谷昇 福山通運名誉会長 1994年6月6日 勲二等瑞宝章、勲二等旭日重光章
森下正明 京都大学名誉教授、個体群生態学 1997年2月25日 勲三等旭日中綬章
安部利光 検察官 1998年10月8日
塹江誠夫 京都大学名誉教授 2003年 勲二等瑞宝章
下村泰 参議院議員、タレント・漫談家(コロムビア・トップ) 2004年6月7日 勲二等旭日重光章
金谷治 東北大学名誉教授、追手門大学名誉教授 2006年 勲二等瑞宝章
戸崎誠喜 伊藤忠商事会長 2006年7月3日 勲二等旭日重光章
青島幸男 第13代東京都知事参議院議員第二院クラブ代表 2006年12月20日 旭日重光章
安藤百福 日清食品会長 2007年1月5日 勲二等瑞宝章、勲二等旭日重光章
酒井幸三 京都大学名誉教授、英文学 2008年1月3日 瑞宝中綬章
市川崑 映画監督 2008年2月13日 勲四等旭日小綬章、旭日重光章
熊田禎宣 東京工業大学名誉教授、社会工学 2009年7月18日 瑞宝中綬章
板谷良平 京都大学名誉教授、新居浜工業高等専門学校校長 2010年3月7日 瑞宝中綬章
坂田栄男 囲碁棋士 2010年10月22日 勲二等瑞宝章
小寺弘之 第52-55代群馬県知事 2010年12月21日 旭日重光章
渡邊一 歌舞伎俳優(五世中村富十郎) 2011年1月3日 旭日中綬章、旭日重光章
中村榮次郎 歌舞伎俳優(七世中村芝翫) 2011年10月10日 勲三等瑞宝章、旭日重光章
田中昭二 東京大学名誉教授、応用物理学 2011年11月11日
大槻富之助 東京工業大学名誉教授 2011年11月23日
浅沼清太郎 警察庁長官 2011年11月30日 瑞宝重光章
笹山幸俊 第14代神戸市 2011年12月10日 勲一等瑞宝章
西田龍雄 京都大学名誉教授、言語学 2012年9月26日 瑞宝重光章
大滝秀治 俳優 2012年10月2日 紫綬褒章、勲四等旭日小綬章、旭日重光章
速水佑次郎 (旧)東京都立大学名誉教授、経済学 2012年12月24日 瑞宝重光章
木村栄一 一橋大学名誉教授、保険学 2013年1月4日
納谷幸喜 大相撲力士(第55代横綱大鵬幸喜) 2013年1月19日 旭日重光章 [注釈 1]
長富祐一郎 大蔵省関税局 2013年1月24日
高野悦子 岩波ホール総支配人 2013年2月9日 勲三等瑞宝章、旭日重光章
桜井郁三 衆議院議員 2013年2月10日 旭日重光章
山田良市 第15代航空幕僚長 2013年2月27日 勲二等瑞宝章
山口昌男 東京外国語大学名誉教授、札幌大学学長、文化人類学 2013年3月10日 瑞宝中綬章
田畑金光 衆議院議員、福島県いわき市 2013年4月22日 勲二等旭日重光章
尾藤正英 東京大学名誉教授、日本史学 2013年5月4日
間部耕平 日本テレビ放送網社長 2013年5月7日 旭日重光章
瀬戸雄三 アサヒビール社長 2013年5月13日 旭日重光章
小倉保己 東北大学名誉教授、石巻専修大学学長、歯科薬理学 2013年5月27日 勲二等瑞宝章
十亀昭雄 北海道教育大学名誉教授、政治学 2013年5月29日 瑞宝中綬章
茂在寅男 東京商船大学名誉教授、航海計器学 2013年5月31日 勲三等旭日中綬章
上坂昇 衆議院議員 2013年7月2日
戸田菊雄 衆議院議員 2013年7月13日
西尾邑次 第47-50代鳥取県知事 2013年7月23日 勲二等旭日重光章
高橋睦正 熊本大学名誉教授、放射線科学 2013年9月16日 瑞宝中綬章
山本草二 国際海洋法裁判所判事 2013年9月13日 瑞宝重光章
北村貞太郎 京都大学名誉教授、農業土木学 2013年9月20日 瑞宝中綬章
岡村總吾 東京大学名誉教授、東京電機大学学長、日本学士院会員 2013年10月25日 勲二等旭日重光章
河島喜好 本田技研工業社長 2013年10月31日 旭日重光章
曻地三郎 福岡教育大学名誉教授、しいのみ学園学園長 2013年11月27日
三木谷良一 神戸大学名誉教授、経済学 2013年11月9日 瑞宝中綬章
勝沼信彦 徳島大学名誉教授、生化学 2013年11月10日 勲二等瑞宝章
木宮和彦 常葉学園学園長、参議院議員 2013年12月6日
長田博 第16代海上幕僚長自衛艦隊司令官 2013年12月1日 勲二等瑞宝章
小林好宏 北海道大学名誉教授、応用経済学 2013年12月22日 瑞宝中綬章
関集三 大阪大学名誉教授、学士院会員、物理化学 2013年12月24日 勲二等旭日重光章
豊蔵一 建設事務次官セントラル・リーグ第6代会長 2013年12月30日 勲一等瑞宝章
萩原浩 京都大学名誉教授、京都情報大学院大学学長 2014年1月8日
鳥海巌 丸紅社長、東京国際フォーラム社長 2014年1月10日 旭日重光章
田中恒利 衆議院議員 2014年1月12日
大石泰彦 東京大学名誉教授 2014年1月16日 勲二等瑞宝章
奈良毅 東京外国語大学名誉教授 2014年1月20日 瑞宝中綬章
山田尚達 北海道大学名誉教授 2014年1月21日
鈴木博之 東京大学名誉教授 2014年2月3日 瑞宝中綬章
宮脇磊介 内閣広報官 2014年2月20日
成田興史 名古屋市立大学名誉教授 2014年2月23日 瑞宝中綬章
沼本克明 広島大学名誉教授 2014年3月11日
吉田太郎一 第7代財務官アジア開発銀行総裁 2014年3月14日 勲一等瑞宝章
山本繁太郎 第46代山口県知事 2014年3月15日
髙橋正雄 横浜国立大学名誉教授 2014年4月14日
近藤英一郎 参議院議員、北海道開発庁政務次官 2014年4月15日 勲二等瑞宝章、勲二等旭日重光章
市村緑郎 彫刻家日本芸術院会員 2014年4月27日 旭日単光章
竹蓋幸生 英語教育学者、千葉大学名誉教授 2014年4月30日 瑞宝中綬章
三好秀男 第12代陸上幕僚長 2014年5月8日 勲二等瑞宝章
真野岩夫 画家、京都市立芸術大学名誉教授 2014年5月27日 瑞宝中綬章
西田吾郎 京都大学名誉教授、数学 2014年6月2日 瑞宝中綬章
森田哲彌 一橋大学名誉教授、会計学 2014年6月8日 瑞宝中綬章
大部一秋 ウルグアイ大使 2014年6月12日 瑞宝中綬章
笹森秀雄 旭川医科大学名誉教授、吉田学園学園長、都市社会学 2014年6月13日 勲三等瑞宝章
下鶴大輔 東京大学名誉教授、火山学 2014年6月25日 勲二等瑞宝章
谷川久 成蹊大学名誉教授、海商法学 2014年6月29日
関楠生 東京大学名誉教授、ドイツ文学 2014年7月3日 瑞宝中綬章
辻井正 奈良県立医科大学学長 2014年7月3日
岩本政光 参議院議員、北海道開発庁政務次官 2014年7月5日 勲二等旭日重光章
森隆夫 お茶の水女子大学名誉教授、教育行政学 2014年7月6日 瑞宝中綬章
一力一夫 河北新報社社主、第8代大相撲横綱審議委員会委員長 2014年7月20日 勲二等旭日重光章
大鷹淑子 参議院議員、元女優・歌手(山口淑子、李香蘭) 2014年10月14日 勲二等宝冠章
村尾澤夫 大阪府立大学名誉教授、応用微生物学 2014年10月30日 紫綬褒章
阿部昭吾 衆議院議員 2015年1月4日 勲一等瑞宝章
工藤綏夫 秋田大学名誉教授、哲学 2015年1月17日 勲二等瑞宝章
末舛惠一 国立がんセンター総長、医学 2015年1月29日
香川俊介 第11代財務事務次官 2015年9月14日 瑞宝重光章
藤田雄山 第59代広島県知事、参議院議員 2015年12月18日 旭日重光章
宮崎勇 経済安定本部官僚、第51代経済企画庁長官 2016年1月3日
金澤一郎 宮内庁皇室医務主管 2016年1月20日 瑞宝重光章
土肥隆一 衆議院議員 2016年1月22日 旭日重光章
川俣健二郎 衆議院議員 2016年1月24日 勲二等旭日重光章
米沢隆 衆議院議員、第8代民社党中央執行委員長 2016年6月16日 旭日重光章
柴田承二 薬学者、日本薬学会会頭 2016年7月12日 従七位、勲二等旭日重光章
森光昭 ドイツ文学者、熊本大学名誉教授 2017年2月16日 瑞宝中綬章
中野貞一郎 法学者、大阪大学名誉教授 2017年2月16日 勲二等旭日重光章
森正武 数学者、筑波大学名誉教授 2017年2月24日 瑞宝中綬章
荒木見悟 哲学者、九州大学名誉教授 2017年3月22日 勲二等瑞宝章
水野勝 大蔵省主計局長、第3代日本たばこ産業社長 2017年3月25日 瑞宝重光章
重渕雅敏 実業家、東陶機器社長、北九州商工会議所会頭 2017年5月3日 旭日重光章
志村愛子 童謡歌手、参議院議員(安西愛子) 2017年7月6日 勲三等宝冠章
久保嘉治 農学者、帯広畜産大学名誉教授 2017年7月11日 瑞宝重光章
中路融人 日本画家日展常務理事、日本藝術院会員 2017年7月18日 文化功労者
石川重明 第83代警視総監 2017年10月13日 瑞宝重光章
松尾浩也 法学者、東京大学名誉教授 2017年12月1日 勲二等旭日重光章
田中靖郎 宇宙物理学者、東京大学名誉教授 2018年1月18日
古在由秀 天文学者、国立天文台台長 2018年2月5日 勲二等瑞宝章
海老原遥 教育学者、熊本大学名誉教授 2018年8月9日 瑞宝中綬章
山川民夫 生化学者、東京大学名誉教授 2018年10月7日 勲二等瑞宝章
佐々淳行 内閣安全保障室長 2018年10月10日 勲二等旭日重光章
岩倉壽 日本画家 2018年10月11日 旭日中綬章
森川俊夫 ドイツ文学者、一橋大学名誉教授 2018年10月30日 瑞宝中綬章
山澤逸平 経済学者、一橋大学名誉教授 2018年11月16日 瑞宝中綬章
近藤基彦 衆議院議員、農林水産副大臣 2018年11月17日 旭日重光章
松野陽一 東北大学名誉教授、国文学研究資料館名誉教授 2018年11月25日 瑞宝中綬章
神代和欣 横浜国立大学名誉教授 2018年11月29日 瑞宝中綬章
板垣正 参議院議員 2018年12月9日 旭日重光章
北川知克 衆議院議員、環境副大臣 2018年12月26日 旭日重光章
丹羽雅子 家政学者、奈良女子大学名誉教授 2019年1月25日 瑞宝重光章
菅原邦城 言語学者、大阪外国語大学名誉教授 2019年2月8日 瑞宝中綬章
西田秀穂 美術史学者、東北大学名誉教授 2019年2月16日 従七位より進階
小島恒久 経済学者、九州大学名誉教授 2019年3月2日
梅村浩 数学者、名古屋大学名誉教授 2019年3月8日 瑞宝中綬章
持永堯民 自治事務次官 2019年4月8日 瑞宝重光章
厨義弘 体育学者、福岡教育大学名誉教授 2019年6月21日 瑞宝中綬章
西渕光昭 水産学者、細菌学者、京都大学名誉教授 2019年6月24日 瑞宝中綬章
小川英次 経営学者、名古屋大学名誉教授、中京大学学長 2019年7月4日 瑞宝重光章
齋藤寛 医学者長崎大学名誉教授・学長 2019年8月14日 瑞宝重光章
西村吉正 大蔵省銀行局 2019年9月8日 瑞宝中綬章
好美清光 法学者、一橋大学名誉教授 2019年11月5日 瑞宝中綬章
木村汎 政治学者、国際日本文化研究センター名誉教授 2019年11月14日 瑞宝中綬章
永井孝信 衆議院議員、労働大臣 2019年12月21日 勲一等瑞宝章
丹羽義信 英語学者、名古屋大学名誉教授 2019年12月23日 勲三等旭日中綬章
芳賀徹 比較文学者、京都造形芸術大学名誉学長 2020年2月20日 瑞宝中綬章
加戸守行 第14-16代愛媛県知事 2020年3月21日 旭日重光章
手塚昌利 阪神電気鉄道会長、阪神タイガースオーナー 2020年4月18日 旭日重光章
横内正明 第16・17代山梨県知事、衆議院議員 2020年4月21日 旭日重光章
青木栄一 地理学者、東京学芸大学名誉教授 2020年5月4日 瑞宝中綬章
大沢博 心理栄養学者、岩手大学名誉教授 2020年5月6日
藤井威 内閣内政審議室長、駐スウェーデン・ラトビア特命全権大使 2020年5月12日
加藤紀文 参議院議員、総務副大臣 2020年5月18日 旭日重光章
原田誠 化学工学者、京都大学名誉教授 2020年5月20日 瑞宝中綬章
木村尚史 反応工学分離工学者、東京大学名誉教授 2020年5月21日 瑞宝中綬章
中原弘道 物理学者、東京都立大学名誉教授 2020年5月26日 瑞宝中綬章
真崎知生 薬理学者、筑波大学・京都大学名誉教授 2020年7月7日 瑞宝重光章、文化功労者
望月幸明 第9-11代山梨県知事 2020年8月8日
齋藤成文 電気工学者、東京大学名誉教授 2020年10月7日 正七位より進階、文化功労者
佐藤東洋士 学校法人桜美林学園理事長、日本私立大学協会会長 2020年10月18日 旭日重光章
阿部正俊 参議院議員、外務副大臣 2020年10月25日 旭日重光章
石塚貢 科学技術事務次官海洋科学技術センター理事長 2020年11月16日 瑞宝重光章
竹内龍三 農業機械学者、神戸大学名誉教授 2021年1月1日
佐藤泰正 教育心理学者、筑波大学名誉教授 2021年1月16日 瑞宝中綬章
伊藤英成 衆議院議員 2021年1月19日 旭日重光章
鈴木重靖 経済学者、山口大学名誉教授 2021年1月19日 勲三等旭日中綬章
祖父江逸郎 長寿科学振興財団名誉理事長、名古屋大学愛知医科大学名誉教授 2021年3月29日 従七位より進階、勲二等旭日重光章
三井辨雄 厚生労働大臣、衆議院議員 2021年4月2日 旭日重光章
香川征 医学者、徳島大学学長・名誉教授 2021年4月7日 瑞宝中綬章
内田祥哉 建築家、東京大学名誉教授 2021年5月3日
前田浩 化学者、熊本大学名誉教授 2021年5月18日 旭日中綬章
石川實 社会学者、奈良女子大学名誉教授 2021年5月20日 瑞宝中綬章
高月清 医学者、熊本大学名誉教授 2021年5月23日 文化功労者
森本正夫 経営学者、北海学園理事長、北海学園大学名誉教授 2021年6月1日 旭日重光章
林周二 経営学者、東京大学・静岡県立大学名誉教授 2021年6月7日 瑞宝中綬章
古田孝臣 理学者、金沢大学名誉教授 2021年6月15日
奥田建 国土交通副大臣、衆議院議員 2021年6月22日 旭日重光章

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 国民栄誉賞も没後授与。
出典
  1. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.1
  2. ^ a b c d 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.2
  3. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.2-3
  4. ^ a b c 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.3
  5. ^ a b 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.4
  6. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.5-6
  7. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『官報 第二千五百四十二號』「叙任及辞令」 内閣官報局(大蔵省印刷局) 1891年(明治24年)12月18日 (2018年10月3日閲覧。)
  8. ^ a b c 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.8
  9. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.9
  10. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.12
  11. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 二』(国友社、1927年)p.183
  12. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.15
  13. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.16
  14. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.19
  15. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.20
  16. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.21
  17. ^ a b 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.23
  18. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.25
  19. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.26
  20. ^ a b 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.27
  21. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.28
  22. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.30
  23. ^ a b 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.31
  24. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.33-34
  25. ^ a b 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.40
  26. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.41
  27. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.43
  28. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.44
  29. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.47
  30. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.50
  31. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.55
  32. ^ 『贈位諸賢伝 増補版 上』 特旨贈位年表 p.60
  33. ^ 秋山徳蔵著『舌』 中公文庫 2008年12月20日発行 ISBN 978-4-12-205101-0
  34. ^ 高木英明 「相良惟一教授の生涯と業績」 『日本教育行政学会年報』 13号 日本教育行政学会、272頁、1987年9月30日。ISSN 0919-8393NAID 110009590566 
  35. ^ 相良惟一、相良惟一先生遺稿集編集委員会編 『国家と教育――相良惟一先生遺稿集』 教育開発研究所、1988年4月15日、623頁。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]